発見写真旅・展(144)――2017.4.6 桜山(32パワー)<b> 発見写真旅・展(144)――2017.4.6 桜山(32パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会 No.1029 桜山(32パワー)────2017.4.6
*車道5p→平坦11p→登り16p

*年の瀬に何度通ったことでしょう。糸の会の多くのみなさんもよくご存知の道を、春に歩いたらどうなるだろうというのが今回の計画でした。
*(ひょんなことから)国の天然記念物に指定された旧三波村のフユザクラは、旧三波村(その後鬼石町を経て藤岡市)が日露戦争の戦勝記念に植えた千本のソメイヨシノに混じっていた約300本が春に咲くほか冬にも咲くところから指定されたもの。

*(ひょんなことから)というのは、欧米の「天然記念物」という概念を日本に紹介した植物学者・三好学(東京帝國大学教授)らが主導的な役割を果たして1919年(大正8)に「史跡名勝天然記念物保存法」が制定されたのです。三好は精力的に天然記念物の指定作業をすすめますが、そこに「冬咲きの桜」を加えたのでした。名称は「史跡名勝天然記念物:三波川(サクラ)」制定は1937.4.17(昭和12)。その制定理由は以下の通りです。
★櫻山ノ頂上ニアリ 樹種ハ冬櫻及染井吉野ニシテ其數約千株ニ達シ 日露戰役紀念ノ爲明治四十一年頃栽植セル所ト云フ 冬櫻ハ珍稀ノ種類ニシテ 此ノ山上ニ於ケル如ク密生シ 殊ニ冬期ニ開花スル光景ハ櫻ノ名勝トシテ此類ナキノミナラズ 其ノ中 花部ノ變異ヲ呈スルモノアルヲ見ルハ學術上有益ナリ

*私(伊藤 幸司)は1992年12月に月刊誌「宝石」(光文社)の取材で初めて訪れ、次のように書きました。
★今年の予定表に“お花見付き忘年会”はいかが?
 去年のことをいうと鬼がどんな顔をするか知らないが、今回は群馬県の鬼石(おにし)町で冬桜を楽しんできた報告。桜山公園は野外忘年会場としてユニーク、かつ最高! という結論である。
 国の天然記念物に指定されているフユザクラは、旧三波(さんば)村が日露戦争の戦勝記念に植えた千本のソメイヨシノに混じっていた約三百本が春に咲くほか冬にも咲くところから指定されたもの。別名コバザクラ(小葉桜)でヤマザクラとマメザクラの別種という説が有力とか。
 花は十月下旬から十二月上旬にかけて三分の一、四月上旬から下旬に三分の二が咲くという二度咲きで、冬咲きの花はパッと咲いてパッと散るのではなく、つぼみが育つにしたがって順次咲いていく。
 樹は小ぶりで花も小さく、梅の咲き方に似ていて地味だが、一カ月以上にわたってズーッと五分咲きが続くという感じ。だから花見に日を選ばない。天気さえよければ桜山の南斜面はあたたかく、周囲の山の紅葉の深まりとともにコントラストを際だたせていく。昭和四十八年に山火事でほぼ全滅させてしまってから、補植用苗木を植え続けていまでは一目五千本とか。

*ということから年末の桜山を何度も訪れたのですが、桜山自体の桜樹の本数も年々増え、同時にカエデも植えられて桜と紅葉が同時に見られるとフレードアップ。ところが冬桜ブームが広がって、冬桜やら早咲きやら、季節外れの桜樹が各地に植えられるようになって、桜山のブームも少々下火になったという感がありました。私自身も久しぶりの桜山になりました。


4月6日
・JR高崎線・新町駅からタクシーで一気に野外活動センターへ
・1112……野外活動センターを出発(標高約450m)
・1200-05……休憩(標高約350m)
・1055-1100……林道で休憩(標高約300m)
・1210-15……三波川右岸に旧道をさがす(標高約200m)
・1240-50……バス通りから三波川川原に下って休憩(標高約200m)
・1320……金丸集落の登山口(標高約200m)
・1405-15……休憩(標高約550m)
・1440-1500……桜山山頂(標高591m)
・山頂駐車場からタクシーで白寿の湯へ


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の5人です。
藤原 由香里(26点)
稲葉 和平(40点)
矢野 博子(14点)
稲田 郁子(5点)
伊藤 幸司(62点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:藤原 由香里












撮影:稲葉 和平
















撮影:矢野 博子






撮影:稲田 郁子


撮影:伊藤 幸司

























▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:11時10分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:11時15分=矢野 博子
数年前の11月後半に糸の会でこの桜山を訪れた。其の日は お天気は 良くなかったが 紅葉がきれいで そして 突然現れた冬の桜に目を見張り感動したのを 憶えている。この時期に桜 ?! さて 今回の 4月の桜山はどんなだろうと期待がかかる。これは 出発点の野外活動センター咲いていたスミレ。危うく 踏みつけそうになった。今回は 結構 スミレが あちこちに咲いていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:11時19分=稲葉 和平
スミレのようにも見えるが側弁に毛がない。コスミレ? シハイスミレ? よく分かりません。
■自由投稿コメント:稲葉 和平=2017.5.10
(3):この写真、角度が悪く、側弁に毛が無いと間違って判断した可能性が強そうです。(103)のスミレの写真の側弁の毛の感じからすると、(3)もスミレのようです。もう少ししっかり見て写真を撮るべきでした。(2)の写真はたぶん(3)と同じ個体をいい角度から撮ったものなので、拡大してみればはっきりと毛が確認できるのではないでしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:11時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:11時21分=藤原 由香里
予定より1時間早く、野外活動センターを出発ぅ!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:11時23分=稲葉 和平
キブシは春先の気分を伝える花だけど、写真ではよく分からない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:11時24分=稲葉 和平
デーラボッチは伝説上の巨人のことで、大太法師、ダイダラボッチとも言うらしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:11時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:11時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:11時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:11時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:11時36分=藤原 由香里
どっちに行くのかワイワイしてます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:11時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:11時37分=稲葉 和平
どう見ても過密、間引きはどこで判断するのだろう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:11時37分=稲葉 和平
桜山目指してただ黙々と・・・
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:11時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:11時44分=稲葉 和平
カンスゲ。こんな花でも春。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:11時44分=藤原 由香里
まずは、どんどん下りました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:11時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:11時52分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:11時54分=稲葉 和平
桜。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:11時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:11時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:11時56分=稲葉 和平
キランソウ、地獄の釜の蓋。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:11時56分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:11時58分=矢野 博子
冬桜の名残だろうか。ソメイヨシノよりは 地味な花だ。この日 里の方で ソメイヨシノが 満開だったので 山頂付近では 少し早すぎるかもと 不安が募った。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:11時58分=稲葉 和平
カキドオシ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:11時58分=藤原 由香里
いつでも、山の中に満開の桜がひょっこり現れると、一瞬でも心が震えます(^^)
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:11時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:12時01分=稲葉 和平
咲きはじめの桜。1分咲きでも春の気分。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:12時02分=稲葉 和平
タチツボスミレ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:12時02分=藤原 由香里
水飲み休憩です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:12時07分=藤原 由香里
こちらは梅。上昇志向満載 !!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:12時09分=矢野 博子
途中 色々な花が 私たちの目を楽しませてくれたが これは ツツジの一種でしょう。春の花が他の時期より一段ときれいなのは 冬があるからでしょうね。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:12時09分=稲葉 和平
ミヤマハコベ?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:12時10分=稲葉 和平
オオイヌノフグリ。どこにでもある花だから無視しようとしたけれど。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:12時12分=稲葉 和平
フクジュソウ。時期的には大分遅い。大輪の黄色の花はよく目立つ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:12時14分=藤原 由香里
どちらに行くのか相談中 !?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:12時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:12時23分=稲葉 和平
どうやら道ではなかった。たまにはこんなことも。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:12時25分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:12時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:12時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:12時26分=矢野 博子
これも花の名前は分かりませんが 木の上にさく モクレンの様なコブシの様な花。花の付き方が 何か独特で印象的だった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:12時26分=矢野 博子
”赤い鳥居に桜”で 絵になると思ったが 残念ながら バックには ポンコツの車。ちょっとガッカリ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:12時35分=稲田 郁子
桜山の桜は麓の川沿いでも2部咲きにもなっていないようだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:12時35分=稲葉 和平
フユザクラ。前回はこの斜面の桜が満開だった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:12時36分=稲葉 和平
ソメイヨシノかヤマザクラか。ヤマザクラにしては花の密度が濃い?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:12時37分=矢野 博子
林立するのは 土筆の集団。もうすっかり春。土筆に出合うと何か こころ豊かになるのは 何故?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:12時38分=稲葉 和平
やっと桜が増えてきた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:12時39分=稲田 郁子
川の中州の気持ちのよい場所だが、色がない
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:12時39分=藤原 由香里
春だなぁ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:12時42分=稲葉 和平
青いフェンスが目障りだが、なかなかいい感じ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:12時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:12時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:12時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:12時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:12時55分=矢野 博子
河原に降りて ランチタイム。その土手を飾っていたのは 軽やかなピンクの花。里の春は 華やか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:12時56分=矢野 博子
河原の水は 透明できれいだった。川石もよく見ると 中々味わい深く色んな表情の石が 落ちていた。ここは 石の産地として 有名だったそうだが 庭石を置くような家を建てる人が少なくなって 商売は以前のような訳には行かなくなったとは タクシー運転手のお言葉。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:12時57分=藤原 由香里
中州でお昼なんて、物語みたいです *(^o^)/*
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:13時00分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:13時04分=藤原 由香里
中州には、山の中にあった石が丸みを帯びて堆積していました。縞模様、青緑、細かく光ったり、綺麗な石でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:13時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:13時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:13時05分=矢野 博子
家の周りを かためていたきれいな石。上手に積み上げている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:13時06分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:13時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:13時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:13時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:13時09分=矢野 博子
これは 自生したものではないかもしれないが 農家の庭先で発見したムスカリの花。やはり 春を告げる花だ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:13時09分=稲葉 和平
ホトケノザ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:13時10分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:13時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:13時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:13時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:13時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:13時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:13時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:13時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:13時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:13時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:13時14分=稲葉 和平
何の花。蕾でもこんなにはっきりした濃い赤!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:13時15分=稲葉 和平
何の花かしら。モモ?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:13時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:13時16分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:13時21分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:13時22分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:13時23分=稲葉 和平
やっとここから桜山公園。公園とは言え手ごわい階段登りがある。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:13時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:13時27分=稲葉 和平
前回の桜山は雨。食料補給に勝手にこのガレージを使わせてもらったのを思い出した。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:13時28分=稲葉 和平
トサミズキとレンギョウ、奥にユキヤナギ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:13時30分=藤原 由香里
どっちにしますか? パート3
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:13時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【94】撮影:13時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【95】撮影:13時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【96】撮影:13時47分=稲葉 和平
大きな桜、やまざくらかなあ?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【97】撮影:13時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【98】撮影:13時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【99】撮影:13時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【100】撮影:13時58分=藤原 由香里
どっちにしますか? パート4
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【101】撮影:13時59分=稲葉 和平
急な階段とゆるやかな道に分かれるが、当然ゆるやかな道を選択。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【102】撮影:14時00分=稲田 郁子
センボンヤリです。ようやくスマホに替えたので、歩きながら確認できました。“いい時代になったもんだ”
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【103】撮影:14時00分=藤原 由香里
春を感じる花が咲いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【104】撮影:14時01分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【105】撮影:14時03分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【106】撮影:14時04分=稲葉 和平
センボンヤリ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【107】撮影:14時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【108】撮影:14時22分=矢野 博子
馬酔木の花は 近くで見ると可愛らしい。多くの花は 接近してみると 実にきれいで 複雑な形をしていて 引き込まれる。それも特に 小さい花が きれい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【109】撮影:14時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【110】撮影:14時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【111】撮影:14時24分=稲葉 和平
ゆるやかな道のはずなのにゆるやかとは言えない長い階段。一度「急な階段」をチェックした方がよさそうだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【112】撮影:14時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【113】撮影:14時26分=稲葉 和平
確かに公園の道だけど、長い階段にうんざり。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【114】撮影:14時27分=矢野 博子
椿の花は これぐらいの咲き加減が 私は 好き。散る時は 桜のように花びらでなく 花全体が ボタッと落ちてしまうので そこが余り好きでないけど そこまで言われてもね、 椿に責任があるわけでなく。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【115】撮影:14時27分=稲葉 和平
ヒュウガミズキ。桜が咲いていればもっと黄色が映えるのだけど、残念。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【116】撮影:14時27分=稲葉 和平
こんな大きなヒュウガミズキはあまり見たことがない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【117】撮影:14時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【118】撮影:14時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【119】撮影:14時29分=稲葉 和平
見事なツバキの花。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【120】撮影:14時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【121】撮影:14時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【122】撮影:14時31分=藤原 由香里
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【123】撮影:14時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【124】撮影:14時32分=矢野 博子
山頂から眺めた眼下の街並み。少し ぼやっとしているが 気持ちの良い展望だった。桜山は 秋の方が 春より賑やかなのかもしれない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【125】撮影:14時32分=稲田 郁子
スミレはタチツボばかりかと思ったら、結構距が長い…。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【126】撮影:14時33分=稲葉 和平
やっとその上が山頂かしら?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【127】撮影:14時33分=稲葉 和平
よく上がってきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【128】撮影:14時34分=藤原 由香里
山頂直下。いつの間にか登ってきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【129】撮影:14時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【130】撮影:14時40分=藤原 由香里
山頂にて。桜は、開花宣言程度。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【131】撮影:14時47分=稲葉 和平
サクラを目当てに来たけど空振り。こんなものでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【132】撮影:14時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【133】撮影:14時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【134】撮影:14時50分=稲田 郁子
山頂近くでもここだけ桜が咲いていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【135】撮影:14時52分=稲葉 和平
この斜面に桜が咲き誇っているのではないかと期待していたのだけど。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【136】撮影:14時53分=藤原 由香里
下りです。甲武信ヶ岳と八ヶ岳。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【137】撮影:14時53分=藤原 由香里
少し咲いている木がありました。綺麗です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【138】撮影:14時54分=稲葉 和平
この公園のマップが意味を持つのは冬だけのようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【139】撮影:14時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【140】撮影:14時57分=稲葉 和平
この辺りは、晩秋には紅葉と満開のフユザクラがライトアップされてなかなかの景観を見せる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【141】撮影:15時00分=稲葉 和平
春には何もない桜山公園。春の気配を感じさせてくれると期待していただけに、これほど何もないとは予想していなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【142】撮影:16時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【143】撮影:17時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【144】撮影:17時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【145】撮影:17時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【146】撮影:後日=矢野 博子
昼休憩時にみつけた河原の石。どれもこれもきれいで 幾つも持って帰りたかったけど なにせ 重いので 小さいのを 3個 ポケットに忍び込ませてきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【147】撮影:後日=藤原 由香里
お土産 !?
今回は、桜は少しでしたが、春を感じ、河原でお昼を食べて、早春のピクニック的な山でした。

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります