発見写真旅・展(157)――2017.7.18-19 白山(36+56パワー)<b> 発見写真旅・展(157)――2017.7.18-19 白山(36+56パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会 No.1043 白山(36+56パワー)────2017.7.18-19
*1日目……登り36p
*2日目……山頂一周24p→下り34p


*クロユリをひとつの目的として「花の白山」を狙いました。
*白山登山は以前は前泊が必要で、それを飛行機利用で1泊計画にしたりしましたが、今回はもちろん北陸新幹線利用でその日のうちに室堂泊まりが可能となりました。ただし金沢駅→別当出合(登山口)はタクシー利用で。
*結果は写真でどうぞ。


7月18日
・1140……別当出合を出発(標高約1,250m)
・1230-40……中飯場で休憩(標高約1,500m)
・1415-30……甚之介ヒュッテでトイレ休憩。雨具をつける(標高約1,950m)
・1525-30……休憩(標高約2,200m)
・1555-1600……黒ボコ岩で休憩(標高約2,300m)
・1630……室堂センターに到着(標高約2,450m)
7月18日
・0340……室堂センターを出発(標高約2,450m)
・0440-0500……御前峰山頂で御来光(標高2,702m)
・0730……朝食後、室堂センターを出発(標高約2,450m)
・0800-05……黒ボコ岩で休憩(標高約2,300m)
・0905-20……殿ヶ池ヒュッテで休憩(標高約2,050m)
・1035-40……休憩(標高約1,750m)
・1150……別当出合(標高約1,250m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の3人です。
三浦 陽子(8点)
小林 美子(23点)
伊藤 幸司(196点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:三浦 陽子




撮影:小林 美子










撮影:伊藤 幸司

















































































▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:07時21分=伊藤 幸司
これはJR金沢駅。夜行バスで先行したのでちょうど通学ラッシュのようでしたが、この軽々とした大天井は、新しい都市への入口としてとても気持ちいいものでした。見上げながら「京都駅よりいい」と思いました。私はそのまま高校生たちがたくさん乗り込んできたバスで終点まで往復したのです。
帰路も夜行バスだったので、たっぷり時間があり、本屋で見つけた『金沢らしさとは何か』という本を読んで1990〜2010年に市長を勤めた山出保さんのまちづくり論を深める運動を知りました。金沢は小京都ではなく、日本で唯一残すことのできた「城下町モデル」だという認識が、じつは妹島和世+西沢立衛の設計による金沢21世紀美術館(2004年開館。同年ベネチア・ビエンナーレ国際建築展展示部門「金獅子賞」受賞)となり、城下町の21世紀型中心施設になったのだと知りました。
そして2005年に完成したのは金沢駅の「もてなしドーム」。設計は白江龍三で雪国の冬にも「駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」が表現されているという。
千年の都・京都とはまったく違う体質の江戸時代の城下町として「金沢らしさ」を求め続けるという視線を知ることができました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:11時32分=伊藤 幸司
金沢駅からジャンボタクシーで一気に登山口の別当出合へ。最初に予約したジャンボタクシーは37,800円だったのに、念のために電話したB社は30,000円、もちろんB社に乗り変えたのですが、貸切料金には要注意ということがネット情報にもチラリと見えていました。(今回、30,000円が一応通常価格とわかりました)
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:11時38分=伊藤 幸司
別当出合のビジターセンターから吊橋の先に見える不動滝(落差70m)。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:11時40分=伊藤 幸司
別当出合から遠望した不動滝。50倍ズームの最大倍率で撮ったので画像はかなり霧の中、ふう……でしたが、画像処理ソフトでここまでクリアになりました。寄りかかり体勢での手持ちでこれだけのピントです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:11時42分=伊藤 幸司
いよいよ出発。ビジターセンターを出ました。ここを別当出合園地と呼んでいるようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:11時43分=伊藤 幸司
この別当出合吊橋は、旧吊橋が2004年の土石流による砂防新道通行不能部分となったため、突貫工事で、約2か月で安全な場所に新設したというもの、だそうです。通路の幅を狭くしたというのは、合理的な考え方ですね。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:11時46分=小林 美子
別当出合から。
鳥居をくぐり、吊り橋を渡り、出発です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:11時51分=伊藤 幸司
ウバユリは、まだこれからという幼さでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:11時54分=伊藤 幸司
砂防新道は人によっては歩きにくいというかもしれませんが、ものすごく手入れのいい登山道というべきです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:12時00分=伊藤 幸司
ヤマアジサイかガクアジサイかというところですが『白山花ガイド』にはエゾアジサイとあって「石川県内の山地帯には、エゾアジサイに比べて葉が細く、花序も小さいヤマアジサイもあるとされるが、差異は必ずしも明確ではない」と注記されています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:12時01分=伊藤 幸司
先ほど渡った吊橋が下に見えていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:12時09分=伊藤 幸司
巨木にアジサイ風の花を咲かせるツルが這い登っていました。候補としてあげられるのはツルアジサイとイワガラミです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:12時09分=伊藤 幸司
白い装飾花が4枚のがく片なので、これはツルアジサイ、1枚ならイワガラミというところです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:12時10分=伊藤 幸司
私が好きなヤグルマソウが出てきました。これからという、エネルギーをまだ内に秘めた青春期の顔つきです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:12時12分=伊藤 幸司
深い森の中を進んでいきます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:12時14分=伊藤 幸司
トリアシショウマといいたいところですが『白山花ガイド』によるとアカショウマかも。葉っぱを見ないと決着がつかないようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:12時14分=伊藤 幸司
マイヅルソウはもう花が終わって実がついているというのでしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:12時16分=伊藤 幸司
ギンリョウソウは花が落ちて、頭が青い雌しべの部分(子房)が膨らんで種子が育っている段階のようです。ぷっくらしたお腹の脇に並んでいる茶色っぽい棒状のものが役目を終えた雄しべだそうです。その外側にあった花びら(花被片)はほとんど崩れ落ちた状態です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:12時17分=伊藤 幸司
カタバミの仲間かと思っていましたが、わかりません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:12時18分=伊藤 幸司
ヤグルマソウの花はけっこう見ていますが、こんな絶頂期の顔つきは初めてです。小さな花(花序)をいっぱいつけているのですが、花びらはなく、がく裂片といいますから長さ数ミリの突起が5〜7枚出ていて、それが緑白色から白色に変化していくというのです。その中からさらに長さ数ミリの雄しべが10本前後直立して、全体としてとげとげしい花になっているようなのです。鉄条網のトゲトゲみたいにも感じます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:12時19分=伊藤 幸司
不動滝がどんどん近づいてきました。雪解けが終わると水が消えることもあるとか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:12時32分=伊藤 幸司
中飯場のトイレ。水場もあります。ここで休んでいると夕立雲が来たので雨具をつけて出発。しかしすぐに脱ぐことになりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:12時44分=伊藤 幸司
サンカヨウがありました。白い純愛モードの花が終わって、これから実がぶどう色になっていくところ。私たちは登場する花を見ながら、山頂部で見られそうな花々をいろいろ想像しています。結局はわからないのだけれど。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:12時44分=伊藤 幸司
センジュガンピも出てきました。はなびらの縁が独特のフリルになっていて、あればすぐにわかります。『白山花ガイド』に「砂防新道の中飯場から甚之助避難小屋の間にもよく見られる」と書かれているほどではなかったけれど。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:12時47分=伊藤 幸司
サンカヨウの実。アップしても写真の内容は変わらないようでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:12時56分=小林 美子
1時間ほど歩いたところで右手に不動滝が見えます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:13時00分=伊藤 幸司
砂防新道の砂防というのはこういうことなのでしょう。じつはこの近くまで工事車両の道は伸び上がって来ているのです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:13時46分=伊藤 幸司
雨を受けて凛々しい顔つきのゴゼンタチバナ。白い花びらに見えるのは蕾を覆っていた総苞片。その内側が花とか。葉が6枚あると花が咲いて赤い実をつけ、葉が4枚だとまだ若い。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:13時50分=伊藤 幸司
標高1,750mの別当覗あたりでも道はきちんと整備されています。砂防新道と名付けられているだけに、道つくりのプロたちが工事予算で一気に作ったみたいな感じです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:13時56分=伊藤 幸司
オオバミゾホオズキだそうです。『白山花ガイド』には「ミゾホオズキは低山の谷に生え、花が小さく、葉の先はとがらない」とのことです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:13時57分=伊藤 幸司
キヌガサソウが出てきました。花びらのように見えるがく片は白→紅紫色→淡緑色へと変化するそうです。ここでは葉は9枚ですが8枚から12枚と造作はルーズなようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:13時58分=伊藤 幸司
砂防新道はこの整備された路面のお陰で、初心者でも粘り強く歩けば登れるといえます。別当出合から室堂まで標高差約1,200mといっても登りオンリーですから「36パワー」は日帰りの小ぶりの山の登り+下りと同じです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:14時04分=伊藤 幸司
白山で見られる黄色いスミレはこのキバナノコマノツメとオオバキスミレの2種類のようです。葉っぱの丸みと、筋の入った唇弁が大きいという2点でこれがキバナノコマノツメ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:14時11分=伊藤 幸司
これはもうほとんど甚之助避難小屋到着というところ。道際にミヤマキンポウゲがビッシリ咲いていました。10分交代制のトップの人が休憩を入れた瞬間に夕立がきて、すでに屋根が見えていた避難小屋へと走ったのですが、濡れた人もいたようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:14時39分=伊藤 幸司
マイヅルソウはしばしば大きな群落となり、ミニサイズの場合もあればジャイアントサイズの場合もあります。これは大きいけれど東北の山で見るようなジャイアントではないと思いました。ただし、花を見ると青春真っ只中というような幸せな時期のように思われます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:15時02分=伊藤 幸司
コイワカガミも出てきました。日本海側の山だとイワカガミという可能性も考えられるのですが、白山のものはコイワカガミだそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:15時06分=伊藤 幸司
登山道に最後まで雪渓が残るあたりで、花びらに見えるがく片がまだ白く若々しいキヌガサソウが登場しました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:15時06分=伊藤 幸司
夏の北アルプスでは、ちょっとした水辺は葉陰でキヌガサソウと出会うことがしばしばです。歩いていると、この白い花(状のもの)が目に飛び込んできます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:15時07分=伊藤 幸司
サンカヨウの白い花も出てきました。実をつけるまでにはまだ早いという雪解け期の風情。白山にシラネアオイが生存しているのならひょっこり出てくるところなのでしょうが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:15時07分=小林 美子
キヌガサソウ。
大きな花が見事でした。目立ちますね!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:15時11分=伊藤 幸司
これはオオシラビソ(アオモリトドマツ)の雄花でした。雌花は紫色の松ぼっくりという感じで、両者のあまりにも違う存在感に驚かせられます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:15時12分=伊藤 幸司
ダイモンジソウだと思って撮ったのですが、ミヤマダイモンジソウだとか。『白山花ガイド』を持っていなかったら「ミヤマ」かどうかで悩まされます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:15時16分=伊藤 幸司
まだ花が開いていませんが、花より葉っぱがかわいいという人もいるカラマツソウ。もっとも花(花弁)はなく、膨大な本数の雄しべの花糸が繊細な花と見せてくれます。その白い糸細工を「カラマツの芽吹きに似ている」と『白山花ガイド』にはありますが、黄金色に輝いて降りしきるカラマツの葉に似ているともいえそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:15時16分=伊藤 幸司
ニッコウキスゲが顔を出しました。一日花ということですが、こんな状態のこの花の明日の姿はどのようなものでしょうか。奥にツボミが2つは見えていますけれど。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:15時18分=伊藤 幸司
コイワカガミです。特別な感じがしたからではありませんが、前に撮ったのと同じような写真でも「前よりいいかも」という感じがしたら繰り返しになっても撮っておくように心がけています。
カメラマン根性の一般的なかたちとしては、いったん見つけた「いいチャンス」に、どれだけじっくり関われるか(たとえば前から、後ろから、光の変化を待ちながら……)という粘り強さが必要でしょうが、山歩きでの私のスナップショットでは、目に入った(見るに値すると感じた)光景(風景や花)との出会いをできるだけ逃さずに撮っていくという一種の「分布記録」と考えています。「登山道を一歩も外れずに」という限定付きの写真ですから、出会い頭の感激……みたいなものを拾い上げていくことになります。
そしてこの写真、見たときの印象より、撮れた写真のほうが良かった、と感じるので「いい写真」だと思っています。コイワカガミはずいぶんたくさん見てきましたが、この写真は「撮れてしまった」いい写真だと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:15時19分=伊藤 幸司
ここにまだ雪が残っていれば、あるいは軽アイゼンが必要になるかもしれないと考えていましたが、ほとんど、すっかり、消えていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:15時20分=伊藤 幸司
一握り、雪が消え残っていたので、ごく最近までここに雪があったこと、このあたりの地温はまだ低くて、春の花がこれから生まれ出てくるということがわかりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:15時26分=伊藤 幸司
北アルプスの縦走路ではキヌガサソウとこんなふうに出会うことがけっこうフツーです。白山でも……という感じがしました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:15時27分=伊藤 幸司
キヌガサソウの顔を仔細に見てみました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:15時27分=伊藤 幸司
キヌガサソウの魅力のひとつは花も葉っぱも直線的にピシッと襟を正している感じだと思うのですが、こんな力の抜けたような雰囲気もあるんだなぁ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:15時32分=伊藤 幸司
『白山花ガイド』にヤマガラシ(ミヤマガラシ)がのっています。それかどうか、確信はもてていませんが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:15時32分=伊藤 幸司
これはオタカラコウですね。『白山花ガイド』には「花びらに見える舌状花は5個以上」とあり、「メタカラコウは舌状花が1〜3個で、葉の先がとがる」とのこと。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:15時33分=伊藤 幸司
ミヤマダイコンソウが出てきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:15時33分=伊藤 幸司
ミヤマダイコンソウの壁に近づいて見ました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:15時33分=伊藤 幸司
足元にイブキトラノオ。『白山花ガイド』には「花は淡紅色をおびるものが多いが、ほぼ白色のものもある」と。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:15時34分=伊藤 幸司
ミヤマダイコンソウの中にヨツバシオガマが咲いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:15時34分=伊藤 幸司
ミヤマシシウド。大はミヤマシシウドから小はシラネニンジンあたりまでセリ科の高山植物はグループとしてはわかるけれど、どれがどれかというところがほとんどわかりません。ミヤマシシウドはシシウドとの区別はあるような、ないようなもののようですが、ポピュラーで、かつ雰囲気は独特です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:15時34分=伊藤 幸司
ときおり雨雲が通り抜けていくだけでなく、山霧も濃くなったり、薄くなったり。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:15時36分=伊藤 幸司
ミヤマキンポウゲの群落が登場しました。このあたりの標高は2,300mほどになっていて森林帯を抜けています、まさに高山帯のお花畑が始まりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:15時36分=伊藤 幸司
ミヤマダイモンジソウの花がひっそりと固まっていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:15時43分=伊藤 幸司
ハクサンフウロはアジア系の顔つきだと思います。目鼻立ちが華やかでないので地味に見えることが多いのですが、ときに奥ゆかしい美しさが溢れ出ます。図鑑などにはその華やかな顔つきばかり、すなわち美人さんばかりが紹介されるので、実際には「たくさん」フウロという感じになったりします。この花、美人かどうかはわかりませんが、表情に惹かれました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:15時45分=伊藤 幸司
この小さなジグザグ道は砂防新道のエクボみたいなところです。雪がまだ残っている時期なら、さらにここに現れたお花畑は輝きを増しています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:15時49分=伊藤 幸司
上品な表情のテガタチドリが現れました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:15時52分=伊藤 幸司
これが黒ボク岩。この岩のところで砂防新道と観光新道が合流(分岐)します。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:16時04分=伊藤 幸司
黒ボク岩で風景がガラリと変わります。弥陀ヶ原が広がっていました。道は前方右方向へと登っていくのが見えています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:16時29分=伊藤 幸司
弥陀ヶ原で際立った花はこのイワギキョウ。道すじに花らしい花は、この日はこれだけでした。ちなみに『白山花ガイド』には「花に毛のあるチシマギキョウは白山に分布しない」とありますから安心です。イワギキョウとチシマギキョウは、じつはなんど見ても決定しづらいところがあります。白山がイワギキョウしかない山だといわれるとホッとします。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:16時58分=伊藤 幸司
これは750人が泊まれる白山室堂の主要宿泊棟3棟に対応する別棟トイレの男性用。最初に入った瞬間は古臭い感じがしたのですが、ここでは左側手前の2つが夜間明るい照明がつき、洋式と和式。山小屋では例を見ない明るい照明がドアと連絡して点灯されます。もちろんバイオトイレ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:16時59分=伊藤 幸司
トイレの裏にまわったら、イワヒバリが飛んできました。高山帯の岩場でよく見る鳥です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:17時00分=伊藤 幸司
トイレの裏側にはナナカマドの低い木が庭園風景を作っていました。このときはまだ白山ではウラジロナナカマドとタカネナナカマドが混在しているという認識はなかったのですが、これはウラジロナナカマドだと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:17時24分=伊藤 幸司
白山室堂の夕食。写真だけ見ると昔の山小屋のような粗末な食事を思い出しますが、じつは梅干しと海苔の佃煮とふりかけが自由にいただける状態で、思いのほか満足。この日はあまり混んでいませんでしたが、大人数の順次回転方式も、なかなか合理的だと思いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:17時48分=伊藤 幸司
室堂に着いたら晴れました。ビジターセンターの玄関から見ると眼前の建物は白山神社の祈祷殿。見上げる御前峰にポツンと見える奥宮に対する祈祷殿で、ここで御札などいただけるとのこと。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:17時49分=伊藤 幸司
前の写真の、同じ位置から望遠で撮った奥宮です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:17時49分=小林 美子
室堂センターに着きました。
白山山頂がみえます。
変わりやすい天気で、かなり強い雨の中を登ってきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:04時09分=小林 美子
今日は、1日良い天気の予報。
ご来光を見る為、神職の打ち鳴らす太鼓の前に室堂を出発しました。
暗いけど、月あかりで、足元が見えるので、ライトをつけないで登りました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:04時24分=伊藤 幸司
この日の石川県(県庁所在地)での日の出は04時49分。およそ1時間前の03時40分に室堂を出発しました。御前峰まであと15分といったところです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:04時37分=小林 美子
見えるのが剣ヶ峯(ゴツゴツの山)。
剣ヶ峯には、登る事はできないそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:04時38分=伊藤 幸司
白山信仰は奈良時代に修験道として体系化されたといわれ、明治維新の神仏分離によってかなり激しい廃仏毀釈が行われたというのですが、山頂にはその修験者たちの姿がありました。いったいどんな人達だろうと思いながら、この日最後の別当出合登山口まで何度か遭遇する関係になりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:04時39分=小林 美子
神職の方が、回りの山などを、説明しながら、太陽の出るのをまちます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:04時40分=伊藤 幸司
山頂に立っているのは白山神社の宮司です。この瞬間、雲がかかって私たちに見えない山々の解説をしてくれました。北アルプス南部の展望としては秀逸な場所なだけに、ほとんど見えないのは残念でした。赤く見えるスマホを掲げている人は宮司の解説を動画で記録しているようでした。同様にして、もっと条件のいい日の動画が、ネット上で見られるのではないかと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:04時50分=伊藤 幸司
雲の上に頭をもたげた朝日です。私のカメラで撮ったままの画像ですが、こういう写真となるといろいろ問題が出てきます。でも映ります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:04時50分=伊藤 幸司
望遠で撮った前の写真はちょっと問題でしたが、広角側で撮れば、ほれ、こんな感じ。問題のない写真です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:04時51分=伊藤 幸司
登山者も修験者も、日本人も外国人もここではいっしょ。でもこの瞬間きちんとお祈りしている人はひとりだけです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:04時51分=小林 美子
太陽が見えてきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:04時52分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:04時53分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:04時54分=小林 美子
神職の方の掛け声で、皆でばんざーい、です。登る時は苦しかったけどやはり山頂に立つと忘れられます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:05時00分=伊藤 幸司
御前峰と書いて「ごぜんがみね」と読みます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:05時02分=伊藤 幸司
自然観察の無料ガイドに加わることにして、すこし進んだところから振り返りました。山頂にはまだ撮影に余念のない人がいて、奥宮のところには礼拝の人がビッシリと集まっていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:05時04分=伊藤 幸司
正面は大汝峰。登れますが、まだ登っている人はいません。私たちだけなら登るところですが、今回は雪渓巡りとかの自然観察ツアーですから、さて、どこをどのように歩くのか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:05時06分=伊藤 幸司
まだ御前峰の山頂部にいて、室堂側を見ています。奥の山は別山(べっさん)です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:05時25分=伊藤 幸司
『白山花ガイド』にはアオノツガザクラとツガザクラ、それとコメバツガザクラとコツガザクラ(別名オオツガザクラ)が紹介されていますが、昭文社の登山地図「白山」には、「お花畑を訪ねて」という解説図があって、山頂部にアオノツガザクラ、コメバツガザクラ、ツガザクラがあると書かれています。
さてそこでこれは何かというと、わかりません。写真で花が一番似ているのはコツガザクラなのですが、柄とガクに赤みがなければなりません。柄とガクが緑色なのはアオノツガザクラなのですが、花は薄緑色、これはみごとな白い花で、ツガザクラと似ています。ツガザクラの仲間には多くの雑種があるそうですから、これはその中間形のひとつのように思われます。名前はわかりませんが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:05時26分=伊藤 幸司
岩間にイワツメクサがありました。爪草は葉の形からとのことです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:05時27分=伊藤 幸司
油ヶ池のところから御前峰を見ています。手前に一番高く見えるのが御宝庫という名の溶岩柱でその左の突起が山頂(残念ながらオリジナル写真を拡大してみましたが人影はありません)。その中間から下ってきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【94】撮影:05時28分=伊藤 幸司
大汝峰の山肌にはまだかなり大きな雪渓が残っていました。登山者がこのまま写真右手の方に進んでいくとクロユリが群生するという御花松原へと向かいます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【95】撮影:05時29分=小林 美子
太陽があがってしまった後は、お池めぐりです。
登山道には、アオノツガザクラとイワカガミが、
1面に咲いていてきれいでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【96】撮影:05時34分=伊藤 幸司
翠ヶ池は火口湖だそうですが、そのためか氷結していなくて、水面が鏡のように空を映していました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【97】撮影:05時34分=伊藤 幸司
翠ヶ池の奥には、雪の大きな塊が置かれているのか、浮いているのか、水面に小さな異質をもたらしていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【98】撮影:05時35分=伊藤 幸司
これは葉の形からコメバツガザクラ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【99】撮影:05時35分=三浦 陽子
ガイド付きお池巡り。普段は通ってはいけないと言われているところへも案内してくれた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【100】撮影:05時42分=伊藤 幸司
これはコイワカガミとコメバツガザクラとのジャングル風景。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【101】撮影:05時43分=伊藤 幸司
これはアオノツガザクラだと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【102】撮影:05時43分=伊藤 幸司
ヤマナメクジでしょうか、岩の上で、登山者に踏まれる危険もものともせず、ただじっと動かずに固まっていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【103】撮影:05時47分=伊藤 幸司
たしか、血ノ池から御宝庫を見上げたところだと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【104】撮影:05時52分=伊藤 幸司
白い雪面は千蛇ヶ池。湖岸の道を進みました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【105】撮影:05時52分=伊藤 幸司
千蛇ヶ池の岸辺を埋めるコイワカガミとアオノツガザクラ……でしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【106】撮影:06時02分=伊藤 幸司
セリ科の花はのっけからお手上げですが、『白山花ガイド』でこの葉の感じのものだとミヤマトウキとミヤマゼンコが出ています。そのどちらかだといいのですが。
ともかく、小さな花が集まっていつもひとつの世界を作っている感じが好きです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【107】撮影:06時04分=伊藤 幸司
千蛇ヶ池から室堂へと下る道すじに水屋尻雪渓という大きな雪渓があるのですが、それがいくつもの小さな雪渓群になっていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【108】撮影:06時04分=伊藤 幸司
これはタカネナナカマドと教わりました。ウラジロナナカマドと混生していて、花(のちに赤い実)が上を向かずに緩やかに垂れ下がるのと、葉には光沢があって、その縁は鋭く切れ込んでいます。道すじの印象としてはウラジロナナカマド9割とタカネナナカマド1割かな。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【109】撮影:06時07分=伊藤 幸司
ハイマツの林を抜けて室堂へと下ります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【110】撮影:06時07分=伊藤 幸司
中央の大きな建物が「白山室堂ビジターセンター」で、大食堂もそこにあります。その左側に並ぶ3棟が宿泊棟。さらに左にトイレがあります。この3棟と自炊専用の1棟を加えて750名の収容人員があるそうです。一般の山小屋と違って、完全予約制、定員を越えると宿泊を受け付けないとのことです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【111】撮影:06時09分=伊藤 幸司
オオヒョウタンボクの白い花。2つの花がひょうたん型の赤い実になります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【112】撮影:06時10分=伊藤 幸司
雪渓が消え行くこの時期の期待はクロユリですが、ここで初めて花を見つけました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【113】撮影:06時11分=伊藤 幸司
三宅一生のプリーツプリーズのような花がコバイケイソウなのか、バイケイソウなのか、はたまたミヤマバイケイソウなのかは花が咲かないととても判断がつきません。『白山花ガイド』にはコバイケイソウとバイケイソウがあるそうですがここで初めて花をつけたコバイケイソウを見ることができました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【114】撮影:06時12分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【115】撮影:06時13分=小林 美子
あの雪渓を渡って室堂にかえります。
朝のいい散歩。
お腹がすきました。
朝食が待ってます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【116】撮影:06時21分=伊藤 幸司
最後に雪渓を下り気味にトラバースしました。ちょっと難儀という斜面でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【117】撮影:06時22分=伊藤 幸司
別山を背にした室堂センター。朝食が待っています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【118】撮影:06時29分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【119】撮影:06時42分=伊藤 幸司
朝食はご来光を拝んで戻ってから食べられる時間設定になっています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【120】撮影:06時43分=伊藤 幸司
まあ、そうとう質素な朝食ですが、梅干しだったか、ふりかけだったかでご飯もお替わりできました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【121】撮影:07時03分=伊藤 幸司
宿泊棟の裏側トイレの周囲にハクサンコザクラが咲いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【122】撮影:07時04分=伊藤 幸司
クロユリもたくさんあったのですが、道際で咲いているのはほんの数株、なかなかうまく撮れませんでした。時期的にはちょっと早かったということになります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【123】撮影:07時05分=伊藤 幸司
この一郭だけにハクサンコザクラが咲いていましたが、本当は雪渓の消えたところにもっとたくさん咲いていてよかったのではないかと思いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【124】撮影:07時29分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【125】撮影:07時30分=伊藤 幸司
ミヤマキンポウゲも宿泊棟の周囲でひと群れ目にすることができました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【126】撮影:07時31分=伊藤 幸司
ミヤマカンスゲではないでしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【127】撮影:07時31分=伊藤 幸司
山頂で会った修験者さんたちは食堂でも異彩を放っていましたが、こういうリラックス風景もひと目をひく感じでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【128】撮影:07時33分=小林 美子
神職の方が、くつろいでいます。
私達は食事も終わり、予定より少し早く出発です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【129】撮影:07時37分=伊藤 幸司
ミヤマタンポポだと思います。室堂センターの敷地内に咲いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【130】撮影:07時38分=伊藤 幸司
今日の、観光新道の下りは気持ちのいい晴れの風景になりそうです。昨日濃い霧の中を登ってきた終盤の道を、今日は軽い気持ちで下り始めました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【131】撮影:07時40分=伊藤 幸司
昨日目にしたイワギキョウをもう一度まったく別物の気分で見ることができました。登山道の足場のところにわざわざ咲いたという感じで。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【132】撮影:07時43分=伊藤 幸司
ハイマツの林を抜けると弥陀ヶ原が広がっています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【133】撮影:07時56分=伊藤 幸司
弥陀ヶ原の木道です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【134】撮影:08時01分=伊藤 幸司
弥陀ヶ原が終わると、砂防新道と観光新道が分かれる黒ボコ岩のところにクロユリがありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【135】撮影:08時10分=伊藤 幸司
観光新道に入ると、たちまち明るいお花畑という気分。ミヤマキンポウゲの花がまずは登場。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【136】撮影:08時14分=伊藤 幸司
シナノキンバイは大きな花で、しかも繊細。たぶんそれは花びらと見えるのががく片なので、いわば作り物。花弁は中央部にあって……といっても中央部に堂々と集まっているのは長い雄しべで、その外側にいくぶん橙色の短かなひらひら状のものが花弁、だそうです。堂々たる構えの中に、複雑な歴史を垣間見せる花だから、ちょっと心惹かれるのかもしれません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【137】撮影:08時16分=伊藤 幸司
1か所、まだ雪が残っていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【138】撮影:08時17分=伊藤 幸司
雪が残っていて嬉しいのはショウジョウバカマと出会えるから。おいしそうな葉っぱは毒草のコバイケイソウ(ひょとするとバイケイソウかもしれませんが)。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【139】撮影:08時18分=伊藤 幸司
ミネザクラ(別名タカネザクラ)も咲いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【140】撮影:08時19分=伊藤 幸司
クロユリが登場するごとに、これで最後かな、という気がします。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【141】撮影:08時19分=小林 美子
桜が咲いていました。ここ一本だけでしたが、何桜でしょうか?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【142】撮影:08時21分=伊藤 幸司
登りにたどった砂防林道が樹林の道なら、こちら観光新道は草原の道といえます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【143】撮影:08時22分=伊藤 幸司
ワラビ? ゼンマイ? コゴミ? わかりません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【144】撮影:08時23分=伊藤 幸司
観光林道から見る、これは昨日立ち寄った砂防新道の甚之助ヒュッテ。50倍ズームのおかげです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【145】撮影:08時23分=伊藤 幸司
真夏の山歩きの気分満喫という感じ。写真には写らない心地よい風と、刺激的になりすぎない陽光。満点です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【146】撮影:08時24分=伊藤 幸司
ニッコウキスゲは「白山の標高2,000〜2,400mの草原に多く見られる」と『白山花ガイド』には書かれています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【147】撮影:08時25分=伊藤 幸司
りっぱなテガタチドリも登場しました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【148】撮影:08時25分=伊藤 幸司
じつは私は、ニッコウキスゲがあまり好きではありませんでした。「なんだ、ユウスゲじゃないのか、ノカンゾウでもないのか」なんていいながら、ニッコウキスゲのあまりの注目度を貶めたいと思っていたのだと、思うのです。
でもこの花……の写真を見ながら、ニッコウキスゲの花の完成度に初めて驚いたというのが正直なところです。なんですか! この色は、この形は、このたたずまいは。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【149】撮影:08時25分=伊藤 幸司
真夏の山の、理想のお花畑のように思えました。右端のYさんがズバッと半分に切れてしまっていますが、それは意図的ではありません。意識は斜面を表す左端にあって、右端をどうしようかと一瞬戸惑ったのは覚えていますが、3人の女性の花との関係がピークだと感じたので、とりあえずシャッターを切りました。
……なんでこの写真を出したかというと、「トリミング」ということをここでもまた語っておきたいからです。
たぶん、写真愛好家で仲間と同好の会などを楽しんでいる人は、絶対にトリミングを考えると思います。右側をどうするか? 天地はこれでいいだろうか? と。
しかし私は元編集者ですから、写真の中にいい要素があればそれは「いい写真」だととりあえず考えます。
というのは雑誌や本の紙面では、この写真をベストのトリミングで載せるということは考えません。この写真を活かせる場所(文脈)を探すのが最初の仕事で、その場所がどんな大きさ、どんな形になるかは基本デザイン(あるいはそのページの最終レイアウト)によって違ってきます。たとえば正方形の枠にはめこまれるというような可能性だってあるのです。
写真の中のいい部分だけを切り出すという考え方に対して、わたしたちは絵の「素質」のようなことを考えます。だいたい、この風景の雰囲気が必要になるかどうかわかりませんし、ページのテーマや隣にくる写真との関係でも求められる役割は変わってきます。
もしこれが探し求めていた写真だとして、この1枚で見開きページを埋めるとしても「裁ち落とし」という主役扱いになるととたんに、紙のサイズに合わせなければならなくなりますし、そのときページの折れ目がどこに来るかによって、全体を左右どちらかに動かさなければならなくなります。
私は風景写真を集めた大型写真集のシリーズ編集を何度かして、フォトエージェンシーで写真補充のアシスタントをつけてもらって1日にロッカー何個分という量の写真を見続けるというような作業を相当やりました。そのときには、写真の完成度より、資質(美しさとか、刺激性とか、意味論とか、レイアウトに対する柔軟性とか、気分とか、色とか、色々な可能性を忘れないようして見ていきます。とくに有名な場所の風景写真の場合には「正面出し」ということも重要です)をだいじにしていきます。
それがつまり私が繰り返し主張する「10秒間見て動き出さない写真はダメ」というのの基本です。この写真、10秒間見続けてみてください。写真の中であなたの視線がどのような動きをするか。
こういう写真は写真愛好家には「ケッサク」とは見られないようですが、編集者はこの写真を「活かしたい」と考えます。つまり完成されたスターと、魅力あるタマゴとの違いかもしれません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【150】撮影:08時26分=伊藤 幸司
ハクサンフウロも出てきたらできるだけ撮るようにしてはいるのですが、なんとなく義務的に、という感じがしてなりません。正直に言えばこれなどもちょっと崩れた感じと、花と葉が同時に主役を張っているということで撮りました。虫が花にいたらそちらに気分が惹かれたでしょうが、葉についている虫には気づかなかかったと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【151】撮影:08時27分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【152】撮影:08時28分=伊藤 幸司
お花畑の感じは、じつは一眼レフのファインダーでないとよく見えないのです。このカメラならこの程度は撮ってくれるだろうという信頼で、とりあえずシャッターを切っておくという感じです。でも見た感じをうまく撮っておいてくれたと思います。カメラを信じましょう。ともかくシャッターだけは押しておきましょう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【153】撮影:08時28分=伊藤 幸司
ダイモンジソウ……ではなくてミヤマダイモンジソウです。小さな面積の白い花弁が驚くほど強く浮かび上がることにいつも驚きます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【154】撮影:08時29分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【155】撮影:08時30分=伊藤 幸司
写真No.149とくらべて見ていただくとこの写真は「10秒持たない」と感じられるのではないかと思います。編集者としては、使うなら「小さく」します。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【156】撮影:08時30分=伊藤 幸司
これも写真No.149と比べて見ていただくと、主役がニッコウキスゲだと感じます。それがじつは主役になりきれていないのです。点在する人物も見れば見るほど見ている自分との接点がないみたい。まあ観光新道のシンボリックな写真として、どこか空いた場所があれば入れることはできるでしょう。他の写真と喧嘩するものではないからです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【157】撮影:08時30分=伊藤 幸司
たぶん写真No.156が曖昧だったので、なにか、どこかにクローズアップしたいと思って人物に寄せたのでしょう。写っている人には喜ばれるかもしれません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【158】撮影:08時31分=伊藤 幸司
クルマユリがずいぶんたくさん出てきたので、あったという証拠として撮って、出しました。「次の写真」があるかどうか……。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【159】撮影:08時31分=伊藤 幸司
お花畑の主役がニッコウキスゲだという場面がありました。「過剰」という感じが出ていたら成功……だと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【160】撮影:08時31分=小林 美子
下の方に、殿ヶ池避難小屋がみえました。
昨日と違って晴れて、見晴らしがいいです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【161】撮影:08時32分=伊藤 幸司
写真No.147に続く写真としてはテガタチドリの花に、もっと思い切って接近したものがあるべきだった……とキャプションを書きながら思いました。そういう写真がなかったからこの写真だったかのかもしれませんが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【162】撮影:08時32分=三浦 陽子
ハクサンダイゲキ。ここにしかないそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【163】撮影:08時32分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【164】撮影:08時33分=伊藤 幸司
カラマツソウは、白い花弁がカラマツの葉っぱに似ているという無責任な名付けだと思うのですが、じつは葉っぱがなかなか表情豊かなのです。ふつうは丸っぽくてかわいいのですが、なんだか声高にワイワイやっている感じが面白いと思いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【165】撮影:08時34分=伊藤 幸司
ネバリノギランもありました。地味な花なのですが、なんとなくそれだと感じます。「感じ」だから確信はないので、ちょっと触って粘り気を確かめてみます。たぶん、そうだろうと。『白山花ガイド』にあるので安心です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【166】撮影:08時35分=伊藤 幸司
ハクサンフウロです。でもここでは葉っぱが主役、とてもその花とは不似合いだと思いながら。ハクサンフウロの花のいろいろな成長段階も見られます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【167】撮影:08時36分=伊藤 幸司
なんだっけ、これ! と次々に叫ばれたのがこの花です。トウダイグサと誰かがいうと「そうだ」ということになりました。「トウダイグサの仲間」といっておけば正確なのに。『白山花ガイド』を持っている人がハクサンタイゲキだと言ったので、その名前探しは終わりました。
この花の感じは独特ですが、ウィキペディアで「トウダイグサ科」を開いたら、他の図鑑類よりも感じのこもった説明がありました。「花は雌雄異花で、一部の群では退化する傾向があり、特にトウダイグサ属とニシキソウ属(トウダイグサ属にまとめることもある)は非常に特殊化した花序の杯状花序をつける。これは小型のカップ状の総包(蜜腺を有する)の内側に単一の雄蕊からなる雄花が輪を作り、中央に単一の雌蕊からなる雌花が1個あって、全体として1個の花のように見える」と。わかりませんが、なんとなく「だから不思議」ということは伝わります。
平凡社の『フィールド版 日本の野生植物・草本』で見ると、トウダイグサ属のトウダイグサ亜属にはハクサンタイゲキが10種のうちのひとつとして挙げられています。もちろん他の9種との細かな違いによる分類で。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【168】撮影:08時37分=伊藤 幸司
花がきちんと開いていないのでわかりませんが、葉っぱの感じはイワオウギ。『白山花ガイド』にあるので、そうではないかと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【169】撮影:08時38分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【170】撮影:08時39分=伊藤 幸司
ミヤマクワガタの花がきれいに咲いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【171】撮影:08時39分=伊藤 幸司
ミヤマクワガタの特徴は、雌しべと2本の雄しべがなんとも大胆に突き出していることです。その雄しべと雌しべの突出のようすが、武将の兜の前面に取り付ける派手な飾り物の「鍬形」に見えるから……かと思っていたら、ぜ〜んぜんそうではなくて、種子がついたときにその「クワガタ的」光景が出現するのだそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【172】撮影:08時40分=伊藤 幸司
見てくれといわんばかりのお花畑が続きます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【173】撮影:08時48分=伊藤 幸司
斜面の色合いが黄色から白に変わりました。イブキトラノオの群落です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【174】撮影:08時49分=伊藤 幸司
突然という感じでタカネナデシコが登場しました。昨日は雨、今日は朝からの陽光を浴びて、どこか隅々までシャキッとした印象になったのだろうと感じました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【175】撮影:08時49分=伊藤 幸司
ナデシコという花が「なでしこジャパン」の女子選手たちのイメージとなかなか一致しなかったのですが、この花には芯の強さというような印象がありました。花についた小さな甲虫も完全に手中に置かれているという感じです。
大和撫子は平地のカワラナデシコのことのようですが、その花言葉は「可憐」「貞節」など。一般的なナデシコの花言葉にはさまざまな女性らしさが並ぶと同時に「才能」「大胆」「快活」などというのもあるそうです。いつの時代の、どこの花言葉なのかは知りませんが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【176】撮影:08時50分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【177】撮影:08時52分=伊藤 幸司
イブキトラノオはいつも脇役的な存在だと思っていましたが、ここでは堂々たる主役です。イブキトラノオの穂はしばしば赤みを帯びるので、ここにあるように白さの印象は新鮮でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【178】撮影:08時53分=伊藤 幸司
いつまでたっても花の斜面をジグザグに下り続けるという気分は格別でした。
昨日、砂防新道を登るときに下りの人と多くすれ違いました。砂防新道は登山道がきちんと整備されているので、登山に必ずしも慣れていない登拝登山者に対する参道という感じがしました。そういう人の含まれたパーティが安心して下れる道と感じました。
それに対してこの観光新道は花の白山の核心部。しかも登る人が少ないので、下りの側がすれ違いに気を使う必要が少ない、と感じました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【179】撮影:08時57分=伊藤 幸司
ヨツバシオガマは高山帯の花としてはかなりポピュラーです。花弁の上唇がくちばし状に鋭く尖っていることと、ギザギザの葉が4枚輪生しているのですぐに覚える花なのですが、どうしてこれがチドリではなくてシオガマなのか、いつも疑問に感じます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【180】撮影:09時00分=伊藤 幸司
クルマユリの写真ですが、花がボケているのは(じつはカメラが勝手にそうしてくれたのではありますが)いつも葉が輪生しているかどうかで「クルマユリ」か「コオニユリ」かを判断している気分をうまく捉えてくれていたからです。上の段は4枚葉ですが下の段は枚数が増えているように見えます。そういう輪生なのだそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【181】撮影:09時01分=伊藤 幸司
殿ヶ池ヒュッテの手前でキヌガサソウを見ました。もちろん湿地です。殿ヶ池がどこか確認していませんが、そういう環境の一隅だと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【182】撮影:09時06分=伊藤 幸司
殿ヶ池ヒュッテのところには、下ってくる道すじでいつ見ても人がいっぱいいたのですが、たまたまこの瞬間、私たちの天下になりました。日差しは強烈でしたが、山の風は気持ちよく、極楽でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【183】撮影:09時22分=伊藤 幸司
殿ヶ池ヒュッテを境に、道の雰囲気は変わるのですが、まずは笹竹の登場、名残の雪もありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【184】撮影:09時24分=伊藤 幸司
みずみずしい顔つきのキヌガサソウがありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【185】撮影:09時33分=伊藤 幸司
これわかりません。木陰に思いっきりフレッシュな野菜畑みたいなひとかたまりがありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【186】撮影:09時34分=伊藤 幸司
こちらはコバイケイソウ(たぶん)とコゴミ(クサソテツ)かゼンマイか……といった雰囲気でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【187】撮影:09時34分=伊藤 幸司
キヌガサソウが出てくるとともかく1枚撮っておこうと思ってしまいます。この花自体が特別に好き、というより、近くにサンカヨウとか、シラネアオイが潜んでいるかもしれないと考えるからでもあります。
右側にエンレイソウがありますが、こういうツーショットは初めてです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【188】撮影:09時47分=伊藤 幸司
ハクサンシャクナゲです。きれいな花はあちこちで見ています。きれいな花をもとめて計画を立てたことも数知れず。でもシャクナゲの花はドラマチックです。この花も花弁をハラハラと落とした後、花柄(はながら)として残った部分が枯れていつまでも残ります。そのままにしておくと次の花芽がつきにくくなるので、園芸的には取ってやります。そして花芽も、翌年に咲く花の数を適度に抑えて毎年好ましい花数にすることと、上に伸びる新芽(新鞘や花芽)をできるだけ摘み取って、横へ広がるように塩梅するのだそうです。
そういう人の作為を受けないシャクナゲは、豊作と不作を繰り返しながら、ヒョロヒョロと上に伸び続けていくのです。だから花が咲くのも、枯れるのも、シャクナゲの連続的なサイクルのドラマチックなひとコマ、ひとコマだと感じます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【189】撮影:09時49分=伊藤 幸司
ヨツバヒヨドリだと思って撮りました。開くとけっこう貧相な花になるので、アサギマダラが群れ飛んでいると恐ろしく不釣り合いだな、と感じます。……が、これがヨツバヒヨドリならなかなか個性的な年頃の時期もあったのだと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【190】撮影:09時49分=伊藤 幸司
ヨツバヒヨドリなら……と、アップも撮っておきました。あんまり意味がなかったかもしれませんが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【191】撮影:09時50分=伊藤 幸司
ヤマブキショウマのように思います。『白山花ガイド』には「アカショウマやトリアシショウマに似るが、葉脈がはっきりと平行して鋸歯にまで達するので、よく目立つ」とあります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【192】撮影:09時55分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【193】撮影:09時58分=伊藤 幸司
トンボを撮りました。一眼レフのファイインダーでもトンボを入れ込むのは難しい撮影だと思いますが、デジタルのおまけふうのビューファインダーではほとんど成り行き任せ。それでもトンボがそれなりに写り込んだということは、それだけトンボがたくさん飛んでいたということです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【194】撮影:09時59分=伊藤 幸司
アザミが出てきました。『白山花ガイド』によるとこれはノアザミみたい。「花は上を向く」という一言で信じましょう。それに対して「白山の亜高山帯より上部で見られるアザミの多くは本種である」というタテヤマアザミは頭花が「横向き」とのこと。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【195】撮影:10時07分=伊藤 幸司
さてこれはなんだ? ではありますが、観光新道の下部にはササユリがあるということは知っていて、いま出るか、いつ出るか、と下ってきました。ピンクの花だということは覚えていましたが、葉がササに似ているということは忘れていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【196】撮影:10時11分=伊藤 幸司
カラマツソウのそうとう美しい一瞬ではないかと思います。花の形、色合い……もそうですが、葉っぱがきれいに写りました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【197】撮影:10時11分=伊藤 幸司
ハクサンシャクナゲのきれいな花。虫がついているのが花の盛りだと思わせます。首都圏の登山者にとっては5月にアズマツツジ(の仲間)があって、6月から(高い山では8月まで)全国区のハクサンツツジというふうになると思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【198】撮影:10時12分=小林 美子
ハクサンシャクナゲが一輪きれいに残っていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【199】撮影:10時13分=伊藤 幸司
ゴゼンタチバナのきれいな花がありました。白いのはがく片で、中にあるのが小さな花たち……だそうです。画面の周辺には葉がまだ4枚で花をつけない株も見えています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【200】撮影:10時13分=伊藤 幸司
ゴゼンタチバナの花は、4枚の白いがく片に包まれた数十個(ここでは20個あまり)の花からなり、その小さな花は花弁4枚+雌しべ1本+雄しべ4本で構成されているとのことです。この写真ではまったくわかりませんが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【201】撮影:10時15分=伊藤 幸司
なんでこの写真を撮ったかというと、クルマユリが足元に並んでいたという証拠写真。次々に、結構たくさん出てきましたが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【202】撮影:10時15分=伊藤 幸司
クルマユリには、ここでもピントがうまく合いませんでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【203】撮影:10時16分=伊藤 幸司
これはニッコウキスゲだと思います。ここでは5個の花が1〜2日ずつ咲くというふうに思われます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【204】撮影:10時17分=伊藤 幸司
ササユリの花が登場しました。今日はいくつぐらい見ることができるか。とりあえず花が咲いたいい時期に当たったということは確信しました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【205】撮影:10時18分=伊藤 幸司
これはたぶんヨツバヒヨドリだと思います、花に虫がついているので、ふつうならさらにアップで1〜2枚撮っているはずなのですが、この写真は1枚だけ。したがって葉の部分がどうなっているのかわかりません。ただ『白山花ガイドには』ヒヨドリバナやフジバカマは出ていません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【206】撮影:10時21分=伊藤 幸司
ゴゼンタチバナの群落が出てきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【207】撮影:10時24分=伊藤 幸司
道筋はササ原が基本で、そこに花が散在するというパターンになっています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【208】撮影:10時25分=伊藤 幸司
切り開かれた道際にササユリが咲いていると、ともかく目立つ存在です。下っている私たちをわざわざ出迎えてくれているような気分になります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【209】撮影:10時26分=伊藤 幸司
これも花が上を向いているので『白山花ガイド』によってノアザミと決めつけています。花に虫がついていたらカメラのモニターを見ながらギリギリ接近しながら(逃げられるまで)撮っていくのはすごく楽しいシューティングゲームです。花がなんだっていいのです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【210】撮影:10時28分=伊藤 幸司
このササユリは相当の濃い化粧。ササ原にササユリです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【211】撮影:10時28分=小林 美子
ササユリ。
これは、色が濃い花でした。濃い色、薄い色、さまざまな色があった気がします。
ササユリは初めてみました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【212】撮影:10時29分=伊藤 幸司
オオバギボウシの、これはものすごく立派な花ではないでしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【213】撮影:10時29分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【214】撮影:10時30分=伊藤 幸司
花に迎えられ、見送られながら歩く道は、なんとすばらしいことでしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【215】撮影:10時34分=伊藤 幸司
向こうの尾根が砂防新道。その手前の谷と奥の谷で大規模な砂防工事が続けられているのです。その現場をつなぐ工事用車両の道は、砂防新道からだと見えにくく、感じにくくなっています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【216】撮影:10時35分=伊藤 幸司
なんだかものすごく華やかな花だと感じました。ニッコウキスゲが通常の出し惜しみ的な咲き方でなく、一気にパァッと咲いてしまったらこうなったという感じです。よく見たら、三人姉妹状態の写真だったようですが。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【217】撮影:10時35分=伊藤 幸司
今回は、ササユリが次から次へと出てきたのです。私たちは幸福な気分で見送られました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【218】撮影:10時37分=伊藤 幸司
観光新道を登る人たちにはササユリのゲートという感じ。振り返って撮りました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【219】撮影:10時40分=伊藤 幸司
いよいよ最終コーナーという感じ。谷に向かってどんどん下っていきます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【220】撮影:11時23分=伊藤 幸司
まだ咲いてないつぶつぶ状の両性花とその外縁を意味なく飾っているように見える装飾花。再びエゾアジサイ(『白山花ガイド』による)です。エゾアジサイは装飾花が主役となるガクアジサイに近く、ガクアジサイが改良されてセイヨウアジサイ(すなわちアジサイ)になったといいます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【221】撮影:11時40分=伊藤 幸司
木に登っていくツルアジサイ(別名ゴトウヅル)です。これと遠目にはほとんど区別できないイワガラミがありますが、ツルアジサイは花弁状のがく片が4枚、イワガラミは1枚という大きな違いがあるので、可能な限り望遠で撮っておきます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【222】撮影:11時44分=伊藤 幸司
ダブルストックを使うとスピードアップに有効な下山路なりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【223】撮影:11時47分=伊藤 幸司
出発地点の別当出合登山口にほぼ到着です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【224】撮影:12時02分=伊藤 幸司
昨日の夕食や、今朝の山頂で出会った山伏さんたち。最後の祈りをしています。衣装を剥がせばふつうの団体さんという感じもしました……けれど。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【225】撮影:12時27分=小林 美子
タクシー乗り場に着いたらこんな光景が・・
何の為か、わかりません。
大きな岩に太いクサリで
ガッシリ!!
風に飛ばされないようにか、
まさかドロボーよけではあるまいし・・
異様な感じがしました。
何の為??
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【226】撮影:15時26分=伊藤 幸司
入浴は天然温泉サウナ片町(アパホテル金沢中央)で。その休憩所の展望はなかなかのものでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【227】撮影:16時13分=伊藤 幸司
夕食は近江町市場で魚料理。店がどんどん閉まる時刻でした。

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります