発見写真旅・展(140)――2017.3.1 丸山(50パワー)<b> 発見写真旅・展(140)――2017.3.1 丸山(50パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行 No.1025 大岳山(50パワー)────2017.3.1
*登り22p→下り気味稜線28p

*西武秩父線の芦ヶ久保駅から見上げるまろやかな山です。その斜面には果樹園が広がっているので気分は完全にピクニック気分でのスタートです。
*季節によっては登山道に覆いかぶさってくるモミジイチゴのたわわな実や稜線に続くヤマボウシの大木など特筆すべき魅力はあるのですが、私が選ぶ最大の理由は秩父三十三ヵ所の金昌寺へとダラダラ、ダラダラ、ダラダラと下る道です。「28p」には標高差約700m、距離約5Hに若干の小さな起伏が加えられています。上りだと1時間=8パワーで概算しますが、私たちのこの日の下りは休憩を含めて2時間50分。正味2時間30分でしたから1時間=11.5パワーというスピードでした。初心者でもこの長い下りを楽しく体験することができるので、山歩きを始めた人に計画してきました。うまく準備すれば金昌寺からさらに10分ほど歩いて新木鉱泉で入浴可能です。


3月1日
・1025……西武秩父線・芦ヶ久保駅を出発(標高約300m)
・1045-50……果樹村で休憩(標高約400m)
・1125-30……休憩(標高約600m)
・1150-1200……休憩(標高約700m)
・1300-25……丸山山頂(標高960m)10度C
・1345-1400……県民の森でトイレ休憩(標高約900m)
・1545-50……休憩(標高約350m)
・1615……金昌寺(標高約250m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の3人です。
稲葉 和平(34点)
山咲 野の香(18点)
伊藤 幸司(36点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:稲葉 和平














撮影:山咲 野の香








撮影:伊藤 幸司















▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:10時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:10時23分=稲葉 和平
芦ヶ久保大観音。遠くから見て変わった像だとは思ったが、やはり変わっている。観音様なのに頭の被り物もなく、坐像(胡坐をかいたように見える結跏趺坐ではなく正座)、という通常とは違ったスタイル。高さ18.5m、デカイ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:10時29分=稲葉 和平
久方ぶりに登場の I さん、相変わらずのお元気で圧倒されそうでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:10時34分=稲葉 和平
黄梅、別名は迎春花。梅の花に形が似ているのでこの名前がついているらしいが、梅(バラ科)とは関係なく、モクセイ科。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:10時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:10時46分=山咲 野の香
果樹園の間を登って行きます。道標のカワセミ、たくさんいるのですが、リアルでもなくポップでもなく、失礼ながらキモイ系。ちょっと手を加えればすごくかわいくなると思うおせっかい…
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:10時47分=稲葉 和平
芦ヶ久保の梅はまだ咲きはじめたばかりのよう、昨日の湯河原とは大違いだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:10時47分=稲葉 和平
サンシュユ。この状態で見るとサンシュユの花は花柄があることがよく分かる。ダンコウバイは花は似ているが花柄がない。アブラチャンには花柄があるが短い。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:10時48分=山咲 野の香
何を撮ったかと言えば、中央に腰をかがめたヒロインです。この果樹園はいつ通ってもひと気がないという印象…四半世紀前に母とイチゴ狩りに来た時、出会ったおばあさんにヒゲがはえていたのが忘れられません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:10時48分=稲葉 和平
この写真で見ると面白くも何ともないが、思わずどういう目的で建てられたものか考えてしまう。子供の遊び部屋? それともゲストハウス? 単なる庭の飾り? 一人くらいは十分泊まれそうだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:10時50分=稲葉 和平
黄色一色のソシンロウバイ。花の時期は花芯が暗紅色を帯びたロウバイより遅い。たまたま、この3日後に東秩父村の萩平に行ったら、なんと例の公園は紅梅とソシンロウバイが満開、サクラの時期とはまた違う素晴らしさに驚かされた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:10時55分=稲葉 和平
今まで気がつかなかったが、これが和紙の原料となるコウゾ、らしい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:10時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:11時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:11時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:11時02分=山咲 野の香
果樹園をぬけて、せいせいと武甲山。石灰岩の産出量は莫大で今も現役。武甲山は高度成長期、都心部のビルに化けたり、こんにゃくの凝固剤にもなったという。自宅が鉄筋コンクリなので、もしかして武甲山でできている? ばかりか、こんにゃくとして武甲山を食べていたかも! と思うと、ありがたいやら申し訳ないやらの心境です。
武甲山の歴史をネットで見ていたら、「武甲山の開発をめぐる地域住民の対応」というテーマの卒論がありました。反対運動が起きなかった事例として、高尾山開発等と比較されているようです。後日きちんと読んでみたいと思いますました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:11時04分=稲葉 和平
天気予報では晴れとなっていたが朝から空気が靄っていて周囲の山も良く見えないほどだったが、ようやく目の前に武甲山が姿を現した。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:11時07分=山咲 野の香
早春の使者は、一見控えめ。素朴をよそおう反面、陽光のもと白昼堂々とスターの輝きを放っているのです。
オオイヌノフグリ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:11時08分=山咲 野の香
まん中で、吠えてるんです。飼い主らしきおばあちゃんにいさめられて、すぐにおとなしく。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:11時08分=稲葉 和平
道の目印となる茶店のようだが営業しているのかしていないのか、よく分からない
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:11時11分=山咲 野の香
あら、狛犬風。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:11時11分=稲葉 和平
50mくらい離れたところから飛ぶように走ってきた ‘おとうさん’。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:11時12分=山咲 野の香
よく見れば屋根にまたがって、シャチホコ風。人間観察の定位置に違いない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:11時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:11時13分=山咲 野の香
11:13. 武甲山に見守なれながら、針金に鎖で畑を右往左往できます。名前はポチに決まってますよね。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:11時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:11時16分=山咲 野の香
右端の青屋根の無人販売ケースで、切り干し大根やら干し柿を購入。干し柿は後でEさん差し入れの高級市田柿と比べられてしまう憂き目に…
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:11時16分=稲葉 和平
道端に置かれた小規模無人販売店。そこそこの売り上げは期待できそう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:11時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:11時43分=稲葉 和平
杉林の中を快適な道だ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:11時45分=山咲 野の香
想定外の残雪。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:11時46分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:11時46分=稲葉 和平
青空が見えてきたけど、どうもスッキリとは晴れそうにない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:11時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:11時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:11時47分=稲葉 和平
まだ雪も残っていた。だいぶ春めいてはきたがまだ気温はそれほど上がってはいないのだろう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:12時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:12時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:12時08分=稲葉 和平
杉林の中の片側3車線のハイウエイのような登山道!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:12時30分=山咲 野の香
落ち葉道をタラタラと登ります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:12時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:12時37分=山咲 野の香
梢の間から両神山のギザギザだけが浮かんで見えました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:12時37分=稲葉 和平
明るい雑木林の中の整備された道は、霜が解けてぐちゃぐちゃのところもあったが気分がいい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:12時39分=稲葉 和平
脇には立派な自動車道。まあ、仕方ない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:12時40分=稲葉 和平
大きな霜柱が枯葉を持ち上げ、油断をすると足を取られる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:12時40分=稲葉 和平
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:12時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:12時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:12時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:13時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:13時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:13時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:13時06分=稲葉 和平
山頂の展望台は二子山と武甲山がやっとわかる程度の眺望だが、悪くない。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:13時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:13時08分=山咲 野の香
山頂展望台から。曇りがちで望み薄だったけど、思いの外ぐるりと展望できました。右手に武甲山。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:
武甲山と右手奥、両神山のギザギザ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:13時08分=稲葉 和平
大霧山。右手に東秩父村をはさんで堂平山と笠山があるが、随分離れて見える。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:13時10分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:13時22分=山咲 野の香
糸の会恒例パフォーマンス、アレンジ版。頭の血の巡りがよくなると、万事肯定感が増しますね! 図に乗って空中散歩。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:13時22分=稲葉 和平
コーチが、頭を斜面の下にして寝転がると見えるものが全然違ってくる、と言うので寝転がって撮った写真。特に意味はありません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:13時22分=稲葉 和平
寝転がって撮った写真。自分は立ち上がって、寝転んでいる人の写真を撮るべきでした!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:13時29分=山咲 野の香
展望台横広場。寝っころがり斜面現場。この常識的風景を一変させるには、イチオシのスタイルです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:13時31分=稲葉 和平
山頂で休んでいたのに全然寒くなかった。これからのんびり下山という感じです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:13時49分=山咲 野の香
県民の森広場から堂平山が見えました。手前の林間でオオマシコ狙いのバードウォッチャー達がいました。なぜかおじさんばかり。ネットで調べると鮮やかな紅色。枯れた梢に現れたら、大興奮間違いなしでしょう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:13時51分=稲葉 和平
堂平山の天文台。若干ズームしただけでこれだけはっきり写るとはびっくり。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:14時06分=稲葉 和平
杉林のこの間引き・伐採の目的は知らないが、ハイキングコースが明るくなることは確かだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:14時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:14時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:14時14分=山咲 野の香
金昌寺まで、時折深い落ち葉をラッセルしながら、ゆるく長い下りを堪能しました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:14時15分=稲葉 和平
雑木林。何もないけど、好きだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:14時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:14時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:14時59分=稲葉 和平
金昌寺まで、こんな道が延々と続く。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:15時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:15時24分=稲葉 和平
切り株に比べて木の太さが随分細い。なぜだろう?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:15時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:16時03分=稲葉 和平
それほど大きな木でもないのに根っこからひっくり返っている。下が岩で根が横に張っているだけでは、強風には耐えられないのだろう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:16時04分=稲葉 和平
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:16時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:16時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:16時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:16時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:16時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:16時20分=稲葉 和平
金昌寺は石仏の寺として有名とのことだが、この石仏などは他では見たこともない変わった石仏だ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:16時20分=稲葉 和平
大草鞋をかけられた二階建ての立派な仁王門。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:16時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:16時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:18時05分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります