発見写真旅・展(151)――2017.6.1 吾妻耶山(39パワー)<b> 発見写真旅・展(151)――2017.6.1 吾妻耶山(39パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会 No.1037 吾妻耶山(39パワー)────2017.6.1
*平坦6p→稜線28p→下り5p

*雪のついた谷川岳を展望できる山頂が最後の楽しみ。そこに向かって新緑の稜線をゆっくりとたどるという計画でした。しばらく行っていなかったのでうかつでしたが、近年この山にもヤマビルが出るようになったと往路のタクシーで知らされました。
*山頂から仏岩への下りは初心者にはちょっとやっかいな急斜面でしたが、立派な迂回路ができて稜線の登山道は閉鎖されました。
*アズマシャクナゲにはすこし遅い時期でしたが、今年は花が大不作だったようです。豊作の年ならけっこうな花の山になります。
*一時期、水上温泉が寂れてホテルが次々に閉鎖されたりしていましたが、いまは復活して、温泉街の賑わいも蘇りつつあるように見えました。入浴はこのところ定番となっているホテル聚楽水上。うまく時間がとれて、最近人気のピザ店も訪れることができました。


6月1日
・0950……大峰山登山口を出発(標高約900m)
・1020-30……大峰沼で休憩(標高約1,000m)
・1105-10……休憩(標高約1,200m)
・1130-40……大峰山のテレビ中継アンテナのところで休憩(標高約1,250m)
・1155……大峰山山頂(標高1,255m)
・1225……大峰山・吾妻耶山鞍部(標高約1,200m)
・1245-50……休憩(標高約1,300m)
・1300-25……大峰山山頂(標高1,341m)
・1435-40……仏岩で休憩(標高約1,050m)
・1505……仏岩ポケットパークでタクシー待ち(標高約850m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の3人です。
矢野 博子(24点)
藤原 由香里(18点)
伊藤 幸司(88点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:矢野 博子










撮影:藤原 由香里








撮影:伊藤 幸司



































▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:09時45分=矢野 博子
大峰山登山口の入り口にあった看板。お知らせには ”山ヒルが 生息しています。”という表示。ギャー、ヤバい。昨日は 雨だったから 今日は ヒルにとっては 恰好の活動条件かもしれない。ヒルは それ程 悪さはしないけど 何しろ 気色悪い。覚悟せねば。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:09時45分=矢野 博子
同じく 入口にあった 鳥の名前の看板。歩いている途中 結構色々な 鳴き声が聞こえた。鳴き声に詳しいFさんに いくつか 教えて貰ったが ヒルにやられまいと 足元を眼を凝らして見ていた私は 鳥の鳴き声にまで 耳を傾ける余裕がなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:09時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:10時17分=矢野 博子
この時期 花は 少ないので 道の脇に咲くツツジは 私たちの眼を楽しませてくれた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:10時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:10時18分=矢野 博子
緑一色の沼。静寂そのものだ。この沼を見て 初めて 随分前にここを訪れていることを 思い出した。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:10時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:10時36分=矢野 博子
湖面に風はなく 向かいの山の端が きれいに影を映していた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:10時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:10時37分=藤原 由香里
大峰沼が静かに佇み新緑を映している。整然と美しいですねぇ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:10時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:10時43分=藤原 由香里
皆さん、なんでこんなに下を向いているのでしょう? それは、ヒルがいないか探しているからではないでしょうか。多分…。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:10時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:10時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:11時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:11時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:11時15分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:11時15分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:11時15分=藤原 由香里
この階段は急だったので、ヒルが怖かったけど手すりにつかまって降りました。アレレ、Nさんはストックを使ってますネ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:11時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:11時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:11時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:11時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:11時55分=矢野 博子
ユキザサの仲間だろうか。地味だが 可憐な花が咲いていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:11時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:11時56分=藤原 由香里
今回覚えた花その1 雪笹
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:12時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:12時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:12時10分=藤原 由香里
楽しそうですねぇ。この辺りは、左右で植生が異なっていました。右は常緑樹、左は落葉樹。不思議な結界にいるわけです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:12時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:12時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:12時23分=矢野 博子
緑に染まっている道。オゾン一杯だ。今回の山歩きは 計画のコースタイムより 早めだった。 立ち止まってヒルの餌食になるよりはと 自然に足が速くなってしまったのかもしれない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:12時25分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:12時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:12時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:12時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:12時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:12時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:12時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:12時45分=藤原 由香里
わらび三兄弟。音符に似ているせいか、ダンスをしている様に見えます!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:12時46分=藤原 由香里
ヒルを恐れてか、皆さんほとんど座りません。休憩時間も短めです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:12時50分=矢野 博子
吾妻耶山への分岐に咲いていた ミツバツツジ。ピークに行って またここまで 戻ってくるので 目印となった。見事な枝っぷりだった。ピンク色が可憐だ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:12時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:12時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:12時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:12時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:12時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:13時01分=藤原 由香里
吾妻耶山山頂への入り口。結界です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:13時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:13時05分=矢野 博子
吾妻耶山山頂にある 石宮。中々 どっしりしていて 風格があった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:13時05分=矢野 博子
同じく山頂にあった 石宮。何年前のものだろう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:13時07分=矢野 博子
山頂から望んだ谷川岳方面。重い雲がかかっている。雪は 例年より多いのだろうか? こちら方面に 何回も来ているわけではないが 晴天だった記憶があまりない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:13時07分=矢野 博子
同じく山頂から見た足元の集落。振り返ると よくこんなに上がって来たものです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:13時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:13時15分=藤原 由香里
山頂からの谷川岳方面。山頂から、煙のような雲が湧き立つ。凄いなぁ!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:13時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:13時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:13時22分=藤原 由香里
皆さん、ご飯を食べて元気!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:13時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:13時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:13時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:13時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:13時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:13時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:13時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:13時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:13時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:13時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:13時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:13時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:13時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:13時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:13時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:13時39分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:13時39分=矢野 博子
北側斜面のせいか 雪渓が少し残っていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:13時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:13時40分=藤原 由香里
残雪をスルー。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:13時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:13時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:13時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:13時44分=藤原 由香里
この木の根っこは、木にとってのストックのようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:13時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:13時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:13時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:13時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:13時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:13時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:13時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:13時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:14時03分=矢野 博子
木々の合間からみつけた シャクナゲ。時期は もう終わりなのでしょう。咲いているのは僅かだった。花芽が 少ないですねとは コーチのお言葉。最近 花芽が沢山ついているシャクナゲに出合ってない気がする。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:14時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:14時06分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:14時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【94】撮影:14時14分=矢野 博子
山道に時々現れる道標は この様な自然の木を使っているものが多く 風情があった。ここに書いてある 仏岩にも立ち寄ったが どこからみたら仏の姿に見えるのか分からなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【95】撮影:14時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【96】撮影:14時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【97】撮影:14時24分=矢野 博子
ひょっこり現れたギンリョウソウ。この写真のどこかに ヒルが 映っているのではと恐れたが 今の所見つからない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【98】撮影:14時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【99】撮影:14時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【100】撮影:14時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【101】撮影:14時29分=矢野 博子
これは ブナだろうか。今までと違った木が現れた。スーッとした立ち姿が きれいだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【102】撮影:14時30分=矢野 博子
これは 象の足? これは 太いブナなのか この皺が印象的で 思わず引き寄せられた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【103】撮影:14時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【104】撮影:14時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【105】撮影:14時33分=藤原 由香里
ほっとけ岩(笑)を囲む新緑。いろいろな葉っぱの透け感が重なり、この季節独特の景色なんだろうなぁと思いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【106】撮影:14時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【107】撮影:14時42分=矢野 博子
遠くに見つけた ホオの木の花。クリーム色の大きな花が 一輪だけ 残っていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【108】撮影:14時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【109】撮影:14時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【110】撮影:15時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【111】撮影:15時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【112】撮影:15時01分=矢野 博子
これは チゴユリだろうか。殆んど 曇りの一日だったが 遅ればせながら差してきた陽射しに白い花が映える。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【113】撮影:15時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【114】撮影:15時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【115】撮影:15時02分=藤原 由香里
覚えた花、その2 稚児百合
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【116】撮影:15時04分=矢野 博子
やはり ここは 寒いのだなと思う。春を告げるフキノトウが まだ 残っている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【117】撮影:15時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【118】撮影:15時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【119】撮影:15時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【120】撮影:15時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【121】撮影:15時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【122】撮影:16時28分=矢野 博子
お風呂の後は すぐそばにあった ピザ屋さんに立ち寄った。何種類ものピザは どれも合格点。とろーりとしたチーズが 絶品。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【123】撮影:16時41分=矢野 博子
ご主人様たちが ピザで お腹を満たすのを待っているザック達。今日も 一日 お世話になりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【124】撮影:16時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【125】撮影:16時53分=藤原 由香里
下山後、ピザを食べました。1枚目は、写真を撮る間もなくお腹の中へ。2枚目も来るなり、手が伸びてきて。お腹の空き具合が良く分かります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【126】撮影:17時01分=藤原 由香里
3枚目も。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【127】撮影:17時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【128】撮影:17時05分=藤原 由香里
4枚目も、美味しかったです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【129】撮影:17時22分=矢野 博子
シメは このとろーりのキャラメルソースと生クリームのかかったプリン。一日歩いた自分への ご褒美。とは言え これだから 太っちゃうのかも。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【130】撮影:17時49分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります