発見写真旅・展(142)――2017.3.21-22 生駒山+金剛山ダイヤモンドトレール(ダイヤモンドトレールは約60パワー)<b> 発見写真旅・展(142)――2017.3.21-22 生駒山+金剛山ダイヤモンドトレール(ダイヤモンドトレールは約60パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
第2日
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行 No.1027 生駒山+金剛山ダイヤモンドトレール(2日目は約60パワー)────2017.3.21-22
*2日目……車道13p→登り19p→稜線17p

*大阪・奈良県境となっている金剛生駒国定公園には「ダイヤモンドトレール」という近畿圏有数の縦走路があります。そこで今回は盟主というべき金剛山(標高1,125m)から葛城山(959m)を経て、二上山(517m)に向かって、許される時間で歩けるところまで歩こうというのが当初のアイディアでした。
*しかし「金剛生駒国定公園」の生駒山(いこまやま・642m)は大阪から見ると重要な山ですから、絡めて歩いてみたいという気持ちはありました。資料を集めていくうちに信貴山(しぎさん)に宿泊人数最大200人という宿坊があることがわかり、しかも生駒山の稜線を完全にドライブコースとして占領してしまった信貴生駒スカイラインがそこまで延びていることもわかりました。そのスカイラインをつくった近鉄が「生駒縦走コース」とする詳細な(すぎる?)イラストマップもネット上にありました。歩けるならこちらも時間の許す範囲で歩いてみたいと考えました。
*山歩きの計画では登頂すればまずは成功なのですが、登頂なしに「行けるところまで」というのは計画として危険です。しかも東京〜大阪・往復新幹線での1泊計画ですから、往復運賃に見合う最低の満足感は確保できていなければなりません。
*結局、私は現地で計画を大幅に変更したのです。生駒山から信貴山までは時間的に歩ききれないので、天気が良ければ夜景展望ドライブも考える、というのが1日目。2日目は昨年奈良の「山の辺の道」でず〜っと視野の中にあった二上山(にじょうざん)から金剛山に向かって行けるところまで……と金剛生駒国定公園を北から南へ進んでみるという表現にミニチェンジ。奈良の歴史を背負う「二上山當麻寺(たいまでら)」から登ることにしました。


3月21日
・0803……東京駅を出発(新幹線ひかりで)────1100新大阪
・1230……生駒ケーブルで生駒山山上駅へ。レストランで昼食
・1330……生駒山を出発(標高642m)
・1550……鳴川峠で千光寺への下山路へ(標高約400m)
・1625-40……千光寺でタクシー待ち(標高約250m)
・1700……信貴山玉蔵院着
・1900-50……タクシーで信貴生駒スカイラインをドライブ
3月21日
・0530-0730……玉蔵院で護摩祈祷・大般若祈祷
・0730……朝食
・0830……タクシーで二上山當麻寺へ
・0920……當麻寺を出発(標高約100m)
・0950-55……貯水池で休憩(標高約150m)
・1025-30……休憩(標高約300m)
・1050-55……休憩(標高約450m)
・1110-25……二上山雄岳山頂(標高517m)
・1135-40……休憩(標高約450m)
・1145-1205……二上山雌岳山頂(標高474m)
・1245-50……竹内峠で休憩(標高約300m)
・1335-40……休憩(標高約400m)
・1355……平石峠を通過(標高約400m)
・1450-1500……岩橋山山頂(標高659m)
・1620……山麓公園分岐(忍海道分岐)から葛城山麓公園へ下山開始(標高726m)
・1720……葛城市営霊園でタクシーを待つ(標高約200m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の4人です。
矢野 博子(20点)
小林 美子(17点)
稲葉 和平(48点)
伊藤 幸司(77点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:矢野 博子








撮影:小林 美子








撮影:稲葉 和平




















撮影:伊藤 幸司































▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:12時04分=稲葉 和平
今回の集合場所は生駒山頂。一足先に生駒駅に着いたがこのガスでは先に山頂に行っても何も見えそうにないので、ケーブルカー乗り場で待つことにした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:12時19分=稲葉 和平
朝が早かったせいで駅前のうどん屋が気になって仕方なかったが、たいして待つこともなく皆さんがやってきた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:12時30分=稲葉 和平
ケーブルカー駅の何の変哲もない不愛想な雰囲気からは想像できない可愛らしい車輌。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:12時45分=稲葉 和平
山頂駅はこのとおりガスに包まれ、どこが山頂かもわからない。とにかく、昼食が満足にとれないのではないか、と気になった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:13時22分=矢野 博子
生駒山山頂の遊園地のレストランからの一枚。午後には 雨は上がるという天気予報に期待をかけたが ご覧のような冷たい雨。山頂の店は 皆シャッターが下ろされていたが 唯一発見したレストランで 昼食、そしてそこから雨具を着込んで出発。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:13時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:13時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:13時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:14時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:14時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:15時15分=矢野 博子
暫く歩いていくと(と言ってもかなり 難しい道で マップが あまりあてにならなかったが)急に視界が広がり 大阪湾〜大阪市が 見渡せた。しかし 暗雲が 立ち込めている。 
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:15時15分=矢野 博子
大阪市内をアップで。ビル群が はっきり見える。この中に あべのハルカスは あるんだろうか?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:15時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:15時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:15時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:15時18分=小林 美子
歩き出す頃には雨があがると、期待したがかなり強い雨。
やっと、3時頃には雨は
あがった。
まだ、大阪の上空には、
黒く重い雲があった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:15時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:15時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:15時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:16時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:16時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:16時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:16時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:16時38分=稲葉 和平
大した雨ではなかったものの、ほとんど景色は見えず、結構な山道をほとんど何もわからないまま歩いているうちに時間が経過、途中で下山。ぼんやりタクシーを待つ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:16時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:17時18分=稲葉 和平
宿坊というよりは信貴山玉蔵院ホテルという感じだったが、説明はお坊さんだったのが普通の宿とは違った。従業員? は男性だけなのかどうかは確かめ損なった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:17時19分=稲葉 和平
信貴山は聖徳太子が物部守屋との戦の際、毘沙門天から必勝の秘法を授かったのが寅年、寅日、寅の刻とかで、信貴山の毘沙門天は寅に縁のある神として信仰されているらしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:17時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:18時00分=矢野 博子
今日の宿は 玉蔵院 という 信貴山の宿坊。朱塗りのお盆に乗せられた精進料理。これであとコーヒーが あれば言うことなし と思ったのは 私だけかしら。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:18時01分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:18時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:19時13分=稲葉 和平
夜になって雨が上がり、生駒スカイラインからの大阪の夜景。東京より落ち着いた町という感じがした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:19時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:19時26分=矢野 博子
夕食後 生駒スカイラインを利用して タクシーで 夜景見学。雨が また降っていたが 幸いにも 展望台に着いたときは 雨は 上がっていた。神戸の夜景とか 函館の夜景が 有名だけど どうしてどうして ここも中々の圧巻でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:19時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:19時28分=小林 美子
食後、夜景を見に行く。外に出たら雨が
又降っていた。
タクシーにおまかせで、出かける。
きれいな、大阪の夜景を見る事ができた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:19時28分=矢野 博子
こちらは 若干寂しいけど 奈良盆地の方。大阪側と奈良側が ここからは見渡せ 両県に跨っているスカイラインということが 良くわかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:19時30分=小林 美子
鐘の鳴る丘展望台、ここから見ると、怖い感じだった。
ちょっと風が強かったが
あの先迄上った。
夜景が
全然違った。
素晴らしい〜〜!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:19時30分=稲葉 和平
少し高度が上がっただけで随分見え方が違う。大阪の街は山並みにかこまれていることがよく分かる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:19時53分=小林 美子
この階段を下るとすぐ左側が明朝、ごま焚きをするところの浴油堂です。
夜は灯籠に灯りがついてとてもいい感じ・・
少し、ブラ〜としましょう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:19時56分=小林 美子
日本一大地蔵尊。
子供をお守り下さる仏様で、お願いがあると、すぐに訪れるぞ…
と左足を下ろして座っているのだそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:19時56分=稲葉 和平
信貴山玉蔵院からの夜景。東京とはお寺と街との距離感が違う。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:19時56分=稲葉 和平
信貴山玉蔵院の「日本一大地蔵」。大阪らしい俗っぽさ、と言いたいところだが、ここは奈良。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:19時57分=矢野 博子
ここの宿坊は 中々 立派な大きなお寺さんの中にあるので驚いた。まずは このいくつもの 光のともされた灯篭が 目を引いた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:19時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:19時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:19時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:19時58分=小林 美子
聖徳太子が、毘沙門天様を拝まれて、御利益を頂いたのが、寅の年・寅の月・寅の日なので、
寅がいっぱい。
2月には、張り子の寅の
祈祷が、行われるそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:19時59分=矢野 博子
聖徳太子会ご一行様の隣に書かれた糸の会御一行様 ここならではの看板でしょう。聖徳太子にあやかりたいものです(今は 福沢諭吉さんですけど)
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:19時59分=矢野 博子
本尊は毘沙門天様。赤い旗が 両サイドを埋めていた。商売繁盛 開運のご利益。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:20時01分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:20時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:20時03分=矢野 博子
この張子の虎が ここの象徴です。カワイイ顔してました。寅の年 寅の日 寅の刻に毘沙門天様が現れ 勝利をもたらしたとお坊さんの説明でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:20時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:20時05分=伊藤 幸司

第2日

▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:05時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:05時27分=稲葉 和平
5時半前、東の空が少し明るんでいるがまだ暗い。境内の照明が寺院とは思えないほどきらびやかだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:05時30分=小林 美子
ごま焚。
この太鼓をたたいてお経
太鼓の音
が体に響いた。
いい体験をしました。
それにしても、すごい。
太鼓の音と、お坊さんの声 宗教的な事はわからないがいい時間を過ごす事ができて、感激!!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:05時30分=稲葉 和平
糸の会御一行様が山の会と思う人はまちがいなく、いない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:05時31分=小林 美子
太鼓の上の天井にあった、灯り。
形がそれぞれ違うが、何か意味があるのかしら?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:06時14分=矢野 博子
朝の6時から 護摩を焚くというので 参加させて頂きました。力のこもったライブショー。声量ある僧侶に圧倒され 初めて見る護摩焚きの炎は まさしく 速水御舟の”炎舞”そのものだった。炎は 人を虜にする。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:06時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:06時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:06時18分=稲葉 和平
ご祈祷のあと、ご祈祷の際にしてしか見ることのできない、奥に安置されている毘沙門天王二十八使者像に向かう。天井の照明が蝋燭がともされているような厳かな雰囲気を醸し出している。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:06時19分=小林 美子
浴油堂の入口。
ここで、ごま焚きをしました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:05時19分=稲葉 和平
護摩をたいた後も火が残っていた。燃え盛る大きな炎を前に、X-JAPANのYOSHIKIを思わせるような激しい太鼓をバックにしたご祈祷は、なかなかのパフォーマンスだった。ご祈祷の際には撮影を遠慮していたが、堂内の撮影はOKとのことだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:06時25分=矢野 博子
朱塗りの塔の脇にたたずむ優しい顔をした像。朝日が 優しい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:06時26分=小林 美子
ご祈祷を行う
本堂に向かう途中。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:06時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:06時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:06時27分=稲葉 和平
ご祈祷のあと、本堂へ。遠くから見えていた本堂だが、境内の入り組んだ道を歩いているとどれが本堂だか分からなくなる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:06時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:06時31分=矢野 博子
昨日の雨は すっかり上がり 清々しい朝を迎えた。初めて朝のお勤めに参加し 何かスッキリした気分になった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:06時32分=稲葉 和平
トラ。なぜか檻に入ってる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:06時34分=稲葉 和平
本堂から見るご来光。有名なご来光スポットらしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:06時34分=稲葉 和平
この写真では分からないけれど、日が昇ると刻々と境内の色が変わってくる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:06時35分=稲葉 和平
斑鳩方面の街並みが朝日に霞む。なかなかの眺めだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:07時05分=小林 美子
本堂の内部です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:07時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:07時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:07時15分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:07時17分=小林 美子
五重の塔も見えました。
この山、一帯が玉蔵院。
かなりの広さです。
ほんの一部を歩いただけだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:07時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:07時17分=稲葉 和平
雲間からの光が奈良の街並みを浮かび上がらせる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:07時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:07時28分=稲葉 和平
玉蔵院の朝食。精進料理とは思えないほど美味しかった。精進料理でもしゃけはいい?。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:07時29分=稲葉 和平
立派なお札、どんなご利益があるのかしら。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:09時08分=矢野 博子
前夜のミーティングで 二日目の計画について話し合った。 大きく分けて二案があったが 二上山からスタートし 葛城山〜金剛山へと向かって行くことになった。そのスタートの山の二上山が タクシーの窓から臨めた。右に見える高い方が雄岳 左の低い方が雌岳 きれいな山容だ。去年 大和路を歩いた時にずーっと遠方に見えていた山並みと思うと 感慨深い。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:09時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:09時17分=矢野 博子
二上山の麓にある當麻寺。中将姫伝説で有名な古刹ということは ここで初めて知りました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:09時20分=小林 美子
東大門。
仁王門からは、四角い門の空間が額縁で切り取ったように、二上山が見えると
後で知る。
気が付きませんでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:09時21分=矢野 博子
當麻寺境内にある日本最古の梵鐘。白鳳時代と書かれている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:09時22分=稲葉 和平
二上山を守るように建つ当麻寺の仁王門。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【94】撮影:09時22分=稲葉 和平
風格のある仁王像がしっかりと見張っている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【95】撮影:09時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【96】撮影:09時24分=稲葉 和平
午前9時半。質素な落ち着いた境内。時間が早いせいか観光客も疎ら。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【97】撮影:09時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【98】撮影:09時25分=稲葉 和平
国宝も多くあるにもかかわらず、葛城市観光協会による奈良らしい控えめな説明板。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【99】撮影:09時25分=稲葉 和平
日本最古の梵鐘。左手奥に格調高い三重塔の頭が覗いている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【100】撮影:09時26分=小林 美子
今日の出発点。
当麻寺。
予定の反対のコースで行く事になりました。
今日は気持ちいい天気。
よかった。
金剛山には行きたかったけど、二上山はより以上に意味がありそう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【101】撮影:09時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【102】撮影:09時28分=稲葉 和平
本堂。これも国宝。質素だが安らかな、落ち着いた雰囲気が漂う。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【103】撮影:09時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【104】撮影:09時33分=稲葉 和平
三重塔(国宝)。村から見ると小高い丘のよく見える位置に建っているらしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【105】撮影:09時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【106】撮影:09時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【107】撮影:09時53分=稲葉 和平
池越しに奈良の山並み。晴れていれば素晴らしい眺めかも。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【108】撮影:09時54分=矢野 博子
當麻寺から二上山登山口を目指して歩いていくと 途中にあった池には 二羽のグースが 気持ち良さそうに泳いでいた。。年齢20歳とか。餌やりの飼育員に集まって来ていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【109】撮影:09時57分=小林 美子
グースは日本語でガチョウ。
ダックは日本語でアヒルの事。
グースと言っていたので
これは、ガチョウか?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【110】撮影:09時58分=稲葉 和平
鵞鳥だそうです。係の人がオーイと呼ぶとスーッと向かってきた。ガチョウとアヒルの違い? 分かりません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【111】撮影:09時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【112】撮影:10時00分=稲葉 和平
オオイヌノフグリ。小さなありふれた花だけど、春を感じさせてくれる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【113】撮影:10時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【114】撮影:10時02分=稲葉 和平
ヤナギ。このぼんやりとした淡い薄緑が何とも言えない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【115】撮影:10時04分=稲葉 和平
タチツボスミレも現れた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【116】撮影:10時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【117】撮影:10時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【118】撮影:10時41分=稲葉 和平
ハイキングコースとはいえ、急なアップダウンが延々と繰り返される!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【119】撮影:10時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【120】撮影:10時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【121】撮影:10時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【122】撮影:10時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【123】撮影:11時06分=稲葉 和平
道はよく整備されている。階段の段差も小さいが、これだけ続くと・・・。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【124】撮影:11時11分=稲葉 和平
雑木林の間から大和三山もチラリ。正直言うと、どれがどれだか分りません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【125】撮影:11時14分=矢野 博子
皇位継承争いに敗れ死を賜った悲劇の皇子大津皇子の墓が 雄岳山頂に祀られていた。藤原京が 見下ろされる場所だ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【126】撮影:11時15分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【127】撮影:11時15分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【128】撮影:11時16分=小林 美子
大津皇子のお墓。
文武両道に秀で自由闊達で気さくな人柄であ ったと伝えられ、多くの人々に愛されたが、
草壁皇子と皇位継承を争う事になり、天武天皇の死後、謀反のうたがいで 自害したそうだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【129】撮影:11時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【130】撮影:11時45分=稲葉 和平
まさか、釣り?、と思ったら無線マニア「こちら JQxxx。○○さんどうぞお」 二上山の雌岳山頂。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【131】撮影:11時57分=矢野 博子
雌岳山頂からの奈良盆地の眺め。こんな絶景の場所で 昼食を摂った。いよいよこれからが歩きの本番だ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【132】撮影:12時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【133】撮影:12時04分=稲葉 和平
去年は向こう側を歩きながらこちらを見ていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【134】撮影:12時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【135】撮影:12時11分=稲葉 和平
奈良の街が山に囲まれていることがよく分かる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【136】撮影:12時15分=稲葉 和平
こんな道なら楽に距離を稼げるけれど・・・。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【137】撮影:12時15分=稲葉 和平
短いけれどこんな道でも少しは気分転換になる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【138】撮影:12時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【139】撮影:12時39分=稲葉 和平
何の花? 初めて見たような気がする。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【140】撮影:13時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【141】撮影:13時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【142】撮影:13時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【143】撮影:14時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【144】撮影:14時51分=矢野 博子
今回は ダイヤモンドトレイルに沿って 南下していった。完結しなかったが 次年度に続きを期待してます。恥ずかしながら このトシになって初めて ダイヤモンドの和訳が ”金剛石”であることを知りました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【145】撮影:14時54分=稲葉 和平
歩き出してから約4時間、葛城山までまだまだ先は長い。ダイヤモンドトレールは距離が長いために現在位置を確認するための標識は完備している。要所要所にはこんな立派な石の標識。でも、エスケープルートは少ない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【146】撮影:15時07分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【147】撮影:15時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【148】撮影:15時11分=稲葉 和平
ながーい上り階段。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【149】撮影:15時11分=稲葉 和平
またまた長ーい下り階段。気分のいい道ではあるけれど、これだけ続くといい加減にしてほしくなる。3時を過ぎ、エスケープルートが気になってくる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【150】撮影:15時12分=小林 美子
かなりの急斜の
階段です。
写真では、よくわからないけど、かなりのものでした。ダイヤモンドトレールは
階段が多い。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【151】撮影:15時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【152】撮影:15時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【153】撮影:16時03分=稲葉 和平
4時を過ぎ、タクシーに乗る目標地点へ一目散!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【154】撮影:16時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【155】撮影:16時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【156】撮影:16時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【157】撮影:16時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【158】撮影:16時46分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【159】撮影:16時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【160】撮影:17時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【161】撮影:17時01分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【162】撮影:17時10分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります