発見写真旅・展(134)――2017.1.14 大霧山(52パワー)<b> 発見写真旅・展(134)――2017.1.14 大霧山(52パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行No.1018 大霧山(52パワー)────2017.1.14
*登り8p→稜線44p

*大霧山(標高870m)は堂平山、笠山と合わせて「比企三山」と呼ばれています。比企(ひき)という地名はちょっとマイナーな感じがしますが、埼玉県の地図では中央部に位置していて、平安〜鎌倉期には関東の主力豪族として、比企尼と呼ばれる女性が源頼朝の乳母をつとめたと伝えられています。飯能から秩父に向かって延びる奥武蔵丘陵の最先端に比企三山は位置しています。
*春の笠山〜堂平山については発見写真旅の104を見ていただくとして、この比企三山を中心にした東武鉄道主催の「外秩父・七峰縦走ハイキング」は、毎回6,000人規模の参加者が42kmの縦走路に挑戦するといいます。
*じつは大霧山ひとつではちょっと変化に乏しいので、いつもなにか、プラスアルファを探してしまいます。今回は最初、日本水(やまとみず)へと下り、さらにかんぽの宿寄居まで歩こうと考えてみたのですが、ちょっと長い。その手前の登谷山(とやさん)が夜景の名所だとされているようなので、七峰に数える皇鈴山(みすずやま)と登谷山を加え、そこにちょうど日没時刻に到着する計画を立てました。


1月14日
・1010……白石車庫バス停を出発(標高約350m)
・1025……登山口(標高約400m)
・1035-40……服装調節(標高約450m)
・1055-1100……休憩(標高約550m)
・1110-20……定峰峠でトイレ休憩(標高約650m)気温0度C
・1150-1200……防寒対策(標高約600m)
・1225-35……休憩(標高約700m)
・1220……旧定峰峠通過(標高約650m)
・1310-30……大霧山山頂(標高870m)
・1405……粥新田峠(標高約550m)以後ほとんど林道
・1435-50……モーモーハウスでトイレ休憩(標高600m)
・1515……二本木峠(標高約600m)
・1545-50……皇鈴山山頂(標高679m)
・1620-50……登谷山山頂(標高668m)ミルクティーを沸かして日没鑑賞
・この日の「さいたま」の日没時刻は16時50分。登谷牧場からタクシーでおがわ温泉・花和楽(かぐら)の湯へ直行しました。

今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の2人です。
山咲 野の香(6点)
伊藤 幸司(40点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:山咲 野の香




撮影:伊藤 幸司

















▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:09時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:10時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:10時29分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:10時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:10時36分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:11時00分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:11時25分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:11時27分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:11時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:11時34分=山咲 野の香
足もとには思いの外の雪ながら、この時点では風なし、日ざしあり。不祥事のおかげで秋をロスし、4か月ぶりの参加となった私は、「イヌは喜び」みたいな心境で歩いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:11時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:11時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:12時19分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:12時31分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:12時35分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:12時42分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:12時51分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:12時52分=山咲 野の香
まっ白に化粧した雪山ではなく、こんな風に冬木立を残した山は、無防備な素顔という印象。寒々しい空もモノトーンと協調。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:12時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:12時59分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:13時02分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:13時11分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:13時12分=山咲 野の香
大霧山山頂ではいろいろな雲がありました。ぎりぎりの感じで見えた武甲山。痛々しい山容をいたわるように雲が降り注ぎ、包み込む寸前のように見えました。
以前にテレビで長年連日、武甲山の写真を撮っている人を取材していましたが、昭和20 年頃の武甲山はまるで別山。
龍が横たわるような堂々たる山塊でした。秩父夜祭は、秩父神社の女神、妙見様と武甲山の男神、龍神様の年に一度の逢瀬だそうですが、納得です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:13時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:13時13分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:13時27分=山咲 野の香
過去2回、大霧山からの眺望に恵まれずでしたが、今回はたくさんの山が見えました。幸いにも山頂では強風が止み、この低く垂れ込めた雲の下、榛名やら赤城やら、見えているようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:13時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:13時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:13時37分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:13時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:13時40分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:13時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:13時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:14時16分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:14時17分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:14時17分=山咲 野の香
牧場手前。おにぎり山。
ぽかぽか、曇天、強風、風花、どんどん天気が変わり、この青空に目を奪われました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:14時22分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:14時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:14時28分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:14時53分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:15時30分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:15時34分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:15時44分=山咲 野の香
皇鈴山山頂から両神山方向。冬の稲妻と見まごう細枝が、消えかけた焦がれる山に向かって、執念で手を伸ばしているよう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:15時55分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:16時33分=伊藤 幸司
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:19時19分=伊藤 幸司

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります