糸の会――2017年度会員募集中<br>
糸の会――2017年度上期予定



糸の会・登山コーチングシステム 
伊藤幸司
187-0011 東京都小平市鈴木町1・352・9・105
Tel & Fax 042-326-8077
e-mail……ito-no-kai@nifty.com
homepage……「糸の会」で検索(http://ito-no-kai.la.coocan.jp/)



■日帰り「a」を「第1木曜日」とします *2016年の下期に「aW」「aT」(W=水曜とT=木曜)を隔月交代でという試みをしましたが、今期は「a」(第1木曜日)と統一しました。不自由になる方もいらっしゃるかと思いますが、よろしくお願いいたします。 *昨年は夏に大物として赤石岳、笠ヶ岳を実施しましたが、今年は7月=白山、8月=黒部五郎岳〜槍ヶ岳、9月=仙丈ヶ岳〜甲斐・駒ヶ岳を予定しています。 *加えて、花のいい山をずらりと並べています。とくに5月の佐渡は、未体験の方には絶対おすすめです。 ■計画の概要(2017年度)上期4月〜9月 *今期から基本的な日程は、a(第1木曜日)、b(第2土曜日)、c(第3火曜日と翌日)、d(第4火曜日)、となります。 1029……4a=0406(木)桜山(さくらやま591m)JR高崎線 私たちも冬の桜を見に行ったことしかありませんが、春の桜山を見に来る人はほとんどいないと聞いたことがあります。冬に咲かなかったつぼみのほうが圧倒的に多いのだそうです。田園の春景色も含めての春景色です。 1030……4b=0408(土)ミツバ岳(みつばだけ835m)小田急線 ミツマタ一色の春の山です。春の西丹沢をのんびりと歩きたいと思います。 1031……4c=0418/19(火水)飛龍山(ひりゅうさん2,077m)JR青梅線 どこかで軽アイゼンが必要になるでしょうが、ものすごくかわいいブナの双葉が足元に伸びてくる季節です。山道に春の息吹が感じられるはずです。三条の湯に泊まります。 1032……4d=0425(火)六万騎山(ろくまんきやま321m)JR上越線 これまでは泊まりの計画でしたが、日帰りです。驚くほど簡単にカタクリの乱舞を見ることができる……はずです。 1033……5a=0504(木=休)浅間嶺(せんげんれい903m)JR五日市線 払沢(ほっさわ)の滝から入って、数馬の湯へと下る定番のルートです。早春の風景を楽しみたいと考えています。 1034……5b=0513(土)三頭山(みとうさん1,531m)JR五日市線 JR武蔵五日市駅からバスで都民の森へ、下山は奥多摩湖へ。長く楽しい新緑の道という狙いです。 1035……5c=0516/17(火水)佐渡(金北山)(さど1,172m)上越新幹線 やっぱり行きたくなるカタクリとシラネアオイと雪割草(ミスミソウ)の乱舞。未体験の人には極めつけのおすすめです。新潟からのジェットフェリー代と、現地でのタクシー代がちょっと割高な感じがしますが、もとは取れると思います。 1036……5d=0523(火)子持山(こもちやま1,296m)JR上越線 シンボルの獅子岩(大黒岩)が最初の頃は魅力でしたが、じつは、たぶん、この時期はツツジが見ものです。 1037……6a=0601(木)吾妻耶山(あづまやさん1,341m)上越新幹線 新緑の稜線をゆっくりたどって、山頂からは、まだ白い谷川岳を見る、というストーリーです。 1038……6b=0610(土)榛名富士(はるなさん1,391m)JR上越線 今回は水沢山ではありません。榛名富士と、掃部ヶ岳(かもんがたけ)と榛名湖です。 1039……6c=0620/21(火水)安達太良山(あだたらやま1,700m)JR東北本線 2014年に野地温泉から箕輪山を経て安達太良山に登りましたが、下るより登るほうがとても良かったのです。発見写真旅のNo.35をごらんください。 1040……6d=0627(火)戸倉三山(市道山)(とくらさんざん795m)JR五日市線 平たくて長い道を歩きます。小さいけれどアップダウンが無限に続くような気分に、陥ります。 1041……7a=0706(木)三ッ峠山(みつとうげやま1,785m)富士急行線 三ッ峠山は、糸の会ではたいてい冬です。富士山展望と雪の下り道、できれば華やかな霧氷を狙っての三ッ峠山ですが、夏の花も悪くはないのです。 1042……7b=0708(土)越前岳(あしたかやま1,504m)東名高速バス 富士山を見に行きます。愛鷹連峰の一番富士山側、つまり北端に最高峰の越前岳があるのです。富士山に向かって下ります。 1043……7c=0718/19(火水)白山(はくさん2,702m)北陸新幹線 久しぶりですが、花の白山です。北陸新幹線で行くととその日のうちに砂防新道を登って室堂泊、翌日は山頂から観光新道を下ります。できれば前後に金沢のスケジュールを。時期的には室堂のクロユリが見頃かと思います。 1044……7d=0725(火)雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま1,870m)JR中央本線 旧五百円札の富士山展望地点の雁ヶ腹摺山ですが、ねらいは違います。大蔵高丸から笹子雁ヶ腹摺山を経て笹子峠まで、けっこう長い縦走です。8月の北アルプスに参加する人は足慣らしにどうぞ。スピードも含めて健脚モードのつもりです。 1045……8a=0803(木)金峰山(きんぷさん2,599m)JR中央本線 初体験の金峰山という日帰りです。標高2,360mの大弛峠からの往復ですから「お試し参加」に加えて「たまたま参加」もどうぞ。タクシー代がちょっとかかりますが。 1046……8b=0812(土)甲州・高尾山(たかおさん1,092m)JR中央本線 軽い計画です。もっとも下山地点の大善寺から天空の湯までが長いかも。 1047……8c/s=0815/16/17/18(火水木金)黒部五郎岳〜槍ヶ岳(くろべごろうだけ2,840m)北陸新幹線 北陸新幹線を利用すると、その日のうちに太郎平小屋まで上がれます。2日目は黒部五郎岳を経て三俣山荘まで、3日目は西鎌尾根から槍ヶ岳に登ります。そして4日目は上高地を経て東京へ。予備日は設けずに、状況が悪ければ三俣山荘から新穂高温泉へと下ります。これに参加される方はハード目の日帰りで足慣らしをお願いします。「雲ノ平シリーズ」のシメのつもりです。 1048……8d=0822(火)菜畑山(なばたけやま1,283m)富士急光線 ものすごいレンゲショウマの乱舞を発見したと思ったら、どうも壊滅状態に。その後の確認がひとつの目的ですが、真夏のひと汗として、秋山の二十六夜山を経て「芭蕉 月待ちの湯」へダイレクトに下る長めの縦走です。 1049……9a=0907(木)神山(箱根山)(かみやま1,438m)小田急線 箱根です。秋風の吹く箱根の山を軽く楽しみたいと思います。 1050……9b=0909(土)羅漢寺山(らかんじやま1,058m)JR中央本線 まだ未体験の方にはぜひ味わっていただきたい昇仙峡の裏表です。 1051……9c/s=0919/20/21(火水木)仙丈ヶ岳+甲斐駒ヶ岳(せんじょうがたけ3,033m)JR中央本線 2泊します。「仙丈」と「甲斐駒」を連チャンです。空が澄んでいれば、素晴らしい展望です。日本の高山は全部本州中央部に集まっていて、その360度鑑賞的展望を期待できます。 1052……9d=0926(火)大室山(おおむろやま1,588m)富士急行 西丹沢の大室山です。地味ですが、たっぷり登って、たっぷり下るという素朴な山旅を味わえます。 ■糸の会の概要(2017年度上半期。新しい変更はありません) *保険については当初計画ごとに団体保険をかけていましたが、現在では糸の会側では保険はいっさいかけていません。事故に対しては(個人行動にも適応できるよう)各自で自衛していただくことを前提にしています。……というのがこれまでの基本原則ですが、この期間の山歩きはほとんどが「ハイキング」の範疇かと思います。新しい参加者のかたが保険なしという場合もあるかと思いますが、山歩きを続けられるのであれば個人で年間のハイキング保険や山岳保険に入られることを原則とします。一般的な障害保険でも適用される範囲の行動がほとんどかとも思いますが。 *行動範囲の制限や年齢制限によって追い立てられるようにして、現在は多くの方が「レスキュー費用保険」をかけてくださっているかと思います。もっともここ数年、きちんとしたフォローができていません。山岳事故が起き、レスキュー活動が行われたとき、警察などの公的機関によって最終的に確定された費用を補填する保険ということで、明確ですが、親切ではありません。糸の会では一度も適用を受けていません。 *新しく紹介するのは「やまきふ共済会」です。この基本は救援者費用保険(500万円)で、遭難時の捜索救助費用、親族等の交通費・宿泊料、病院等への移送費、諸雑費が対象となります。 *その原因が病気、道迷い、ピッケル等を使用する冬山登山、ロッククライミングなどの山岳登攀は対象外ですが、じつは「登山計画書を送付」しておくだけで保障範囲になるという(ちょっと不思議な)ルールになっています。 *この保険の基本部分は「引受:損保ジャパン」となっていますから実際にはどこまで保障されるのか査定基準に疑問部分もありますが、年齢と登山領域に制限がないという点が画期的です。ただし自分のミスを補填する損害賠償には対応していません。 *年会費は4,000円。支払いがクレジットカードによるものに限定され、かつ毎年自動更新となっています。ネットで簡単に申し込めます。ご検討ください。 *講座料は、講師側の経費などを含めて、1日あたり5,000円としています。世の中でいう最少催行人数は、日帰りでは2人、宿泊山行の場合は3人と考えています。 *ただし割安な前払いクーポン(☆印)を用意しています。1万円で☆3個(年度内有効)。その☆印は「1個=1日分」として日帰りでも泊まりでもすべてに対応します。山への参加費用として、☆印があれば優先的に引き落としていきますのでご了承下さい。 *新しい発見写真旅「P」の参加費は半額の2,500円で、☆印クーポン使用の場合は0.5個と計算します。☆印クーポンは他の人の分にも適用できます。(企画本数が少ないのでとりあえず「0.5個」の残りは翌年度に繰り越されます(発見写真旅がいつまで実施できるかは未定ですが)。 *「☆印クーポン」は年度内(3月末日まで)有効と期限がありますのでご注意下さい。 *参加者各人の登山にかかる現地の費用は各自清算、ないし均等割り支払いが原則です。なおタクシー料金を精算する立場になった人は念のため領収書を受け取っておいてください。乗車した車が特定できますから、忘れ物などの場合、役に立つことがあります。 *原則的にキャンセルは自由と考えていただいてけっこうです(集合場所に来ない方はキャンセルとみなして探索しません)。キャンセルとなった場合は講座料を繰り越します。山小屋ではなく旅館を利用するものについては旅行代理店に手配を頼むことがあります。その場合は通常のパッケージツアーと同じく、キャンセル料金が発生する場合がありますが、その場合はお知らせします。 *講座料や写真代金の振込のために糸の会では「通常払込料金加入者負担」という郵便振替用紙を用意していますが、これは料金を差し引かれて届くというだけのこと。郵便局備え付けの用紙で振り込んで下さる場合には、料金(1万円以下=100円、10万円以下=150円)を差し引いた金額をお送り下さい。気がつけば、こちらでも処理します。また電信で振り込んでいただく方がときおりいますが、急ぐ必要はありません。管理の都合上、通常の振込でお願いします。 *また残金が▲(マイナス)になることがありますが、あくまでも当方のデータ記入を一括処理したいために生じる前後逆転ですので、気を悪くなさらずに。次の振込機会に帳尻を合わせていただければけっこうです。会計記録は原則として山行計画書や写真の送付時に同封しますのでご確認ください(かなりの計算ミスが発生しています。監視の目を怠らないように……)。残金処理に関してはいつでも全データをプリントアウトすることができますし、返金できますのでお知らせ下さい。

★トップページに戻ります