発見写真旅・展(147)――2017.4.25 坂戸山+六万騎山(41パワー)<b> 発見写真旅・展(147)――2017.4.25 坂戸山+六万騎山(41パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会 No.1032 坂戸山+六万騎山(41パワー)────2017.4.25
*坂戸山…車道4p→登り11p→下り13p
*六万騎山…登り5p→下り4p

*新潟県の六日町はコシヒカリの産地としても有名なので2014年に「ご飯が美味しい」という宿に泊まって、六日町が誇る4か所のカタクリ群生地を一気に回りました(発見写真旅No.29)。じつはその前年と翌年、同じ趣旨のカタクリ・トレッキングを計画したのですが、みなさんに嫌われたらしくいずれも中止になりました。 *でも六日町(現在は南魚沼市六日町)はさすが名門・雪国にふさわしいカタクリランドです。JR六日町駅前の坂戸山と五日町駅前の六万騎山を日帰りでまわりました。 *カタクリは時期が問題で、今回は2014年の4月15-16日に対して10日遅かったので心配でしたが、町の桜はジャスト満開、それならどこかでカタクリもと考えていたとおり、見られました。六万騎山の登り口のオオミスミソウはカタクリとともに完全にほとんど消えているなど最後のチャンスという感じでしたが、坂戸山は山頂部の雪はほとんど消えていましたが、カタクリを堪能できただけでなく、すばらしいイワウチワの群落を楽しみました。

4月25日
・1010……JR上越線・六日町駅近く(六日町駅角バス停)を出発(標高約150m)
・1030-35-……登山口でトイレ休憩(標高約150m)
・1110-05……城坂コースを登り一本杉林で休憩(標高約250m)
・1135-40……休憩(標高約450m)
・1210-30……坂戸山山頂(標高634m)
・1305-10……薬師尾根コースを下って休憩(標高約350m)
・1330……登山口到着(標高約150m)
*タクシーで六万騎山へ移動 ・1400……地蔵堂登山口を出発(標高約150m)
・1420-25……カタクリ休憩(標高約300m)
・1430-45……カタクリ休憩(標高約300m)
・1455-1500……六万騎山山頂(標高321m)
・1520……庚申塚登山口(標高約150m)
*清酒八海山の「魚沼の里」まで歩き、休憩して、タクシーで越後湯沢へ


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の4人です。
三浦 陽子(7点)
矢野 博子(17点)
伊藤 幸司(100点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:三浦 陽子




撮影:矢野 博子








撮影:伊藤 幸司









































▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:09時14分=矢野 博子
新幹線越後湯沢駅。シーズン外れのせいか 人影はあまりなく 新幹線の駅にしては 寂しく感じられた。駅の向こうには 残雪の山とロープウエイが見える。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:10時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:10時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:10時17分=矢野 博子
六日町の駅から坂戸山に向かって行く途中に流れる大きなゆったりとした川。小さな子供たちが 明るい陽射しの中 楽しそうに橋を渡っていく。こんな環境の中で大きくなるなんて 羨ましい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:10時17分=矢野 博子
日本の原風景みたいな 映画のシーンに出てきそうな景色。思わず深呼吸をする。わずか数時間の新幹線で この世界だ。うーん、来てよかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:10時17分=矢野 博子
若者たちが 現代版のいかだで下って行く。気持ちよさそう。よく転倒しないなと感心する。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:10時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:10時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:10時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:10時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:10時39分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:10時40分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:10時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:10時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:10時46分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:10時56分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:11時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:11時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:11時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:11時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:11時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:11時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:11時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:11時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:11時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:11時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:11時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:11時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:11時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:11時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:11時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:11時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:11時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:11時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:11時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:12時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:12時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:12時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:12時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:12時06分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:12時07分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:12時07分=矢野 博子
坂戸山の山頂近くになると雪が残っていた。凍っているわけではないので 歩きにくいということはなかった。今年最後の雪の感触。楽しい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:12時07分=矢野 博子
振り返れば 遠方の山は まだ たっぷりの雪。日本海側に来ているという感じが十分する。名峰の名前が分からず残念だが 山頂からの360度の眺めは 圧巻だった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:12時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:12時10分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:12時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:12時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:12時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:12時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:12時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:
今日の主役はカタクリだが それはそれでたっぷりお目にかかれたのだが 私が それより気になったのが このショウジョウバカマ。こんなに沢山出会ったのは初めてかもしれない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:12時16分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:12時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:12時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:12時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:12時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:12時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:12時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:12時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:12時38分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:12時41分=矢野 博子
この山が ”花の百名山”に入っているかどうか 定かでないが このイワウチワも今までに見たことないぐらい 沢山出没した。薄いピンクが愛らしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:12時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:12時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:12時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:12時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:12時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:12時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:12時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:12時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:12時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:12時52分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:12時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:12時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:12時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:12時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:12時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:13時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:13時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:13時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:13時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:13時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:13時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:13時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:13時23分=矢野 博子
坂戸山を下山始めて そろそろ終盤という頃 脇にあった三つの鳥居。下山路には 道端に石仏が いくつも据えられて 夫々顔つきが変わっていた。多くは 穏やかな顔だった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:14時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:14時02分=矢野 博子
イカリソウのアップ。この花も いたるところに出没していて楽しませてくれた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:14時03分=三浦 陽子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:14時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:14時06分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:14時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:14時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:14時23分=矢野 博子
この中央で咲いているのは 5万本に一本という白いカタクリかなと願いをこめて 撮影したが 多分 ハズレ。単に色が褪せたピンクのものらしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:14時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【94】撮影:14時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【95】撮影:14時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【96】撮影:14時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【97】撮影:14時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【98】撮影:14時39分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【99】撮影:14時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【100】撮影:14時42分=矢野 博子
六万騎山 山頂付近のカタクリ。一番いい時期は 終わっているかもと すれ違った人に言われたが 山頂は どうしてどうして まだまだ 真っ盛り。少し傾きかけた陽射しが 美しさを際立てていた。今回は 冥途の土産には 多すぎるぐらいのカタクリだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【101】撮影:14時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【102】撮影:14時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【103】撮影:14時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【104】撮影:14時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【105】撮影:14時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【106】撮影:14時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【107】撮影:14時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【108】撮影:14時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【109】撮影:14時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【110】撮影:15時02分=矢野 博子
イカリソウの群生。かなり ピンボケだが 沢山咲いているイカリソウを画面に収めたかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【111】撮影:15時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【112】撮影:15時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【113】撮影:15時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【114】撮影:15時05分=三浦 陽子
ヒオドシチョウ? らしいです。蝶に詳しい方、教えてください。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【115】撮影:15時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【116】撮影:15時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【117】撮影:15時20分=矢野 博子
下山してから 一般道をあるいて 前方に現れた山。どっしりしている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【118】撮影:15時22分=矢野 博子
これも下山してからの景色。手前の人里と山と こういう雰囲気 私は好きだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【119】撮影:15時29分=矢野 博子
道脇の水路には ミズバショウも現れた。もう 花の時期は終わっていると思っていただけに 皆を 驚かせた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【120】撮影:15時34分=矢野 博子
下山してから 一般道を通って お楽しみの場所へ。八海山酒造の物産店へ向かう途中の桜。山頂でカタクリが全盛の頃 下界ではこの様なソメイヨシノが満開。カフェで味わったコーヒーの美味しかったこと!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【121】撮影:15時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【122】撮影:15時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【123】撮影:18時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【124】撮影:20時25分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります