発見写真旅(自己発見に至る旅)のねらいと方法 参加募集中! 発見写真旅────カメラによる自己発見の旅


●撮影はカメラにまかせます。フルオート(現実的にはプログラムオート)で、できるだけたくさん写真を撮ります。
*カメラの「人格」を尊重してつきあってみましょう。
●撮影後、撮った写真を撮影順に、全て10秒ずつ鑑賞します。
*ものすごく時間がかかりますが……、我慢して。
*するとあら不思議、その中に「動き出す写真」があるはずです。写真番号を控えましょう。
*ひと目でわかる明らかな失敗写真があるはずです。それでも10秒見ているうちに、悔しい気持ちになる写真があります。撮りたかった写真、撮れなかった写真だとすれ
*これまでだったらパッと見て選んでいた「いい写真」の多く(ほとんど)が10秒見ているうちに飽きてしまうことに気がつくと思います。ここでは「いい写真」の前に「自分の写真」を選びます。
●写真番号をつけた写真だけを(できれば別のフォルダーにコピーしたり、DP店でプリントして机に並べたりして)じっくりと眺めます。
*それがまさに、自分自身の「発見写真旅」かもしれません。
●「自分の写真」にキャプションをつけてみてください。
*キャプションのついた写真を(何点でも)「撮影順に」ずらりと並べるだけでの提出でもけっこうです。
●できれば「自分の写真」のどれかに数枚の写真を加えて、写真の群れとなるものがあるかどうか、考えます。テーマ写真の発見です。
*テーマタイトルを決め、キャプションをつける写真を5点に絞ってみてください。(最終的に5点でなくなってもかまいませんし、テーマを複数本立ててもかまいません)
★提出写真のすべてにつけるキャプションは「60字以上」としていますが「短めの3行」「長めの2行」でもかまいません。キャプションはタイトルではありません。写真にかかわる自由な文章とお考えください。(テーマ写真には別にテーマタイトルと、写真の並べ順が必要です)
★メールでの送り方にコツがあるかもしれませんが、それについては個々に対応させていただきます。


●2015年4〜9月の予定。(毎月第4日曜日)

4.26(日)────P多摩森林科学園サクラ保存林(JR中央線・高尾駅)
新しい発見写真旅シリーズの始まりです。見頃のサクラに挑戦しましょう。

5.24(日)────P上野動物園(JR上野駅)
通常のテーマ撮影のほか「ギャラリー・顔」という写真バトルはいかがでしょうか。

6.28(日)────Pあらかわ遊園+都電(都電荒川線・荒川遊園地前駅)
電話で問い合わせたら、あらかわ遊園は写真撮影に好意的です。好意的な写真で応えたいと思います。

7.26(日)────Pサンシャイン水族館(JR池袋駅)
写真撮影は常識的な範囲で認められています。魚を撮りまくりたいと思いますが、それがけっこう難しいのです。お楽しみに。

8.23(日)────P日本科学未来館(新交通ゆりかもめ・船の科学館駅)
暑い盛りなので屋内で。展示にカメラを向けてみたいと思います。

9.27(日)────P江戸東京たてもの園(JR中央線・武蔵小金井駅)
家をどのように見るか。できるだけ大胆な試みをしてみたいと思います。

*当日は原則として午前10時に現地集合。12時までの2時間を目安にゆるやかな団体行動で撮影します。あとは自由ですが、できればみんなで昼食としましょう。時間のある人は午後の撮影もどうぞ。(2時間集中して撮影するとけっこう疲れます。200点ぐらいモノを見ますから)
*参加ご希望の方は糸の会あて、メールでお名前(ふりがなつき)と最寄り駅をお知らせください。必要事項は原則としてメールのやりとりで。
*参加費は写真の展示作業まで含めて1人1回2,500円。複数回参加の場合は糸の会の山歩きで使用している☆印クーポンで写真旅は6回(人)分・10,000円となります。
*ご参加いただいた場合はネット写真展への出展というかたちになります。その展示のかたちでの写真使用権(独占使用権ではありません)は期限を定めず糸の会にあることをご了承ください。


★目次に戻ります