発見写真旅……写真の話・山の話 発見写真旅……写真の話・山の話


写真の話=高価なレンズに求めるもの
写真の話=1万円カメラ
山の話=軽アイゼンの安全論
写真の話=カメラにカイロを




写真の話=高価なレンズに求めるもの
発見写真旅067――2015.4.26 高尾・サクラ保存林

 今回、一方で「1万円カメラ」をすすめています。実用上問題のない性能……というより、価格からは想像できない高性能という立場で語っています。
 しかし「1万円カメラ」では完全に無視した重要な性能があります。レンズのボケ味です。ピントが合うということと同時に前後にボケが加わるという写真を撮りたかったら、大きなサイズのレンズをつけた(ポケットサイズより大きな)カメラを使わなくてはいけないのです。後で出てくるキヤノンのEOSシリーズの場合、ピントを手前はここから、奥はここまでと命令する機能を最初から備えていました。どういう効果をするのかは、ケースバイケースですが。
 今回の参加者では、常連の稲田 郁子さんがレンズ交換式のオリンパスのカメラ、宮本 幸江さんは友人から譲り受けたというレンズ交換式のソニーのカメラを使用しています。娘の伊藤 朝は私が使っていた一眼レフにマクロレンズ(1/2倍までのクローズアップが可能)をつけて撮っていると思います。その3人がボケを意図的に加えた表現をしているかはともかくとして、どこかにボケ味が加わった写真があると思います。
 では、私がなぜボケ味を無視しているかというと、ボケ味でレンズを評価しようとする人の論を見るたびに、その絶妙のボケの美しさは、いくつかの特定の条件でのみ表れるようだと感じるからです。写真のそういう「手触り」のような部分にこだわる人がいてもかまいませんが、撮りたいものとその表現力とが一致するのはきわめて特定の範囲であり、悪くいえば職人芸的な部分に視野が限定されてしまうだろうと思います。プロならある特定の仕事だけに使う特定のボケ味を準備しておくという態度は重要ですが。
 私がカメラ少年だった頃、見ること、見つけることに基本を置いたスナップ写真の標準設定はパンフォーカスでした。手前から奥まで、写真に必要なところに、全部ピントが合っている、全部シャープに写っている、というのが基本でした。その意味で、写真はシャープに撮ることが、まずは基本だと考えてきました。

 話が横にそれますが、昔、カメラ雑誌では「50mm標準レンズは人間の目の印象に一番近い」などというデタラメが繰り返し書かれていました。35mm判と呼ばれるフィルムサイズにおいてなぜ焦点距離50mmが「標準」なのか、厳密に言えば横幅35mmの映画フィルムでなぜ1インチレンズ(25mm)が標準と定められたのか(ライカという小型カメラが映画用フィルムを利用して2コマ分を1画面にしたのです)の理由もはっきりしません。画面対角線という近似値を理由とする人もいますが、合理的説明はありません。そして今なお「人間の視野角に近い」などというメチャクチャな説明が通用しているのを目にするとあきれてしまいます。(初心者向け登山技術論のメチャクチャと似ています。人間の視野についてはここでは触れません)
 ただひとつはっきりしているのは、35mm判カメラの全盛期には50mmレンズ1本で広角レンズで撮った写真と望遠レンズで撮った写真の両方を自在につくってしまう人がいて、そういうひとを標準レンズ使いの名人とたたえていました。ピントの深さとボケ味のつけ方。それと、撮影対象そのものにおける遠近感の選択とで広角レンズのようにも、望遠レンズのようにも撮れるレンズであったことは間違いありません。
 もうひとつ加えておきますが、ボディに標準装備されている「標準レンズ」は他の交換レンズと比べるとものすごく安価でした。「標準」だから安く作れたのではなくて、標準装備品としたことで製造ロットが大きくなって、販売価格を大幅に引き下げることができたというだけの、単純な理由でした。

 さて、バブルの頃の私自身の話です。私はキャノンの広報関係の仕事していました。そこで出た話題です。当時、カメラ少年たちにバードウォッチングの延長となるネイチャーフォトが流行っていました。最初は何故か理由がわからなかったのだそうですが、50万円以上の超望遠レンズを中学生たちが購入しているという情報が入ったのです。
 現在の価格でいえば300mm/F2.8(約60万円)、400mm/F2.8(約100万円)です。それなら中学生たちには一眼レフのボディを1台サービスするという話題づくりをしちゃおうか、という話も出ました。写真はレンズで撮るというのがもっとも重要な要点といっていいと思います。
 キヤノンのプロ用望遠レンズのラインナップでも、たとえば300mm/F4(約16万円)もありますし、私は100-300mm/F5.6(約10万円)を長いこと使っていましたが、プロ用としてはコンパクトなサブレンズという位置づけになるでしょう。
 しかし原則として、プロは借金をしてでもレンズを選びます。たとえば欧米のスポーツ写真はほとんどフリーのカメラマンが撮っていて、試合が終わるとスポーツ誌の編集者がその日の写真を買い集めるといいます。同じアングルで同じシーンを狙った場合、レンズが勝負を決めることが多いのだそうです。キヤノンの担当者はレンズの放列を白のキヤノンと黒のニコンと見分けつつ、どのようなレンズ合戦になっているか注視しているということでした。
 その頃、スポーツ選手の大きなポスターで、背景がものすごくきれいにボカされているいると感じたことはないでしょうか。たとえばゴルフ写真でそういう印象をもたれた人も多いのではないでしょうか。F2.8の300mmと400mmはファッション写真も大きく変えたといわれます。

 20年近く前(糸の会発足の前後です)のことですが、私はキヤノンがEOSという全く新しい電子制御一眼レフシステムを発売したことによる広報戦略に、外部スタッフの一員として呼ばれました。
 当時私はニコンFのセットを使っていましたが、しかたなく、EOS-1(約16万円)と28-80mm/F2.8-4(約16万円)というレンズを購入しました。当時私はズームレンズを欲しいとは思っていませんでした。ところがEOSシリーズの重要な新技術に「超音波モーター」というのがあって、そのレンズが初搭載のひとつでした。そのことがなかったら買うことはありませんでした。そしてそのレンズはズームとは信じられない高画質でした。
 ただ、そのレンズは開放絞りが広角側でF2.8、望遠側でF4と動くことから、スタジオで厳密な露出を決めたいカメラマンは、絞り開放で撮るときに28mmと80mmの中間だと厳密な露出コントロールができないということで大不評。アマチュアのレンズと違って、プロ用のレンズでは開放F値にものすごく重要な価値があるのです。付け加えていえば300mmのF2.8とF4では、アマチュアにとっては値段ほどの大きな違いはありませんが、プロは「F2.8」で仕事ができるかどうかに賭けているのです。
 でその標準ズームは現在24-70mm/F2.8(約20万円)となって、あいかわらず傑作レンズです。プロとして仕事する場合にはそのレンズに適当なボディを装着するという考え方が合理的です。
 じつは私の28-80mmズームはあんがい早くゴミになりました。超音波モーターが不調になって、動かなくなったのです。驚くほど電気を食うので何度も見てもらっていましたが、修理可能の期間が終わると、だれも直せなくなったのです。開発初期の超音波モーターは職人さんの「組立調整」でなんとか製品化していたので、交換部品も入手不可とのことでした。
 ……じつはそういうとき、ニコンは対照的な神話で世界戦略を成功させていました。それは古いレンズでも光学系が壊れていなければ、なんとか写すことはできるという互換性。世界のどんな田舎でも、マニュアル操作であればなんとか写せるという保証があったのです。キヤノンはEOSシリーズを出すに当たって、その前の一眼レフシステムとの互換性を完全に捨てていました。

 私はさらに複写用として50mm/F2.5マクロ(約3万円)と24mm/F2.8(約6万円)を購入し、その後、動かなくなった28-80mm/F2.8-4の代替として20-35mm/F2.8(約20万円。の中古)を購入しました。

 レンズのことについてはこのホームページに、(関心のある方には)読んでいただきたい文章があります。
「交換レンズ開発の考え方」★連載「カタログ探検紀行」5(毎日カメラ読本・2000年)
 交換レンズメーカーのシグマ、タムロン、トキナーにかなりディープな取材をしていると思います。
 高価なレンズを使うには、それに応じた精密さがボディの側に要求されます。一眼レフカメラでいえば、アマチュア用とプロ用では、ペンタプリズムの価格だけでもずいぶん違います。1万円から4万円くらいのポケットカメラでは、モニターの液晶画面の値段も一目で違うとわかりますし、光学ファインダーがついていれば、ひとつごとに価格が上乗せされてくるわけです。
 そういう高級化と高価格化は走り出したら止まりません。私がすすめる「1万円カメラ」を若者たちの貧乏旅行とすれば、ハイアマチュア用の高級カメラはシニア層向けの豪華ツアーにあたる……といえるかもしれません。どちらも「旅」ではあるのです。気持ちを若くして、自分の好奇心がどれほど残っているか確かめるべく「1万円カメラ」をとことん使い倒してみていただきたい……という考え方からの提案になっているつもりです。
 そしてもうひとつ。「1万円カメラ」で望遠撮影をあまりすすめないのは、やはり設計段階であまり重視していないで、望遠撮影に不満なら、1段でも2段でも上位の機種を買ってくださいといわれている感じがします。この発見写真旅では基本的に写真はノートリミング&無修正ですから、どんなカメラでどんなふうに撮ったのか、おおよそ判断できます。関心のある方は質問のコメントをお寄せください。満足できる回答が得られるかどうかの保証はありませんが。
 そしてさらに要求が高くなってくると、望遠撮影の際の「コントラスト」が気になり出すかもしれません。「ボケ」と「シャープ」との3要素の組み合わせで大いに悩むことになります。その領域ではどのレンズがいいの、わるいのということで読者を獲得している写真雑誌が待ち構えているでしょう。
★目次に戻ります


写真の話=1万円カメラ
発見写真旅067――2015.4.26 高尾・サクラ保存林

 「1万円カメラ」の素晴らしさに気づいたのは、この「発見写真旅」のおかげです。それ以前には、さすがの私も「1万円じゃあ……ネ」というふうに考えていました。常識的に考えて「中古の2万円台」がお買い得としてみなさんにお知らせしたと思います。

 日本の中古カメラは品質管理がしっかりしていますから、良品であれば自分たちが今使っているカメラより程度がいいというのが普通です。しかも中古となると新品価格の半値近くに落ちています。だから、中古で2万円なら(その古さにもよりますが)新品のときに4万円、すなわちポケットタイプの最上位、メーカーの看板というフラッグシップモデルだったという可能性があるのです。
 妻が庭仕事をやっていて、その写真を撮る必要から小さなカメラが必要だということで、その手の「2万円カメラ」を買っていました。私も2007年から山の写真を撮るのはデジタルの一眼レフカメラにしていましたが、クローズアップ専用としてポケットタイプのデジタルカメラも持つようになっていました。

 2010年の4月に両神山に登りましたが、そのとき私はカメラ一式を家に置き忘れてしまいました。Kさんが予備のカメラをどうぞといってくれたのですが、バッテリーが残量わずかであてにできません。その日は両神村(旧)の国民宿舎両神荘に泊まっていたので、タクシーで近くの町まで出かけました。カメラ屋で充電をお願いできないかと考えたのですがうまくいきません。店にはニコン、キヤノン、ミノルタ、アサヒペンタックス、ヤシカなどカメラメーカーごとに1台ずつ、2万円クラスのカメラを並べてありました。
 すぐに使えるということから、たまたまニコンのカメラが単3電池2本で使えるのでそれを買ったのです。地方でも高級カメラを買いたい人は都会の量販店に出かけてしまうでしょう。事情があってあわてて買いたい客になら「2万円」という値段がたぶん合理的なのだろうと思いました。そして後に、その2万円カメラが、量販店では「1万円カメラ」だったと知ったのです。

 発見写真旅は2012年からですが、いいカメラだといい写真が撮れるという神話があるので、私は意識的に「1万円カメラ」を使うようになっていました。そして積極的にすすめるようになったのです。
 量販店に行って安いカメラを見てみると日本の老舗のカメラメーカーの一番安いカメラが「1万円」前後に設定されています。
 使ってみると、スイッチをONにした状態でオートで撮る限り、写真の出来はなかなかいいのです。昔は安いカメラは造作から安物で、撮れる写真も安っぽい感じがしましたが、デジタル化したカメラでは安い部品で安く作るより、上級機種とおなじパーツを使って機能を絞って差別化するほうが安上がりになります。レンズも携帯電話やスマートホンの内蔵カメラと同様に、高性能の自動システムでつくるので、基本性能はあまり違わないと思います。
 私の取材体験ではカメラメーカーはフラッグシップ・モデルは自分のところで作りますが、下位機種はOEMというのがふつうです。台湾や日本の専業メーカーが作っていますから、量産品として品質は安定していると考えていいのです。

 ただ、問題がひとつあります。発見写真旅021の渋谷(2013.2.16)はものすごく寒い日だったからだと思いますが、1時間ちょっとで私の1万円カメラのバッテリーが上がってしまったのです。安いカメラには安い電池が入っているということでしょうか。昼食休憩で渋谷の街に戻ったときに、量販店で単3電池2本の1万円カメラを急遽購入したのです。ですから前半、後半でカメラは交代しています。

 2014年の発見写真旅(東武カルチュアスクールのシリーズ)では、じつは新品だと4万円クラスのキヤノン PowerShot G7というカメラを使っています。発見写真旅030の浅草がその使い始めなのですが、じつはそのシリーズを宣伝する無料講座でカメラの選び方をお話しし、池袋の中古店を案内したときに7,000円という格安中古を見つけたのです。そのカメラは以後、山の写真でも一眼レフに取って代わることになりました。

 そして今回、近くの中古屋で見つけた1万円カメラ(購買価格3,000円)を使い始めたのです。2010年にニコンが発売したCOOLPIX L21というカメラで、ネットで調べてみるとレンズは35mm判換算で41mm〜145mm、マクロモードは5cmまでとなっています。
 その直前に妻の仕事用にCOOLPIX L32というのを量販店で1万円弱で購入しました。2015年2月発売の最新機種で、単3電池2本使用の同じシリーズです。ところがレンズの仕様がずいぶん違います。35mm判換算で26mm〜130mmという超広角レンズがついていて感激モノ、実用上は理想的なのですが、マクロモードは10cmが最接近距離と、こちらはかなり不満です。

 じつは中古で買った私のCOOLPIX L21の「最短5cm」というのも「最短1cm」などというカメラを使った後では、ちょっと不満なのです。ちなみに妻が「調子が悪い」といって放棄したキヤノンのPowerShot A810は2012年4月の発売でやはり単3電池2本の1万円カメラ。レンズは35mm判換算で28mm〜140mmでマクロモードは3cmから、となっています。
 最近では、大型量販店にはニコンかキヤノンの単3電池2本仕様の1万円カメラが基本的にどちらか置かれていると思います。長期の旅行などではどこでも買える単3電池対応の方が安心だからです。
 レンズは広角側が41mmでは不満があり、マクロモードは5cmだとちょっとイライラするというのが私の感覚です。

 それから、妻が仕事で使っているカメラ(私のホームページにぶら下がっている「新しいプランターの会」の写真はすべてその種のカメラで撮影されています)は2〜3年でレンズの繰り出しにガタが来ます。機械部分の不調が最初にそこに現れてくるように思われるので、それを寿命と考えるのが合理的だと思うのです。
 そこで結論。発見写真旅に新しく参加される方で、自分のカメラをお持ちでない方には、ニコンかキヤノンの単3電池2本型の1万円カメラをお勧めします。撮りたいモノと撮れるモノとのギャップが見え始めてから次に買いたいカメラをきちんと決めるのが合理的だと思います。高いカメラが使う人にとっていいカメラとは限りませんから。

 ただし一点、値段に応じてどうしても我慢できない機能があるかもしれません。それはシャッタータイムラグ。走っている人はもちろんのこと、歩いている人さえ撮りたいポイントで撮れないかもしれません。子どもの笑顔を撮ろうとするときのイライラを解消するために、カメラが笑顔を認識して自動的にシャッターを切ってくれたりしますが、そういう決定的な不利を幾分でも楽しめない人ひとは意外に早く付き合いきれない関係になってしまうかもしれません。そのことを解決するためには一眼レフ、あるいはミラーレス一眼というクラスのカメラがどうしても必要になります。……そうなるとレンズの選択というもうひとつの問題が浮上していますので、ご注意ください。
★目次に戻ります


山の話=軽アイゼンの安全論
発見写真旅064――2015.3.17 北八ヶ岳

 しらびそ小屋に泊まると、やっかいな状況が発生していました。中山峠への最後の登りが大雪で軽アイゼンでは登れない……というのです。
 そこは以前、深い雪で悪銭苦闘したことがあります。南北八ヶ岳の縦走路の中山峠に北側から登る最後の最後、ほんのひと登りのところが急斜面なのです。
 宿にはほかに、地元佐久側のグループがいましたが、彼らは山岳救助隊のメンバーも含むベテラン中のベテラン。「軽アイゼンでは登れないかもね」という意見でした。

 冬の北八ヶ岳は特別な技術と装備を持たなくても、白い雪と黒い森、それに抜けるような青い空、加えて凍える冬の風を体験できる特別な山域です。私はここでテレマークスキーやスノーシューで新雪の森にさ迷い込む楽しさを何度となく企画してきました。
 たとえばテレマークスキーでは、中高年になってから山歩きを始めた人たちの多くはこれまでの人生でスキーを体験したことのない人たちだということに気づきました。スポーツマン・タイプではない人が多いということにも由来しますが、生まれ育った土地によってはスキーは遠い世界の遊びでした。たとえば昭和20年代に長野県で生まれた人たちの多くはスケートはやってもスキーはやっていないというのが通例だったようです。スキーは都会からやってくる若者の遊びだったというのです。
 しかしやはり、冬の北八ヶ岳では「軽アイゼンでの縦走」が王道だと、私は思うようになりました。その軽アイゼンは手のひらにのる「4本爪」などとも呼ばれる軽アイゼンです。

 ところが登山用品店にいって「軽アイゼンをください」というと「4本爪は危険です」といわれます。行き先を「北八ヶ岳です」というと、たちまち正義の味方というような確信で「6本爪にしなさい」と強力に指導されるのです。そういうわけですから私の周囲の10年選手、20年選手はとうの昔に「6本爪」になっていて、私に渋い顔をさせているのです。わたしは昔から「6本爪は危険だからやめなさい」と言い続けてきたからです。
 軽アイゼンでは登れないかも、と聞いて、私はもちろん、悩みました。明日は戻って、転戦しなければならないかもしれません。本沢温泉まで行ってみるという程度の策しかありませんでしたが。

 実際のところ、この日は、行ってみると雪の斜面に完全な雪の階段ができていました。滑落の心配もなく、夏よりもよほど簡単に登ることができました。
 つまり、先に歩いた登山者によって道が拓かれるので、よほどの大雪の直後でない限り新雪をラッセルして前進するというようなことは縦走路では考えにくいのです。もしトレースがなければ「無条件に引き返す」という大原則を掲げておけば時間の計算も無雪期と同じ、歩きやすさは無雪期以上というふうに考えておいていいのです。
 ただ、北八ヶ岳は夏沢峠以北と考えるのが常識ですが、冬の北八ヶ岳は、私は天狗岳の北の中山峠から蓼科山の北の将軍平までと考えています。
 以前、将軍平から蓼科山に登ったことがありましたが、その斜面は手のひらサイズの軽アイゼンで登れはするものの、下りはものすごく難易度が高くなります。危うい感じの人に張り付いて下ろしましたが、最後のところでとうとう滑りました。上からだとケガをする危険がありました。
 そのとき私たちに追いついた女性グループはアイゼンをはきましたが。前爪のついた10本爪、12本爪の本格的なアイゼンでした。翻って、今回しらびそ小屋で同宿だった佐久のみなさんも10本爪、12本爪のアイゼンでした。

 私の手元には糸の会のメンバーで若い頃北アルプスのあちこちで冬山登山した女性の古いアイゼンがあります。カジタの鍛造アイゼンですが、驚くほど爪の長い6本爪です。その時代に冬山登山をしていたという男性の話を聞いたことがありましたが、北アルプスの稜線からの下りはほとんどグリセードで一気に滑り降りたといいます。
 しかし今、きちんとした冬山装備としてのアイゼンは10本爪、12本爪の、つま先に前爪を伸ばしたアイゼンです。そういうアイゼンを使うにはアイゼンと完全に合体できる登山靴も必要になります。そしてもちろんアイゼンは基本的にはピッケルとセットです。本格派のアイゼンは雪や氷の急斜面を登る能力を大幅にアップしてくれますが、下りの安全を担うピッケルを持たないと、かえって危険を招き寄せる結果になります。

 じつは私が「6本爪は危険」というときに浮かぶイメージは夏の雪渓です。たとえば鳥海山の雪渓ではかなりの急斜面をトラバースする場面があります。「6本爪」は「4本爪」より安全度は高いのですが、その大きな理由は歩き方が少々乱暴でもつま先側やかかと側で爪が浮きにくいというところにあります。
 ちなみに「4本爪」が危険というのは靴底を雪面にフラットに置かないと土踏まずにある爪が浮くのです。だから歩き方をていねいにしないと危険なのです。

 さてここで「6本爪が危険」というのと、「4本爪が危険」というのは違う次元での話だとお分かりいただけると思います。前爪のある本格的なアイゼンをつけたいところでは「6本爪が危険」で、6本爪なら通過できるところでも「4本爪だと危険」という意味になります。
 なあんだ、グレードの問題じゃないかと思う人もいるでしょう。でもちょっと違うのです。カルチャーセンターの入門編の冬山訓練に加わったことがありますが、一番重要なのは歩き方です。みなさんにはけっこうな金額の冬山装備を購入していただいていますから、それなりの山にお連れするという前提で進めます。そのために、アイゼンをつけたときの登り・下りとトラバースの歩き方はきちんとしなければなりません。難しいのは下りに対応するピッケルの使い方です。滑落停止というやつですが、これはなかなかうまくいきません。というのは危険な急斜面でやるためには失敗をカバーする仕掛けを整えなければならないので、失敗しにくい斜面でかたちだけを体験するということになりがちです。ピッケルをほんとうに使えるように感じるまでの訓練はなかなかできにくいのです。でも冬山装備としてのアイゼン+ピッケルを使うにはそれだけの前提が必要になります。

 では私の「4本爪」はどうか。北八ヶ岳の縦走路から天狗岳と蓼科山をはずしていますし、たとえば今回の中山峠のように他人任せのところでは自力突破を最初から考えていません。つまり「4本爪」の安全範囲を(ある意味)プロフェッショナルな判断基準で、かなり真剣に決めているのです。
 そういうところでは6本爪は安全なのです。4本爪の人が靴底をフラットに雪面に置くていねいな歩き方を強いられているときに、いつもと同じふつうの歩き方でな〜んの問題もない歩き方をしていられるからです。
 じつは、4本爪のアイゼンでそれなりの急斜面を登り降りしてもらうと、その人の歩き方がよくわかります。今回縞枯山の山頂からの急な下りで糸の会のベテラン会員が6本爪+ダブルストックで大騒ぎしていたとき、私は4本爪だけでストックを使わずに、テレマークポジションで気持ちよく下りました。急斜面では重心のコントロールが非常に重要だという大原則がそこでも明らかになりました。
 6本爪を安全な道具だと思っている人の多くは、素人考えで使っていると感じます。私は雪のついた山では「4本爪」で歩ける範囲を超えたら、本格的なアイゼン+ピッケルにすべきだと考えます。急斜面の雪渓でトラバースする必要に迫られたら、4本爪で歩けるステップを切るのが私の役目だと考えています。
 つまり、雪の山で、雪崩と滑落の危険がない領域に限定して、4本爪の軽アイゼンとダブルストックで歩くと考えるとき、冬期も山小屋がたくさん利用できる北八ヶ岳はパラダイスなのです。
(2015.3.17)
★目次に戻ります


写真の話=カメラにカイロを
発見写真旅057――2015.1.30 明治神宮・御苑

 1月30日は雪の日でした。明治神宮での発見写真旅ということで、私は通常山に持参する「貼るカイロ」を余分めに持参しました。それを押しつけがましくみなさんに渡したのですが、それはみなさんのためではなく、みなさんのカメラのためでした。
 秋から冬にかけて、山に出かけるときには、私はカメラケースに使い捨てのカイロを入れておきます。まずはレンズが曇らないように、次にはカメラ内部に結露しないようにというのがその目的です。
 カメラは日本の冬なら低温で動かなくなるという心配は基本的に不要です。しかし秋になると、雨の中で撮影しているとフッとレンズが曇ったりします。テレビの番組でも室内に突入するときレンズが曇る場面がありますが、湿度の高いところではカメラの外部に結露する危険があります。レンズが曇るというのはそういう状態のいわば最初の異変です。
 ところが雪山だと、山小屋に入ったらうかつにカメラを出せません。一瞬にしてレンズは曇り、ボディもじっとりと湿ります。そういうときにはポリ袋などに入れて密封して、カメラが室温に近づくまで待たなくてはなりません。カメラ自体の温度が0度Cに近づき、さらに氷点下になると、暖かい空気に触れるだけで一瞬にして結露が生じてしまうのです。
 レンズが曇ったぐらいでは大騒ぎする必要はないと考えることもできますが、カメラがデジタル化したいま、カメラの結露はもっとも注意すべき問題です。
 というのは一眼レフカメラだとミラーの奥にあるイメージセンサー表面がけっこう簡単に結露します。画面上に黒い丸いシミが出てきたら、それはゴミではなく、結露が乾いた跡だと思います。曇り空のところに薄いグレーの丸印が出てきます。(自分で拭いていいカメラもありますが)基本的にはメーカーのサービスセンターで清掃してもらいます。
 問題はポケットタイプのカメラです。このところ私が常用しているキヤノンのパワーショットG7にいくつかの結露跡が見えるようになり、画面ほぼ中央にくっきりと1個見えるようになりました。レンズ交換のできないカメラはレンズからイメージセンサーまでが密封された空間になっているはずで、ゴミや湿気の侵入を防いでいます。メーカーが心配するのはズームレンズなどの可動部から出てくる微細なゴミがイメージセンサーに付着した場合の対処で、そのためにカメラにはイメージセンサーを振動させてゴミをふるい落とす機能がついています。もとより密閉空間で結露しにくい構造になっているのですが、いったん結露してしまうとゴミと違って揺すっても落ちません。私の場合、最近どこかで、かなり重傷の結露付着を起こしてしまったのだと思います。
 じつはこのカメラ、昨年買ったのですが2006年製なので、メーカーでの修理期間が過ぎていて、クリーニングは不能、しかも修理可能期間中でもかなりの金額がかかるということがわかりました。……ということはプロの道具として考えると、有料でも1,000円程度で清掃を頼める一眼レフでないとかえって高価な道具になってしまうことになりかねません。あくまでもサブカメラとして考えるところを、私はいまメインカメラとして使っているのだということに気づいたのです。
 イメージセンサーへの結露という危険を軽視できないことから、私はみなさんに「貼るカイロ」を用意したのですが、じつはあまり効果的ではありませんでした。カメラが暖かく感じられるほどの保温が必要だとは思いませんが、イメージとしては撮影が終わったら、カメラが冷えないうちに懐に入れる、ポケットに入れるという配慮がほしいところです。それと同等の保温……というより「防寒」をカメラケースの中でできれば十分です。
 しかし、速写性を考えたカメラケースでは保温などという配慮はないのが普通なのでカイロを1枚どこかに貼りつけてもほとんど効果がありません。
 撮影中はカメラを冷やしてしまってもやむを得ないとして……も、その後、暖かいところではその空気に直接触れさせない心遣いが、カメラをいたわるために重要だと思います。
(2015.1.30)
★目次に戻ります


★発見写真旅・目次に戻ります