発見写真旅・展(126)――2016.11.12 鍋割山(61パワー)<b> 発見写真旅・展(126)――2016.11.12 鍋割山(61パワー)


撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行No.1011 鍋割山(61パワー)────2016.11.12
*登り24p→下り21p→林道16p(約5km)

*丹沢の鍋割山です。丹沢にはかつてロープウェイをかけようかという話があったそうですが、林道が無数に張り巡らされているためか、驚くほどたくさんの「山荘」が乱立しました。今ではほとんどが放置されていますが、権利は残っているようです。私の友人でそういう小屋を借り受けて仲間と維持している例を知っています。登山道に点在する山小屋や茶店も今では週末営業だったりするのですが、登山家の草野延孝さんがスーパー経営者の山小屋をほとんど自力で建築し、そのスーパーで働きながら運営して、すでに30年以上になるようです。
*以前は(古いタイプの)山小屋体験として小屋泊まりの計画を立てました。通常なら大倉から塔ノ岳の尊仏山荘に泊まって縦走するところを鍋割山に泊まるという計画にしたこともありました。ひとりの人物が小屋を立て、道を整え、魅力を磨いて常連客を増やし、少しずつその山自体を「名山」として輝かせるというストーリーは日本中のどの山小屋も大なり小なりもっているのですが、その一時代遅れたストーリーが鍋割山にありました。
*草野さんには勤めがありましたから、夕食が終わると下山して私たちが小屋を好き勝手に使うということもありましたし、常連の方が代役をしてくれたこともあります。
*草野さんは基本的に自力で荷揚げをしていましたから、ときには夜間3回も荷揚げをするということもあったとか。水も下から運び上げるのでものすごく条件が悪いのですが、夕食は「水炊き」が基本で、水分の多い「重い」食材をこれでもか、と感じるほど投入して、私たちを毎回感動させてくれました。一度「すみません、今夜は鍋焼きうどんでごめんなさい」ということがありましたが、その「鍋焼きうどん」も鍋割山荘の名物ランチで、土鍋でひとつずつちゃんと煮るという本格派、それが週末の日帰り登山者の楽しみのひとつとなってきました。
*心配は週末の昼に、その「鍋焼きうどん」を確実に食べられるかどうかでしたが、電話は(留守番電話以外)ほとんど通じませんでした。そこで食べられない可能性も含めて、鍋割山の鍋焼きうどんをメーンテーマにした計画を立てたのです。
*驚いたのは山頂の賑わい。まろやかなあの山頂にたくさんの登山グループが点在していましたから見た目で200人と概算していましたが、小屋に入ると鍋割うどんを注文した人たちが並んでいて、それぞれが複数の注文をしているようなので、そちらの概算も100という感じでした。以前なら絶望的な混雑状態でしたが、厨房側に携帯ガスコンロが無数?(奥が見えなかったので)という感じで置かれているようです。使用済みの土鍋もすでにたくさん積み上げられていましたから200食ぐらいは出せる体制が整えられていたのでしょう。
*いまや鍋割山荘はランチの名店として広く知られているようです。県民の森からなら24パワーの登り。私たちは8パワー=1時間で概算しますが、家族連れなら6パワー=1時間というペースで概算できるのではないでしょうか。下りも登りと同じ時間で概算しておくと、そこに余裕が含まれます。昼食は待ち時間を考えれば1時間は必要です。
*……という、鍋割山で鍋焼きうどんという計画を立てたのです。


11月12日
・1010……県民の森からの林道を出発(標高約500m)
・1020……大倉方面への林道との分岐(標高約500m)
・1030……二俣通過(標高約550m)
・1030-35……衣類調節の休憩(標高約550m)
・1055-1100……林道終点(鍋割山荘水置き場)で休憩(標高約600m)
・1125……後沢乗越で稜線へ(標高約800m)
・1140-50……休憩(標高約950m)
・1245-1400……鍋割山山頂(標高328m)
*計画書では鍋割山から塔ノ岳への稜線をたどり、小丸と大丸の間の「二俣分岐」から「二俣」へ下る予定でした。が、往路その「二俣」で、下山予定のルートが伐採作業のため通行禁止となっていたので、鍋割山からは往路と同じルートを下ることにしました。 ・1455……後沢乗越(標高約800m)
・1520-25……林道終点(鍋割山荘水置き場)で休憩(標高約600m)
・1545……大倉への林道分岐(標高約500m)
・1650……大倉バス停(標高約300m)


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の1人です。
伊藤 幸司(41点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:伊藤 幸司

















▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります