発見写真旅・展(135)――2017.1.24 大岳山(49パワー)<b> 発見写真旅・展(135)――2017.1.24 大岳山(49パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。

追加1……2017年1月24日の大岳山=山咲 野の香

★糸の会山行 No.1020 大岳山(49パワー)────2017.1.24
*車道13p→登り19p→稜線17p

*奥多摩三山のひとつ大岳山には奥多摩駅から直接歩き出すルートが2本あります。駅前にそびえる愛宕山から取り付き、鋸山を経る縦走路と、海沢谷(うなざわだに)に沿う林道で山裾深くに入り込み、三ッ釜の滝〜ネジレ滝〜大滝と続く海沢探勝路から急登するルートです。今回は厳冬期の滝を鑑賞して、一気登りを楽しみたいと考えました。
*計画書には次のように書きました。
 厳冬期ですから滝を鑑賞しながら登るという渓谷ルートです。沢登りではありませんが、この時期は登山道も当然氷結しているはずです。軽アイゼン必携です。
 登山道の状況がわかりませんので、17時52分のケーブルカーに間に合うことを第一目標として行動します。
*大岳山からは御岳山に出て、ケーブルカーで下るという計画にしました。


1月24日
・0930……奥多摩駅を出発(標高約350m)
・1010-15……アメリカ村キャンプ場で休憩(標高約350m)
・1055-1100……林道で休憩(標高約500m)
・1110-30……登山口でトイレ休憩、アイゼン装着(標高約550m)
・1210-25……大滝(標高約650m)気温0度C
・1305……モノレールのあるわさび田(標高約850m)
・1325-30……休憩(標高約900m)
・1435……縦走路に出る(標高約1,200m)
・1450-1505……大岳山山頂(標高1,266m)
・1525……大岳山荘を通過(標高約1,150m)
・1525……大岳山荘を通過(標高約1,150m)
・1610-15……アイゼンを外す(標高約850m)
・1640……天狗の腰掛け杉を通過(標高約800m)
・1640……ケーブルカー御岳山駅(標高約800m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の4人です。
三浦 陽子(6点)
矢野 博子(6点)
小林 美子(6点)
伊藤 幸司(52点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:三浦 陽子




撮影:矢野 博子




撮影:小林 美子




撮影:伊藤 幸司






















撮影:山咲 野の香





▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:09時24分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:09時54分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:10時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:11時06分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:11時14分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:11時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:11時41分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:11時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:11時42分=小林 美子
三ツ釜の滝でいいのかしら? 滝の両側は凍っています。滝を左手に見ながら進みます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:11時44分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:11時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:11時45分=矢野 博子
奥多摩駅から 海沢谷を経由して大岳山を目指した。二時間余り歩いて そして現れた滝。”ここから先は 悪路”と看板に書かれていたが 確かに整備された山道ではなかった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:11時47分=小林 美子
ネジレノ滝でしょうか、2段に落下して、それぞれ流路が異なっているので、この名がついた。
真正面に立つとネジレノ感じが見えるとあるが、冬の滝の姿は違うのか、
真正面に行って見なかったからか、これが滝なの? という感じでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:11時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:12時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:12時07分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:12時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:12時11分=矢野 博子
3つの滝を経由したが 一番見事だった大滝。両サイドは凍っている。もう少しすると全容氷結するのだろうか。30メートル急な道を下らなくてはならず 今回はパスしたが 次回は下から見上げたい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:12時13分=小林 美子
大滝。
登山道から、かなり下がってきたが、来て良かった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:12時14分=三浦 陽子
大滝は名前の通り立派。急な坂道を下りてきた甲斐があった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:12時15分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:12時15分=小林 美子
標高700メートルの所。
高さ20メートルの大滝。
凍っています。大きいから迫力がありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:12時15分=三浦 陽子
波紋の薄氷。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:12時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:12時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:12時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:12時18分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:12時20分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:12時38分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:12時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:12時47分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:12時50分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:12時56分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:13時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:13時06分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:13時24分=三浦 陽子
大滝から登山道を見上げる。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:13時32分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:13時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:14時05分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:14時35分=矢野 博子
写真の映りがイマイチなので コーチに相談したところ 設定を少しマイナスに変更して撮った最初の一枚。雪が どんな風に映るか気になって撮ってみた。柔らかい雪の色合いと低い冬の影がきれいだ。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:14時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:14時46分=矢野 博子
予定より遅れて到達した山頂で待っていたのは 行きずりの I 氏と 見事な富士山。富士山は少し雲がかかっていたが 手前の山並みを含めて 壮大だった。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:14時47分=三浦 陽子
やっと着いた大岳山頂上。奥多摩駅ではぐれたIさんが待っていたサプライズ !!
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:14時47分=三浦 陽子
着いた時より富士山の雲が少なくなってきたような。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:14時48分=小林 美子
山頂からの富士山です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:14時48分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:14時49分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:14時57分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:14時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:14時58分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:15時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:15時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:15時04分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:15時08分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:15時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:15時21分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:15時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:15時26分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:15時45分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:15時57分=小林 美子
ザクザクと音が聞こえそうな登山道。
気持ち良く歩いています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:16時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:16時03分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:16時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:16時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:16時49分=矢野 博子
どうやら 日没にかからずに下山。黄昏に浮かぶ新宿副都心辺り。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【66】撮影:16時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【67】撮影:17時33分=矢野 博子
御岳の駅のホームから 今 降りてきた御岳山のロープウエイの方のシルエット。あっという間に あたりは 宵闇に包まれていく。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【68】撮影:19時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【69】撮影:19時48分=三浦 陽子
河辺、梅の湯の黒胡麻アズキきな粉アイス。
胡麻味濃厚。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【70】撮影:19時49分=伊藤 幸司

追加1……2017年1月24日の大岳山=山咲 野の香

本編に組み入れるべきところ、制作側の不手際で追加項目となりました。スミマセン。

▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【71】撮影:11時15分=山咲 野の香=2017.1.24
ようやく登山口。ひときわ目をひく巨木。伏し目がちに歩く彼女が抜き出てきた木の精みたいに見えませんか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【72】撮影:12時14分=山咲 野の香=2017.1.24
大滝、滝壺。完全結氷ではなく、程よい水流もありました。久々に見る凍れる滝、期待に違わず美しい。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【73】撮影:12時14分=山咲 野の香=2017.1.24
大滝上部、氷の縁取りはアールデコ。拡大して写したからといって、より伝わるかといえば、そうでもない好例。がっかり。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【74】撮影:12時16分=山咲 野の香=2017.1.24
撮影者が入ることで、臨場感アップ。滝の音まで蘇るようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【75】撮影:14時28分=山咲 野の香=2017.1.24
振り向くと、空の青を写したか、木立の向こうの山がより濃くより深い青に染まっていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【76】撮影:14時38分=山咲 野の香=2017.1.24
梢の紗の向こうには富士が見えています。予想外のタイミングとアレンジで発見した富士。ハイテンションになりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【77】撮影:14時47分=山咲 野の香=2017.1.24
山頂から、深い里と山なみの向こうに富士山。この仰角がぐっときました。この写真ではわかりませんが、逆光の富士の色もなかなかよかったのです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【78】撮影:15時02分=山咲 野の香=2017.1.24
富士と共に丹沢方面の山なみも美しく見えました。悪路を登ってきたかいがありました。なぜか山頂でのハイライトはすっかり「ユキズリビト」だったのですが。

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります