皆さんへのお知らせ

*次回からはトップページで暗証番号を入れずにロゴマークをクリックしてみてください


★メール保存分はこちら


★計画 & 参加予定はこちら


★メールのやりとりはこちら

▲インデックス・ページへ


■2017.3.26——永田 幸子さんから「筑波山」
■2017.3.25——齊藤 紀久子さんから「筑波山」
■2017.3.24——川本 裕香さんから「参加申し込み」
■2017.3.22——林 智子さんから「欠席届」
■2017.3.20——矢野 博子さんから「明日の往路」
■2017.3.18——小松 恒彦さんから
■2017.3.18——中村 泰子さんから「金剛山の件」
■2017.3.17——浜 房子さんから「Re: 上半期の件」
■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション、続き 山咲野の香」
■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション 山咲野の香」
■2017.3.15——若井 康彦さんから「2017上半期山行予定について」
■2017.3.15——浜 房子さんから「2017年上期 申込み」
■2017.3.15——藤原 由香里さんから「参加予定」
■2017.3.15——【コーチ】から「☆印のプレゼントに関して」
■2017.3.15——山咲 野の香さんから「丸山写真 山咲野の香です」
■2017.3.14——小林 美子さんから「幕山の写真を送ります。小林美子」
■2017.3.14——山咲 野の香さんから「幕山写真 山咲野の香です」
■2017.3.13——大森 富子さんから「参加の件」
■2017.3.12——山咲 野の香さんから「大岳山写真キャプション 山■2017.3.12——矢野 博子さんから「Re: 三峰山の写真」
■2017.3.10——藤原 由香里さんから「本社ケ丸」
■2017.3.9——小林 美子さんから「Re:上高地の写真」
■2017.3.8——土屋 千鶴子さんから
■2017.3.8——中村 泰子さんから「金剛山の件」
■2017.3.8——川島 登美枝さんから「金剛山不参加」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「22日、上高地」
■2017.3.8——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
■2017.3.8——小林 美子さんから「先に送った5枚のコメントです」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真を送ります」
■2017.3.5——矢野 博子さんから「幕山写真」
■2017.3.5——永田 幸子さんから「欠席の連絡」
■2017.3.5——戸田 美佳さんから
■2017.3.3——矢野 博子さんから「次年度計画参加予定」
■2017.3.3——櫻田 英治さんから「間違い修正のお願い」
■2017.3.2——稲葉 和平さんから「Re: 三峰山写真についてお願い」
■2017.2.28——川本 裕香さんから「明日の丸山」
■2017.2.27——西野谷 澄江さんから「山行き」
■2017.2.27——伊藤 義子さんから「保険の件」
■2017.2.27——稲田 郁子さんから「明日参加」
■2017.2.27——林 智子さんから「欠席届。」
■2017.2.27——福沢 和子さんから「丸山に参加」
■2017.2.26——「大霧山写真 キャプション 山咲野の香です」
■2017.2.26——宮本 幸江さんから「幕山」
■2017.2.25——稲葉 和平さんから「3/1 丸山、参加します」
■2017.2.25——「雪の上高地、有難うございました。小林美子」
■2017.2.24——徳山 由美子さんから「参加予定の変更です」
■2017.2.23——齊藤 紀久子さんから「丸山」
■2017.2.23——稲葉 和平さんから「三十槌の氷柱の写真とコメント」■2017.2.23——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その5」
■2017.2.23——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その4」
■2017.2.22——三浦 陽子さんから「3月の参加予定」
■2017.2.21——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その3」
■2017.2.21——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その2」
■2017.2.21——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その1」
■2017.2.18——若井 康彦さんから「上高地」
■2017.2.15——川本 裕香さんから「参加申し込み」
■2017.2.14——矢野 博子さんから「三峰山 写真」
■2017.2.13——箭内 和子さんから「2C 上高地の件」
■2017.2.13——岡田 恭子さんから「MSR」
■2017.2.13——伊藤 義子さんから「糸の会参加の件」
■2017.2.11——稲葉 和平さんから「明日、三峰口で合流します」
■2017.2.10——稲葉 和平さんから「明日、2/11(土)三峰山、参加します」
■2017.2.9——藤原 由香里さんから「元清澄山 4」
■2017.2.9——藤原 由香里さんから「元清澄山 3」
■2017.2.9——藤原 由香里さんから「11日参加したいです」
■2017.2.9——山本 良彦さんから「予定の変更」
■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香」3
■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香」2
■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香」
■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香です」
■2017.2.7——矢野 博子さんから「計画変更など」
■2017.2.6——矢野 博子さんから「元清澄山写真」
■2017.2.6——永田 幸子さんから「三峰山」
■2017.2.6——林 智子さんから「変更願い」
■2017.2.5——齊藤 紀久子さんから「参加変更」
■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山 2」
■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山 1」
■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山」その2
■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山」
■2017.2.1——「大霧山写真 山咲野の香」その3
■2017.2.1——「大霧山写真 山咲野の香」その2
■2017.2.1——「大霧山写真 山咲野の香です」
■2017.2.1——矢野 博子さんから「Fw: 高尾山写真」
■2017.2.1——福沢 和子さんから「福沢です。元清澄山に参加します」
■2017.1.31——大森 富子さんから「元清澄山キャンセル」
■2017.1.31——矢野 博子さんから「高尾山の写真」
■2017.1.29——「大岳山のキャプションです。小林美子」
■2017.1.29——「大岳山の写真です。小林美子」
■2017.1.29——「大岳山の写真を送ります。小林美子」
■2017.1.27——矢野 博子さんから「大岳山写真」
■2017.1.26——櫻田 英治さんから「2月の参加予定変更について」
■2017.1.26——矢野 博子さんから「カメラの設定の変更」
■2017.1.25——「土屋千鶴子です」
■2017.1.25——三浦 陽子さんから「大岳山写真」
■2017.1.23——市村 やいこさんから「大岳山」
■2017.1.23——稲葉 和平さんから「1d 大岳山、参加」
■2017.1.23——「大岳山参加のお願い 山咲野の香です」
■2017.1.23——林 智子さんから「欠席届」
■2017.1.20——徳山 由美子さんから「2 月の参加予定の変更」
■2017.1.20——酒井 みちこさんから「参加申し込み」
■2017.1.19——佐藤 時子さんから「大岳山」
■2017.1.18——「御礼、訂正、申し込み、山咲野の香です」
■2017.1.17——【コーチ】から「2c上高地は明神池泊まりに」
■2017.1.14——矢野 博子さんから「Re: 岩山の写真」
■2017.1.13——「大霧山参加のお願い 山咲野の香です」
■2017.1.10——中村 泰子さんから「大霧山の件」
■2017.1.10——大森 富子さんから「参加申し込み」
■2017.1.9——矢野 博子さんから「Re: 岩山の写真」
■2017.1.9——岡田 恭子さんから「大霧山」
■2017.1.9——矢野 博子さんから「岩山の写真」
■2017.1.8——矢野 博子さんから「高尾山写真」
■2017.1.8——若井 康彦さんから「謹賀新年⛩」
■2017.1.7——徳山 由美子さんから「大霧山の参加申し込み」
■2017.1.3——川本 裕香さんから「参加申し込み」
■2017.1.3——矢野 博子さんから「計画変更」
■2016.12.30——佐藤 時子さんから「岩殿山 参加」
■2016.12.29——山本 良彦さんから「予定変更について」
■2016.12.26——永田 幸子さんから「高尾山」
■2016.12.26——箭内 和子さんから「ご無沙汰しています」
■2016.12.25——大森 富子さんから「山行変更他」
■2016.12.24——櫻田 英治さんから「瑞牆山で途中引き返して想う」
■2016.12.24——佐藤 時子さんから
■2016.12.24——川本 裕香さんから「参加申し込み」
■2016.12.24——中村 泰子さんから「高尾山の件」
■2016.12.23——岡田 恭子さんから「3月の金剛山」
■2016.12.21——稲葉 和平さんから「予定変更」
■2016.12.20——稲田 郁子さんから「1月4日不参加」
■2016.12.20——川島 登美枝さんから「高尾山参加」
■2016.12.19——宮崎 智子さんから「糸の会入会について」
■2016.12.15——「おはようございます。小林美子」
■2016.12.13——矢野 博子さんから「岩山写真」
■2016.12.11——「土屋 千鶴子です」
■2016.12.11——【コーチ】から「提案・写真の送り方」
■2016.12.11——矢野 博子さんから「九鬼山キャプション」
■2016.12.10——矢野 博子さんから「九鬼山写真」
■2016.12.8——若井 康彦さんから「『岩山』レポート写真」
■2016.12.7——浜 房子さんから「1月ー3 月予定」
■2016.12.7——徳山 由美子さんから「武甲山不参加の件」
■2016.12.7——大森 富子さんから「武甲山参加します」
■2016.12.7——宮崎 智子さんから「Re: 武甲山ハイキングの問い合わせ」
■2016.12.6——「変更のお知らせ、小林美子」
■2016.12.6——山本 良彦さんから「武甲山参加します」
■2016.12.5——若井 康彦さんから「岩山328.2m、日没直前の頂上」
■2016.12.4——岡田 恭子さんから
■2016.12.3——宮崎 智子さんから「武甲山ハイキングの問い合わせ」
■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その5」
■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その4」
■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その3」
■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その2」
■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その1」■2016.12.3——矢野 博子さんから「予定変更など」
■2016.11.30——「藤原です」
■2016.11.30——矢野 博子さんから「明日の集合場所」
■2016.11.30——林 智子さんから「欠席届」
■2016.11.30——櫻田 英治さんから「北千住駅乗車の連絡」
■2016.11.28——若井 康彦さんから「Re: 糸の会、ご紹介いただきました」
■2016.11.27——若井 康彦さんから「Re: 糸の会、ご紹介いただきました」
■2016.11.27——稲田 郁子さんから「写真おくります」
■2016.11.25——川島 登美枝さんから「岩山欠席」
■2016.11.24——小林 美子さんから「高峰高原のキャプションを送ります」
■2016.11.24——若井 康彦さんから
■2016.11.18——藤原 由香里さんから
■2016.11.17——酒井 みちこさんから「参加申し込み」
■2016.11.15——矢野 博子さんから「新人の確認」
■2016.11.13——中村泰子さんから「奥久慈男体山の件」
■2016.11.9——山本良彦さんから「鍋割山参加します」
■2016.11.8——矢野博子さんから「またしても 新人紹介」
■2016.11.8——稲田郁子さんから「11c参加 」
■2016.10.29——矢野博子さんから「瑞牆山 写真」
■2016.10.28——コーチから「音信不通状態脱出。ご迷惑をおかけしました」
■2016.10.26——小林 美子さんから「高峰高原の写真をおくります」
■2016.10.24——川本 裕香さんから「宮崎さん住所」
■2016.10.22——矢野 博子さんから「お試し会員」
■2016.10.22——櫻田 英治さんから「瑞牆山参加します」
■2016.10.22——川本 裕香さんから「お試し参加」
■2016.10.20——川島 登美枝さんから「瑞牆山参加します」
▲インデックス・ページへ


■2017.3.26——永田 幸子さんから「筑波山」
おはようございます。
奈良ではお世話になりました。
素晴らしい夜景と翌朝の感動的なお炊き上げ。
忘れられない思い出になりました。

筑波山、用事ができましたので欠席させていただきます。
よろしくお願いします。

      永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.25——齊藤 紀久子さんから「筑波山」
 伊藤コーチ殿

先日の二上山〜葛城山では、大変ご迷惑をおかけしまして申し訳
ございませんでした。おかげ様ですっかり?快復しました。

みなさま、お世話になりまして有難うございました。

ところで最近、☆印を振り込んだ折に「3/28筑波山参加」と書き込んだ
つもりですが・・・・・・?

もう 「齊藤さん」はお断り! でしょうか。

近頃年のせいか僻みっぽくなった、 さいとうきくこ
▲インデックス・ページへ


■2017.3.24——川本 裕香さんから「参加申し込み」
4月からの申し込みよろしくお願いします。

5b 5/13(土)
7b 7/8(土)
9b 9/9(土)

なかなか日程が合いませんが、他で行けそうな日に申し込みメールします。

どうぞよろしくお願いします。
川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.3.22——林 智子さんから「欠席届」
伊藤コーチどの

 28日の筑波山を欠席したいので
 よろしくお願いいたします。
 急用ができました。
林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.20——矢野 博子さんから「明日の往路」
伊藤コーチさま
今更 という感じがしなくもないのですが 明日の金剛山 新幹線 自由席で 東京から乗ります。矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.18——小松 恒彦さんから
伊藤コーチ様
3d筑波山に参加しますのでよろしくお願いします。
流山おおたかの森から乗車します。
 小松恒彦
▲インデックス・ページへ


■2017.3.18——中村 泰子さんから「金剛山の件」
伊藤様

インフルエンザにかかってしまいました。
とても残念ですが、金剛山、不参加でお願いいたします。

中村 泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.17——浜 房子さんから「Re: 上半期の件」
伊藤コーチ様

参加者メンバーへのアップ有難うございます。
急ぎのご連絡以外、糸の会へのご連絡はこのniftyメールに
させて頂きます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


▲インデックス・ページへ


■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション、続き 山咲野の香」
11:08. まん中で、吠えてるんです。飼い主らしきおばあちゃんにいさめられて、すぐにおとなしく。
11:11. あら、狛犬風。
11:12. よく見れば屋根にまたがって、シャチホコ風。人間観察の定位置に違いない。
11:13. 武甲山に見守なれながら、針金に鎖で畑を右往左往できます。名前はポチに決まってますよね。
11:16. 右端の青屋根の無人販売ケースで、切り干し大根やら干し柿を購入。干し柿は後でEさん差し入れの高級市田柿と比べられてしまう憂き目に…
11:45. 想定外の残雪。
12:30. 落ち葉道をタラタラと登ります。
12:37. 梢の間から両神山のギザギザだけが浮かんで見えました。
13:08. 山頂展望台から。曇りがちで望み薄だったけど、思いの外ぐるりと展望できました。右手に武甲山。
13:08. 武甲山と右手奥、両神山のギザギザ。
13:22. 糸の会恒例パフォーマンス、アレンジ版。頭の血の巡りがよくなると、万事肯定感が増しますね!図に乗って空中散歩。
13:29. 展望台横広場。寝っころがり斜面現場。この常識的風景を一変させるには、イチオシのスタイルです。
13:49. 県民の森広場から堂平山が見えました。手前の林間でオオマシコ狙いのバードウォッチャー達がいました。なぜかおじさんばかり。ネットで調べると鮮やかな紅色。枯れた梢に現れたら、大興奮間違いなしでしょう。
14:14. 金昌寺まで、時折深い落ち葉をラッセルしながら、ゆるく長い下りを堪能しました。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション 山咲野の香」
よろしくお願い致します。
10:46. 果樹園の間を登って行きます。道標のカワセミ、たくさんいるのですが、リアルでもなくポップでもなく、失礼ながらキモイ系。ちょっと手を加えればすごくかわいくなると思うおせっかい…
10:48. 何を撮ったかと言えば
中央に腰をかがめたヒロインです。この果樹園はいつ通ってもひと気がないという印象…四半世紀前に母とイチゴ狩りに来た時、出会ったおばあさんにヒゲがはえていたのが忘れられません。
11:02. 果樹園をぬけて、せいせいと武甲山。石灰岩の産出量は莫大で今も現役。武甲山は高度成長期、都心部のビルに化けたり、こんにゃくの凝固剤にもなったという。自宅が鉄筋コンクリなので、もしかして武甲山でできている?ばかりか、こんにゃくとして武甲山を食べていたかも!と思うと、ありがたいやら申し訳ないやらの心境です。
武甲山の歴史をネットで見ていたら、「武甲山の開発をめぐる地域住民の対応」というテーマの卒論がありました。反対運動が起きなかった事例として、高尾山開発等と比較されているようです。後日きちんと読んでみたいと思いますました。
11:07. 早春の使者は、一見控えめ素朴をよそおう反面、陽光のもと白昼堂々とスターの輝きを放っているのです。
オオイヌノフグリ。
つづく
a href="#top">▲インデックス・ページへ



■2017.3.15——若井 康彦さんから「2017上半期山行予定について」
伊藤様、お世話になります。
2017上半期山行予定、以下、参加(予定)でお願いします。

4c=0418/19(火水)飛龍山(ひりゅうさん2,077m)
5c=0516/17(火水)佐渡(金北山)(さど1,172m)
6a=0601(木)吾妻耶山(あづまやさん1,341m)
7c=0718/19(火水)白山(はくさん2,702m)
7d=0725(火)雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま1,870m)
8c/s=0815/16/17/18(火水木金)黒部五郎岳〜槍ヶ岳(くろべごろうだけ2,840m)
9d=0926(火)大室山(おおむろやま1,588m)

今年度もよろしく。
                 若井康彦
▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——浜 房子さんから「2017年上期 申込み」
伊藤コーチ様

浜です。
12日にdocomoのメールにこのメールを送りましたが、
どうも届いてないようなので、再度niftyのメールに
送らせて頂きます。

先日の本社ヶ丸では大変お世話になりました。
あんなに滑りやすくて怖い急な下りを体験したのは
初めてでした。あまり有名な山でないので、登山道の整備が
きちんとできてないからでしょうか。

今日、2017年上期分として2万円送金いたしました。
4a 桜山、5c佐渡、6b榛名富士、7c白山 〇 でお願いします。

8月以降に関しては、また改めて申込みます。
どうぞ宜しくお願い致します。


▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——藤原 由香里さんから「参加予定」
糸の会の参加予定を送ります。4a 6a 7a 8a 9a です。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——【コーチ】から「☆印のプレゼントに関して」
【コーチから】
*糸の会では現在、お試し参加の方がいる場合、どなたかの☆印を使っていただくことができるようになっています。そしてまた、昨年度の3月あたりから年度末の☆印を会員間で融通し合うことも、そういう申し出をいただけばOKということにしてきました。
*基本的に、☆印が残っても私にトクというふうには思いません。残りの☆印を気にして参加をセーブする方がいるよりは、☆印を融通しあって積極的に参加していただいたほうがいいと考えます。また以前から、年度末に3個以上残っている場合には予定通りに山に行けなかったなんらかの事情があったと考え、現金として次年度に繰り越すようにしてきました。
*それでも、そういう☆印のやりくりのため、早くから「残りの星数」を気にされている方がまだいらっしゃると感じています。
*ただ、☆印のやりとりにはお金の扱いと同様の慎重さが必要なところから、積極的に呼びかけることはしてきませんでした。
*そこで今回、こういうふうにルールを決めたいと思います。☆印クーポンは会員間、あるいは会員から外部参加者に対して自由に「プレゼント」できます。その場合「誰々に何個プレゼント」というメールをください(そのメールは原則的に非公開としますので独立したかたちでお願いします)。こちらではそのメールの指示に従うというかたちにさせていただきます。☆印クーポンを無駄に残してはもったいないという場合、できるだけ有効に使っていただきたいと思います。(年度末で残った☆印クーポンが無効になるという大原則は変わりません)
▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——山咲 野の香さんから「丸山写真 山咲野の香です」
踵骨折から半年、幕山と丸山の連日参加により、おかげさまでほぼ完治を確認できました。写真、よろしくお願い致します。

*以下連続的に受信
(2)
IMG_1590.JPG
IMG_1593.JPG
IMG_1596.JPG

(3)
IMG_1597.JPG
IMG_1599.JPG
IMG_1602.JPG

(4)
IMG_1604.JPG
IMG_1607.JPG
IMG_1609.JPG

(5)
IMG_1610.JPG
IMG_1613.JPG
IMG_1616.JPG

(6)
IMG_1610.JPG
IMG_1613.JPG
IMG_1616.JPG

(7)
IMG_1618.JPG
IMG_1619.JPG
IMG_1621.JPG

(8)
丸山写真 最後です
IMG_1624.JPG
IMG_1625.JPG
IMG_1629.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.14——小林 美子さんから「幕山の写真を送ります。小林美子」
13:18……幕山山頂
真鶴岬がかすんで見えます
高くない山だけど、上からみる海はいいですね。
DSC_0260.JPG

*以下連続的に受信
(2)
14:08……幕山公園に着きました。上の方から見た梅林です。ほんのり梅の香りが、漂ってました。
DSC_0262.JPG

(3)
14:20……しだれ梅
ここだけ、違った雰囲気です。花の色も少し青っぽい感じがしました。
DSC_0264.JPG

(4)
14:23……やはり紅梅は華やかでした。
今が見頃と駅の案内にもでていたが、観光客も大勢います。
お店も出ていて
花よりだんごでした。

4枚おくりました。
予定変更です。
3D 筑波山◯→×にお願いします。
DSC_0265.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.14——山咲 野の香さんから「幕山写真 山咲野の香です」
幕山写真、ぼちぼち送信、よろしくお願い致します。


*以下連続的に受信
(2)
IMG_1509.JPG
IMG_1515.JPG
IMG_1516.JPG

(3)
IMG_1517.JPG
IMG_1519.JPG
IMG_1521.JPG

(4)
IMG_1529.JPG
IMG_1536.JPG
IMG_1546.JPG

(5)
IMG_1550.JPG
IMG_1568.JPG
IMG_1573.JPG

(6)
IMG_1574.JPG
IMG_1579.JPG

(7)
幕山写真キャプション 山咲野の香です
10:41. 先発ウォーミングアップ付きの組だった私は、村社 五郎神社はトイレだけ。階段上の樹齢850年?のご神木を見そびれました。これは鳥居外のクスノキの巨木。十分な迫力です。頼朝の戦勝祈願も見たでしょうか。道すがら神社裏手にもたくさんの巨木がありました。
12:10 真鶴半島三部作、その1。真鶴半島の名付け親はどよくらい上から見たのでしょう。クチバシは見えないけど、なるほど鶴の頭の感じはあります。
12:58. この立て札がなければ完全スルーと思われました。この手の伝説もスルーが多いのですが、なぜか看過できず。自害水では悲惨だけど自鑑水のエピソードならマルです。
12:58. どう見ても水たまりと思ったら、やはり湧き水ではなく雨水がたまっただけで、晴天が続くと干上がってしまうそうです。
13:17. 真鶴半島三部作、その2。一番大きく見えたでしょうか。真鶴半島、美しい名です。ただこの角度ではヘビの頭っぽいかな。
13:52. 真鶴半島三部作、その3。山頂から真鶴半島撮影会。最後に行ったのは10年以上前。海岸線と原生林と中川一政美術館。町中を知りません。次回はちょっと町歩きもしてみたい。
14:08. 梅林最高地点に下りてきました。とたんに梅の香が迫ってきました。
14:12. かたい蕾に見送られて。
14:15. 梅林の間から岩登りの人影が。一番手前はコーチ。うまく撮れましたか?
14:17. ここに来て青空も。やはり緑の斜面がバックだと映えます。
つづく

(8)
幕山写真キャプション続き
14:28. 紅白入り交じり三部作、その1。白と濃淡の紅の素直な枝ぶりと林立が美しい。
14:36. 幕山全貌。梅4000本。今年はどこもが早いと聞いていたが、やはりピークは過ぎていたようです。
中央の立派な岩、クライミング禁止になったとか。
14:37. 入り交じり三部作、その2。同じ木に紅白の枝が入り交じり。輪違いという咲き分けの品種とか。どちらを植えるか迷ったら、これですね。
14:39. その3。ひとつだけ一輪のなかで咲き分けていました。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.13——大森 富子さんから「参加の件」
伊藤コーチ殿
 3c△→○
 「ひかり463号」に乗車します。
 3d→○
 よろしくお願い致します。
 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.12——山咲 野の香さんから「大岳山写真キャプション 山咲野の香です」
大岳山写真、追加ありがとうございます。キャプションもよろしくお願い致します。
71. ようやく登山口。ひときわ目をひく巨木。伏し目がちに歩く彼女が抜き出てきた木の精みたいに見えませんか。
72. 大滝、滝壺。完全結氷ではなく、程よい水流もありました。久々に見る凍れる滝、期待に違わず美しい。
73. 大滝上部、氷の縁取りはアールデコ。拡大して写したからといって、より伝わるかといえば、そうでもない好例。がっかり。
74. 撮影者が入ることで、臨場感アップ。滝の音まで蘇るようです。
75. 振り向くと、空の青を写したか、木立の向こうの山がより濃くより深い青に染まっていました。
76. 梢の紗の向こうには富士が見えています。予想外のタイミングとアレンジで発見した富士。ハイテンションになりました。
77. 山頂から、深い里と山なみの向こうに富士山。この仰角がぐっときました。この写真ではわかりませんが、逆光の富士の色もなかなかよかったのです。
78. 富士と共に丹沢方面の山なみも美しく見えました。悪路を登ってきたかいがありました。なぜか山頂でのハイライトはすっかり「ユキズリビト」だったのですが。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.12——矢野 博子さんから「Re: 三峰山の写真」
伊藤コーチさま
三峰山の写真 拝見しました。
迫力あるつららの写真に圧倒されました。
所で 3月3日送信したメールに新年度の参加予定を載せましたが HPに反映されてないようです。ご確認お願い致します。矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.10——藤原 由香里さんから「本社ケ丸」
伊藤先生さま

お世話になります。
本社ケ丸に行けないのに、行程表だけ欲しいと言う勝手な申し出を心よく受け入れてくださり、ありがとうござましたm(_ _)m

明日はやはり参加出来ないのですが、行程表を見て、地図を見て、にやにや、ウズウズしています。ここへは1人では行けなさそうです(^_^;)
ちなみに、昨日は千葉の山(御殿山-大日山)へ行ってきました。

来月の桜山、今からワクワクと楽しみにしています。よろしくお願いいたしますm(_ _)m


藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.3.9——小林 美子さんから「Re:上高地の写真」
有難うございました。
確認しました。間違いありません。
お手数かけました。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——土屋 千鶴子さんから
伊藤コーチ様
本日、3C計画書受け取りました有難うございます(いつもより相当早いので驚いてます)
以下の通り変更をお願いいたします。3C△→× 3d△→〇
「今年度会計」から12dの分が☆印クーポンから引かれていないようですのでご確認ください。
よろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——中村 泰子さんから「金剛山の件」
いつもお世話になっております。
金剛山の計画書、ありがとうございました。
参加いたしますので、よろしくお願い致します。

新横浜からひかりに乗りますので、なんとか生駒山上までに合流したい
とおもっております。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——川島 登美枝さんから「金剛山不参加」
お世話になっています。
はずせない用事の為、3Cの金剛山不参加にしてください。
川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
11:23……夏でも、めだたないので、通りすごしてしまいそうなウェストン碑
雪に、埋もれたウェストン碑をみつけました。
ちょっと探しました。DSC_0252.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
10:31……梓川の右岸は
この様に、誰も歩いていません。足跡のない雪道を歩くのはとても気持ちのいいものでした。DSC_0248.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
10:17……反対側は焼岳
焼岳も立派です。DSC_0247.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
小林 美子 10:15……誰も、いないかっぱ橋です。DSC_0242.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
10:04……昨日は見えなかったけど
かっぱ橋から
今日は、素晴らしい穂高の山並みが、白くクッキリと見えました。
来た甲斐があります。DSC_0238.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
9:35……動物と会ったのは、この猿一匹だけだったがこの猿、私達を、意識しながら無視している態度
ちょっと、憎らしい猿、DSC_0229.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
明神池の氷の上に咲いた
氷の花
小屋を出発して、もう一度明神池に寄ったら、池の表面にきれいな花が、咲いている様でした。 DSC_0222.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
6:31……ここでは、つららなんて珍しくもないでしょうが、私達には珍しい
小屋のけむりと明神岳が
朝日に照らされて美しいDSC_0216.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
モルゲンロート
朝日が明神岳の山頂の色を変えていました。
おもわず・・・きれい〜〜DSC_0212.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「22日、上高地」
6:27……明るくなってきました。
やさしい、お月様です。

DSC_0210.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
伝言文
   伊藤幸司さま
   
   幕山と丸山の写真とコメントを送ります。
   よろしくお願いします。
   
   稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「先に送った5枚のコメントです」
21日
9:22……観音
電車の窓から
韮崎平和観音。55才
16・6メートル
近くではかなり大きいでしょうね。

14:37……雪景色
写真を見たらただの雪景色
雪で埋もれた帝国ホテルです。よくみると屋根が、
確認できます。

15:02……つららの屋根
バスターミナル
冬季トイレの所から
ひっそりとした、バスターミナルでした。

17:33……ランプ
電気・水なし
ランプの灯りがきれいだった。

19:19……豆炭
豆炭のあんかを用意してくれた、各自これを抱えて部屋へ……
部屋には、豆炭こたつ、石油ストーブ、灯りはこたつの上にポツンと1つ(引き上げると灯りがともる)
あるだけだった。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
又 時間の表示がおかしく
なってしまいましたので
これから、1枚ずつコメントをつけて送っても良いでしょうか?送った前の5枚は後でコメントと正しい時間を送ります。それから
又、色が変になってしまいました。

21日
17:18……山のひだやに着いてお迎えサービスのコーヒーを飲んで、裏の明神池へ・・評判のコーヒーにしては?と思ったけど
朝の頼んだ800円のコーヒーは美味しかった。
でも、朝のコーヒーを飲まなかったら、昨日のコーヒーがあれが美味しい?の
まま、おわったかも・・DSC_0188.JPG

【コーチ】から
*写真ありがとうございます。文面の最後に並んでいるファイルネームのところ、実際には写真が出ています。
*ここまで5点受け取っていますが、「DSC_0160.JPG」と「DSC_0205.JPG」の2点は撮影時刻が表示されています。他の3点はそれが消えています。上記の2点はサイズから見てオリジナル画像だと思いますが、他の3点はサイズを小さくしています。そのときに撮影データが消されたのだと考えられます。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
DSC_0204.JPGDSC_0205.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真を送ります」
21日は寒くて、厚い手袋を、はずせなくて写真が、少なかったのですが、送ります。22日は、風もなく暖かく、かっぱ橋ではたくさんの写真をとりました。

DSC_0160.JPGDSC_0174.JPGDSC_0177.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.5——矢野 博子さんから「幕山写真」
伊藤コーチさま
3月の声と共に 春らしくなってきました。
幕山の写真 送ります。
宜しくお願いします。
92: 10:27 今日の出発地点の五郎神社まで バス停から 300mのはずだったけど ハプニング発生し 体力の余っているメンバーの半数は ここまで 30分 ゴール地点から準備運動を兼ねて下ってきた。たまには こんな事もあるでしょう。
96:10:50 民家の脇の急坂を登り 一息ついて 振り返ると 眼下には 湯河原の町と 遠くには 平な初島が 霞んで浮かんでいた。
00:12:49 背丈より高い笹が 両脇を固めていた。2〜3年前にここを 訪れたが こんなに笹が 生い茂っていなかった気がする。
03:13:49 幕山山頂より真鶴半島が 少し霞みがかっているが 良く見えた。 春の海だ。
06:14:07 暫く下って行くと 現れた梅林。 今までとは違った 別の世界が 眼下に広がっている。梅の香りがそこはかとなく漂ってくる。
08:14:08 斜面一杯に 白やらピンクの梅が咲き誇っている。しばし ベンチに腰を掛け  時を忘れた。
14:14:14 かなりボケた写真だが 梅林の脇にある岩では ロッククライミングをしている数人がいた。あの人たちは 梅を眺める余裕はないのでしょうけど。
22:14:24 白い花が 多い中で 赤い梅は 際立っていた。 青空に映える。
23:14:26 一本の木に色の違う花がついていて それはそれできれいだった。何枚も梅の花の写真をアップで撮ったが 中々 気に入った写真は 撮れなかった。
30:14:52 帰りのバス停に向かっていく途中の桜。桜は やはり 優美で豪華な花だ。

なお 3d 筑波山 〇→✖ に変更です。 矢野博子
IMG_5192 (3).jpgIMG_5196 (2).jpgIMG_5200 (2).jpgIMG_5203 (2).jpgIMG_5206 (2).jpgIMG_5208 (2).jpgIMG_5214 (3).jpgIMG_5222.JPGIMG_5223 (3).jpgIMG_5230 (3).jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.3.5——永田 幸子さんから「欠席の連絡」
こんばんわ。
3b本社ケ丸、用事が出来ましたので欠席させていただきます。
よろしくお願いします。

        永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.5——戸田 美佳さんから
こんにちは、戸田です、4月18、19日参加します。よろしくお願いいたします。振り込みは4月にはいてからの方がいいでしょうか?
▲インデックス・ページへ


■2017.3.3——矢野 博子さんから「次年度計画参加予定」
伊藤コーチさま
幕山では お世話になりました。
梅の香りに酔いました。

次年度の参加希望です。
4a、4d,5a,5d,6a,6d,7a,8d,9a,9d・・・・・・〇
7c、7d・・・・・△ 
宜しくお願いします。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.3——櫻田 英治さんから「間違い修正のお願い」
4月の参加申込みは8日ミツバ岳は間違いで、6日桜山の参加に修正願います。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.2——稲葉 和平さんから「Re: 三峰山写真についてお願い」
伊藤幸司さま

前回お送りした写真の私のPC上のデータ作成日付は2017/2/11です。
4491の画像の日付の情報を記すと、下記の通りです。
①原画像の作成日時: 2017/2/11 10:12:08
②デジタルデータの作成日時: 2017/2/11 10:12:08
③ファイル変更日時: 2017/2/22 18:19:38
④ファイル日付: 2017/2/11 10:12:08

ファイル変更日時は、画像を選択してから送信用フォルダーにEXPORTする際に画像サイズを1600×1200に縮小(変更)した日付です。
コーチのソフトでこれらの日付情報を取ることはできませんか?。今後のこともありますのでご確認ください。

駄目であるなら「時・分」の情報を別途お送りしますのでお知らせください。

稲葉拝


2017年3月2日 10:44 ito koji :
稲葉 和平さま

*昨日、一昨日とお疲れ様でした。

*メールしたのは三峰山の写真に関してです。
*いま作業を始めたのですが、じつは撮影時刻が改変されています。2月22日の夜から深夜にかけての作業時刻に書き換えられているようです。
*お手数ですが、写真を再送していただくか、撮影時刻だけでもお送りいただけたいと思います。

*お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。
*当方、まだバタバタしているので特別急いで頂く必要はありませんが。

2017.3.2 伊藤 幸司

(1)4691・・・三峰口駅前のお店の看板、見るたびに食欲をそそられるけど、なかなか入る機会がない
(2)4492・・・ほぼ真西からみた武甲山。北側の無残な姿とは違い、緑豊かな山のように見える
(3)4494・・・大輪は甲斐と武蔵を結ぶ秩父往還の途中の、三峰神社の表参道への宿場だったという歴史を感じさせる。昔は銅と生糸の産地として経済的にも重要な位置を占めた秩父大宮にも近い
(4)4495・・・お店と鳥居と電柱のそれぞれがあまりにも無神経な気がするが・・・
(5)4497・・・道端の石像にしては威厳のある顔つき
(6)4499・・・もう少し雪があると思っていたが、この分ならアイゼンは不要かもという予感はした
(7)4505・・・お店を建てたときには杉の樹との共生が売りだったのだろう
(8)4511・・・昭和16年の弐千円は日本銀行の「企業物価戦前基準指数」をベースに単純計算すると現在の80万円くらい?。ちょっと感覚的に合わない。計算が間違っているのかも・・・
(9)4516・・・それほど寒さは感じなかったが滝は凍っていた
(10)4519・・・歩き始めて30分くらい、この滝で一休み
(11)4521・・・三十槌の氷柱が今日のテーマだが、この氷柱でも十分に美しい
(12)4535・・・うっすらと被った雪が景観を引き立たせている
(13)4539・・・
(14)4547・・・昔から参詣の人々がこの滝で旅の疲れを癒したというのがよく分かる
(15)4560・・・明るい日差しの中は風さえなければまるで春のよう
(16)4589・・・三峰神社の立派な山門。雪の被った屋根が美しい
(17)4595・・・正面からみるお犬様。威厳がある
(18)4597・・・随分ときらびやかだ
(19)4599・・・頭の頂から鼻先にかけて直線的で角度があまりないことがニホンオオカミと犬との大きな違いらしい
(20)4632・・・首の太さがたくましい
(21)4634・・・左端が白岩山(1921m、埼玉県)、真ん中が雲取山(2017m、東京都)、右の凸凹が飛龍山(2069m、山梨県)
(22)4646・・・三十槌の氷柱。想像していたよりスケールが大きい。対岸の駐車場からだと真上から見ることができるようだ
(23)4648・・・随分大きいと思ったが半分は人工的に作ったものらしい。左側が自然の氷柱、右側は人工的に作った氷柱
(24)4652・・・なかなかの景観だ。ライトアップされるとまた違った趣になるに違いない
(25)4656・・・人工氷柱はダイナミックな感じもするが、自然の造形の美しさにはかなわないようだ
(26)4658・・・遠くから見ると水煙が上がっているように見える人工氷柱
(27)4659・・・きっと照明を計算に入れての造形なのだろう
(28)4662・・・繊細な鋭さが美しい
(29)4672・・・水面に映る氷柱は光線の具合で様相が変わるのだろう
(30)4674・・・アップで撮っては見たけれど、なんとなく中途半端
(31)4678・・・そっけないかもしれないけれど、個人的にはこちらの自然の氷柱の方が好きだ
(32)4679・・・人工氷柱のごてごて感も悪くはないが・・・
(33)4682・・・陽が高い時間だとまた違った世界になるのかもしれない
(34)4685・・・よく固めました!
(35)4688・・・これでもか!、という具合に凍らせたボリューム感がすごい
▲インデックス・ページへ


■2017.2.28——川本 裕香さんから「明日の丸山」
すみません、急ですが、昨日から身体の調子が良くないので、残念ですが、明日は欠席にさせてください。

3月は胃ポリープを取る手術をする予定で、当分は安静にしてくださいと医師から言われているので、また4月からよろしくお願いします

川本ゆか
▲インデックス・ページへ


■2017.2.27——西野谷 澄江さんから「山行き」
今晩は。西野谷です。明日は大船駅から乗りますのです宜しくお願いします
▲インデックス・ページへ


■2017.2.27——伊藤 義子さんから「保険の件」
伊藤 孝司様
 メール、お手紙とも届きました。ありがとうございました。
保険の件   損害保険ジャパン日本興亜株式会社
         積立傷害保険 平成32年7月25日まで

最寄駅    JR横浜駅      よろしくお願いっします。
                           伊藤 義子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.27——稲田 郁子さんから「明日参加」
伊藤コーチどの

たいへん急で申し訳ありませんが、明日の梅見の山参加したいと思いますので、
よろしくお願いします。

                       稲田郁子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.27——林 智子さんから「欠席届。」
伊藤コーチ殿

 明日 お休みさせていただきます。

 2月は思うところあって 運動を 重点的にやっていましたが 
 階段の下りで 左膝がズキン・と 痛くなりました。
 幕山は ハードではなさそうですが 安全策を取ることにします。

 フィットネスで ラテン系をやった後 ウオーキングを小刻みに
 続けてみれば どれくらいの時間 歩き続けることができるのか。
 隣を歩いている先輩<年齢が>よりは長く歩いて勝つぞ・の実験など
 時々燃えて 時々挫折してます。 

 バランス良く行動するのは 難しいですね。
 よろしくお願いいたします。


   林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.27——福沢 和子さんから「丸山に参加」
こんにちは。丸山に参加しますのでよろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.2.26——「大霧山写真 キャプション 山咲野の香です」
ご連絡ありがとうございました。お言葉に甘えて、今頃、大霧山です。よろしくお願い致します。

10. 足もとには思いの外の雪ながら、この時点では風なし、日ざしあり。不祥事のおかげで秋をロスし、4か月ぶりの参加となった私は、「イヌは喜び」みたいな心境で歩いていました。
18. まっ白に化粧した雪山ではなく、こんな風に冬木立を残した山は、無防備な素顔という印象。寒々しい空もモノトーンと協調。
23. 大霧山山頂ではいろいろな雲がありました。ぎりぎりの感じで見えた武甲山。痛々しい山容をいたわるように雲が降り注ぎ、包み込む寸前のように見えました。
以前にテレビで長年連日、武甲山の写真を撮っている人を取材していましたが、昭和20 年頃の武甲山はまるで別山。
龍が横たわるような堂々たる山塊でした。秩父夜祭は、秩父神社の女神、妙見様と武甲山の男神、龍神様の年に一度の逢瀬だそうですが、納得です。
26. 過去2回、大霧山からの眺望に恵まれずでしたが、今回はたくさんの山が見えました。幸いにも山頂では強風が止み、この低く垂れ込めた雲の下、榛名やら赤城やら、見えているようです。
36. 牧場手前。おにぎり山。
ぽかぽか、曇天、強風、風花、どんどん天気が変わり、この青空に目を奪われました。
43. 皇鈴山山頂から両神山方向。冬の稲妻と見まごう細枝が、消えかけた焦がれる山に向かって、執念で手を伸ばしているよう。
▲インデックス・ページへ


■2017.2.26——宮本 幸江さんから「幕山」
伊東コーチさま

ご無沙汰しております。
来期の計画書を送付していただきありがとうございました。
しばらく山から遠ざかっていました。
満開の梅の花と海、温泉を楽しみにして、幕山に参加したいと思います。
湯河原駅で合流しますので、よろしくお願いします。

宮本幸江
▲インデックス・ページへ


■2017.2.25——稲葉 和平さんから「3/1 丸山、参加します」
稲葉 和平 伊藤幸司さま

丸山は比較的近いところにある山なのに、なかなか行く機会がありませんでした。
3/1 丸山、参加します。(無印→〇)
よろしくお願いします。

稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.2.25——「雪の上高地、有難うございました。小林美子」
楽しかったです。
夏の上高地ではない、冬の上高地。
何時間もかけて雪の中を歩いて来ないと見られないものばかり。
雪で埋もれた帝国ホテル・
バスターミナル・ウェストン碑
かっぱ橋からの奥穂高岳
本当に素晴らしかったです
ライトも点けず歩いた、真っ暗な釜トンネルも忘れません。
有難うございました。
写真は後で送りたいと思います。
▲インデックス・ページへ


■2017.2.24——徳山 由美子さんから「参加予定の変更です」
お世話になってます
参加予定を変更しますので宜しく
お願いします

幕山  ×
丸山  ○

    徳山由美子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.23——齊藤 紀久子さんから「丸山」
 久しぶりの参加を楽しみにしていたのですが、当日都合が
つかなくなりました。
不参加です。         さいとうきくこ
▲インデックス・ページへ


■2017.2.23——稲葉 和平さんから「三十槌の氷柱の写真とコメント」
伊藤幸司 様が受信された内容です。

送信者 :稲葉 和平様(harry.inaba@gmail.com)
お預かり期間:2017年 02月 26日 11時 29分 迄

伝言文
   伊藤幸司さま
   
   三十槌の氷柱の写真とコメントをお送りしま
   す。よろしくお願いします。
   
   稲葉和平拝


(1)4691・・・三峰口駅前のお店の看板、見るたびに食欲をそそられるけど、なかなか入る機会がない
(2)4492・・・ほぼ真西からみた武甲山。北側の無残な姿とは違い、緑豊かな山のように見える
(3)4494・・・大輪は甲斐と武蔵を結ぶ秩父往還の途中の、三峰神社の表参道への宿場だったという歴史を感じさせる。昔は銅と生糸の産地として経済的にも重要な位置を占めた秩父大宮にも近い
(4)4495・・・お店と鳥居と電柱のそれぞれがあまりにも無神経な気がするが・・・
(5)4497・・・道端の石像にしては威厳のある顔つき
(6)4499・・・もう少し雪があると思っていたが、この分ならアイゼンは不要かもという予感はした
(7)4505・・・お店を建てたときには杉の樹との共生が売りだったのだろう
(8)4511・・・昭和16年の弐千円は日本銀行の「企業物価戦前基準指数」をベースに単純計算すると現在の80万円くらい?。ちょっと感覚的に合わない。計算が間違っているのかも・・・
(9)4516・・・それほど寒さは感じなかったが滝は凍っていた
(10)4519・・・歩き始めて30分くらい、この滝で一休み
(11)4521・・・三十槌の氷柱が今日のテーマだが、この氷柱でも十分に美しい
(12)4535・・・うっすらと被った雪が景観を引き立たせている
(13)4539・・・
(14)4547・・・昔から参詣の人々がこの滝で旅の疲れを癒したというのがよく分かる
(15)4560・・・明るい日差しの中は風さえなければまるで春のよう
(16)4589・・・三峰神社の立派な山門。雪の被った屋根が美しい
(17)4595・・・正面からみるお犬様。威厳がある
(18)4597・・・随分ときらびやかだ
(19)4599・・・頭の頂から鼻先にかけて直線的で角度があまりないことがニホンオオカミと犬との大きな違いらしい
(20)4632・・・首の太さがたくましい
(21)4634・・・左端が白岩山(1921m、埼玉県)、真ん中が雲取山(2017m、東京都)、右の凸凹が飛龍山(2069m、山梨県)
(22)4646・・・三十槌の氷柱。想像していたよりスケールが大きい。対岸の駐車場からだと真上から見ることができるようだ
(23)4648・・・随分大きいと思ったが半分は人工的に作ったものらしい。左側が自然の氷柱、右側は人工的に作った氷柱
(24)4652・・・なかなかの景観だ。ライトアップされるとまた違った趣になるに違いない
(25)4656・・・人工氷柱はダイナミックな感じもするが、自然の造形の美しさにはかなわないようだ
(26)4658・・・遠くから見ると水煙が上がっているように見える人工氷柱
(27)4659・・・きっと照明を計算に入れての造形なのだろう
(28)4662・・・繊細な鋭さが美しい
(29)4672・・・水面に映る氷柱は光線の具合で様相が変わるのだろう
(30)4674・・・アップで撮っては見たけれど、なんとなく中途半端
(31)4678・・・そっけないかもしれないけれど、個人的にはこちらの自然の氷柱の方が好きだ
(32)4679・・・人工氷柱のごてごて感も悪くはないが・・・
(33)4682・・・陽が高い時間だとまた違った世界になるのかもしれない
(34)4685・・・よく固めました!
(35)4688・・・これでもか!、という具合に凍らせたボリューム感がすごい
▲インデックス・ページへ


■2017.2.23——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その5」
製作途中を送信してしまいました。
再送します。

FullSizeRender.jpg
三峰神社は山の地形の中、きれいな立派な神社でした。

IMG_3776.JPG
コーヒーで一息*\(^o^)/*
このテーブルは何処の切り株⁉︎

IMG_3779.JPG
そして、三十槌の氷柱です。天然ものは繊細で上品です。

IMG_3783.JPG
軽くスケート。

IMG_3809.JPG
シメは、美味しいおそばやさんでした。楽しい時間をありがとうございました。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.23——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その4」
IMG_3799.JPG
三峰神社の狛犬たちです。表参道入り口の一体を含め、6体に会いました。

IMG_3800.JPG
それぞれ個性があります。かわいらしい感じだったり、

IMG_3801.JPG
賢そうだったり、

IMG_3802.JPG
筋肉質で強そうだったり、

IMG_3806.JPG
しっかりもののようだったり。この狛犬もかなりの筋肉質ですね〜。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.22——三浦 陽子さんから「3月の参加予定」
3月山行予定、下記の通り変更します。よろしくお願いします。
☆印クーポン(☆3コ)代振り込みました。ご確認ください。
3c△→○
3d無印→△

三浦陽子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.21——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その3」
IMG_3795.JPG
締めのツララ。滝とのコラボです。ここには鳥居や東屋があり、お昼の休憩をしました。

IMG_3796.JPG
樹齢何年の切り株でしょうか?

IMG_3775.JPG
あらぁ、うさぎの足跡かなぁ。

IMG_3797.JPG
妙法ヶ岳の山頂を横目に登ります。

IMG_3813.JPG
三峰神社の裏手から入りま〜す。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.21——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その2」
IMG_3767.JPG
おおー‼︎ 苔むした岩に、雪が砂糖菓子のようにふんわりとかぶり、細いツララがキラキラと輝いています!

IMG_3769.JPG
あー、きれいです。

IMG_3770.JPG
こんな風に途中で、二股、三股…と分かれた状態で。

IMG_3793.JPG
この登山道には、こんな風な素朴な橋が3ヶ所かかっていました。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.21——藤原 由香里さんから「三峰山表参道 その1」
伊藤先生さま。先日の写真を送ります。よろしくお願いいたします。

IMG_3763.JPG
三峰口駅にて、矢野さんと。伊藤先生に撮って頂きました。今日も楽しくなりそうだぞぉ!

IMG_3810.JPG
大輪バス停にて下車し、三峰神社の鳥居をくぐります。

FullSizeRender.jpg
くぐった先に、狛犬が。何だか、スリムで、ボクサータイプです。この日は狛犬にたくさん会いました。

IMG_3787.JPG
以前のロープウェイ乗り場だった場所。三峰山表参道、これより約2時間だそうです。

IMG_3788.JPG
登山道をしばらく行くと、天然のツララが見えました。ああ、凍っている‼︎自然現象を目の前にして、心が震えました。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.18——若井 康彦さんから「上高地」
伊藤さま、今回、よろしくお願いします。モンベル山行保険、三泊4日コース加入しました。若井
▲インデックス・ページへ


■2017.2.15——川本 裕香さんから「参加申し込み」
1月の岩殿山、ありがとうございました。楽しかったです。
山頂の甘酒とココアがgoodでした!

なかなか日程の調整がつかず、3/1丸山 参加でお願いします。

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.2.14——矢野 博子さんから「三峰山 写真」
伊藤コーチさま
三峰山では お世話になりました。
見たこともないような つららに 遭遇し ラッキーな気分になりました。
当日の写真送ります。

65: 10:28 三峰口の駅で 私たちを出迎えてくれたカワイイお姉さんは この人でした。 帰りにこの前を通った時には 何故か しまわれていました。 カワイイから盗まれてしまうのかしら。
69: 10:52 三峰神社表参道に置かれた狛犬。シャキッとした威勢のいい顔つきが 寒さをはねのけています。
70: 10:53 清らかなブルーの水に雪をうっすら被った岩が きれいだった。空気が 美味しい。
76: 11:21 先頭を行くFさん。皆に先駆けて見つけた沢山のつららに 歓声が 上がった。ここから先も心配したほど 道に雪はなく 最後まで アイゼンなしで歩けた。
77: 11:21 こんな立派なつららを見たのは初めて。予測もしてなかっただけに 特別なプレゼントもらったみたいで まさしく サプライズ。
83: 11:44 滝は しぶきが かかって来そうなくらい勢いが良かった。この滝も数日後には 凍り付くのだろうか。
88: 11:50 まさに つららの饗宴。色々な 響きが聞こえてくる。
92: 11:51 今渡ってきた橋にも 薄く雪がかかっていた。足元に注意を今まで以上に向けてゆっくり渡った。
93: 11:51 中々 迫力のあるつららもあった。
06: 13:22 三峰神社入口にある見晴台からの遠景。秩父の山並みが きれいに見えている。この道はどこに続くのだろう。
07: 13:23 ややピンボケになってしまった一枚だが 三峰神社境内。 寒さ厳しい一日だったが 若い人も含め 割と多くの参拝客が訪れていた。 
10: 13:28 立派な山門。 見事な彫刻が 施されていた。
13: 13:29 広い境内に冬の陽射しが 優しい。 暖かい室内の美味しいコーヒーで生き返った。
26: 15:21 観光スポットになっている 三十槌の氷柱。今が見ごろ ということで 多くの人が訪れていた。 評判通り 中々見応えのあるつららだった。
27: 15:21 この寒さが 続く限りこのつららは どんどん伸びて行くのだろう。 
35: 15:28 自然の成せる技。 
39: 15:31 岩がコバルトブルーの水面に迫って来ている。
46: 15:41 三十槌の氷柱の全体像は こんな感じ。 この脇に人工の氷柱が 作られていたが やはり天然のものには かなわない。夕方からは ライトアップされるとかで それを目指して多くの人が 訪れていた。 
今回の三峰山は 終わってみれば ”氷柱の饗宴”だった。

PS 藤原さんの今回 参加分 私のポイント使用してください。  矢野博子

IMG_5065.JPGIMG_5069.JPGIMG_5070.jpgIMG_5076.jpgIMG_5077.jpgIMG_5083.jpgIMG_5088.jpgIMG_5092.jpgIMG_5093.jpgIMG_5106.jpgIMG_5107.jpgIMG_5110.jpgIMG_5113.JPGIMG_5126.jpgIMG_5127.jpgIMG_5135.jpgIMG_5139.jpgIMG_5146.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.2.13——箭内 和子さんから「2C 上高地の件」
伊藤コーチへ
楽しみにしていた上高地の雪道歩き、残念ながら○から×に変更をお願いします。
93歳の母が、インフルエンザA型から肺炎を発症して、入院中です。
このような状態のまま、山歩きに出かける気分にはなれません。
申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。        郡山市  箭内和子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.13——岡田 恭子さんから「MSR」
おはようございます。
昨日 カモシカに行きました。
MSRの劣化について伺ったところ 日本にその型番の在庫があれば パーツ取り替えできるとのことでした。
型番はネットで照合してもいいし 店に持ってきてもいいとのことでした。
数百円?ですとのことです。

岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.13——伊藤 義子さんから「糸の会参加の件」
伊藤 孝司様
 お久しぶりです。来期の計画書を送っていただき、ありがとうございました。
ホームページにて、同年輩の皆さんの活躍ぶりをみていました。
 週2日、16年弱ボランティアの活動をしてきましたが、昨年末で終わりまし
たので、参加できるようになりました。体力が心配ですが、70歳から平地の
ウオーキングを月に数回してきました。1回は10キロから15キロです。
 ウオーキングの会と日程を調整しながら、参加していきたいと思います。
3a(3月1日)丸山○でお願いします。丸山の草原で寝ころんだ記憶があり
ます。楽しみです。                        伊藤 義子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.11——稲葉 和平さんから「明日、三峰口で合流します」
稲葉です。

明日、三峰口で合流します。

よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.2.10——稲葉 和平さんから「明日、2/11(土)三峰山、参加します」
伊藤幸司さま

明日、2/11(土)三峰山、参加します。(無印→〇)
よろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.2.9——藤原 由香里さんから「元清澄山 4」
IMG_3703.JPG
この階段はこの木の生え方に合わせて作られていた。

IMG_3576.JPG
やはり、富士山を見つけると気持ちが上がります。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.9——藤原 由香里さんから「元清澄山 3」
FullSizeRender.jpg
おや、これは何かに似ている… 星の王子さまに出てくるバオバブの木ですね。

IMG_3642.JPG
切り株の朽ちた中から、新たな木の芽が。淡々と世代交代しています。

IMG_3693.JPG
元清澄山の痩せた山道は、大体、木の根に守られていた。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.9——藤原 由香里さんから「11日参加したいです」
伊藤先生さま
2月11日三峰山に参加したいです。よろしくお願いしますm(_ _)m

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.9——山本 良彦さんから「予定の変更」
伊藤コーチさま
  2b三峰山を×に、2d幕山を○に変更します。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香」3
IMG_1315.JPG
IMG_1318.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香」2
IMG_1296.JPG
IMG_1305.JPG
IMG_1307.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香」
IMG_1264.JPG
IMG_1278.JPG
IMG_1279.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.2.8——「大岳山写真 山咲野の香です」
申し訳ありません!
追加で載せて頂ければうれしいです。大岳山写真8枚送ります。
▲インデックス・ページへ


■2017.2.7——矢野 博子さんから「計画変更など」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
元清澄山の写真 昨日深夜送りました。

これからの計画 下記の様に変更しますので 宜しくお願いします。
2C △ → ✖
3C 〇   矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.6——矢野 博子さんから「元清澄山写真」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
元清澄山の写真 送ります。
29: 9:52 鴨川駅から タクシーで金山ダムに向かい スタート。天気は 快晴だが 風が冷たい。先週歩いた奥多摩の雪の大岳山の時より 寒い。
33: 10:00 関東ふれあいの道だからか 道は 整備されていて (途中で 整備するおじさん達に出会ったけど) キケンな箇所はなかった。
39: 12:58 この天気なら 富士山は 絶対見えるはずと 執拗に左方向にしきりに目をやっていたら 予想通り出現。何故か富士山が見えるといつも 得した気分になる。 真白き富士の嶺なのだが この写真は 残念ながら その姿を鮮明に捉えられなかった。
41: 14:48 幾重にも重なる房総の奥深い山が 光に輝いて まぶしい。
45: 15:22 一本みつけた桜。 カンザクラだろうか? 青い空に寒そうに咲いていた。
49: 15:27 清澄寺。節分の準備がされていたが この日は 訪れる人も少なかった。 ここの陽だまりで 帰りの タクシーを待った。
56: 16:54 お風呂は 鴨川グランドホテル。露天風呂に入ると 波打ち際のザボーンという波の音が 聞こえてきて 何故か懐かしい気分になった。
58: 16:59 火照った体に外の空気が気持ち良い。 程よい疲労感と脱力感。夕焼けは どんどん色を変えていった。
 矢野博子
PS 2月2日 参加した藤原さんの分 私のポイントを使ってください。 遅くなりましたが 7日送金します。
IMG_5029.jpgIMG_5033.jpgIMG_5039.jpgIMG_5041.jpgIMG_5045.jpgIMG_5049.jpgIMG_5056.jpgIMG_5058.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.2.6——永田 幸子さんから「三峰山」
こんばんわ。
三峰山、用事ができましたので欠席させていただきます。
よろしくお願いします。

         永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.6——林 智子さんから「変更願い」
伊藤コーチ殿。

 おはようございます。

 * 参加変更をお願いいたします。
    3Cを✖︎  → 3Dを◯へ。

 * 高尾山の 写真拝見・・・
   お地蔵様はすごかったです。
   <ユーは何しに日本へ?>じゃなくって <ユーは何しに
    高尾山へ?> とお聞きしたいお地蔵様が 立って<座って>ます。
   渋い顔に渋いサングラスの首だけの お地蔵さんなんかには 
   <君 真面目にやっててそうなの?>と思わず 聞いちゃいました。
   ディズニーの七人の小人さんらしき 人たちも
   和風の赤い毛糸のお帽子が 似合っていて可愛らしいです。
   お地蔵様は 国際色 職業 性別 年齢 性格など ごちゃ混ぜな
   ベラエティに 富んだアートですね 。
   お地蔵様って 真面目に 作ってる????
   楽しいです ♪


林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.5——齊藤 紀久子さんから「参加変更」
 こんにちは。ご無沙汰しております。

変更をお願いします。

2/11 三峰山 ー ×
3/1 丸山ー ○
3/21〜22 金剛山ー ○

   さいとうきくこ
▲インデックス・ページへ


■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山 2」
IMG_3547.JPG
良く整備された階段の、登り下りが繰り返し繰り返し登場する。その繰り返しに笑ってしまい、

IMG_3548.JPG
こんな標識があり、エェッ急勾配⁉︎と思ったところ、

IMG_3549.JPG
ホントに急勾配で、また、笑ってしまった。

IMG_3550.JPG
無視される階段に、またまた笑ってしまった。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山 1」
IMG_3539.JPG
安房鴨川駅から金山ダムバス停へタクシーで。日陰に入ると風が冷たく、いそいそとダウンを着ることに!…。

IMG_3540.JPG
トンネルをくぐって、

IMG_3541.JPG
橋を渡って、

IMG_3545.JPG
木漏れ日の中を出発です。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山」その2
元清澄山の写真を少しずつ、送らせていただきます。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.4——藤原 由香里さんから「元清澄山」
伊藤先生さま
お世話になっています。
2月11日の三峰山を△でお願いします。また、2月28日の幕山と3月11日の本社ヶ丸も△でお願いします。幕山、本社ヶ丸は日程的に行けないのですが、参考にさせていただき、個人的に行ってみたいです。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.2.1——「大霧山写真 山咲野の香」その3
IMG_1253.JPG
IMG_1254.JPG
IMG_1258.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.2.1——「大霧山写真 山咲野の香」その2
IMG_1244.JPG
IMG_1245.JPG
IMG_1251.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.2.1——「大霧山写真 山咲野の香です」
遅くなりましたが、大霧山の写真6枚送ります。よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.2.1——矢野 博子さんから「Fw: 高尾山写真」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
高尾山の写真 送信済メールとなっていますが もう一度 伊藤コーチ宛てに 転送してみます。
上手く行くといいのですが。
明日ですが 私と 藤原さんは 蘇我で 皆さんと 合流しますので 宜しくお願いします。  矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.2.1——福沢 和子さんから「福沢です。元清澄山に参加します」
計画書ありがとうございます。
集合は海浜幕張からわかしお1号に乗車しますのでよろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.31——大森 富子さんから「元清澄山キャンセル」
伊藤コーチ殿
 元清澄山は風邪の為見合わせたいと思います。
 よろしくお願い致します。
 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.31——矢野 博子さんから「高尾山の写真」
伊藤コーチさま
明日は また元の寒さに戻るようですが 春を感じさせる一日でした。
お世話になっております。

発見写真旅の 仮展示の高尾山 拝見しました。
私は 1月8日に高尾山の写真 数枚 送信してますが 受信されてますでしょうか?
ご確認 お願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.29——「大岳山のキャプションです。小林美子」
小林 美子 11:42…三ツ釜の滝でいいのかしら?滝の両側は凍っています。滝を左手に見ながら進みます。

11:47…ネジレノ滝でしょうか、2段に落下して、それぞれ流路が異なっているので、この名がついた。
真正面に立つとネジレノ感じが見えるとあるが、
冬の滝の姿は違うのか、
真正面に行って見なかったからか、これが滝なの?という感じでした。

12:13…大滝
登山道から、かなり下がってきたが、来て良かった。

12:15…標高700メートルの所
高さ20メートルの大滝
凍っています。大きいから迫力がありました。

14:48…山頂からの富士山です。

15:57…ザクザクと音が聞こえそうな登山道
気持ち良く歩いています。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.29——「大岳山の写真です。小林美子」
DSC_0108.JPGDSC_0115.JPGDSC_0119.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.1.29——「大岳山の写真を送ります。小林美子」
大岳山では、お世話になりました。一時、離ればなれになった Iさんとも山頂で
再会という、場面を演出して頂き、忘れられない大岳山になりました。
有難うございました。

写真を前と同じ方法で、6枚送ります。DSC_0103.JPGDSC_0104.JPGDSC_0107.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.1.27——矢野 博子さんから「大岳山写真」
伊藤コーチさま
大岳山の写真 少しですが 送ります。
カメラ内の時刻設定 変えましたが まだ ズレてますでしょうか?

84:11:45 奥多摩駅から 海沢谷を経由して大岳山を目指した。二時間余り歩いて そして現れた滝。 ”ここから先は 悪路”と看板に書かれていたが 確かに整備された山道ではなかった。
89:12:11 3つの滝を経由したが 一番見事だった大滝。両サイドは凍っている。 もう少しすると全容氷結するのだろうか。30メートル急な道を下らなくてはならず 今回はパスしたが 次回は下から見上げたい。
92:14:35 写真の映りがイマイチなので コーチに相談したところ 設定を少しマイナスに変更して撮った最初の一枚。雪が どんな風に映るか気になって撮ってみた。柔らかい雪の色合いと低い冬の影がきれいだ。
95:14:46 予定より遅れて到達した山頂で待っていたのは 行きずりのI氏と 見事な富士山。富士山は少し雲がかかっていたが 手前の山並みを含めて 壮大だった。
00:16:49 どうやら 日没にかからずに下山。黄昏に浮かぶ新宿副都心辺り。
03:17:33 御岳の駅のホームから 今 降りてきた御岳山のロープウエイの方のシルエット。あっという間に あたりは 宵闇に包まれていく。

次回の計画表 送付時に 糸の会の振り込み用紙 同封していただければと思ってます。 矢野博子

IMG_4984.jpgIMG_4989.jpgIMG_4992.jpgIMG_4995.jpgIMG_5000.jpgIMG_5003.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.1.26——櫻田 英治さんから「2月の参加予定変更について」
2月2日(木)元清澄山を△→○へ、2月11日(土)三峰山を△→×に変更願います。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.26——矢野 博子さんから「カメラの設定の変更」
伊藤コーチさま
昨日は 大岳山では お世話になりました。
奥多摩駅から大岳山までの道のりに比べて 大岳山から 御岳山までの楽だったこと、 なだらかな下りのせいもあるかもしれませんが 快適でした。
見た事のある行きずりの人に遭遇というハプニングもあって楽しい一日でした。
軽装で手袋もせず(手袋は 濡れてビショビショになってしまったそうですが) 普通の靴で歩いていた若者、 何度も すってんころりんと目の前で転んでいましたが 無事に帰れたか気になります。

カメラの方ですが 途中で設定を 変えて頂き どんな風に変わったのか気になり 早速PCの画面で見ると 変更後のほうが 雪の白さなど 柔らかく自然な感じがしてます。
最初の二枚が 変更前。 最後の一枚が 変更後です。かなり違うので 驚きです。若干 暗すぎるような写真もありますが これは 後で 編集できるのでしょうか?
ご報告まで。  矢野博子
IMG_4985.JPGIMG_4990.jpgIMG_4992.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.1.25——「土屋千鶴子です」
伊藤コーチ様

2aTですが 〇→× に変更お願いします。
息子宅での第二子の出産が予定より早まりそうです何かと祖母力
をあてにされているので。
よろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.25——三浦 陽子さんから「大岳山写真」
IMG_3234.JPG
大滝は名前の通り立派。急な坂道を下りてきた甲斐があった。

IMG_3236.JPG
波紋の薄氷。

IMG_3239.JPG
大滝から登山道を見上げる。

IMG_3241.JPG
やっと着いた大岳山頂上。奥多摩駅ではぐれたIさんが待っていたサプライズ‼️

IMG_3246.JPG
着いた時より富士山の雲が少なくなってきたような。

IMG_3249.JPG
河辺、梅の湯の黒胡麻アズキきな粉アイス。
胡麻味濃厚。
🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.1.23——市村 やいこさんから「大岳山」
明日、立川で合流しますのでよろしくお願いします。 市村やいこ
▲インデックス・ページへ


■2017.1.23——稲葉 和平さんから「1d 大岳山、参加」
伊藤幸司さま

火曜日の大岳山、参加します。△→〇、です。

よろしくお願いします。
稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.1.23——「大岳山参加のお願い 山咲野の香です」
明日、大岳山参加希望です。
ホームページに計画がアップされてないようですが…
あしたはどんな寒風か、楽しみです。よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.23——林 智子さんから「欠席届」
伊藤コーチどの
 おはようございます。
 昨日の朝から 腹痛と多少の発熱で 体調不良です。
 明日の 大岳山を不参加で お願いいたします。
 
林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.20——徳山 由美子さんから「2 月の参加予定の変更」
大霧山ではお世話になりました
山頂でのミルク紅茶は本当に
おいしく温まりました

参加を次のように変更します
大岳山  ×
元清澄山 ○
三峰山  ×
上高地  ×
幕山   ○

宜しくおねがいします
    
    徳山由美子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.20——酒井 みちこさんから「参加申し込み」
伊藤コーチ様

昨年も、たくさんの楽しい山旅をありがとうございました。
今年も宜しくお願いします。

参加申し込み
1/24 大岳山   ○
2/2 元清澄山 ○
2/28 幕山    △
3/28 筑波山   △
宜しくお願いします。  酒井みちこ
▲インデックス・ページへ


■2017.1.19——佐藤 時子さんから「大岳山」
伊藤コーチ殿
いつもお世話になりまして
ありがとうございます。
大岳山は、都合上 不参加と
いたします。 佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.18——「御礼、訂正、申し込み、山咲野の香です」
大霧山ではお世話になりました。夜景にはあと30分の我慢?が必要だったようですが、山頂の暖かいお茶のお気遣い何よりでした。ありがとうございました。
おかげさまで踵はほぼ問題なしでした。痛めた感じの足底筋にとって青竹踏み状態のアイゼンはいささか不安でしたが、難なくクリア。気を良くして翌日ちょっとだけ走りましたらやはり鈍痛。まあ、こんな調子でいくのかと思ってます。
思いの外の積雪と、零下の中、時折の強風。日射しに風花とドラマチックな天候が続きました。清冽な寒風で日頃のウサも流れ去り、体内まで浄化されたような気分になりました。山頂や峠では眺望もあり気持ちのいい山行でした。
また昨日は笠ヶ岳写真コメント掲載のお知らせありがとうございます。訂正お願い致します。07→06、22→21、233→232にコメントをずらして下さい。また134のコーチのコメントはこの場所でいいのでしょうか。
別件ですが、通信に載せて頂いてます10月17日の赤石岳写真コメント追加、10月18日の秋田駒写真コメント追加に関しても、お忙しい中申し訳ありませんが、発見写真旅の方に掲載お願い致します。
写真旅の目次刷新、とてもイイですね。選ばれている写真もバラエティがありますし、もっと見てみたいとそそられる気がします。
今後の参加希望。
2d、3cが〇 3dを△で、よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.17——【コーチ】から「2c上高地は明神池泊まりに」
【コーチ】から
*「2c上高地」は中ノ湯温泉泊まりで上高地へのスノーハイキングは日帰り往復する予定でしたが、上高地・明神池の「旅荘・山のひだや」が冬期営業しています。通常の食事で14,000円、ごちそうバージョンで20,000円、自分たちで食事を作るなら素泊まり10,000円とのことですが、2食付き14,000円にします。風呂なし、ストーブ(あるいはアンカ)付きだそうです。コーヒーと食事で人気の小屋ですが、冬ですから「おためし」という気分で。それより冬の上高地では猿さんたちや鴨さんたちと出会えると思います。雪が深ければスノーシューというところですが、軽アイゼンで行きます。時間は十分にありますから。
*糸の会での冬の上高地の最初は徳沢園の冬期小屋泊まりでした。その冬期営業に食事が出なくなり、閉鎖されました。山のひだやは登山者のための冬期小屋というようよりは、冬期トレッキングの需要を喚起する宿泊施設という感じがしますが、さてどうでしょう。
*2日目は松本に出て、ゆっくり入浴・食事と考えています。人数によってはバスでなしにタクシーを使うかもしれません。
*上高地では雪をかぶったバス道と、河童橋から明神池まではトレッキング道を歩くだけです。よほどの悪天候でなければ問題ありません。ただ、寒さだけは(標高1,500mですから)北八ヶ岳なみとお考えください。寒さ体験の部分では貼るカイロをたっぷり持つことで危機管理的には問題ありません。軽アイゼンとダブルストックでOKですし、雪用リングはなくても問題ありません。自分たちでも行ける冬の上高地という意味で「1c西穂山荘」と同じコンセプトです。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.14——矢野 博子さんから「Re: 岩山の写真」
伊藤コーチ様
お世話になっております。
岩山の写真 拝見しました。 お手数おかけしました。
過去の岩山の写真も興味深く拝見しました。
私は 2010年に岩山行ってますが あの時と今回とルートは全部同じでしょうか?
今回のほうが 苦労しましたが 7年もトシが増え 体が硬くなったせいかもと 慰めています。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.13——「大霧山参加のお願い 山咲野の香です」
山咲 野の香 ご無沙汰致しました。
本年もよろしくお願い致します。
明日、大霧山参加希望です。
おかげさまで、踵もまあまあの感じです。。足首の硬さは残っていますが、オーバーワークによる足底部の鈍痛とかはあってもそう長引きません。高尾山やら奥多摩やら近隣リハビリハイクは真面目に?取り組んだと思います。
ただ登りは問題ないのですが、下りは綱渡り気分は当然厳守の上、更に抜き足差し足の心境となり、加えてへっぴり腰の実践、という様相を呈する時があります。
明日は最強寒波襲来、夜景が楽しめるがいささか不安ですが、よろしくお願い致します。
ご無沙汰で残金がわからなくなりまして、計画書と一緒に履歴をお願いします。
それから古い話で恐縮ですが、昨年10月6日から13日にかけて、5回に分けて笠ヶ岳の写真コメントを送信しましたが、感知してらっしゃるでしょうか。お忙しい中での放置なら全く問題なしですが、届いているかちょっと心配。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.10——中村 泰子さんから「大霧山の件」
伊藤様

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

1月14日の大霧山に参加しますので、
お願いいたします。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.10——大森 富子さんから「参加申し込み」
伊藤コーチ殿

 今年もよろしくお願い致します。

 大霧山参加いたします。

 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.9——矢野 博子さんから「Re: 岩山の写真」
伊藤コーチさま
岩山の写真は 大して送ってませんし 今回 私の分は カットで構いませんが。
お忙しいのに お手数をかけることになり 却って申し訳ありません。矢野
▲インデックス・ページへ


■2017.1.9——岡田 恭子さんから「大霧山」
今年もよろしくお願いいたします。

大霧山 申し込みます。

残額はどうやってみるのでしたでしょうか? すみませんが よろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.1.9——矢野 博子さんから「岩山の写真」
伊藤コーチ様
九鬼山と 岩山の写真 拝見しました。

岩山は Wさんの写真など 今までとかなり傾向が違って 撮影者も映っていたりして 臨場感があって面白いです。
Fさんのコメントも初々しいです。
私も 岩山の写真 12月13日に送信してますが 受理されてますでしょうか?

カメラの時刻の設定 正しました。 7分位 狂ってました。

2月11日(土)の計画 〇でお願いします。(この日が 祭日であることに 今 気が付きました)矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.8——矢野 博子さんから「高尾山写真」
伊藤コーチさま
やたらとお天気に恵まれた今年のお正月でしたが ここに来て 冷たい雨が降ってます。
いつもお世話になっています。
九鬼山の写真 興味深く拝見しました。

高尾山の写真 少しですが 送ります。
カメラ内臓の時計が ズレているとのご指摘 これからチェックしてみます。

97: 11:39 何回目になるかわからないが 今回も ダイヤモンド富士狙い。 相模湖で下車し高尾山に向かう 。降水確率75%というこの日 すでに雲行き怪しかったが 赤い吊り橋が 遥か下に見えた。カメラは 持参しても使うことないのではと思いつつも ひとかけらの期待に掛けて 持参した。
00: 12:46 多くの人が訪れる高尾も流石にこの日は 我らが 独占状態。 この森閑とした山道も東京都です。 午後になって 何組かのグループと遭遇したものの出会う人は 殆んどなく 茶店も閉店状態。
03: 13:46  向かい側の山並みが 見え始め 湧き上がるガスに 天気快方に向かうのでは?と期待したが。
04: 14:21 太陽のある辺りの空が 気持ち明るく見えたが。 さっさと諦め 高尾山口にある温泉に心動かされて 歩を速めた。 ・・・定年のない 私のアメオンナ。 来年は 汚名返上したいのだが・・・
IMG_4797.jpgIMG_4800.jpgIMG_4803.jpgIMG_4804.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.1.8——若井 康彦さんから「謹賀新年⛩」
新年、おめでとうございます。西穂の件、了解しました。岩山は楽しかったです。その後、筑波山と龍ヶ岳でストックの練習し、少しですがコツがわかって来た気がします。今年もよろしくお願いします。お元気ですお過ごし下さいますように。若井
▲インデックス・ページへ


■2017.1.7——徳山 由美子さんから「大霧山の参加申し込み」
徳山 由美子 明けましておめでとうございます

1月大霧山に参加します

今年もどうぞよろしくお願い致します

    徳山由美子
▲インデックス・ページへ


■2017.1.3——川本 裕香さんから「参加申し込み」
明けましておめでとうございます。

急ですみませんが、明日の岩殿山、息子が参加してもよろしいでしょうか?

急に行くと言い出しました。ダメなようでしたら、帰るように言います。

立川から乗る予定です。
よろしくお願いします。

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.1.3——矢野 博子さんから「計画変更」
伊藤コーチさま
明けましておめでとうございます。
穏やかに新年が明けました。
本年も宜しくお願いします。

下記の様に計画変更しました。 よろしくお願いします。
1月17日〜18日 西穂 △→ ✖

PS 1月4日の岩殿山は 私が ✖になり 晴れ女のSさんが 〇 となり 晴天は 確保されたようで・・・
▲インデックス・ページへ


■2016.12.30——佐藤 時子さんから「岩殿山 参加」
いつもお世話になります。
今年も終わリに なって 思うことは、 この一年 たっぷりと歩き いくつの山に
登ったでしょうか。
達成感でいっぱいです。
コーチ 糸の会の皆さんありがとうございました。
やっぱり、来年も頑張ります。 岩殿山に参加します。 宜しくお願いします。
皆さん 良いお年をお迎えください。 佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.29——山本 良彦さんから「予定変更について」
伊藤コーチさま
1b 大霧山を×に変更します。
今年もいろいろお世話になりました。良いお年をお迎えください。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2016.12.26——永田 幸子さんから「高尾山」
こんばんわ。
明日の高尾山、急用ができましたので欠席します。
よろしくお願いします。

         永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.26——箭内 和子さんから「ご無沙汰しています」
伊藤コーチにメールするのは、久しぶりです。
HPは拝見しているのですが、パソコンが古くなって映像の呼び出しに時間がかかり
億劫になっていました。
それにスマホで、簡単な事は出来るので、パソコンとご無沙汰でも
さほど不自由を感じません。
11月後半にパソコンを新しくして、やっと、動かせるようになりました。

奥久慈の山について
コーチの計画書で、奥久慈男体山の前の日に明山を歩くとあった。
明山が気になったので、11月20日の日曜日、夫と明山に出かける。
龍神ダムからハイキングコースを歩き、明山へ。
山頂から龍神大吊橋を確認後、あっという間に曇る。
360度の展望を期待していたが、残念・・・。
籠岩や籠岩山に行ったことがあるので、三葉峠の分岐でルートがつながる。
空はどんよりしていた。青空の下ではなかったので、紅葉は今一つ映えない。
ダムに戻ってくると、バンジージャンプの音楽が聞こえる。
龍神ダムに戻り、大吊橋に上がる。
観光客の多いこと、バンジージャンプの高さに驚いた。
この日は、バンジージャンプで飛び降りる人達がわんさかいた。
90人近く希望者が居たらしい。皆、飛び降りたら、どのように体勢を作って
引き上げてもらうのか、ハーネスを付けて、きちんとレクチャーを受けている。
怖そうだけど、安心して見ていられた。
12月11日の日曜日、つつじヶ丘の登山口から籠岩山に登る。
低山だけど、ロープや鎖場の急なアップダウンがあり、侮れない。
岩山の稜線歩きが楽しめる低山だけど、踏み跡が交錯して迷いやすい。
毎年今の季節に福島県と茨城県の県境の山を歩く。
このあたりの山を歩くと山の難しさは、標高だけじゃないと再認識する。
では、皆様、良いお年をお迎えください。             郡山  箭内和子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.25——大森 富子さんから「山行変更他」
伊藤コーチ殿

○ 岩殿山△→×にお願いします。

○ 保険は東京海上日動火災保険(株)の山旅あんしん保険に加入しています。

○ 昨日ダイヤモンド富士を期待して午後から
高尾山頂まで行きましたが薄いピンク色の雲に覆われ
残念ながら見られませんでした。

 来年もよろしくお願い致します。

 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.24——櫻田 英治さんから「瑞牆山で途中引き返して想う」
70歳になって初めて山歩きに参加してから既に9年半が過ぎた。当初の参加動機からは想像を遥かに超えた年月となった。

参加当初から原則として毎月1回、日帰りで土曜日に参加してきた。土曜日都合が悪いときは火曜日にすることが多かった。そして月1回参加の原則を守るようにしてきた。

最初の頃は物珍しさもあり夢中で歩いていたが、徐々にその面白さと充実感を覚えると同時に、その意味する価値が自分の中で明確になっていった。即ち生活リズムの確立と健康管理に有効であると認識するようになった。

毎月の予定行事の中で、山歩きは最大行事であるから、他の予定はそれを考慮して決めた。体調維持のための食事や運動管理も、山歩きが大きな動機付けになった。その効果は明白で、それまでの病弱気味とも言える体質が漢方と相まって改善していった。そのことが今もって山歩きを続ける最大唯一の理由と言っても過言ではない。

瑞牆山は今回で3回目の挑戦であり、過去2回はヘバリながらも何とか頂上へたどり着いたが、今回は無j理だった。やはり年齢による衰えと高度障害の持つ身であることへの配慮不足があった。

もともと瑞牆山は自分にとって体力の限界への挑戦の山であることは承知していたにも拘らず安易なところがあり、過去2回の”曲りなりの成功体験”を過信していた。
その結果、皆さんに多大な迷惑をかけ反省と今後を振り返る機会となった。特にYさんに申し訳なく思います。

この1回の失敗で全ての山歩きを諦めることは本意ではない。
何が無理なのか又可能なのか、その限界の見極めは難しく単純ではないが、迷いながら試行錯誤を繰り返し一つ一つ決めて行くことになると、今は考えている。

これから重要なことは、日程優先ではなく山の選択も重視し、更に体調を考慮して参加の可否を決めることになろう。あまり神経質にならず、時に大胆さも必要で、その兼ね合いで迷うかもしれない。その都度自分自身を見つめ直す機会と捉えたい。

思えば70歳代は、生活全般でがむしゃらに突っ走った感があった。しかし瑞牆山の失敗は80代をどのように送るかを考える良いきっかけになったとプラス思考で考えたい。
これが無ければ、山とは限らず、何処かで取り返しのつかない大失敗をやらかすことになったかも知れないと感じる。

昨年の自転車衝突事故もその前兆であったかもしれないし、それ以外にも思い当たることが多少ある。自分を振り返る良い機会となった。災い転じて福としたい。

年齢を重ねることは経験を積むことであり、更に身に余るものをそぎ落とすことであると思う。
欲張りすぎず何事もほどほどに、腹八分の80代になるよう、来るもの拒まずの自然体を心掛けたい。この実現は簡単ではないが、努力を続けていく積もりです。

今後とも暫らくは山歩きには参加したいと考えているので、糸の会の皆さんには、いろいろとご迷惑かけたり、お世話になると思います。
そして何れの日か、山歩きを卒業する日が来るでしょうが、それまでは宜しくお願い致します。


★追伸(伊藤先生へ)
ホームページ上の写真は拝見しましたが、それへのコメント依頼に応えることは難しいです。

今思うと写真の中の自分は半分夢遊病のように無意識に近い状態で行動していたと思われます。ひたすら歩こうとの思いだけで、それ以外のことは何も考えていなかったようです。
記憶に残っていることは、何としても瑞牆山荘までたどり着きたい。あとは何とかなる。その思いだけでした。

引き返し始めて、富士平小屋を過ぎる頃までは、肉体的には過去に経験したことのない身体の芯の辛さとの戦いでした。休息の時も水分以外は喉を通らず、また一度外した手袋を再度はめようとしても指や手が思うように動かず苦労したことを覚えています。

特に登りの部分では諦めたら終わりだと言い聞かせながら必死に足を前方に少し出してストックで身体を押し上げていました。下りの部分では少し気を緩めていたかもしれません。記憶は明確ではありません。
林道に入ってからは、高度も下がったからか苦しさも和らぎ出し、これなら大丈夫だ行けると感じながら歩いていた記憶があります。

瑞牆山荘到着以後の体調は、当日もその後も普段の山歩き終了後と殆ど差はなかったと言えます。むしろゆっくり下山したからなのでしょうか、後日筋肉痛を殆ど感じなかったぐらいです。あの苦しさは何だったのか、結局は悪条件が重なった高度障害が最大の原因だったと受け止めています。その後医師からも同様のことを言われました。

伊藤先生をはじめ、皆さんにご心配やご迷惑をかけ申し訳なく思っております。
今回の失敗を生かし切れないときは、山歩きを諦めるときと考えています。
それまでは宜しくご指導お願い致します。


【コーチから】
櫻田 英治さま

*くわしいレポートありがとうございます。
*リーダーとしての観察にまだまだいたらない部分が多々あったことを知りました。私は櫻田さんの歩きを見て、もっとずっと安心した気持ちで見ていました。
*あの日は悪い条件が重なっていました。それを克服すべく頑張るというトライが技術面に活かせる可能性を秘めているわけですが、櫻田さんでなくとも、誰かに何かしら異変が出たら、流れをこちら側から切り替えるべき、状況でした。

*櫻田さんがたまたまその異変に遭遇したわけですが、長いおつきあいの人でなければ、判断の難しいところでした。そしてさらに、長い付き合いの皆さんとのチームでなければ、櫻田さんの下山を体験として共有するという気持ちをチームで大筋了解するというのはなかなか難しいケースです。
*私はですから、積極的に櫻田さんの下山の歩き方を撮りました。ダブルストックの威力と、櫻田さん自身の危機管理意識とが見えていましたが、櫻田さん自身の危機管理にはさらに深い部分があったことを今回いただいたメールで知りました。
*私も年齢のことを計算に加えざるを得なくなっています。「安全」の範囲をかなり狭くしています。できるだけ抑制的にではなく、小さな安全と小さな危険のあいだをすり抜ける知恵(ずるさ)を見つけていこうと考えています。見通す力がなくなったら、おしまいです。櫻田さんと同じ状況だと思っています。……先輩!

*もうしばらく、おつきあい。お互いに。

2016.12.25
▲インデックス・ページへ


■2016.12.24——佐藤 時子さんから
伊藤コーチ様
いつもお世話になりまして
ありがとうございます。
12/27 高尾山は、都合上
不参加とします。 佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.24——川本 裕香さんから「参加申し込み」
先日の武甲山、ありがとうございました。楽しかったです。

1/4 岩殿山、参加でお願いします。

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2016.12.24——中村 泰子さんから「高尾山の件」
伊藤様

いつもお世話になっております。
27日の高尾山、申し込んでいませんでしたが、
参加したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

計画書は、当日で結構です。

八王子から合流します。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.23——岡田 恭子さんから「3月の金剛山」
伊藤幸司コーチ様

先日の武甲山では、コーチの女子力が高いと、新人さんたちに好評でした。

さて、3月の金剛山→△
と申し込みましたが、そのままですので、改めて、よろしくお願いします。

今週、女峰山にテント泊、雪山トレーニングのために登ってきました。昨年?の糸の会の女峰山の計画ルートはどこだったのでしょう。
標高差1800mを一気に登りました。
これも、ダブルストックのおかげと感謝しています。

また、私事ですが

「食べ物を 変えると、 からだも、 運命も 変わります。」河出書房新社 

が、12月23日に発売になりました。

皆さまがお元気になっていただける本に出来上がったと思っていますので、どうぞ、お読みいただければ幸いです。

では、来年もよろしくお願いいたします。

岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.21——稲葉 和平さんから「予定変更」
伊藤幸司さま

ご無沙汰しています。
予定の変更をお願いします。

1b。 1/14   大霧山 △→〇
1c.。 1/17-18 西穂山荘 〇→×

今日は富士山の夕焼けがきれいでした。来週火曜も晴れるといいのですが。

稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2016.12.20——稲田 郁子さんから「1月4日不参加」
伊藤コーチどの

申し訳ありませんが、1月4日岩殿山、不参加です。
毎年3日にする高校OB会が、4日の3時からになりました。
皆、齢をとったということです。
                        稲田郁子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.20——川島 登美枝さんから「高尾山参加」
12月27日高尾山に参加します
よろしくお願いいたします。
川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2016.12.19——宮崎 智子さんから「糸の会入会について」
伊藤コーチ殿
武甲山の時は、大変お世話になりました。いろいろな、お話しが聞けて大変勉強になりました。そして何より会のみなさまに、大変親切にしていただき、本当に楽しく山登り出来ました。また、是非参加したいと思うのですが、土日のみの参加となるため、3月までのコースで参加できる日程のものがありませんでした。ただ参加出来るものが、今後あれば是非また、参加したいとおもいますので、次の四月からの一年から入会させて下さい。三回券の購入は四月の年間コース表を見てからでも、問題ないでしょうか?
もし宜しければ、また3月頃に依頼のメールを入れさせて頂きます。
お礼とご連絡が、遅れてしまい大変失礼いたしました。
また、素敵な時を過ごさせて頂いた皆様にも是非宜しくお伝えください。
▲インデックス・ページへ


■2016.12.15——「おはようございます。小林美子」
写真の送信の件ですが
コーチの提案通りにいきません。27日にスマホを
見ながらいい案を教えて下さい。 宜しくお願いします
▲インデックス・ページへ


■2016.12.13——矢野 博子さんから「岩山写真」
伊藤コーチさま

瑞牆山の写真 拝見しました。
山頂での写真がなく 残念ですが 次回のお楽しみです。

岩山の写真 今回も少しですが 送ります。
今回は 以前と同じ方法で 送ってみます。

79: 12:16  行きの電車の中では 雨が 電車を濡らし 計画が 危ぶまれたが 予定通り 決行。歩き始めると 青い空も見え始めた。私の友人二人の大事なデビュー戦。何とか 雨にならないで無事に終わって欲しい。 でも 少し前までは かなりの雨が降り 岩山は 濡れていて 苔の生えている所もあり 難易度かなりアップ。最初の岩を登った所からの一枚。紅葉は 殆んど終わってます。ここで もう すでに お昼を過ぎてます。
80: 12:16 この岩山は 里の近くにあることが よく分かります。何か 古墳みたいに見える小さな山。
82: 12:20 こんな感じの岩が これからどんどん出現。 私は 殆んど スタート時から 両手 両足を使っての這いつくばっての みっともない恰好でした。
83: 12:30 岩と岩の間に たまには こんなきれいに紅葉した木が現れ 目を楽しませてくれた。
84: 13:11 安全確保の為 ロープを使用。私は 糸の会に入って 10数年になるが ロープ使用は 3回目。やはり この岩山で前回も使用した記憶がある。 ”侮るなかれ低山”の典型的な山。
85: 13:12 逮捕され連行されていくのではありません、 初参加のFさんです。彼女は 何の問題もなく 下って行きましたが・・・・  この先も何回か ロープ使用。日没にかかり 道を失い 急な下りの足場の悪い所でライトを着用。何気なく置いた小さな袋が 転がり落ちてしまった。中には おむすびが入っている。まさしく”おむすび ころりん すっとんとん” 真っ暗な 山中に消えてしまった。 発見 不可能。中には チョコレートも入っていたのに・・失った物は大きいが 私の身代わりかもと諦めた。   遠くから聞こえてくる犬の鳴き声が里は 遠くない事を知らせてくれ 不安感はなかった。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.11——「土屋 千鶴子です」
伊藤コーチ様

山行の申し込みをお願いいたします

○ → 12d 2aT
△ → 3c 3d

よろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2016.12.11——【コーチ】から「提案・写真の送り方」
【コーチ】から発見写真旅への写真送信時の手順を提案します *矢野さんは今回、写真が送れないので息子さんに見てもらうと、送信時に写真がオリジナルだったらしく、データサイズが大きすぎたためらしいということで、サイズ設定を小さくして送信してみたとのことです。 *その写真を見てみると、これまで読み取ることのできなかった撮影時刻もきちんと保存されていました。(なんでこれまでダメだったのか。チェックし直してみましたがわかりません。想像では、写真を小さくしてから送信画面に送っていたのではないでしょうか。送信時に、データ量が大きすぎてだめになったら、写真サイズを「小」に設定して送り直すという方法が一般的かと思います) *小林 美子さんはこれまで写真送信に関する試行錯誤を繰り返してきましたし、山咲 野の香さんもかなり複雑な作業を強いられてきました。そこで、たとえば写真をお送りいただくときの、最初の手順をこちらから提案させていただきます。(順次やりやすいかたちにブラッシュアップしていければ、と思います) *基本的なイメージは、友人に写真つきメールを送るという気楽なかたちです。 1)まず、糸の会宛のメール送信欄を開いておきます。 2)送りたい写真(まずは10点程度)を選んで添付します。送信画面上に写真が並ぶと思います。 3)メール画面に並んだ写真の隙間に文字スペースを開けられますか? (写真の右下隅に改行マークを入れてみたらどうでしょうか) それぞれの写真の下にそれに対応するキャプションを書いてください。写真を見ながら書けると思いますが、いかがでしょうか? 4)全体の送信サイズを見られると思いますが、見えても見えなくても「写真サイズ」を最小にしてください。私は「20MB」まで受け取れるので、メールでやり取りする最小サイズの写真なら100点でも可能です。(カメラで撮ったオリジナル画像だと、2点しか送れないという場合もあります) 5)私のサイドではどうするか。受け取ったら、私はまず文字として読み取ります。すると写真番号とキャプションがセットで取り出せます。写真は写真として保存して、個々の写真の「情報」を読み取ると、撮影時刻が出てくるはずなのですが、実際はどうでしょうか。撮影時刻を読み取れるかどうかはケースバイケースです。それから、送られた写真のデータサイズがこちらで必要なサイズに満たないケースが例外的にありますから、それらに関しては追加作業としてメールでお知らせします。最悪のケースでは写真のオリジナルデータを1点ないし2点ずつ再送していただきます。 *写真を見ながらその下にキャプションを付けていくという作業は、たぶんどのパソコン、スマホでも可能だと思います。(楽しい写真を家族や友人に送る状況を考えればできないはずはありません)
▲インデックス・ページへ


■2016.12.11——矢野 博子さんから「九鬼山キャプション」
伊藤コーチさま
気持ちの良い 日曜の朝です。
先日 九鬼山の写真 送りました。
今回 理由は 分からないのですが 今までと同じように送信しても うまくいかず 容量が 大きすぎるのではと思い 最小にして試みたのですが それでも上手く行かず
息子が カメラの設定をみたら 大きくなっているとの事。いつか 知らぬうちに何か 触ってしまい 不具合が起きていたようです。送信方法を変えて送りました。

38: 8:48 駅から歩き出し 間もなく現れた神社脇のきれいに紅葉した木。紅葉していると 辺りが パッと明るくなる。
39: 8:49 その脇にあったもう一本の紅葉した木 落葉が またきれいです。
40: 9:43 歩き始めて 一時間もすると ご覧のような眺望。 ここに立ったら やはり こう来なくっちゃ。真白き富士の嶺、やはり いつも 主人公かも。
41: 9:43 その山頂を 望遠で。 この日は 一日中 富士が 私たちを楽しませてくれた。
46: 12:28 低い晩秋の陽射し。 カサカサと落ち葉を踏み 気持ち良い尾根歩きが続いていく。
52: 12:35 ここで 私たちは ゆっくりと休憩した。 春過ぎには お花畑になるというこの場所を 今回は 糸の会の花たちが 飾った。
57: 14:09 空を見上げれば 透き通った黄色の葉っぱが 差し込む光に光っていた。
59: 14:29 予定より早く下山。 そこに待っていたのは 赤い鳥居。そして たっぷりと敷き詰められた色とりどりの落ち葉。
61: 14:31 偶然が作った色の饗宴。 自然にかなうものはないと つくづく 思う。
66: 14:35 一体 ここで何枚の写真を 撮っただろう。 ここで ゆっくりと時間が取れて 嬉しかった。  矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.10——矢野 博子さんから「九鬼山写真」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
遅くなりましたが 九鬼山の写真 送ります。
キャプションは 別便で送ります。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.8——若井 康彦さんから「『岩山』レポート写真」
伊藤様、お世話になります。
『岩山』レポート写真、宅ファイル便にてお送りしました。
以下アドレスにてお納め下さい。
            若井

1.名物にうまいものあり111613
2.とにかく第一の関門通過121949
3.何とかなったネ122153
4.次はどうなるの?作戦会議125426
5.とにかくよじ上るしかない143840
6.フーッ、とりあえずひと息144536
7.エーッ、まだ上るの!?151516
8.とてもつつましい頂き154714
▲インデックス・ページへ


■2016.12.7——浜 房子さんから「1月ー3 月予定」
伊藤コーチ様
お世話になっております。浜です。
武甲山の案内書を有難うございました。
私の保険ですが「やまきふ共済会 7684」ですので、
変更宜しくお願いいたします。
今日、クーポン3個分10,000円を振り込みました。
1b(1/14大霧山)、2b(2/11 三峰山)、3b(3/11 本社ケ丸)参加予定です。

10日の武甲山、皆さんについていけるか、まだまだ不安ですが、
どうぞ宜しくお願い致します。

▲インデックス・ページへ


■2016.12.7——徳山 由美子さんから「武甲山不参加の件」
おせわになっています
風邪で体調不良のため武甲山は
不参加でお願いします

1b、1d △ でお願いします

    徳山由美子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.7——大森 富子さんから「武甲山参加します」
伊藤コーチ殿
武甲山△→○におねがいします。
大森富子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.7——宮崎 智子さんから「Re: 武甲山ハイキングの問い合わせ」
伊藤様
こんばんは。
案内無事届きました。ありがとうこさいました。保険に関してですが、損保ジャパン傷害保険に加入しております。ピッケル使用する登山、ロッククライミングでなければ保険適応されます。 また、軽アイゼン、ダブルストックは持っておりますので当日持参いたします。それでは、当日楽しみにしておりますので、宜しくお願い致します。宮崎智子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.6——「変更のお知らせ、小林美子」
1月の 穂高
△→×にしてください。
それから、男体山からの写真の時間がスマホを新しくしましたら、表示されている
時間が全然違う時間になってしまいました。
なので、今回は、写真お休みします。
▲インデックス・ページへ


■2016.12.6——山本 良彦さんから「武甲山参加します」
伊藤コーチさま
武甲山に参加しますのでよろしくお願いします。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2016.12.5——若井 康彦さんから「岩山328.2m、日没直前の頂上」
糸の会、はじめての参加は標高328.2mの岩山トライ。ストック使い方、岩場でのホールド確保とロープ使用、日没後のルートファインディング、このアドベンチャーパークでしっかり6時間余り、有意義に過ごせました。伊藤コーチ、仲間のみなさん、ありがとうございました。

ps.12月10日の武甲山、都合で欠席します。1月の西穂参加、お願いします。
クーポン払込先、教えて下さい。若井
▲インデックス・ページへ


■2016.12.4——岡田 恭子さんから
先月の奥久慈男体山の紅葉山行 今年は紅葉イマイチと言われていたなか ドンピシャの日に当たり、とても楽しかったです。ありがとうございました。

武甲山 → ○
3月の奈良 → △

でお願いします。

どうぞよろしくお願いします。

岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——宮崎 智子さんから「武甲山ハイキングの問い合わせ」
伊藤様
初めまして。川本裕香さんに紹介いただきました宮崎智子と申します。来週末の武甲山ハイキングに体験入会することに、なっておりますが、案内が未だ来ないので連絡させていただきました。(鍋割山の案内はもらっていたのですが)当日の、持ち物待ち合わせ場所等どのようになっておりますか?お手数ですがご連絡いただければ幸甚でございます。これから送付予定だったのであれば、催促してしまい大変申し訳ございません。ご放念下さい。
当方年の割に、体力がなく皆様にご迷惑をおかけしてしまわないかな心配ですが、安全を心掛けて確り歩きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。宮崎智子
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その5」
FullSizeRender.jpg
あ、先生そのままで❗️

FullSizeRender.jpg
今日、2回目のロープ。

IMG_3504.JPG
優しい紅葉

IMG_3506.JPG
山頂は雲の中。この後、今日3回目のロープとヘッドライトを初体験しました(^_^;)

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その4」
IMG_3477.JPG
さあ、どうやって登ろうか( ゚д゚)

IMG_3482.JPG
あぁ、青空。

IMG_3490.JPG
3番岩を撮る。

IMG_3498.JPG
八甲田山の下毛無岱に似ている(^_-)

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その3」
IMG_3452.JPG
シマシマ岩にも、落ち葉は律儀に積もってます。

IMG_3454.JPG
雨だった名残り

FullSizeRender.jpg
大福カルテット

IMG_3467.JPG
岩は滑り易くなっているので、気が
抜けませんっっ

IMG_3471.JPG
今日、1回目のロープ。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その2」
FullSizeRender.jpg
あ、瑞牆山みたい(*^_^*)

IMG_3437.JPG
ストックの使い方を教えていただいたり、

IMG_3440.JPG
あ、きれい。

IMG_3441.JPG
体を細くする仕方を教えていただいたり⁉️

IMG_3449.JPG
こんなハシゴを登ったり。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——藤原 由香里さんから「岩山 その1」
先日は、大変お世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

早速、写真を送らせていただきます(^^)

先日は、大変お世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

早速、写真を送らせていただきます(^^)

FullSizeRender.jpg
さっきまで雨だったのに。影ができるほど、晴れ間が見えました♥️

IMG_3410.JPG
大福を買って、気分もアゲアゲ‼️

FullSizeRender.jpg
今日の登山の無事をお願いしましたが…10円がイケてなかったのかなぁ(^_^;)

IMG_3415.JPG
落ち葉の絨毯の登山道

IMG_3427.JPG
岩の登り方を教えていただいたり、

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.12.3——矢野 博子さんから「予定変更など」
伊藤コーチさま
昨日は 岩山でお世話になりました。
初参加の新人二人より 私の方が お荷物になってしまい 加速度的に弱まって行く筋肉を痛感しました。(何とか せねば・・・)
若井さんは 子供の頃に戻った気分だったと楽しんでいました。

今後の計画 下記の様に変更してください。
1aW → ✖
1c→△
2c→△

なお 藤原さんの今回参加分は 私の ポイントを 使用してください。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2016.11.30——「藤原です」
夜分遅くにすみません。

生年月日は、昭和44年3月xx日、
最寄り駅は、四街道駅です。
保険はまだです。
明日は、矢野さんと北千住で合流します。
どうぞよろしくお願いいたします
m(_ _)m

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.11.30——矢野 博子さんから「明日の集合場所」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
明日は 藤原さんと私は  北千住で 皆さんと合流します。

お天気が イマイチのようで・・・ 岩山は ついてない?  矢野
▲インデックス・ページへ


■2016.11.30——林 智子さんから「欠席届」
伊藤コーチ殿

 おはようございます。
 直前で申し訳有りませんが 明日の
 岩山を不参加で お願いいたします。

林智子
▲インデックス・ページへ


■2016.11.30——櫻田 英治さんから「北千住駅乗車の連絡」
伊藤幸司さま

明日(岩山)の合流は北千住駅から乗り込みますので、ご了承願います。
▲インデックス・ページへ


■2016.11.28——若井 康彦さんから「Re: 糸の会、ご紹介いただきました」
伊藤さま、
計画書、受け取りました。ありがとうございます。以下、私のイントロですが
……
……
最寄駅 東武野田線新鎌ヶ谷駅
山岳保険 手続中
手続き後速やかにお知らせします。
よろしくお願いします。若井
▲インデックス・ページへ


■2016.11.27——若井 康彦さんから「Re: 糸の会、ご紹介いただきました」
伊藤さま、スケジュール等、ホームページにて見せていただきました。
それでは
春日部9時43分新快速日光行きで合流、お願いします。
よろしくお願いします。若井
▲インデックス・ページへ


■2016.11.27——稲田 郁子さんから「写真おくります」
伊藤コーチどの

先日は楽しませてもらいました。一日目の竜神峡ハイキングというには、難しいコースで、久々に緊張感のある新鮮な気持ちを味わいました。
下山後、違う道を行って、軽トラックの老夫婦に救われ、荷台に乗せてもらったのは、忘れられない思い出になります。
二日目の奥久慈男体山縦走は、11年ぶりといえ、前回より素晴らしい紅葉が見られ、袋田の滝も水量があり期待以上で、大満足しました。以下写真

1日目
1053 竜神大吊橋。観光用だけの橋で地元での評判は悪いという話も聞いたが、この日は観光客で一杯。バンジージャンプもできると聞いたが、場所がわからなかった。
1106 橋の真ん中で広角レンズに付け替えた甲斐があって、竜の感じが少し出たかもしれない。
1122 橋を下から撮ると向こう側のダムも写っている。高度感がでているかどうか。
1217 亀が淵を向こうに望む。神秘的というほどではない。この前を徒渉して明山に向かった。
1349 明山山頂では360度近い眺望があった。紅葉の向こうに見えるのは左から日光連山、高原山か。右端は奥久慈男体山
1351 同じく明山山頂から先程の竜神大吊橋。3時間歩いただけのことはあったか。
1516 麓の休場展望台より。低山の稜線がなんとなく気に入ったが、もう暗くなってきた。
1531 ここは道を間違わなければ行かなかった場所。私には珍しく、この奥に別荘があったらいいなあなどと、想像した。
2日目
0856 この明暗差で、歩きながら撮るには無理なのは判っていても、青空と山頂を見ると撮りたくなる。
0857 奥久慈男体山山頂のアップ。我々の歩いた健脚コースは、こちら側から登っているのだが、この岩壁の一番左のほうだろうか。山頂のアンテナにはがっかり。
1002 鎖場や梯子の連続で、なかなか登りでがあった。
1152 縦走路の途中。真紅の紅葉も見られて素晴らしかった。これは撮る人をメインに。
1204 稜線が入り組んでいて、谷へ下りていく場面も多く、面白いコースである。
1427 第零展望台で男体山が久しぶりに見えて開放感を味わった。
1452 月居観音の鐘撞堂。通過タイムを記録するために撮ったつもりが、もしかしたら今回のベストワンかも。光線の具合がいかに大事かがわかる。
1529 いよいよ滝エリア。これは袋田の滝の上流だが、生瀬滝という名があるのを、今回初めて知った。
1532 袋田の滝上部。期待がますます膨らむ。
1540 11年前はここまでで、有料の観瀑台には入らなかった、という恨みをこめての一枚。
1545 第一展望台から目の前に迫る滝。広角レンズはここのために持ってきたのである。甲斐があった!!
1550 第二展望台からは滝の全景に近いものが見えるが、全部が見える写真がよいわけではないということを思い知ったのであった。
1552 全景もつける。縦のがよいか横のがよいかさんざん考えた末。
1559 トンネル内から第一展望台を振り返る。迫力満点。
PB158702_3243.JPG
▲インデックス・ページへ


■2016.11.25——川島 登美枝さんから「岩山欠席」
お世話になっています。
所用により12月1日の岩山参加できなくなりました。
リベンジで計画していただいたのに申し訳ありません。

川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2016.11.24——小林 美子さんから「高峰高原のキャプションを送ります」
9:48……小諸城 懐古園
野面積の石垣が苔むして
柳の木と似合ってました。
天守閣は落雷により焼失してしまい、今は跡だけが残ってます。
10:14……どっしりと立派な欅。さすが樹齢500年
10:38……千曲川
12:03……きれいな空です。
13:51……黒斑山からの浅間山。何回かみたがやはり見られてよかった。存在感ありますね!
14:20……黒斑山山頂からの浅間山
15:40……綺麗な雲でした。
以上7枚が18日です。
10:20……水ノ塔山の少し手前でした。振り返ったら
この紅葉です。
11:53……東篭ノ登山の山頂
ついたぁ〜と喜ぶ。
なんと4歳の子供たちが
大勢いるのには驚いた。
コースは違うにしても、かなりの岩の登山道なのだ。20名位の子供たちだった。
12:52……足元には、赤い葉もあった。
13:45……東篭ノ登山から
湯ノ丸山へと向かったが
今は、このコースの登山道が 途中でなくなっていた。東篭ノ登山に戻る途中
山頂を見ると子供達が又・又大勢。今度は中野の小学校の五年生でした。
14:51…池ノ平湿原に下り、湿原を散策
14:56……池ノ平湿原
今は花が何もないが、ひろ〜い湿原だ。花の時期に来てみたい
以上6枚が19日です。
宜しくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2016.11.24——若井 康彦さんから

伊藤さま、ご返信遅れました。膝の具合もまずまずなので、できれば是非、参加させて下さい。
第一希望、12/10武甲山、第二に12/01岩山、お願いします。
たた、始発でも西武秩父8時12分着なのでどうかな、と思っています。日程、知らせて下さい。本メルアド宛メールで大丈夫です。お手数ですがよろしくお願いします。若井康彦
▲インデックス・ページへ


■2016.11.18——藤原 由香里さんから

始めまして、藤原ですm(_ _)m

糸の会に参加させていただけるとのこと、ありがとうございます。
△の付け方など、やはり解らなくて、再度矢野さんに教えてもらいます。

とりあえず、12月1日、2月2日は参加したいと思っています*\(^o^)/*
どうぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2016.11.17——酒井 みちこさんから「参加申し込み」

伊藤コーチ様
ご無沙汰しています。
日程が合わず、なかなか参加出来ませんでした。

11d 九鬼山  ○
12b 武甲山  ○
1b  大霧山  △
2aT 元清澄山 △
2c  上高地  ○
3aW 丸山    △
3c  金剛山 ○
以上、参加予定ですので、宜しくお願いします。
 酒井 みちこ
▲インデックス・ページへ


■2016.11.15——矢野 博子さんから「新人の確認」

伊藤コーチさま

お世話になっております。

早速ですが 今日 友人の藤原由香里さん(過日紹介したお試し会員)に会いました。
その折 コーチから送られてきた 11月10日付けの案内書を見せていただきました。

その中に ”宮崎智子さま”という手紙が同封されており ”矢野博子さんから ご紹介いただきました。 云々・・とありますが 宮崎智子さんという人、 私は 存じませんが?
何かの間違いではないでしょうか?
私が 紹介したのは 中学の同級生の 若井康彦さんです。
ご確認 頂けたらと思ってます。

なお 藤原さんは 写真にも興味があるので 山行だけでなく そちらも楽しみにしているようです。  矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2016.11.13——中村泰子さんから「奥久慈男体山の件」

伊藤様

いつもお世話になっております。
11.15-16の奥久慈男体山に参加したいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

当日朝は、指定席に直行でよろしいでしょうか、
一応、行きは指定をとっていきます。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2016.11.9——山本良彦さんから「鍋割山参加します」

伊藤コーチさま
鍋割山に参加しますので、よろしくお願いします。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2016.11.8——矢野博子さんから「またしても 新人紹介」

伊藤コーチさま
急に寒くなり 11月の初旬とは 思えません。
お世話になっております。

先日 中学の同窓会があり その折に 隣に座った同級生と 山の話になりました。
色々話していくうちに彼は 糸の会に興味を示し お試しで 参加を希望しております。
今年度 10月〜3月までの計画案内書 送付していただけますでしょうか?
▲インデックス・ページへ


■2016.11.8——稲田郁子さんから「11c参加 」

伊藤コーチさま 急に寒くなり 11月の初旬とは 思えません。 お世話になっております。
▲インデックス・ページへ


■2016.11.8——稲田郁子さんから「11c参加」

伊藤コーチどの

ご無沙汰しております。久々に11Cに参加したいので、よろしくお願いします。
なんとか、紅葉を見たいものです。
                          稲田郁子
▲インデックス・ページへ


■2016.10.29——矢野博子さんから「瑞牆山 写真」

伊藤コーチさま
瑞牆山では お世話になりました。
初挑戦は 諸事情により達成出来ませんでしたが、印象の強い山でした。
必ずや登頂しようと言う気持ちが湧いてます。

当日の写真 少しですが 送ります。
カメラが 濡れるのも嬉しくないし 紅葉もイマイチ、 眺望ナシでしたので撮影枚数は 20枚にも達しませんでした。
でも 少ない写真からでも 秋は 伝わってきます。

56: 10:47 瑞牆山荘にバスで到着。 あやしげな 雲行きだったので ゴアの合羽を着込み 腹ごしらえをしてからスタート。  道路脇のもみじは 赤くきれいだった。
59: 11:34 今年の紅葉は 例年ほどきれいではないと バスの運転手さんの話だった。 すでに 大半の葉は 落ち 道路は 落ち葉で 色とりどりに敷き詰められていた。
62: 14:09 ”今日は あまり写真撮れなかった”と話したら にこやかにモデルになってくれたKさん。おにぎりを握ってます。 食べてる時、本当に人は シアワセな顔になります。
64: 14:53 桃太郎岩 支えているように見せかけている 小枝が 面白い。 こんな岩が この先 いくつも転がっていた。 雨の中 鎖につかまり フーフー言いながら登ったが 下山は脇道をコーチが 選び 危険な感じはしなかった。  頂上付近には もっとすごいのが 転がっているという皆の話だった。
76: 16:13 途中で引き返すことになり 時間と気持ちのゆとりができたのか  辺りを見回すと 意外にもきれいな木々が。
77: 16:14 雨に濡れた色とりどりの落ち葉。 そのまま絵になるような色調だった。
78: 16:39 かくして 私の初挑戦の瑞牆は 不発に終わったが 瑞牆だった証拠に一枚。好天の日に再挑戦したい。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2016.10.28——コーチから「音信不通状態脱出。ご迷惑をおかけしました」

【コーチから】
*このところ、ホームページの更新ができず、メールの返信もできませんでした。ご迷惑をおかけしました。
*実はパソコンを新しくしました。Macの最新バージョンに上げたまでは良かったのですが、新しい道具(パソコンで使うこまごまとしたアプリケーションツール)なかなか揃わなくて、身動きできない日々が続きました。
*慣れ親しんだ仕事場から、新しい仕事場へ引っ越したという感じです。慣れれば快適になるのはわかっているのですが、ちょっとした道具まで新しくしたり、新しい道具の使い方がちょっと変わったりで、まだイライラは残っています。でもとにかくホームページの更新はできるようになりました。
*ご迷惑をおかけしました。
▲インデックス・ページへ


■2016.10.26——小林 美子さんから「高峰高原の写真をおくります」

瑞牆山ではお世話になりました。期待したカラマツの黄葉、雨で裏切られて、本当に残念でした。でも最後の白山温泉が良かったのと駅近のうどんがとても美味しかったので山頂迄行けなかったのも、あきらめられます。

高峰高原の写真
18日の写真を7枚
19日の写真を6枚をおくります。
▲インデックス・ページへ


■2016.10.24——川本 裕香さんから「宮崎さん住所」

お試し参加の宮崎さんの住所です

宮崎さんの参加費用のことですが、私がチケットを購入して、そこから一つ使うという形でもよろしいでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

川本裕香

【コーチから】
*お試し参加の方の参加費は会員の方の☆印クーポンで結構です。
▲インデックス・ページへ


■2016.10.22——矢野 博子さんから「お試し会員」

伊藤コーチさま
本日 瑞牆の計画書 受け取りました。
ありがとうございます。
当日の紅葉が楽しみです。(因みに私は 数少ない この山 初めて人間です)

先日 お話ししましたお試し会員の藤原さんの住所 下記の通りですので 糸の会の案内 送付していただければと思います。

現時点で 12aT 岩山、 2aT 元清澄山  参加希望されています。
▲インデックス・ページへ


■2016.10.22——櫻田 英治さんから「瑞牆山参加します」

瑞牆山参加します

10月25日(火)瑞牆山△→○、11月2日(水)水沢山△→×に変更して下さい。

それから12月10日(土)武甲山○→×に、新たに12月1日(木)岩山を○にお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2016.10.22——川本 裕香さんから「お試し参加」

先日はありがとうございました。

糸の会にお友達を誘いました。
私の大学の時のサークル仲間です。お名前は宮崎智子さんです。12/10武甲山をお試し参加予定です。
宮崎さんはこの間も甲斐駒ヶ岳に行かれたり、山はよくご夫婦で登られるそうです。
住所をあとでお知らせしますので、案内を送付していただければと思います。

どうぞよろしくお願いします。
川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2016.10.20——川島 登美枝さんから「瑞牆山参加します」

25日紅葉を期待して瑞牆山参加します。
よろしくお願いします。

川島登美枝
▲インデックス・ページへ


★トップページに戻ります