発見写真旅・展(100)――2016.3.12 高川山(45パワー) 発見写真旅・展(100)――2016.3.12 高川山(45パワー)

撮影者別写真索引へ
索引写真をクリックすると展示写真に飛ぶことができます。
戻るにはデリートキー(delete key、削除キー)を押してみてください。

写真先頭【01】へ
撮影者全員の展示写真が撮影時刻順に並んでいます。
写真キャプションもお読みいただけます。
ご覧いただいたみなさんからのコメントはキャプションの後に掲載させていただきます。


★糸の会山行 985 高川山(45パワー)────2016.3.12
*登り車道8p→登り12p→稜線23p→車道2p

*富士山をあてにしての雪山展望シリーズ、これが最後でした。高川山は登山のガイドブックではJR初狩駅から登るのがメインルートだと思いますが、長いルートとしては大月駅から直接登るものがあり、初狩駅からでも大岩経由が魅力的で、駅近くの八幡荘でお湯に入れたときには、そちらを下山路にしたこともあります。あるいは富士急行の禾生駅方面に下ると、入浴施設の無料送迎バスの案内板があったりします。赤坂・スターらんどという怪しげな名前ですが、隣の赤坂駅から歩いて15分ほどのところにある入浴施設で、最近は大月駅周辺の入浴施設が利用しにくくなってきたので、その無料送迎をあてにして下山路を決めたりしてきました。
*今回も最後まで悩んでいたのですが、土曜日だったので千葉方面からくる人たちに「大人の休日倶楽部ジパング」(JR東日本)の3割引チケットではなく、乗り降り自由の「休日おでかけパス」(JR東日本。大月まで有効)で参加していただくことにして、JR藤野駅からふじの温泉・東尾垂の湯への無料送迎バスを利用する計画にしました。以前は五感の里・薬師の湯をよく利用していましたが、閉館してだいぶになります。また藤野には有名なやまなみ温泉がありますが、公共の施設ゆえか、食事に若干の悩みが生じます。もっとも途中下車ができるのなら帰路の入浴と食事の選択肢は広いのでどうにでもなるのですが、今回はそのように入浴施設を決めて、シラノサワ・コースから登って、大月駅まで歩く計画を立てたのです。
*……ということは、つまり、糸の会定番の高川山はみなさんすでに何度も登っているので、付加価値のことを考えざるを得なかったのです。ところがじつは、近年まれに見る冬の山歩きとなったのです。首都圏の日帰り登山ではトップクラスの、すばらしい1日になりました。


3月12日
・0850……富士急行線・禾生(かせい)駅(標高約450m)を出発
・0935-45……シラノサワ登山口で休憩(標高約600m)
・1045-50……山頂直下で休憩(標高約950m)
・1105-15……高川山山頂(標高976m)
・1130-35……霧氷+雪撮影(標高約950m)
・1140……禾生駅への分岐(標高約950m)
・1225-40……休憩(標高約650m)
・1315……花咲分岐(標高約500m)
・1355-1400……休憩(標高約450m)
・1420-25……おむすび山(標高463m)
・1435……大月市中央病院(標高約350m)
・1445……大月駅(標高約350m)
*行動時刻は概数です


今回の写真出展メンバー(提出順)は以下の5人です。
佐藤 時子(8点)
伊藤 幸司(58点)


このalbumシリーズは糸の会の山行を参加者のみなさんと記録した写真集です。
(期間を限定せずに)ご覧いただいたみなさんのコメントをお待ちしています。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com

撮影:佐藤 時子




撮影:伊藤 幸司

























▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【01】撮影:08時58分=伊藤 幸司
富士急行線禾生(かせい)駅から、とりあえず山側の道を一直線に登っていくと、桂川を渡ります。源流は河口湖。下流、山梨県から神奈川県に変わると相模湖があって、そこで相模川と名を変える川です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【02】撮影:08時59分=伊藤 幸司
山里を歩いていると、村の中心となってきただろうと思われる家がありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【03】撮影:09時03分=伊藤 幸司 桂川を見下ろす斜面に続く小集落は川茂というのでしょうか。これは寺院でしょうか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【04】撮影:09時21分=伊藤 幸司
古宿というさらに小さな集落を過ぎて、現在家が2件だけの大棚へと向かいます。ちょっと荒れた感じですが、梅園があって、花盛りという雰囲気は漂っていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【05】撮影:09時27分=伊藤 幸司
大棚から見上げると、高川山の斜面が霧氷にしては厚みのある白化粧になっていました。雪が降ったのかもしれないという感じです。あわてて軽アイゼンを持っている人、持っていない人をチェックしたら、どんな状況でもなんとかなりそうな計算が立ちました。装備状況によってはクサリ場のあるシラノサワ・コースを敬遠しなければ、と考えました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【06】撮影:09時53分=伊藤 幸司
たしかに雪が降ったのです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【07】撮影:09時57分=伊藤 幸司
シラノサワ・コースの道は、大きく回り込んでから急登になります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【08】撮影:10時00分=伊藤 幸司
雪は山頂に向かって、しだいに深く積もっている気配です。リーダーにとってはこのあたりが一番の悩みどころです。どこかで、進退の決断を求められるかもしれない、ということを考え始めます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【09】撮影:10時12分=伊藤 幸司
一帯はみごとな雪景色になってきました。今年は雪が少なかっただけに、突然こんな雪、しかも昨夜の雪に出会うとは。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【10】撮影:10時14分=伊藤 幸司
雪はまだフレッシュです。陽光が降り注いだら、たちまち腐ってしまう雪景色です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【11】撮影:10時15分=伊藤 幸司
突然、山が見えました。この瞬間、この山が何なのか分かりませんでしたが、扇山(1,138m)。手前の、頭が丸い山は標高644mの菊花山。大月市街から馬立山〜九鬼山稜線へと一気に登る足がかりの山のようです。高川山から大月への長い縦走ではこの山が終始目標になりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【12】撮影:10時17分=伊藤 幸司
気分としては雪山の樹林帯。冬の北八ヶ岳などではこういう気分の縦走を楽しめます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【13】撮影:10時22分=伊藤 幸司
足元の雪はまだ歩くのに支障がありません。でも岩場ではどんな状態になっているでしょうか。ふと気づくと、細い木の枝に雪とは違う白い模様が浮き出てきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【14】撮影:10時23分=伊藤 幸司
ちょうどこのあたり、稜線を越えて過冷却の霧がゆっくりと流れたのでしょう。禾生側からJR初狩駅側へと流れた霧が、エビのしっぽを禾生側へと伸ばしていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【15】撮影:10時32分=伊藤 幸司
霧氷は次第に主役となり、ふんわりとした綿雪を脇役に押し下げてしまいました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【16】撮影:10時33分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【17】撮影:10時33分=伊藤 幸司
こちらは綿雪。細い枝にふわっと乗っているのは、舞い降りたときから今まで、ここには風が吹かなかったということでしょう。この綿雪が今まで残されたということに、今日の天気に対しても感謝しました。私たちにとってはとてもいい日のようでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【18】撮影:10時34分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【19】撮影:10時34分=伊藤 幸司
こんな繊細な雪景色は、なかなか見られるものじゃない、と思いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【20】撮影:10時37分=伊藤 幸司
なんというキノコか知りませんが、雪の中ではやっぱりけなげという印象になります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【21】撮影:10時37分=伊藤 幸司
景色は雪でも、道はまだいつものまま。首都圏では年末からしばしば霧氷を見ますし、3月になると西高東低の気圧配置が崩れて大雪が降ることもあります。しかし雪と霧氷がダブルで、しかもフレッシュな状態で見られるというのはほんとうにラッキーでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【22】撮影:10時37分=伊藤 幸司
ふたたび雪に目が向きました。霧氷は風上に向かって伸びていきますが、雪は上から降り積もります。そのふたつが奇跡の合体をするのが蔵王や八甲田山の樹氷ですが、ここではそれが別々のものとして並んでいます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【23】撮影:10時42分=伊藤 幸司
これは雪景色。オリジナル写真を拡大して見ると細い枝にじつにていねいに雪が盛られています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【24】撮影:10時44分=伊藤 幸司
これが多分、昨夜から今朝にかけて降り積もった雪のようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【25】撮影:10時57分=伊藤 幸司
霧氷の窓を通して大月方面を見ています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【26】撮影:10時59分=伊藤 幸司
いよいよ最後の急登。岩場にロープが張られていますが、谷側(この写真では右手側)にはしっかりと木が生えていますし、足場もしっかりしています。雪がついていなければ初心者でも「スリルはあるけれど危険は少ない」体験の場といえます。登れたからいい、ではなくて、これが北アルプスの岩稜への最初の一歩……という歩き方ができればラッキーでしょう。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【27】撮影:11時01分=伊藤 幸司
この写真を見て「なんで使わないストックを持っているの?」とつぶやく人がいるはずです。「岩場でストックを持つのは危険」というのが登山専門家の常識になっているらしいからです。ではここでストックをしまわないのはなぜか? ご本人のためではなく、リーダーの私のためです。片手、あるいは両手で岩や木に直接支点を求めるハンドホールドが必要になったとき、ストックは手首にベルトを通したまま邪魔にならないように「うまくさばいて」欲しいのです。リーダーである私はその「さばき方」を見ています。もしその人がストックの扱いにイライラしているようなら、声を掛けて落ち着いてもらったり、技術的な指導をしたりする方法を考えます。ストックは岩場で技術的な未熟を伝えてくれるありがたい道具なのです。だから縦走路のクサリ場などではストックさばきはその人の技術的な余裕幅を見せてくれるありがたい道具だと考えています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【28】撮影:11時03分=伊藤 幸司
この岩場では1歩か2歩、足場の悪いところがあります。しかし谷側(登る場合の右手側)にこれだけ木があるということは。雪が隠されていなければ命に関わる危険が少ないということが見てとれるはずです。慌てさえしなければ登れるはずです。おまけに、実際に登ってみると、張られているロープが適切な安全装置になっていることもわかります。おざなりにぶら下げられていることの多いクサリなどとはちがって、初心者の安全を考えながら張られていることがわかります。登山口の標識には「注意*この先シラノサワコース 難所あり」の「難所」を消して「ロープあり」とした落書きありました。見る人によって技術的見解の変わるところだと思います。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【29】撮影:11時04分=伊藤 幸司
岩場ではときに、男性には安全でも女性サイズだとグレードが上がる場合がありますが、ここではもちろん女性でも条件は変わりません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【30】撮影:11時05分=伊藤 幸司
岩場を抜けるとそこが山頂でした。突然賑やかな場に飛び出して、一瞬面食らったというのが正直なところです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【31】撮影:11時16分=伊藤 幸司
西の方向に白い富士山が見えて今シーズンの「雪山展望シリーズ」を終わる予定だったのですが、富士山はまったく見えません。眼前に見える「雪山」は標高896mのカンバ沢ノ頭。この高川山からあそこを通って大岩経由で初狩駅へと下ることも可能です。カンバ沢ノ頭からこちら側へ下る急斜面はちょっと厄介ですが。
ちなみに日本の山の名前には「川の名前」がつけられていることが多いのですが「カンバ沢ノ頭(かしら)」というのがその理由がわかる例です。旧陸軍参謀本部陸地測量部は明治時代に国土基本図としての地形図(5万分の1)の整備を進めたのですが、現地で山の名前を聞くとそれぞれ山麓の里によって違います。里から見上げる山には広範囲の人が使う名前があったとしても、山仕事にかかわる人にしか知られていない山もあります。そういう山の多くは、山仕事をする人たちが沢の源流となるピーク(頭)を沢の名前で呼んでいた例が多いのです。その場合は向こう側の里人に聞けば違う名前が出てきたでしょう。そういう混乱や誤りはいろいろあります。
……というわけで川の名前のついた山は、しばしばどちらの方向から見た名前かわかるのですが、この高川山の「高川」はどこにあるのか、いまのところ私には不明です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【32】撮影:11時19分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【33】撮影:11時20分=伊藤 幸司
これはたぶん滝子山の斜面です。いかにも「雪山展望」という感じですが、お隣の近しい関係の山にすぎません。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【34】撮影:11時20分=伊藤 幸司
山頂はみごとな霧氷で飾られていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【35】撮影:11時23分=伊藤 幸司
本来なら背後に富士山が写っている方向での記念撮影。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【36】撮影:11時30分=伊藤 幸司
山頂から東に下ります。すると稜線にはこれまでとは比べものにならない大ボリュームの霧氷がついていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【37】撮影:11時30分=伊藤 幸司
登りで見た霧氷やら綿帽子やらとはちょっと違うスケールの冬景色が続いていました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【38】撮影:11時31分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【39】撮影:11時31分=伊藤 幸司
やはり、これだけの幅広に育った霧氷が、この時刻まで落ちなかったということのほうがラッキーでした。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【40】撮影:11時32分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【41】撮影:11時32分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【42】撮影:11時32分=伊藤 幸司
さてここでは、霧氷と綿帽子とがミックスしています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【43】撮影:11時42分=伊藤 幸司
首都圏の登山愛好家にはこういう気分で歩ける日が年に何回かあります。週末に雪が降ると翌朝には、もう新しいトレースがついています。今年は雪がものすごく少なかったので、3月にもなると、こういう気分を日帰りの山で味わえるとは考えてもいませんでした。糸の会の計画は半年分まとめて立てているので、よけいにラッキー! と感じます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【44】撮影:11時58分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【45】撮影:11時59分=佐藤 時子
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【46】撮影:11時59分=伊藤 幸司
富士急行線の禾生駅へと下る分岐をやりすごし、大月への長い縦走路をたどります。だんだん雪景色に変わってきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【47】撮影:12時08分=伊藤 幸司
雪がかぶった枯れ枝の先に里の風景が見えてきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【48】撮影:12時12分=伊藤 幸司
オリジナルデータで拡大写真を見てみると、これは雪景色のようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【49】撮影:12時20分=伊藤 幸司
雪の存在感が急激に薄らいで、黄色い花が春の風景を作り出す気配です。さてこれがダンコウバイ(檀香梅)かアブラチャン(油瀝青)か、全く分かりません。帰って写真をいろいろ調べてみたのですが、素人が一番わかりやすい区別となるこの時期の特徴「花が枝から直接咲いているか=ダンコウバイ」「花序軸の先に咲いているか=アブラチャン」がよくわかりません。現地ではダンコウバイという声がほとんどだったので、そういうことにしておきます。とにかく春が始まりました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【50】撮影:12時47分=伊藤 幸司
ダンコウバイは「まばらに枝分かれする」のに対してアブラチャンは「細かく枝を分ける」とか。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【51】撮影:12時55分=伊藤 幸司
霧氷景色、雪景色のあとに春景色がやってきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【52】撮影:12時56分=伊藤 幸司
冬にも枯れ葉を落とさない木がありました。まさか……とは思いましたがネットで調べてみるとありました。クヌギやカシワがそうなんだということですが、この雰囲気はヤマコウバシという木のように思われます。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【53】撮影:13時04分=伊藤 幸司
枯れ葉はクヌギやカシワでは縁に鋸歯のようなものが見られますが、ここにあるのはストレートな感じがします。その意味でもヤマコウバシのようです。恥ずかしながら、初めて知った名前です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【54】撮影:13時15分=伊藤 幸司
こちらに「おてんじんさん」向こうにも同様の社があって、ちょうどこの下を中央自動車道・富士吉田線の花咲トンネルがくぐり抜けています。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【55】撮影:13時19分=伊藤 幸司
花咲トンネルの上から振り返ると、高川山の山頂直下から九鬼山の山頂直下へと伸びるリニアモーターカーの実験線が見えてきました。高速でトンネルから飛び出すからでしょうか、ド〜ンというような音が響きます。あんな音を出していいのだろうかと思うほどです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【56】撮影:13時26分=伊藤 幸司
前の写真だとトンネルの上という感じがしなかったので、足元が見えるところに移動するとこんな具合になります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【57】撮影:13時29分=伊藤 幸司
今度は高川山のトンネル出口をクローズアップしてみるとなぜか実験車両が頭を出して止まっていました。この後、10分以上、この状態で止まっていました。体験乗車したい人は抽選に応募して、この場所から乗り込むようです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【58】撮影:13時31分=伊藤 幸司
これはけっこう姿のいいダンコウバイ(あるいはアブラチャン)だと思いました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【59】撮影:13時35分=伊藤 幸司
左端に見えている小さな山が大月市街から直接登れる菊花山。そこからさらに登ると馬立山。そこから田野倉駅へと下る尾根に標高667mのピークがあって、それが正面に写っています。この写真の右端部分には、じつは田野倉駅も写っているのです。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【60】撮影:13時36分=伊藤 幸司
電車が入っていないのでわかりにくいのですが、田野倉駅です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【61】撮影:13時39分=伊藤 幸司
これは中央自動車道富士吉田線・花咲トンネルの北側の出口。画面中央で左右に走る中央自動車道の本線に接続しています。合流地点の上に見えるのは花咲カントリー倶楽部です。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【62】撮影:13時40分=伊藤 幸司
花咲じいさんの霧氷を見た後でこれを見たら「枯木にキノコを咲かせましょう」というふうに思えてきました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【63】撮影:14時23分=伊藤 幸司
縦走路の終点はおむすび山。足元に大月市街が広がっていました。その向こうにあるのが岩殿山、さらにその向こうに百蔵山。さらにその先、右上がりの稜線がちょっと見えるのが扇山です。市街地手前の右端から登っていくと、これまで行き先に個性的な姿を見せてくれていた菊花山になります。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【64】撮影:14時24分=伊藤 幸司
おむすび山にあったのは大月防空監視哨。大月監視隊本部には丹波、西原、上野原、七保、大月、笹子、谷村、吉田、精進、河口の各監視哨があって各隊10名。昼は2名で双眼鏡を用い、夜間は監視+聴音+電話連絡の3名体勢の三交代制であったと、説明板にありました。
▼次の写真へ   
▼次の写真へ    ▲先頭ページへ

【65】撮影:14時26分=伊藤 幸司
おむすび山の斜面はカタクリ群生地になっていて、たくさんのカタクリが葉を広げていました。花をつけているのを確認したのはまだこのひと株だけでしたが、岩殿山の山頂北斜面よりは見応えがあると思います。
▼次の写真へ   
▲先頭ページへ

【66】撮影:14時38分=伊藤 幸司
桂川の河谷まで下ってくると、岩殿山がずいぶん立派にそびえ立ってきました。

★先頭ページに戻ります

★ホームページのトビラに戻ります