発見写真旅・展(138)――2017.2.21-22 上高地スノーハイク(50パワー)<b> 発見写真旅・展(138)――2017.2.21-22 上高地スノーハイク(50パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。
写真先頭【01】へ
第2日
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行 No.1023 上高地スノーハイク(50パワー)────2017.2.21-22
*車道雪道25p(往路)→車道雪道25p(復路)

*冬の上高地を軽アイゼンで歩くスノーハイク(この計画では私はスノーシューは選びません。西穂山荘から上高地地に下るのをスノーシューでやりましたが、あちらはギリギリ6本爪のアイゼンがほしい場面がありました。上高地は川沿いの道で、基本的に平坦ですからツボ足で苦労してもたかがしれています)は、良い天気なら素晴らしい冬景色、悪天候なら冬の山の寒さを体験できます。風が強いと地吹雪でホワイトアウトも体験できます。そういう意味でこれまで何度かやってきましたが、最初は徳沢園の冬期営業(若い男女のスタッフが食事を出してくれました)を利用、それが冬期小屋の素泊まりになって、営業を終了しました。そこで坂巻温泉にも泊まりましたが、中ノ湯温泉ががけ崩れのため移転すると、そこに泊まるようになりました。今回も中ノ湯温泉泊りを予定していたのですが、明神の「山のひだや」が冬期営業していると知って、1日目に釜トンネル→明神、2日目に明神→釜トンネルという計画に変えました。
*上高地への冬の道は、右岸の道(上流から見て右側)は工事用車両の通過のために除雪されていることもありますが、スノーハイクとしては左岸です。上高地のバスターミナルまではバス道路、そこから先は明神〜徳沢〜横尾と続く登山道です。正月休みにはたくさんの登山者が入るため、自転車でトライする人も出てくるほど。しかしその他の時期にはトレースがあるかどうかも不明です。でもそれが楽しい。危険でなしに、楽しめるのです。
*「旅荘・山のひだや」は明神池のたもと、嘉門次小屋から見るとかろうじてその存在が分かる程度の建物です。昔、山岳写真家の内田良平さんと仕事をしていたときに、彼が時々泊まるとは聞いていたのですが、立派な建物なので、なにか特殊な宿のように見えてついぞ入ることがありませんでした。今回泊まってみて、「ひだや」というのは岐阜県人が松本駅前に建てた飛騨屋という旅館が、上高地にかろうじて権利を得て移転したとのこと。家族経営3代目の山小屋でした。


2月21日
・1225-45……釜トンネル入口で出発準備(標高約1,300m)
・1320-25……トンネル終了(釜トンネル→釜上トンネル→上高地トンネル)で休憩(標高約1,450m)
・1351……大正池ホテルを通過(標高約1,500m)
・1435-40……帝国ホテル前で休憩(標高約1,500m)気温-4度C
・1500-10……上高地バスターミナルでトイレ休憩(標高約1,500m)気温-5度C
・1600-05……休憩(標高約1,500m)
・1655……明神・山のひだや(標高約1,500m)
2月22日
・0835……宿を出る(標高約1,500m)
・0945-55……小梨平キャンプ場でトイレ休憩(標高1,500m)
・1000-10……河童橋で休憩(標高約1,500m)右岸に渡る
・1040-45……休憩(標高約1,500m)
・1125……ウェストン碑(標高約1,500m)
・1130-40……穂高橋から河岸の雪中踏破?(標高約1,500m)
・1200-10……右岸の治山運搬路で休憩(標高約1,500m)
・1235……大正池最下流で左岸のバス道に合流(標高約1,500m)
・1330-1400……釜トンネル入口で休憩(標高約1,300m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の2人です。
小林 美子(16点)
伊藤 幸司(77点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:小林 美子








撮影:伊藤 幸司































▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:09時22分=小林 美子
観音。
電車の窓から。
韮崎平和観音。55才。
16・6メートル。
近くではかなり大きいでしょうね。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:10時39分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:13時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:13時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:13時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:13時43分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:13時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:14時37分=小林 美子
雪景色。
写真を見たらただの雪景色。
雪で埋もれた帝国ホテルです。
よくみると屋根が、確認できます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:14時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:14時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:15時01分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:15時02分=小林 美子
つららの屋根。
バスターミナル。
冬季トイレの所から。
ひっそりとした、バスターミナルでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:15時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:15時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:15時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:15時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:15時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:16時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:16時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:16時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:16時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:16時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:16時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:16時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:16時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:16時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:16時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:17時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:17時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:17時19分=小林 美子
山のひだやに着いてお迎えサービスのコーヒーを飲んで、裏の明神池へ・・
評判のコーヒーにしては? と思ったけど、
朝の頼んだ800円のコーヒーは美味しかった。
でも、朝のコーヒーを飲まなかったら、昨日のコーヒーがあれが美味しい? のまま、おわったかも・・
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:17時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:17時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:17時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:17時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:17時33分=小林 美子
ランプ。
電気・水なし。
ランプの灯りがきれいだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:18時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:18時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:18時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:19時20分=小林 美子
豆炭。
豆炭のあんかを用意してくれた。各自これを抱えて部屋へ……
部屋には、豆炭こたつ、石油ストーブ、
灯りはこたつの上にポツンと1つ(引き上げると灯りがともる)あるだけだった。

第2日

▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:06時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:06時27分=小林 美子
明るくなってきました。
やさしい、お月様です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:06時28分=小林 美子
モルゲンロート。
朝日が明神岳の山頂の色を変えていました。
おもわず・・・きれい〜〜
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:06時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:06時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:06時31分=小林 美子
ここでは、つららなんて珍しくもないでしょうが、私達には珍しい。
小屋のけむりと明神岳が、
朝日に照らされて美しい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:06時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:07時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:07時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:08時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:08時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:08時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:08時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:08時34分=小林 美子
明神池の氷の上に咲いた氷の花。
小屋を出発して、もう一度明神池に寄ったら、池の表面にきれいな花が、咲いている様でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:08時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:08時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:08時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:08時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:08時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:08時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:08時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:09時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:09時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:09時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:09時35分=小林 美子
動物と会ったのは、この猿一匹だけだったが、この猿、私達を、意識しながら無視している態度。
ちょっと、憎らしい猿。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:09時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:09時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:09時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:09時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:09時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:10時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:10時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:10時04分=小林 美子
昨日は見えなかったけど、
かっぱ橋から、
今日は、素晴らしい穂高の山並みが、白くクッキリと見えました。
来た甲斐があります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:10時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:10時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:10時10分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:10時15分=小林 美子
誰も、いないかっぱ橋です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:10時17分=小林 美子
反対側は焼岳。
焼岳も立派です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:10時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:10時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:10時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:10時31分=小林 美子
梓川の右岸は、
この様に、誰も歩いていません。
足跡のない雪道を歩くのはとても気持ちのいいものでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:10時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:10時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:11時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:11時23分=小林 美子
夏でも、めだたないので、通りすごしてしまいそうなウェストン碑。
雪に、埋もれたウェストン碑をみつけました。
ちょっと探しました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:11時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:11時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:11時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:12時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:12時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:12時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:12時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:12時55分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります