発見写真旅・展(137)——2017.2.11 三峰山(20パワー)<b> 発見写真旅・展(137)——2017.2.11 三峰山(20パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行 No.1022 三峰山(20パワー)────2017.2.11
*登り20p

*秩父の三峰山といえば雲取山(2,017m)、白岩山(1,912m)、妙法ヶ岳(1,332m)の三山ということになっています。計画では「軽く」としたにもかかわらず妙法ヶ岳の名前を入れていたので三峯神社から奥宮のある妙法ヶ岳を往復すると思って参加した人もいたのですが、じつは三峯神社へ登るだけという決定的に軽い計画。以前ならロープウェイで登る代わりに表参道から登るというだけでした。
*それには若干理由があって、バスで下ったところにある三十槌の氷柱(みそつちのつらら)をぜひ見てみたいという観光プランがあったからです。もし神社から妙法ヶ岳を往復したら、興雲閣で入浴できるかできないで最終バスで下山というかたちになってしまいますから。でも「三峯神社」と書くわけにもいかず、妙法ヶ岳と書き込んでしまいました。


2月11日
・1050……大輪バス停を出発(標高約400m)
・1100-10……ロープウェイ駅跡で休憩(標高約400m)
・1125-30……休憩(標高約500m)4度C
・1145-55……清浄の滝で休憩(標高約600m)
・1250-1300……古い宿坊前で休憩(標高約950m)
・1345……三峯神社(標高約1,100m)
*1435三峯神社始発の西武秩父駅行きバスで1508三十場(みそば)バス停
*三十槌の氷柱を見て、バスで大滝温泉へ、さらにバスで西武秩父駅へ


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の4人です。
矢野 博子(18点)
藤原 由香里(24点)
稲葉 和平(35点)
伊藤 幸司(46点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:矢野 博子








撮影:藤原 由香里










撮影:稲葉 和平














撮影:伊藤 幸司





















▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:10時12分=稲葉 和平
三峰口駅前のお店の看板、見るたびに食欲をそそられるけど、なかなか入る機会がない
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:10時16分=稲葉 和平
ほぼ真西からみた武甲山。北側の無残な姿とは違い、緑豊かな山のように見える
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:10時26分=藤原 由香里
三峰口駅にて、矢野さんと。伊藤先生に撮って頂きました。今日も楽しくなりそうだぞぉ!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:10時28分=矢野 博子
三峰口の駅で 私たちを出迎えてくれたカワイイお姉さんは この人でした。帰りにこの前を通った時には 何故か しまわれていました。カワイイから盗まれてしまうのかしら。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:10時52分=矢野 博子
三峰神社表参道に置かれた狛犬。シャキッとした威勢のいい顔つきが 寒さをはねのけています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:10時53分=矢野 博子
清らかなブルーの水に雪をうっすら被った岩が きれいだった。空気が 美味しい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:10時54分=藤原 由香里
大輪バス停にて下車し、三峰神社の鳥居をくぐります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:10時54分=藤原 由香里
くぐった先に、狛犬が。何だか、スリムで、ボクサータイプです。この日は狛犬にたくさん会いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:10時55分=稲葉 和平
大輪は甲斐と武蔵を結ぶ秩父往還の途中の、三峰神社の表参道への宿場だったという歴史を感じさせる。昔は銅と生糸の産地として経済的にも重要な位置を占めた秩父大宮にも近い
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:10時55分=稲葉 和平
お店と鳥居と電柱のそれぞれがあまりにも無神経な気がするが・・・
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:10時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:10時56分=稲葉 和平
道端の石像にしては威厳のある顔つき
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:10時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:10時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:10時57分=稲葉 和平
もう少し雪があると思っていたが、この分ならアイゼンは不要かもという予感はした
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:10時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:10時58分=稲葉 和平
お店を建てたときには杉の樹との共生が売りだったのだろう
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:11時00分=稲葉 和平
昭和16年の弐千円は日本銀行の「企業物価戦前基準指数」をベースに単純計算すると現在の80万円くらい? ちょっと感覚的に合わない。計算が間違っているのかも・・・
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:11時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:11時15分=藤原 由香里
以前のロープウェイ乗り場だった場所。三峰山表参道、これより約2時間だそうです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:11時18分=藤原 由香里
登山道をしばらく行くと、天然のツララが見えました。ああ、凍っている‼︎ 自然現象を目の前にして、心が震えました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:11時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:11時21分=稲葉 和平
それほど寒さは感じなかったが滝は凍っていた
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:11時21分=矢野 博子
先頭を行くFさん。皆に先駆けて見つけた沢山のつららに 歓声が 上がった。ここから先も心配したほど 道に雪はなく 最後まで アイゼンなしで歩けた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:11時21分=矢野 博子
こんな立派なつららを見たのは初めて。予測もしてなかっただけに 特別なプレゼントもらったみたいで まさしく サプライズ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:11時23分=藤原 由香里
おおー‼︎ 苔むした岩に、雪が砂糖菓子のようにふんわりとかぶり、細いツララがキラキラと輝いています!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:11時24分=藤原 由香里
あー、きれいです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:11時25分=稲葉 和平
歩き始めて30分くらい、この滝で一休み
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:11時25分=稲葉 和平
三十槌の氷柱が今日のテーマだが、この氷柱でも十分に美しい
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:11時31分=藤原 由香里
こんな風に途中で、二股、三股…と分かれた状態で。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:11時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:11時44分=矢野 博子
滝は しぶきが かかって来そうなくらい勢いが良かった。この滝も数日後には 凍り付くのだろうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:11時45分=藤原 由香里
この登山道には、こんな風な素朴な橋が3ヶ所かかっていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:11時47分=藤原 由香里
締めのツララ。滝とのコラボです。ここには鳥居や東屋があり、お昼の休憩をしました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:11時48分=稲葉 和平
うっすらと被った雪が景観を引き立たせている
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:11時48分=稲葉 和平
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:11時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:11時50分=矢野 博子
まさに つららの饗宴。色々な 響きが聞こえてくる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:11時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:11時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:11時51分=矢野 博子
今渡ってきた橋にも 薄く雪がかかっていた。足元に注意を今まで以上に向けてゆっくり渡った。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:11時51分=矢野 博子
中々 迫力のあるつららもあった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:11時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:11時57分=稲葉 和平
昔から参詣の人々がこの滝で旅の疲れを癒したというのがよく分かる
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:12時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:12時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:12時06分=藤原 由香里
樹齢何年の切り株でしょうか?
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:12時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:12時11分=藤原 由香里
妙法ヶ岳の山頂を横目に登ります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:12時12分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:12時15分=稲葉 和平
明るい日差しの中は風さえなければまるで春のよう
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:12時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:12時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:12時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:12時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:12時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:12時46分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:12時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:13時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:13時09分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:13時18分=藤原 由香里
あらぁ、うさぎの足跡かなぁ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:13時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:13時22分=矢野 博子
三峰神社入口にある見晴台からの遠景。秩父の山並みが きれいに見えている。この道はどこに続くのだろう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:13時23分=藤原 由香里
三峰神社の裏手から入りま〜す。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:13時23分=矢野 博子
ややピンボケになってしまった一枚だが 三峰神社境内。寒さ厳しい一日だったが 若い人も含め 割と多くの参拝客が訪れていた。 
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:13時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:13時24分=藤原 由香里
三峰神社の狛犬たちです。表参道入り口の一体を含め、6体に会いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:13時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:13時28分=稲葉 和平
三峰神社の立派な山門。雪の被った屋根が美しい
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:13時28分=矢野 博子
立派な山門。見事な彫刻が 施されていた。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:13時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:13時29分=矢野 博子
広い境内に冬の陽射しが 優しい。暖かい室内の美味しいコーヒーで生き返った。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:13時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:13時30分=藤原 由香里
それぞれ個性があります。かわいらしい感じだったり、
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:13時31分=稲葉 和平
正面からみるお犬様。威厳がある
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:13時32分=稲葉 和平
随分ときらびやかだ
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:13時32分=稲葉 和平
頭の頂から鼻先にかけて直線的で角度があまりないことがニホンオオカミと犬との大きな違いらしい
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:13時33分=藤原 由香里
賢そうだったり、
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【79】撮影:13時35分=藤原 由香里
筋肉質で強そうだったり、
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【80】撮影:13時39分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【81】撮影:13時40分=藤原 由香里
三峰神社は山の地形の中、きれいな立派な神社でした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【82】撮影:13時58分=藤原 由香里
コーヒーで一息*\(^o^)/*
このテーブルは何処の切り株⁉︎
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【83】撮影:14時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【84】撮影:14時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【85】撮影:14時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【86】撮影:14時20分=藤原 由香里
しっかりもののようだったり。この狛犬もかなりの筋肉質ですね〜。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【87】撮影:14時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【88】撮影:14時22分=稲葉 和平
首の太さがたくましい
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【89】撮影:14時23分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【90】撮影:14時23分=稲葉 和平
左端が白岩山(1921m、埼玉県)、真ん中が雲取山(2017m、東京都)、右の凸凹が飛龍山(2069m、山梨県)
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【91】撮影:14時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【92】撮影:15時16分=稲葉 和平
三十槌の氷柱。想像していたよりスケールが大きい。対岸の駐車場からだと真上から見ることができるようだ
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【93】撮影:13時21分=矢野 博子
観光スポットになっている 三十槌の氷柱。今が見ごろ ということで 多くの人が訪れていた。評判通り 中々見応えのあるつららだった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【94】撮影:15時21分=矢野 博子
この寒さが 続く限りこのつららは どんどん伸びて行くのだろう。 
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【95】撮影:15時22分=稲葉 和平
随分大きいと思ったが半分は人工的に作ったものらしい。左側が自然の氷柱、右側は人工的に作った氷柱
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【96】撮影:15時22分=稲葉 和平
なかなかの景観だ。ライトアップされるとまた違った趣になるに違いない
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【97】撮影:15時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【98】撮影:15時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【99】撮影:15時24分=稲葉 和平
人工氷柱はダイナミックな感じもするが、自然の造形の美しさにはかなわないようだ
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【100】撮影:15時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【101】撮影:15時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【102】撮影:15時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【103】撮影:15時27分=稲葉 和平
遠くから見ると水煙が上がっているように見える人工氷柱
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【104】撮影:15時27分=稲葉 和平
きっと照明を計算に入れての造形なのだろう
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【105】撮影:15時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【106】撮影:15時28分=稲葉 和平
繊細な鋭さが美しい
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【107】撮影:15時28分=矢野 博子
自然の成せる技。 
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【108】撮影:15時30分=藤原 由香里
そして、三十槌の氷柱です。天然ものは繊細で上品です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【109】撮影:15時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【110】撮影:15時31分=矢野 博子
岩がコバルトブルーの水面に迫って来ている。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【111】撮影:15時34分=稲葉 和平
水面に映る氷柱は光線の具合で様相が変わるのだろう
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【112】撮影:15時34分=稲葉 和平
アップで撮っては見たけれど、なんとなく中途半端
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【113】撮影:15時34分=稲葉 和平
そっけないかもしれないけれど、個人的にはこちらの自然の氷柱の方が好きだ
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【114】撮影:15時36分=稲葉 和平
人工氷柱のごてごて感も悪くはないが
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【115】撮影:15時38分=藤原 由香里
軽くスケート。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【116】撮影:15時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【117】撮影:15時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【118】撮影:15時40分=稲葉 和平
陽が高い時間だとまた違った世界になるのかもしれない
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【119】撮影:15時40分=稲葉 和平
よく固めました!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【120】撮影:15時40分=稲葉 和平
これでもか! という具合に凍らせたボリューム感がすごい
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【121】撮影:15時41分=矢野 博子
三十槌の氷柱の全体像は こんな感じ。この脇に人工の氷柱が 作られていたが やはり天然のものには かなわない。夕方からは ライトアップされるとかで それを目指して多くの人が 訪れていた。 
今回の三峰山は 終わってみれば ”氷柱の饗宴”だった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【122】撮影:18時04分=藤原 由香里
シメは、美味しいおそばやさんでした。楽しい時間をありがとうございました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【123】撮影:18時25分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります