発見写真旅・展(153)――2017.6.20-21 安達太良山(2日目62パワーのはずが……)<b> 発見写真旅・展(153)――2017.6.20-21 安達太良山(2日目62パワーのはずが……)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
第2日
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会 No.1039 安達太良山(2日目62パワー)────2017.6.20-21
*登り8p→稜線28p→下り26p

*2014年に花が楽しかったのでその再現のつもりでしたが、6月21日は東北地方全域が一気に梅雨入り、関東地方も梅雨入り後ようやく本格的な雨の到来となる荒天になりました。
*雨に関しては台風を見に行く体験を何度もしているので覚悟していたのですが、安達太良山の手前、鉄山の稜線は風の名所です。とくに冬にはその風で厳冬期の山の厳しさを味わう計画を繰り返し立ててきました。那須の峰の茶屋と同じような風が吹き抜ける稜線は、通過できないとちょっとやっかいなことになります。
*鬼面山を越えて箕輪山との鞍部まで行きましたが、稜線にはかなりの風が吹いているので、引き返すことにしました。花も、今年はちょっと少ないという印象でした。でも1日目、夕食前の腹ごなし散歩に出かけた土湯峠湿原で、思わぬドラマと遭遇しました。(写真を御覧ください)
*結局、2日目は登り8p→下り2p→登り2p→下り8p(20パワー)で終了しました。


6月20日
・1400……野地温泉ホテルを出発して土湯峠湿原へ
・1450-1530……土湯峠湿原遊歩道
・1600……野地温泉ホテル
6月21日
・0740……野地温泉ホテルを出発(標高約1,200m)
・0835-40……鬼面山山頂手前で休憩(標高約1,450m)
・0845……鬼面山山頂(標高1,482m)
・0910……鞍部で引き返す(標高約1,400m)
・0925……鬼面山山頂(標高1,482m)
・0940-50……休憩(標高約1,400m)
・1020……野地温泉ホテルに到着(標高約1,200m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の4人です。
矢野 博子(22点)
小林 美子(12点)
三浦 陽子(2点)
伊藤 幸司(51点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:矢野 博子










撮影:小林 美子






撮影:三浦 陽子


撮影:伊藤 幸司





















▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:12時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:13時01分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:13時46分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:13時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:14時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:14時37分=矢野 博子
新幹線で福島駅に昼前に到着し 駅近くのイタ飯屋で昼飯を済ませ(店のメニューを書いてある黒板に”がんばれ 福島!”と書いてるのを見て そうだ ここは 忘れてはいけない あの福島なんだと初めて気が付いた) 向かったのは 野地温泉。宿に荷物を預け 近くの湿原を散策。これは サラサドウダンでしょうか? 福島駅前の温度計は 34.8度を表示していたが ここは 1200m。流石に 涼しく 風が気持ち良い。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:14時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:14時43分=矢野 博子
フキノトウの立派な花。フキノトウでこんな立派な花を見たのは初めてかもしれない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:14時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:14時45分=矢野 博子
軽やかな身で なだらかな道をゆっくりと進む。緑が きれいだ。この先起きる劇的な瞬間に遭遇するとは この時は 想像すらしなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:14時45分=矢野 博子
この可憐なピンクの花。名前は 忘れましたが結構堂々と咲いてました。ウツギの仲間でしょうか?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:14時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:14時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:14時50分=矢野 博子
地味だけど 何故か惹かれるギンリョウソウ。湿気の多い日陰にひっそりと咲いている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:14時51分=小林 美子
ギンリョウソウ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:14時51分=矢野 博子
前の方を歩いていたKさんが ”来て 来て!”と ただならぬ叫び声。”何なの? 蛇?” 蛇だったら 今から行っても間に合う訳ないけど、と疑問に思いながら駆けつけたら この決定的な瞬間。まさしく蛇くんは 捕まえた大きなカエルを飲み込もうと 力を振り絞ってのお仕事中。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:14時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:14時52分=小林 美子
大変な場面に
遭遇してしまいました。
ヘビに、とっては不運。カエルは命が助かったなら幸運だったけど、あのカエルどうなったかしら?
私達は普通では、見る事が出来ない場面を見て幸運だったのでしょう
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:14時52分=三浦 陽子
ヤマガカシがカエルを飲み込む場面に遭遇!
皆で大騒ぎして写真を撮っていたら怒って? 口をかっと開いて今にも飛びかかってきそうな勢い! 怖かったー。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:14時52分=矢野 博子
まだ 彼は 離すまいと必死の努力。何とか 諦めないかと ついカエルの味方をしてしまうが・・・
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:14時52分=矢野 博子
どの位の時間が経ったのだろう、諦めた蛇は威嚇して(ちょっと其の時怖かった)方向転換して去って行った。やれやれ 何とか この場を しのげた蛙だが 後ろ足は ひどくやられているので この先生きていけるかはかなり疑問が 残った。蛇にとって あの蛙は 大きすぎたのだろうか? 時間をかければ 飲み込めたのだろうか。多分 最初で最後であろう決定的な瞬間に遭遇し 興奮が 暫く冷めなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:14時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:14時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:14時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:14時54分=小林 美子
両足と、お尻を呑み込まれているが、カエルは、手をかきながら、逃げようとしている。その力で、ヘビは引っ張られている状態
ヘビの失敗としては、
なぜ、足から呑み込んだのか?
あわてたのかな?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:14時54分=小林 美子
2分位のショータイムでしたが、この後ヘビはカエルを離します。
解放されたカエルは、足を引きずりながら逃げます。
ヘビは、邪魔をした私達が相当、憎かったのでしょう私達をにらみ、とびかかってくるかの様に、威嚇して藪の中に、入っていきました。(この時は、非常に怖かった)
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:14時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:14時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:14時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:14時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:14時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:14時59分=矢野 博子
緑濃い湿原を小一時間 散策。緩やかなアップダウンが続く。一見穏やかな林だが 先ほどのような 死闘が どこかで起きている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:15時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:15時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:15時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:15時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:15時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:15時20分=矢野 博子
暫く歩いて下った所の湿原に現れたワタスゲの群落。傾きかかった陽射しに並んだ白い帽子が きれいだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:15時20分=矢野 博子
これも同じくワタスゲの軍団。今回は この一面のワタスゲが 一番印象に残った。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:15時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:15時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:15時22分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:15時22分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:15時23分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:15時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:15時24分=矢野 博子
散策路には ブナの林も時折現れて 幹がきれいだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:15時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:15時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:15時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:15時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:15時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:15時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:15時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:15時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:15時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:15時49分=矢野 博子
旅館の送迎バスから降りると鼻をつく硫黄の匂いがしたが その原因は これでしょう。何か所かこの煙が上がっていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:15時50分=矢野 博子
散策を終えて 今日泊まる野地温泉旅館近く。明日 天気が悪くなるなんて とても信じられない青い空。明日 最初に目指す山が見えている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:15時52分=矢野 博子
野地温泉ホテルの看板犬。呼びかけても 返事をしてくれなかった。お疲れなのか オバサンには興味ないのか・・
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:15時55分=小林 美子
太郎ちゃん、
今日はお世話になりますね
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:17時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:18時12分=伊藤 幸司

第2日

▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:04時01分=小林 美子
朝やけは、雨の前兆といい、あまりあてにはならないらしいが、
今日 はズバリ当たってしまいました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:05時20分=矢野 博子
二日目の早朝 部屋の窓から。起きてすぐの時は 下の町は 見えていたのだが これを 撮った時には 既に 全然見えない。そして ツバメが 慌ただしく 低くく飛び回っている。”ツバメが 低く飛ぶと雨が降る”という言い伝えを思い出した。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:06時44分=小林 美子
朝、お母さんツバメが、私達の部屋の窓のすぐ近くの巣へ子供に食べ物を運んでいました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:06時47分=小林 美子
巣のなかでは、ツバメのヒナが、お母さんを
待ってます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:06時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:07時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:07時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:07時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:07時58分=矢野 博子
7時半から行動開始。予想通りの雨。合羽を着て行動開始。間もなく現れたゴゼンタチバナ? カメラを雨に濡らしたくないので 今回は 余り花の写真は 撮れなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:07時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:07時59分=矢野 博子
花は 思ったより少なかったが 歩き始めて 暫くして現れた イワカガミ。この後  強い風と雨のため カメラは 濡れないように 奥にしまったので 今回は二日目の写真は 極端に少なくなった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:08時09分=矢野 博子
雨に霞むホテル。これから先 風雨は どんどんひどくなって行った。 暫く行くと 下ってくるグループとすれ違った。この先の上の方は もっともっと風が強いですよとの情報。確かに段々厳しい風が吹いてきている。心なしか 体も冷えてきた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:08時13分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:08時19分=伊藤 幸司
59年に建てたもので
広くてきれいで立派な建物です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:08時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:08時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:08時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:10時14分=矢野 博子
撤退を決めて もうそろそろ 終了というあたりに現れたブナ。撤退が決まり 安堵した。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:10時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:10時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:10時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:10時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:14時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:15時12分=小林 美子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:帰宅後=矢野 博子
悪天候に阻まれ 下山を余儀なくされましたが 初めて訪れた福島で このまま帰路につくのも勿体無く思い 福島駅の観光案内で 紹介してもらった県立美術館のパンフレットです。駅からローカル線で 3駅。小さな山の麓にたたずむ美術館で しばし 静寂に浸ることが出来ました。ロダン、モネ、ルノアール等々 東京の西洋美術館の所蔵品を鑑賞し なんとも贅沢なひと時。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:帰宅後=矢野 博子
”まなざしの先の女性たち”という今回のテーマ。糸の会の私たちの事でしょう。

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります