メール欄
*次回からはトップページで暗証番号を入れずにロゴマークをクリックしてみてください

★メール保存分はこちら
★トップ・ページはこちら
★計画 & 参加予定はこちら


■2017.7.22——【コーチ】から「写真締め切りに関して」
■2017.7.22——【コーチ】から「筑波山を本展示にしました」
■2017.7.21——福田 晴子さんから「Re: 8月3日の金峰山について」
■2017.7.21——矢野 博子さんから「三つ峠山写真」
■2017.7.21——藤原 由香里さんから「三つ峠山です」
■2017.7.21——【コーチ】から「生駒〜金剛山地の写真を本展示に」
■2017.7.21——山咲 野の香さんから「三つ峠山写真 山咲野の香です」
■2017.7.20——福田 晴子さんから「8月3日の金峰山について」
■2017.7.17——佐藤 時子さんから「白山」
■2017.7.17——林 智子さんから「参加変更届け」
■2017.7.14——小林 絢子さんから「1043 7c 白山」
■2017.7.12——山咲 野の香さんから「戸倉三山写真 山咲野の香です」
■2017.7.10——山本 良彦さんから「白山参加します」
■2017.7.9——矢野 博子さんから「Re: 安達太良山の写真」
■2017.7.9——黒川 恵美さんから「Re: 黒川恵美です。」
■2017.7.8——戸田 美佳さんから「白山参加」
■2017.7.6——浜 房子さんから「8月、9月予定」
■2017.7.6——小林 美子さんから「安達太良山の写真ですが・・小林美子」
■2017.7.5——山咲 野の香さんから「三つ峠山参加希望 山咲野の香です」
■2017.7.5——齊藤 紀久子さんから「三つ峠」
■2017.7.5——NHK山口放送局(橋本 薫さん)から「7/8放送中止について」
■2017.7.5——林 智子さんから「Re: 参加希望。」
■2017.7.4——三浦 陽子さんから「参加連絡」
■2017.7.4——三浦 陽子さんから「安達太良山写真」
■2017.7.4——小林 美子さんから「安達太良山の写真を送ります。小林美子」
■2017.7.4——矢野 博子さんから「安達太良山 写真 -1」
■2017.7.3——林 智子さんから「参加希望。」
■2017.7.1——黒川 清裕さんから「7月6日三ツ峠山、参加のお願い。」
■2017.6.29——稲葉 和平さんから「佐渡の写真のコメント」
■2017.6.28——川本 裕香さんから「チケット」
■2017.6.26——稲葉 和平さんから「6d 戸倉三山・・・参加します」
■2017.6.26——岡田 恭子さんから「RE: 佐渡の花」
■2017.6.25——山咲 野の香さんから「榛名山写真 山咲野の香です」
■2017.6.24——岡田 恭子さんから「佐渡の花」
■2017.6.22——黒川 清裕さんから「黒川、今後の 参加予定」
■2017.6.22——藤原 由香里さんから「白山について」
■2017.6.22——【コーチ】から「JRの3割引きとその周辺」
■2017.6.22——中村 泰子さんから「参加変更の件」
■2017.6.21——三浦 陽子さんから「欠席連絡」
■2017.6.19——宮崎 智子さんから「Re: 槍ヶ岳参加したいです」
■2017.6.16——稲葉 和平さんから「佐渡のコメント訂正」
■2017.6.16——永田 幸子さんから「安達太良山」
■2017.6.15——【コーチ】から「ちょっとしたお知らせ」
■2017.6.14——藤原 由香里さんから「吾妻耶山1」
■2017.6.14——黒川 清裕さんから「黒川です。」
■2017.6.14——稲田 郁子さんから「安達太良山参加」
■2017.6.12——小林 美子さんから「子持山のコメントを送ります。小林美子」
■2017.6.10——矢野 博子さんから「吾妻耶山の写真」
■2017.6.9——川島 登美枝さんから「榛名富士」
■2017.6.9——山咲 野の香さんから「榛名山参加希望 山咲野の香です」
■2017.6.9——三浦 陽子さんから「参加連絡」
■2017.6.8——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より」
■2017.6.4——稲葉 和平さんから「6b。榛名富士、参加します」
■2017.6.4——小林 美子さんから「子持山の写真を送ります。
■2017.6.3——佐藤 時子さんから
■2017.6.1——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
■2017.5.31——若井 康彦さんから「吾妻耶山」
■2017.5.30——矢野 博子さんから「子持山写真」
■2017.5.26——戸田 美香さんから「参加希望」
■2017.5.26——林 智子さんから「参加希望」
■2017.5.24——三浦 陽子さんから「子持山写真」
■2017.5.23——稲葉 和平さんから「子持山、参加します」
■2017.5.23——岡田 恭子さんから「山行追加」
■2017.5.20——山本 良彦さんから「子持山参加ほか」
■2017.5.18——矢野 博子さんから「計画変更など」
■2017.5.17——宮崎 智子さんから「槍ヶ岳参加したいです 宮崎 智子」
■2017.5.16——曽根一郎さんから「山行 取りやめの件」
■2017.5.15——福沢 和子さんから「福沢です」
■2017.5.12——小林 美子さんから「Re:飛龍山の写真」
■2017.5.11——佐藤 時子さんから「Re:土曜日の三頭山の件」
■2017.5.11——岡田 恭子さんから「佐渡」
■2017.5.11——小林 美子さんから「飛龍山の写真の件 小林美子」
■2017.5.11——三浦 陽子さんから「参加予定について」
■2017.5.10——稲葉 和平さんから「Re: 桜山の写真アップしました」
■2017.5.14——【コーチ】から「甲武信ヶ岳の写真と佐渡の件」
■2017.5.7——矢野 博子さんから「浅間嶺写真 その2」
■2017.5.7——矢野 博子さんから「浅間嶺写真 その1」
■2017.5.7——【コーチ】から「高尾山の写真」
■2017.5.6——稲葉 和平さんから「高度計について」
■2017.5.6——稲葉 和平さんから「Re: iphone、ipadでの文字化けについて・・・メール欄は読めます」
■2017.5.5——川本 裕香さんから「三頭山」
■2017.5.5——稲葉 和平さんから「iphone、ipadでの文字化けについて・・・メール欄は読めます」
■2017.5.4——矢野 博子さんから「坂戸山 六万騎山 写真 その2」
■2017.5.4——福沢 和子さんから「参加します」
■2017.5.4——小林 美子さんから「足がつった、事件 について。小林美子」
■2017.5.3——矢野 博子さんから「坂戸山 六万騎山 写真」
■2017.5.3——佐藤 時子さんから
■2017.5.3——川本 裕香さんから「明日」
■2017.5.1——中村 泰子さんから「5a 浅間嶺」
■2017.5.1——川島 登美子さんから「浅間嶺」
■2017.5.1——齊藤 紀久子さんから「浅間嶺」
■2017.5.1——佐藤 時子さんから「参加」
■2017.4.29——永田 幸子さんから「浅間嶺」
■2017.4.29——小林 美子さんから「飛龍山の写真のコメントです。小林美子」
■2017.4.29——小林 美子さんから「飛龍山の写真を送ります。小林美子」
■2017.4.27——国木田 之彦さんから「足がつると大変です。」&【コーチ】から
■2017.4.27——【コーチ】から「山で食べるスイーツなどについて」
■2017.4.26——三浦 陽子さんから「坂戸山、六万騎山」
■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
■2017.4.23——小林 美子さんから「飛龍山では、大変お世話になりました。小林美子」
■2017.4.23——宮本 幸江さんから「RE: カメラについて」
■2017.4.21——【コーチ】から「おすすめのカメラ」
■2017.4.21——【コーチ】から「おすすめの高度計」
■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山5」
■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山4」
■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山3」
■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山2」
■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山1」
■2017.4.18——矢野 博子さんから「桜山 写真」
■2017.4.15——山咲 野の香さんから「不参加のお願い 山咲野の香です」
■2017.4.15——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より」
■2017.4.15——稲葉 和平さんから「Re: 金剛山写真アップしました」
■2017.4.12——【コーチ】から「高川山の古い写真アップしました」
■2017.4.11——山咲 野の香さんから「御礼と参加希望 山咲野の香です」
■2017.4.11——若井 康彦さんから「飛竜山」
■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 1.5」
■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 1」
■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真」
■2017.4.9——小林 美子さんから「22日、金剛山のコメントです。小林美子」
■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 3」
■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 2」
■2017.4.7——曽根一郎さんから「山行変更のこと」
■2017.4.7——岡田 恭子さんから「明日」
■2017.4.7——浜 房子さんから「予定変更」
■2017.4.7——大森 富子さんから「ミツバ岳参加」
■2017.4.5——山咲 野の香さんから「参加希望、その他感想、お願い 山咲野の香です」
■2017.4.4——矢野 博子さんから「桜山集合」
■2017.4.3——中村 泰子さんから「ミツバ岳の件」
■2017.3.31——稲葉 和平さんから「HPについて」
■2017.3.29——【コーチ】から「新しい写真展示」のお知らせ
■2017.3.29——小林 美子さんから「22日の金剛山です。小林美子」
■2017.3.29——小林 美子さんから「金剛山〜葛城山の写真を送ります。小林美子」
■2017.3.28——矢野 博子さんから「金剛山 葛城山 プロローグ」
■2017.3.27——小松 恒彦さんから
■2017.3.27——土屋 千鶴子さんから
■2017.3.26——永田 幸子さんから「筑波山」
■2017.3.25——齊藤 紀久子さんから「筑波山」
■2017.3.24——川本 裕香さんから「参加申し込み」
■2017.3.22——林 智子さんから「欠席届」
■2017.3.20——矢野 博子さんから「明日の往路」
■2017.3.18——小松 恒彦さんから
■2017.3.18——中村 泰子さんから「金剛山の件」
■2017.3.17——浜 房子さんから「Re: 上半期の件」
■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション、続き 山咲野の香」
■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション 山咲野の香」
■2017.3.15——若井 康彦さんから「2017上半期山行予定について」
■2017.3.15——浜 房子さんから「2017年上期 申込み」
■2017.3.15——藤原 由香里さんから「参加予定」
■2017.3.15——【コーチ】から「☆印のプレゼントに関して」
■2017.3.15——山咲 野の香さんから「丸山写真 山咲野の香です」
■2017.3.14——小林 美子さんから「幕山の写真を送ります。小林美子」
■2017.3.14——山咲 野の香さんから「幕山写真 山咲野の香です」
■2017.3.13——大森 富子さんから「参加の件」
■2017.3.12——山咲 野の香さんから「大岳山写真キャプション 山咲野の香です」
■2017.3.12——矢野 博子さんから「Re: 三峰山の写真」
■2017.3.10——藤原 由香里さんから「本社ケ丸」
■2017.3.9——小林 美子さんから「Re:上高地の写真」
■2017.3.8——土屋 千鶴子さんから
■2017.3.8——中村 泰子さんから「金剛山の件」
■2017.3.8——川島 登美枝さんから「金剛山不参加」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
■2017.3.8——小林 美子さんから「22日、上高地」
■2017.3.8——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
■2017.3.8——小林 美子さんから「先に送った5枚のコメントです」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真を送ります」
■2017.3.5——矢野 博子さんから「幕山写真」
■2017.3.5——永田 幸子さんから「欠席の連絡」
■2017.3.5——戸田 美佳さんから
■2017.3.3——矢野 博子さんから「次年度計画参加予定」
■2017.3.3——櫻田 英治さんから「間違い修正のお願い」
■2017.3.2——稲葉 和平さんから「Re: 三峰山写真についてお願い」
▲インデックス・ページへ


■2017.7.22——【コーチ】から「写真締め切りに関して」
【コーチ】から
*三ッ峠山の写真が続々と届きました。
*一応「2週間後」を締め切りとしていますが、もちろん事実上はこちらがベタ遅れです。
*そこでこちらの進行手順をお知らせしておきたいと思います。
1)送られてきた写真は、それぞれの山の、それぞれの人のファイルに入れておきます。
2)キャプションはキャプションとして全員のものを一括管理します。
3)できれば受け取ったときに(現実には写真締切日の後)送られてきた写真のサイズを調整したり、ファイルネームを統一したかたちにします。
4)写真の画像を修正したり、トリミングしたりすることはありません。もし問題があっても基本的には使用カメラと撮影モードの調整から手直しするのが原則ですが、すでに選ばれた写真ばかりなのであまり問題は生じていません(小林 美子さんのスマホの写真に出る虹に関しては結局スマホ交換になりました。矢野さんの写真全体を1/3絞りアンダーにしました……など)。
5)すべての写真のファイルネームに「撮影時刻」を入れ込みます。(データとして読めない写真がけっこうあって問題ではありますが)
6)全員の写真をひとつにして、撮影順に通し番号を打っていきます。
7)写真を通し番号順の写真スペースに並ぶようにし、撮影者別のインデックススペースにも並ぶようにします。そしてタテ写真のサイズ調節と、インデックス写真をクリックすると本写真が開くかどうかチェックします。
*じつは多くの作業はエディターという編集ソフト(いわばワープロ画面)でしていますから作業中にはほとんど写真を見ることはありません。
8)その後は細々とした文字絡みの作業ですが、ほとんど終盤です。
*こういう流れのうち、「6」の作業で写真に通し番号を打ってしまうと写真の入れ替えや順番の書き換えなどは原則としてできなくなります。つまりそこが作業の復帰危険ポイントとなります。
*ですから「写真締め切り日」からすぐに作業にかかったとしても、まだ受け付ける余裕はあるのです。締め切りギリギリでどうしようかと悩まれる場合にはそのことをお知らせください。受付可能ですから。No.154の戸倉三山では写真の応募はないものと決め込んで下ごしらえをしてしまったので、山咲さんの写真を申し訳ないけれど「追加」として加えさせていただくことにして作業しています。
*仮展示なしにダイレクトに本展示にできるような進行に戻せるかどうかまだ見通しはたっていません。申し訳ありません。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.22——【コーチ】から「筑波山を本展示にしました」
【コーチ】から
*発見写真旅No.143の筑波山を本展示にしました。過去の20本ほどの筑波山を追加で入れたい気分ですが、仮展示の処理も急がなければいけないし、準備中もいろいろありますし……。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——福田 晴子さんから「Re: 8月3日の金峰山について」
伊藤幸司さま

お世話になっております。
「会員用ロッカールーム」、文字をクリックしても出てこないなあと思っていましたが、アイコンをクリックするのですね!
見られました!
ありがとうございます。

メール掲示の件、承知しました。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——矢野 博子さんから「三つ峠山写真」
伊藤コーチさま 梅雨明け宣言もされ いよいよ暑さ本番です。 お世話になっております。 遅くなりましたが 三つ峠山の写真 送信します。 宜しくお願いします。 矢野博子 80:  9:34  河口湖駅前の気温と時間。 気温は 流石に都会よりは 若干低いので 助かる。ここからバスで 三つ峠登山口に向かう。 84: 10:46 暫く歩いていくと 地面を覆っていたのは 散ってきた小さな白い花々。白い小さな手袋みたい。上を見上げても どの木から落ちてきているのか 分からなかったが 地面を覆い きれいだった。 91: 11:39 冬には何回か登っている三つ峠山だが この季節は 初めてなので 花に期待がかかった。傍らに咲いていた白い花は 清楚だった。 93: 11:40 花の名前は分からないが 何か香りの立つ花だった。 00: 11:52 オダマキの花が 斜めになって 可憐に咲いていた。これは 赤だが 白いものもいくつか道端に咲いていた。 03: 11:55 このうっとおしい季節にこの青紫のアヤメは きりっとして涼し気だった。この色が とてもアクセントを与え 辺りに映えていた。 06: 12:09 マルバシモツケでしょうか? この花は 山頂付近でも割と多く見ることが出来た。  10: 12:12 山頂付近からの眺め。 暗雲立ち込めているが この日 雨に降られることはなかった。 残念ながら この日 反対側に見えるはずの富士山も姿を隠し 眺められなかった。 19: 12:58 この日の主役は このサンショウバラだったかもしれない。 サンショウの葉っぱに似た葉をつけたバラ。 花の少ない時期に貴重なピンクの可憐な花だった。 26: 14:18 次世代を担うヒコバエ達。 この小さな命を愛おしく思い 立ち止まり 前を歩いていくSさん 心の優しい人です。 27: 14:21 またしても現れたサンショウバラ。 光を浴びて輝いていた。 30: 14:28 何人いても静かな フタリシズカ。良い名前を付けられたものです。 38: 16:30 カチカチ山のロープウエイからの河口湖。カチカチ山頂付近では 殆んど日本語は 聞かれず ここは どこ?という雰囲気。 アジア系の観光客に占領されていた。 41: 16:37 ロープウエイ降りた所に植えられていたアジサイ。この沢山の見事なアジサイより 山道で 見つけた一本の小さな花に心動かされるのは 多分 私だけではないでしょう。 IMG_5780.jpgIMG_5784.jpgIMG_5791.jpgIMG_5793.jpgIMG_5800.JPGIMG_5803.jpgIMG_5806.jpgIMG_5810.jpgIMG_5819.jpgIMG_5826.jpgIMG_5827.jpgIMG_5830.jpgIMG_5838.jpgIMG_5841.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——藤原 由香里さんから「三つ峠山です」
伊藤先生さま
遅くなりましたが、三つ峠山の写真よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

IMG_4484.JPG
今日の富士山。雲を産生してます。

IMG_4485.JPG
林道は電気工事中。

IMG_4486.JPG
林道で、いきなりこんな綺麗な花が迎えてくれた。オダマキ。いろいろな花に出会える予感‼︎

IMG_4487.JPG
まだまだ新緑の季節ですね。

IMG_4488.JPG
何の花でしょう?たくさん落ちてました。

IMG_4490.JPG
フワフワ。何の花でしょうか。シモツケに似てます。

IMG_4491.JPG
何の花でしょうか?

FullSizeRender.jpg
ひとりしずかですか?細かい花びらです。

FullSizeRender.jpg
何の花でしょう?いちごになりそうです。

藤原由香里より

■2伸

IMG_4494.JPG
スッキリと爽やかな容姿。群生も多数みられた。草たちばな。

FullSizeRender.jpg
サラサドウダン。アップにしてもかわいい色彩。

IMG_4496.JPG
アスチルベのような、何の花でしょうか?

IMG_4497.JPG
今回、初めてオダマキと言う花をみました。うつむき加減がおとなしく、可憐なイメージなのに、『おだまり』と一文字違いなんて。

IMG_4498.JPG
これも、オダマキ。

IMG_4500.JPG
アヤメが、平地で見るよりもたくましく、元気な花に見えた。

IMG_4502.JPG
雲の中に山頂が。

IMG_4508.JPG
山頂から。

IMG_4507.JPG
絵葉書にして、雲にメッセージを書きたいような写真が撮れました‼︎

■3伸

FullSizeRender.jpg
大きな葉っぱとしっかりとした立派な花。

IMG_4514.JPG
サンショウバラ。一重でスッキリとして、可愛らしさの中にも華やかさを感じる。

FullSizeRender.jpg
雲の中の山頂を横から見る。

IMG_4517.JPG
天然ミストを浴びながら歩くって良いですね〜。

FullSizeRender.jpg
ヤマハハコ、ハハコグサ。

IMG_4522.JPG
四人賑やかと言いたくなります。

FullSizeRender.jpg
ふと見上げると咲いていた。透け感が、綺麗。

FullSizeRender.jpg
ピンクのグラデーションの色合いが、可愛い。スッキリと立っている様子に好感を持った。シモツケはシモツケソウと違うのですね。

FullSizeRender.jpg
あ〜、君でしたか。

IMG_4528.JPG
最後になっても、富士山は、相変わらず雲を産生していました。今回の三つ峠山は、雲の中や、雲を利用した写真が撮れ、初めての花もたくさん見ました。

伊藤先生、期限を守れなくてすみません。
どうぞよろしくお願いします。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——【コーチ】から「生駒〜金剛山地の写真を本展示に」
【コーチ】から
*発見写真旅No.142の「生駒〜金剛山地」を本展示にしました。御覧ください。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——山咲 野の香さんから「三つ峠山写真 山咲野の香です」
花の三つ峠でした。写真46枚送ります。よろしくお願い致します。

★三つ峠写真-1
IMG_3169.JPG
IMG_3173.JPG
IMG_3177.JPG
★三つ峠写真-2
IMG_3179.JPG
IMG_3181.JPG
IMG_3182.JPG
★三つ峠写真-3
IMG_3187.JPG
IMG_3190.JPG
IMG_3193.JPG
★三つ峠写真-4
IMG_3194.JPG
IMG_3197.JPG
IMG_3199.JPG
★三つ峠写真-5
IMG_3203.JPG
IMG_3206.JPG
IMG_3207.JPG
★三つ峠写真-6
IMG_3210.JPG
IMG_3213.JPG
IMG_3216.JPG
★三つ峠写真-7
IMG_3219.JPG
IMG_3220.JPG
IMG_3221.JPG
★三つ峠写真-8
IMG_3222.JPG
IMG_3223.JPG
IMG_3226.JPG
★三つ峠写真-9
IMG_3228.JPG
IMG_3229.JPG
IMG_3230.JPG
★三つ峠写真-10
IMG_3231.JPG
IMG_3233.JPG
IMG_3234.JPG
★三つ峠写真-11
IMG_3237.JPG
IMG_3238.JPG
IMG_3239.JPG
★三つ峠写真-12
IMG_3240.JPG
IMG_3241.JPG
IMG_3243.JPG
★三つ峠写真-13
IMG_3245.JPG
IMG_3247.JPG
IMG_3248.JPG
★三つ峠写真-14
IMG_3254.JPG
IMG_3262.JPG
IMG_3263.JPG
★三つ峠写真-15
IMG_3266.JPG
IMG_3267.JPG
IMG_3269.JPG
★三つ峠写真-16
IMG_3270.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.20——福田 晴子さんから「8月3日の金峰山について」
伊藤幸司さま

早速のお返事ありがとうございます。
靴や持ち物の件、承知いたしました。
おにぎりは手作りではなく、「コンビニの」なのですね。買っていきます。
飲み物はけっこう飲む方ですが、3本あれば充分でしょうか?

ふだんまったくの運動不足なので、「軽すぎる」と言えないかもしれません…。
貧血気味というか低血糖というのか、バテやすい気がするので、皆さんの足を引っ張らないように気をつけます。

ホームページでは、昨年の夏の様子は拝見したのですが、
今回の参加者の方々の交流ページ(?)はどこか分からないのですが、私も見られますでしょうか?

金峰山、楽しみにしています!
どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.17——佐藤 時子さんから「白山」
すみません、明日行けなくなりました。
右足で段差を踏み外して、
4、5時間経ちますが、足首から甲にかけて痛みが、でて 踏みしめなくなりました。捻挫か骨折かわかりません。 切符は買わずに帰りました。
恐れていた事でしたが 、
ちょっと、ショックで残念です。 あきらめました。
佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.17——林 智子さんから「参加変更届け」
林智子 伊藤コーチ殿

 おはようございます。

 雁ヶ腹摺山を不参加で
 お願いいたします。
 
林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.14——小林 絢子さんから「1043 7c 白山」
小林絢子 白山参加します。よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.12——山咲 野の香さんから「戸倉三山写真 山咲野の香です」
IMG_3116.JPG
IMG_3119.JPG
IMG_3123.JPG
追伸2
IMG_3125.JPG
IMG_3127.JPG
IMG_3129.JPG
追伸3
IMG_3131.JPG
IMG_3132.JPG
IMG_3134.JPG
追伸4
IMG_3138.JPG
IMG_3139.JPG
IMG_3140.JPG
追伸5
IMG_3142.JPG
IMG_3146.JPG
IMG_3147.JPG
追伸6
IMG_3149.JPG
IMG_3150.JPG
IMG_3151.JPG
追伸7
IMG_3153.JPG
IMG_3158.JPG
IMG_3159.JPG
追伸8
IMG_3166.JPG
IMG_3168.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.10——山本 良彦さんから「白山参加します」
伊藤コーチさま
白山に参加しますので、よろしくお願いします。
なお(まだ決めていませんが)当日指定の列車の1つ前の「かがやき501号」で行くかもしれません。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2017.7.9——矢野 博子さんから「Re: 安達太良山の写真」
伊藤コーチさま
空梅雨なんでしょうか 毎日 太陽が照り付けています。
お世話になっております。

5763 7:59 花は 思ったより少なかったが 歩き始めて 暫くして現れた イワカガミ。この後  強い風と雨のため カメラは 濡れないように 奥にしまったので 今回は二日目の写真は 極端に少なくなった。

お手数かけますが 宜しお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.9——黒川 恵美さんから「Re: 黒川恵美です。」
伊藤先生、

ご丁寧な返信を
ありがとうございます。
先生のアドバイスを伺って、
私も、体をはやく山に馴染ませて 山歩きを楽しめる体力を持ちたいと強く思いました。
やはり
aコースから
始めるのがいいでしょうか。
今年度は
第1木曜日のようですね。
8a=0803, 9a=0907
に参加してみたいと思いますが、
先生、いかがでしょうか。

黒川恵美
▲インデックス・ページへ


■2017.7.8——戸田 美佳さんから「白山参加」
こんにちは、白山参加します、よろしくお願いいたします、6月28日に3萬円を振り込みました、ご確認をください
▲インデックス・ページへ


■2017.7.6——浜 房子さんから「8月、9月予定」
伊藤コーチ様
昨日の三ツ峠山ではお世話になりました。
本日午後、星6つ分の2万円を振り込みました。
8a金峰山 9a神山 参加しますので、
宜しくお願い致します。

浜 房子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.6——小林 美子さんから「安達太良山の写真ですが・・小林美子」
携帯が調子悪くなってしまい、写真を送るのが途中で終ってしまい ました。締め切りが過ぎていますが送ります。
20日は7枚です。
DSC_0595.JPG DSC_0603.JPG 
■2伸
21日は5枚です。
DSC_0606.JPG DSC_0610.JPG DSC_0616.JPG 
■3伸
残り2枚です。DSC_0621.JPG DSC_0627.JPG 
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——山咲 野の香さんから「三つ峠山参加希望 山咲野の香です」
明日、三つ峠山参加希望です。雁ヶ腹摺山を×に変更で、よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——齊藤 紀久子さんから「三つ峠」
 伊藤コーチ殿

明日の「三つ峠山」参加します。 よろしくお願いいたします。

       齊藤紀久子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——NHK山口放送局(橋本 薫さん)から「7/8放送中止について」
伊藤幸司 さま

お世話になっております。
NHKでディレクターをしております橋本です。
伊藤さまには宮本常一の写真の使用のご許可を頂き
誠にありがとうございます。

先日お知らせいたしました「ことばの物語」
の全国放送ですが、
皇族の眞子さまの婚約記者会見が
放送と全く同じ時間帯に行われることとなり
東京からそちらの放送を優先するとの連絡がありました。

こちらからはどうすることも出来ず、
放送は中止せざるを得ませんでした。
大変申し訳ありませんが何卒ご了承ください。
今後とも何卒よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——林 智子さんから「Re: 参加希望。」
伊藤コーチどの!

 ご連絡ありがとうございました。

 先日 朝日カルチャーの 宗久さんの 講演会で
 ばったり お会いし <山に行きましょ〜>と
 あれこれと 盛り上がりました。
 明日は 残念ですが 次回に期待いたしましょう。

 若松さんは お仕事も私生活もフル回転のようで意欲的。
 大変 勇気をいただきました。

  よろしくお願いいたします。

林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——三浦 陽子さんから「参加連絡」
8日(土)の越前岳、無印ですが参加します。よろしくお願いします。
三浦

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——三浦 陽子さんから「安達太良山写真」
2枚しかないのですが送付します。よろしくお願いします。
三浦

IMG_3595.JPG
ヤマガカシがカエルを飲み込む場面に遭遇!
皆で大騒ぎして写真を撮っていたら怒って?口をかっと開いて今にも飛びかかってきそうな勢い! 怖かったー。

IMG_3598.JPG

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——小林 美子さんから「安達太良山の写真を送ります。小林美子」
DSC_0583.JPGDSC_0584.JPGDSC_0590.JPG
■2便
DSC_0591.JPGDSC_0594.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——矢野 博子さんから「安達太良山 写真 -1」
伊藤コーチさま
早くも 蒸し暑い毎日となり これから先が 思いやられます。
先日の安達太良山の写真 二回に分けて 送ります。
宜しくお願いします。

02: 6/20/14:37 新幹線で福島駅に昼前に到着し 駅近くのイタ飯屋で昼飯を済ませ(店のメニューを書いてある黒板に”がんばれ 福島!”と書いてるのを見て そうだ ここは  忘れてはいけない あの福島なんだと初めて気が付いた) 向かったのは 野地温泉。 宿に荷物を預け 近くの湿原を散策。 これは サラサドウダンでしょうか? 福島駅前の温度計は 34.8度を表示していたが ここは 1200m。  流石に 涼しく 風が気持ち良い。
04: 6/20/14:43 フキノトウの立派な花。 フキノトウでこんな立派な花を見たのは初めてかもしれない。
06:6/20/14:45 軽やかな身で なだらかな道をゆっくりと進む。 緑が きれいだ。この先起きる劇的な瞬間に遭遇するとは この時は 想像すらしなかった。
08: 6/20/14:46 この可憐なピンクの花。 名前は 忘れましたが結構堂々と咲いてました。ウツギの仲間でしょうか?
09: 6/20/14:50 地味だけど 何故か惹かれるギンリョウソウ。湿気の多い日陰にひっそりと咲いている。
10: 6/20/14:51 前の方を歩いていたKさんが ”来て 来て!”と ただならぬ叫び声。 ”何なの? 蛇?” 蛇だったら 今から行っても間に合う訳ないけど、と疑問に思いながら駆けつけたら この決定的な瞬間。まさしく蛇くんは 捕まえた大きなカエルを飲み込もうと 力を振り絞ってのお仕事中。
14: 6/20/14:52 まだ 彼は 離すまいと必死の努力。 何とか 諦めないかと ついカエルの味方をしてしまうが・・・
15: 6/20/14:52 どの位の時間が経ったのだろう、 諦めた蛇は威嚇して(ちょっと其の時怖かった)方向転換して去って行った。 やれやれ 何とか この場を しのげた蛙だが 後ろ足は ひどくやられているので この先生きていけるかはかなり疑問が 残った。蛇にとって あの蛙は 大きすぎたのだろうか? 時間をかければ 飲み込めたのだろうか。多分 最初で最後であろう決定的な瞬間に遭遇し 興奮が 暫く冷めなかった。
17: 6/20/14:59 緑濃い湿原を小一時間 散策。緩やかなアップダウンが続く。一見穏やかな林だが 先ほどのような 死闘が どこかで起きている。
23: 6/20/15:20 暫く歩いて下った所の湿原に現れたワタスゲの群落。 傾きかかった陽射しに並んだ白い帽子が きれいだった。
25: 6/20/15:20 これも同じくワタスゲの軍団。今回は この一面のワタスゲが 一番印象に残った。
28: 6/20/15:24 散策路には ブナの林も時折現れて 幹がきれいだった。
37: 6/20/15:49 旅館の送迎バスから降りると鼻をつく硫黄の匂いがしたが その原因は これでしょう。 何か所かこの煙が上がっていた。
38: 6/20/15:50 散策を終えて 今日泊まる野地温泉旅館近く。 明日 天気が悪くなるなんて とても信じられない青い空。明日 最初に目指す山が見えている。
39: 6/20/15:52 野地温泉ホテルの看板犬。呼びかけても 返事をしてくれなかった。お疲れなのか オバサンには興味ないのか・・
55: 6/21/5:20 二日目の早朝 部屋の窓から。 起きてすぐの時は 下の町は 見えていたのだが これを 撮った時には 既に 全然見えない。そして ツバメが 慌ただしく 低くく飛び回っている。”ツバメが 低く飛ぶと雨が降る”という言い伝えを思い出した。
61: 6/21/7:58 7時半から行動開始。予想通りの雨。 合羽を着て行動開始。 間もなく現れたゴゼンタチバナ? カメラを雨に濡らしたくないので 今回は 余り花の写真は 撮れなかった。
64: 6/21/8:09 雨に霞むホテル。 これから先 風雨は どんどんひどくなって行った。 暫く行くと 下ってくるグループとすれ違った。 この先の上の方は もっともっと風が強いですよとの情報。確かに段々厳しい風が吹いてきている。心なしか 体も冷えてきた。
65: 6/21/10:14 撤退を決めて もうそろそろ 終了というあたりに現れたブナ。撤退が決まり 安堵した。

IMG_5702.jpg IMG_5704.jpg IMG_5706.jpg IMG_5708.jpg IMG_5709.jpg IMG_5710.jpg IMG_5714.jpg IMG_5715.jpg IMG_5717.jpg IMG_5723.jpg IMG_5725.jpg IMG_5728.jpg IMG_5737.jpg IMG_5738.jpg IMG_5739.jpg IMG_5755.jpg IMG_5761.jpg IMG_5763.jpg IMG_5764.jpg IMG_5765.jpg 


安達太良山 写真 -2
69: 6/22/22:25 悪天候に阻まれ 下山を余儀なくされましたが 初めて訪れた福島で このまま帰路につくのも勿体無く思い 福島駅の観光案内で 紹介してもらった県立美術館のパンフレットです。。駅からローカル線で 3駅。小さな山の麓にたたずむ美術館で しばし 静寂に浸ることが出来ました。  ロダン、 モネ、 ルノアール等々 東京の西洋美術館の所蔵品を鑑賞し なんとも贅沢なひと時。
76: 6/22/22:32 ”まなざしの先の女性たち”という今回のテーマ。 糸の会の私たちの事でしょう。
IMG_5769.JPG IMG_5776.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.3——林 智子さんから「参加希望。」
伊藤コーチ殿。

 7a <三つ峠山> と 7d<雁ヶ腹摺山>に
 参加したいので よろしくお願いいたします。
 ホームページで 詳細はわかりますので
 レジュメは 当日で結構です・・<すみません>

林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.1——黒川 清裕さんから「7月6日三ツ峠山、参加のお願い。」
伊藤コーチ殿 先日は戸倉三山お世話になり有難うございました。
アップダウンの連続でタフで辛い山行でした。
さて、7月6日三ツ峠山に急遽参加させて頂きます。
当日7時30分JR新宿駅より特急あずさに合流致し
ますので宜しくお願い致します。
黒川清裕
▲インデックス・ページへ


■2017.6.29——稲葉 和平さんから「佐渡の写真のコメント」
伊藤幸司さま

佐渡の写真のコメントを読みました。

花の種類について誤りの訂正を含め、気になる点をコメン
トします。誤りの上塗りになる可能性もありますが。

●(22)何の花か分かりませんが、ハナイカダでもヒョウタンボクの仲間でもないと思います。ハナイカダは葉の真ん中に花(雄あるいは雌)が付くし、ヒョウタンボクの仲間は葉に大きな鋸歯はないようなので。

●(83)たぶんハナイカダ。葉の真ん中についているのが雄花の蕾。

●(100)ナルコユリやアマドコロに似た花ですが、茎が枝分かれしているのでホウチャクソウだと思います。(99)も花の付き方からするとホウチャクソウのように見えますが、この写真からは枝分かれしているかどうかよく分かりません。

●(122)コシノカンアオイではなく、ウスバサイシンです。(119)と同じです。間違えた理由は、花の大きさの印象が、実際の2倍も大きく間違えていたためでした。この花を見たとき、場所が佐渡なので「コシノカンアオイ」が思い浮かんだのですが、一方で、コシノカンアオイにしては花の位置が高い、そして花が小さい、という感じもしました。それにもかかわらず、見た花の大きさにつ
いては3cmくらい? という印象があったので、帰ってから図鑑を見てもウスバサイシンの花は1.5cm、という記述に引きずられて、ウスバサイシンではない、と決めつけてしまいました。葉や花の中の色からはウスバサイシンです。そもそもが、コシノカンアオイは葉の色も暗く、濃い茶色の花が落ち葉のなかに埋もれるように咲いていることが多いので、今までの経験からすると、自分で見つけるのはほとんど不可能ではないかという気もしています。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.28——川本 裕香さんから「チケット」
いつもお世話になります。

チケットの件で連絡です。
7/8の愛鷹山に参加予定ですが、その時、宮崎智子さん分に私のチケットを1枚、使っていただくようお願いします。

よろしくお願いします。
お天気、良いといいですが

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.6.26——稲葉 和平さんから「6d 戸倉三山・・・参加します」
伊藤幸司さま

6d 戸倉三山、参加しますのでよろしくお願いします。(△→〇)

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.26——岡田 恭子さんから「RE: 佐渡の花」
伊藤コーチ様

ご丁寧にありがとうございます。


22→ヒョウタンボクの訂正がここに書かれています。が、これはミズ(山菜)
83→これがハナイカダ
ついでに
113→ササユリ→チゴユリ
――――――――――――――――――――
岡田恭子

【コーチ】から2017.6.24に対する返信「Re: 佐渡の花」
岡田 恭子さま

*ご指摘ありがとうございます。
*訂正コメントを以下のように書きました。


写真【119】
■自由投稿コメント:2017.6.26=伊藤 幸司
*5月23日、佐渡から帰ってすぐに岡田 恭子さんから「佐渡の花ですが、コシノカンアオイ か ウスバサイシン か わかりません。わかったらお教えください。」というメールをいただいていました。
*現地で「カンアオイ」という意見が大勢をしめていたからでしょうが、その流れで私はキャプションを書きました。すると6月24日に次のようなメールが届きました。
*「佐渡の花
コシノカンアオイ→ウスバサイシン
オオヒョウタンボク→ハナイカダ
かな、とも思いますが…
わかりません。」
その視点で調べてみるとキャプションの間違いのご指摘です。
*コシノカンアオイとウスバサイシンはごくごく近い仲間で、葉の厚みや、表情が見た目のちがいということのようです。改めていろいろな写真を見てみると「間違い」なくウスバサイシン……という感じです。修正させていただきます。

写真【22】
■自由投稿コメント:2017.6.26=伊藤 幸司
*6月24日に岡田 恭子さんから「オオヒョウタンボクではなくハナイカダではないでしょうか?」というメールがきました。まさにそうです。苦し紛れに書いたキャプションです。花を知っているというより、花名の出て来る文字情報に引き込まれてしまうという悪弊です。オオヒョウタンボクは葉の中央に赤い瓢箪のような身がついて、その前には白い花が咲いている姿はもちろん知っているのですが「ハナイカダ」のイメージがあいまいで、花名も出てきませんでした。すみません、訂正させていただきます。

2017.6.26 伊藤 幸司
▲インデックス・ページへ


■2017.6.25——山咲 野の香さんから「榛名山写真 山咲野の香です」
その節はお世話になりました。ゴージャスなイタリアンランチのおかげで重い胃袋登山が強印象なるも、降られず、眼下の箱庭的眺望が楽しめたのはよかったです。
榛名山写真、送ります。

*2便
IMG_2830.JPG
IMG_2835.JPG
IMG_2840.JPG

*3便
IMG_2843.JPG
IMG_2851.JPG
IMG_2853.JPG

*4便
IMG_2854.JPG
IMG_2858.JPG
IMG_2860.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.6.24——岡田 恭子さんから「佐渡の花」
佐渡の花

コシノカンアオイ→ウスバサイシン
オオヒョウタンボク→ハナイカダ

かな、とも思いますが…
わかりません。

---------------
岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——黒川 清裕さんから「黒川、今後の 参加予定」
伊藤先生
いつもお世話になり有難うございます。
さて、今後の山行参加予定をご報告申し上げますので、計画書の発送を宜しくお願い致します。

◯ : 6d=0627 戸倉三山(済)
7c=0718/19 白山
8c/s=0815/16/17/18 黒部五郎岳〜槍ヶ岳
9c/s=0919/20/21 仙丈ケ岳+甲斐駒ケ岳

△ : 7d=0725 雁ヶ腹摺山
8d=0822 菜畑山
9b=0909 羅漢寺山

以上/黒川清裕
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——藤原 由香里さんから「白山について」
お世話になりますm(_ _)m
7c=0718/19白山 △でお願いします。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——【コーチ】から「JRの3割引きとその周辺」
【コーチ】から
*6cの安達太良山は東北地方が一気に梅雨入りした日とぶつかり、予報通り雨と、風になりました。ここで詳しくは書きませんが、3時間弱の行動で出発点の野地温泉ホテルに舞い戻り、入浴し、福島駅に戻りました。

*そこで帰路の切符(二本松から、新幹線は郡山から)をみなさん変更したのですが、Kさんが「大人の休日倶楽部カード」を持たずに来たために、キャンセルと買い直しができずに、ずいぶん長いこと駅員と相談していました。
*私は遠くから見ていたので詳しいことはわかりませんが、駅員が奥に引っ込んでけっこう長い時間出てこなかったところからすると、超法規的措置を考えてくれていたのではないかと想像します。一般論として言えば、福島→二本松間の運賃(410円)と、福島→郡山の新幹線特急券(860円)を買ってみなさんと一緒に帰るか、福島→二本松の切符だけ買って用意してある帰路の切符につなげるか、だと思います。ちなみに他の皆さんは新幹線自由席が郡山→東京と福島→東京が同一値段だったので、運賃の増加分の3割引きで、多くの人は200円プラス程度で書き換えができました。

*さて、そういう帰路の変更の遠因は安達太良山まで行けなかったところにあるので申し訳ないのではありますが、ここではJRの「3割引き」について私の考え方を述べておきたいのです。
*じつは多くのみなさんが「3割引きで安い」と考えていられるようなのですが、私はいつも「JRは高い」と思いながら乗っています。昔「3割、4割、5割引き」と宣伝する店がありましたが、私は基本的に「割引」は安いと考えないことにしています。「安売り」ならいいのですが。
*以前は「3割引き」の恩典を得られない若い参加者の気持ちを汲んで、という側面が大きかったのですが、今はそういう人が少なくなったので、ルポライターとしての立場として「JRは高い」という私なりの判断基準を守りたいと考えています。

*山口県の周防大島に仕事で通っていたときには、最初こそ新幹線を使いましたが、2度めからは広島空港まで飛行機、そこからレンタカーという選択になりました。また長崎に何度か出かけた仕事ではANAと共同運行しているソラシドエアのシニア割引が安くて使い勝手もいいので、他に比べようがありませんでした。新幹線は一定以上の距離になると飛行機に負けるほどの値段だというのが常識的な価値判断だと思います。

*そしてバスです。ウィラー・エクスプレスが女性目線の高速夜行バスによって新しい時代を開きました。私が皆さんとは別に夜行バスで往復することが増えたのは、全国のバス会社の高速バスがどんどん変わり始めたからです。最近では新幹線料金と同じ、あるいはそれより高価な、ビジネスクラス、あるいはファーストクラスというべきバスも登場しています。
*一方で3,000円でかなり遠くまで行ける可能性のある格安バス(4列シートの2席を確保できるダブルシートというのもあります)もあって、選択肢は大きく広がっています。各社各様のユニークさも失っていないので「乗ってみないとわからない」というところもあって、面白いのです。

*選び方を間違えなければ、昔の夜行バスとはまったく違って、リクライニング・シートも本気で作られているものが増えてきました。糸の会にそういうバスを利用する参加者が増えるかどうかはわかりませんが、ルポライターとしての私は、そのような目線を崩すわけにはいきません。かつてアメリカのグレイハウンドが魅力的に見えました(ローカル鉄道の旅のような旅情を感じました)が、いまの日本の夜行バスは飛行機の客まで奪おうとしているようにも見えてきます。(鉄道も超高価な列車で新しい勝負をしているようですが)

*ということに加えて、私にはバスに乗りたいもうひとつの理由がありあります。私は昔は朝まで起きていて昼間で寝ている生活でしたが、いまは2〜3時に寝て朝起きて、昼寝をするという生活に変わっています。加えて「目がつかれた」といっては昼寝、「頭がつかれた」といっては昼寝という昼寝人生となりつつあります。それと交通機関で「座ったら眠くなる」という性癖が(車の運転中でも)あって、バスだとそれがすごくいいのです。休憩場所ではちゃんと目覚めながら、延々と寝ることができます。今回も往路新幹線の1時間半というのは退屈でした。また高崎からの帰路の新幹線、大月からの帰路の特急も、できれば鈍行で一眠りしたいので、新幹線や特急が、高いお金を払って眠れないという不満になっているのです。

*今回は福島を17時13分に出て22時30分に新宿に着くという最終便のバスを利用しましたが、JRの運賃とほぼ同額を払って5時間とは何たることぞ、と最初に感じました。電話で予約をとったまではよかったものの、その後チケット購入までの手順がうまくいかず、みなさんと「円盤餃子」など食べているときに中座し、食べ終わったらすぐに消えました(すみません!)が、運賃支払に手間取っていたのです。
*ともかくものすごい「割高感」で始発の福島駅東口を出発、高速に入って1=福島西インターチェンジ、2=二本松高速バス停、高速を下りて3=郡山駅前、4=須賀川営業所、高速に戻って5=西郷高速バス停が19時16分。つまり2時間かけて客を拾って、ようやく高速バスの状態になったのです。その時点から見れば3時間強、理解できる時間です。
*では次々に乗客が乗り込んできたかというと「否」、始発で4人かな? それから1人? それも不思議な事に社内でバラバラに。私が出発直前に予約して「3A」だったので空いているとは思っていたものの、ほんとうに寂しい車内でした。

*東京での感覚では、バスは客が多ければ増便するという自在さが強みだと感じるのですが、このバスは福島と郡山という県内の二強都市で客を集めながら、(たまたまだったかもしれませんが)ガラガラでした。JRバス東北の車体でしたが、座席はキチンと作られたものの、人間工学的な配慮のない古いタイプのリクライニングシートでした。高速バスながら2時間も使って乗客集めをしているという現実が反映されているように感じました。
*途中2か所で休憩したときにはトイレにも行き買い物もしましたが、あとはうつらうつらと気持ちいい時間を過ごして、帰宅後このレポートを書きました。

*佐渡のアオネバ渓谷で会った関西からの登山グループは、私たちと同じような年齢層でしたが、夜行バスで来たと言っていました。関西からだとJR6社共通の「ジパング倶楽部」しかないからかもしれませんが、シニアの登山グループでも夜行バスを使っているんだ! と新鮮な感じがしました。

お疲れ様でした。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——中村 泰子さんから「参加変更の件」
伊藤様

いつもお世話になっております。

実は、6月1日の吾妻耶山で下山してからのお風呂の脱衣場で
おっちょこちょいにも階段を踏み外しまして、左足小指を
骨折しました。

幸い経過は順調で明日にもギプスははずせそうですが、
山に行くのは当分無理そうです。

ですので、6d、7b、7dを△→✖でお願いたします。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.21——三浦 陽子さんから「欠席連絡」
雨と強風の安達太良山
お世話になりました。6d 戸倉三山、都合により参加できなくなりました。よろしくご了承ください。
三浦陽子

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.6.19——宮崎 智子さんから「Re: 槍ヶ岳参加したいです」
伊藤コーチ
お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
夫が足を怪我してしばらくドクターストップが、かかっておりました。
ようやく解除されたので無事ヤマ解禁です。
山の会への参加ですが、7月の愛鷹山に二人で参加したいと思います。
その時に是非大きな山の歩き方や、効率的な装備についてお伺いしたいと思います。
つきましては、回数券を購入したく、6月末迄に1万円を振込いたします。
また、主人の名前は、宮崎 徹です。山の保険損保ジャパンの傷害総合保険です。
保険に関しても、次回お伺いしたいと思っております。よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.16——稲葉 和平さんから「佐渡のコメント訂正」
伊藤幸司さま 誤変換のご指摘ありがとうございました。
(12)一部変換ミスがありました: 「1唐。5cm」は、正しくは「1〜3.5�僉廚任后�

その他にもコメントの訂正、追加があります。
(10)クルマバツクバネソウではなく、クルマバソウ(車葉草、アカネ科)です。クルマバツクバネソウはユリ科で、まったく違います。
(20)サワハコベです。

過去2回の佐渡の写真についてはまともに撮れている写真はほとんどありませんが、確かめてみます。
よろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.16——永田 幸子さんから「安達太良山」
おはようございます。
6cの安達太良山参加したいと思いますので
よろしくお願いします。

       永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.15——【コーチ】から「ちょっとしたお知らせ」
【コーチ】から
*お知らせするほどのことではないかもしれませんが、私が撮影した宮本常一先生の写真がNHKの番組に出るという連絡がありました。
*山口放送局のローカル番組で、宮本常一資料館(山口県周防大島)にある伊藤撮影の写真を使用したいという連絡は以前受けていましたが、それが7月8日(土)15時05分からの「ぐるっと日本」で全国放送されるとの知らせがありました。
*要するに写真が出るだけの事に関する著作権上の通知に過ぎないのでわざわざ見ていただくほどのことはないのですが、ディレクターの留守番電話での話っぷりではすこしはまとまったルポになっているかもしれないとも思われ、たまたま時間があり、思い出した方はテレビをつけてみていただけたら、ということです。その日は「7b愛鷹山」ですので。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.14——藤原 由香里さんから「吾妻耶山1」
伊藤先生さま
先日は、大変お世話になりました。私は太もも前方が筋肉痛になりましたσ(^_^;)
それから、保険はやまきふに入りました。
吾妻耶山の写真を送ります(*゚▽゚*)
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

FullSizeRender-0.jpg
大峰沼が静かに佇み新緑を映している。整然と美しいですねぇ。

FullSizeRender-1.jpg
皆さん、なんでこんなに下を向いているのでしょう?それは、ヒルがいないか探しているからではないでしょうか。多分…。

IMG_4338.JPG
この階段は急だったので、ヒルが怖かったけど手すりにつかまって降りました。アレレ、Nさんはストックを使ってますネ。

藤原由香里より

■吾妻耶山 2

FullSizeRender-5.jpg
今回覚えた花その1 雪笹

FullSizeRender-4.jpg
楽しそうですねぇ。この辺りは、左右で植生が異なっていました。右は常緑樹、左は落葉樹。不思議な結界にいるわけです。

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender-2.jpg
わらび三兄弟。音符に似ているせいか、ダンスをしている様に見えます!

IMG_4358.JPG
ヒルを恐れてか、皆さんほとんど座りません。休憩時間も短めです。

■吾妻耶山 3

IMG_4363.JPG
吾妻耶山山頂への入り口。結界です。

IMG_4366.JPG
山頂からの谷川岳方面。山頂から、煙のような雲が湧き立つ。凄いなぁ!

IMG_4368.JPG
皆さん、ご飯を食べて元気!

IMG_4374.JPG残雪をスルー。

FullSizeRender-6.jpg
この木の根っこは、木にとってのストックのようです。

■吾妻耶山 4

FullSizeRender-7.jpg
ほっとけ岩(笑)を囲む新緑。いろいろな葉っぱの透け感が重なり、この季節独特の景色なんだろうなぁと思いました。

FullSizeRender-8.jpg
覚えた花、その2。稚児百合

IMG_4400.JPG
下山後、ピザを食べました。1枚目は、写真を撮る間もなくお腹の中へ。2枚目も来るなり、手が伸びてきて。お腹の空き具合が良く分かります。

IMG_4401.JPG
3枚目も

IMG_4402.JPG
4枚目も、美味しかったです\( ˆoˆ )/
▲インデックス・ページへ


■2017.6.14——黒川 清裕さんから「黒川です。」
伊藤先生、ご無沙汰致しております。
先月末札幌での勤務先を定年退職し、過日妻と共に四年ぶりに東京へ戻って参りました。つきましては、再度糸の会での月一登山を実践させて頂きたく、まずは6月27日戸倉三山登山、小生一名の参加をご了承お願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.14——稲田 郁子さんから「安達太良山参加」
伊藤コーチどの

安達太良山に参加したいので、よろしくおねがいします。
なかなか花の山にめぐり合えませんが、今回期待しています。

                 稲田郁子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.12——小林 美子さんから「子持山のコメントを送ります。小林美子」
12:00…屏風岩の下に着きました。誰かが、休憩と言う、えっ!ここで休憩なの、
崩れはしないでしょうが
ちょっと、怖い場所でした。
12:37…この場所で7年前、獅子岩をバックに写した記念写真がありました。全然、記憶にありませんでしたが
屏風岩に登ったのです。
今回のメンバーの中でも、四人が写ってました。
忘れていました。
やはり、ここに登ったのですね。
12:38…後ろに獅子岩が見え、皆がそろって
いる所を撮ったのですが、良いところが、
松の木でかくれてしまいました。
12:42…大岩越え
No.1
12:42…No.2
12:44…大岩越え
トリックアートではないけれど、足、長〜〜い!! よ〜く見ると、 足の影でした。
12:44… No.2
12:44…No.3
この大岩は、足を掛ける所がなくて、この様にしなくては、越えられませんでした。
無事に終わった後は
楽しかった!
▲インデックス・ページへ


■2017.6.10——矢野 博子さんから「吾妻耶山の写真」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
吾妻耶山の写真送ります。
宜しくお願いします。

53: 9:45 大峰山登山口の入り口にあった看板。 お知らせには ”山ヒルが 生息しています。”という表示。 ギャー、 ヤバい。 昨日は 雨だったから 今日は ヒルにとっては 恰好の活動条件かもしれない。ヒルは それ程 悪さはしないけど 何しろ 気色悪い。 覚悟せねば。
54: 9:45 同じく 入口にあった 鳥の名前の看板。 歩いている途中 結構色々な 鳴き声が聞こえた。 鳴き声に詳しいFさんに いくつか 教えて貰ったが ヒルにやられまいと 足元を眼を凝らして見ていた私は 鳥の鳴き声にまで 耳を傾ける余裕がなかった。
58: 10:17 この時期 花は 少ないので 道の脇に咲くツツジは 私たちの眼を楽しませてくれた。
59: 10:18 緑一色の沼。 静寂そのものだ。 この沼を見て 初めて 随分前にここを訪れていることを 思い出した。
61: 10:36 湖面に風はなく 向かいの山の端が きれいに影を映していた。
68: 11:55 ユキザサの仲間だろうか。地味だが 可憐な花が咲いていた。
72: 12:23 緑に染まっている道。オゾン一杯だ。 今回の山歩きは 計画のコースタイムより 早めだった。 立ち止まってヒルの餌食になるよりはと 自然に足が速くなってしまったのかもしれない。
74: 12:50 吾妻耶山への分岐に咲いていた ミツバツツジ。  ピークに行って またここまで 戻ってくるので 目印となった。見事な枝っぷりだった。ピンク色が可憐だ。
75: 13:05 吾妻耶山山頂にある 石宮。 中々 どっしりしていて 風格があった。
76: 13:05 同じく山頂にあった 石宮。何年前のものだろう。
77: 13:07 山頂から望んだ谷川岳方面。 重い雲がかかっている。雪は 例年より多いのだろうか? こちら方面に 何回も来ているわけではないが 晴天だった記憶があまりない。
78: 13:07 同じく山頂から見た足元の集落。振り返ると よくこんなに上がって来たものです。
79: 13:39 北側斜面のせいか 雪渓が少し残っていた。
80: 14:03 木々の合間からみつけた シャクナゲ。時期は もう終わりなのでしょう。 咲いているのは僅かだった。花芽が 少ないですねとは コーチのお言葉。最近 花芽が沢山ついているシャクナゲに出合ってない気がする。
82: 14:14 山道に時々現れる道標は この様な自然の木を使っているものが多く 風情があった。 ここに書いてある 仏岩にも立ち寄ったが どこからみたら仏の姿に見えるのか分からなかった。
85: 14:24 ひょっこり現れたギンリョウソウ。 この写真のどこかに ヒルが 映っているのではと恐れたが 今の所見つからない。
86: 14:29 これは ブナだろうか。 今までと違った木が現れた。スーッとした立ち姿が きれいだった。
87: 14:30 これは 象の足?これは 太いブナなのか この皺が印象的で 思わず引き寄せられた。
88: 14:42 遠くに見つけた ホオの木の花。 クリーム色の大きな花が 一輪だけ 残っていた。
89: 15:01 これは チゴユリだろうか。殆んど 曇りの一日だったが 遅ればせながら差してきた陽射しに白い花が映える。
91: 15:04 やはり ここは 寒いのだなと思う。  春を告げるフキノトウが まだ 残っている。
92: 16:28 お風呂の後は すぐそばにあった ピザ屋さんに立ち寄った。 何種類ものピザは どれも合格点。とろーりとしたチーズが 絶品。
95: 16:41 ご主人様たちが ピザで お腹を満たすのを待っているザック達。 今日も 一日 お世話になりました。
96: 17:22 シメは  このとろーりのキャラメルソースと生クリームのかかったプリン。一日歩いた自分への ご褒美。 とは言え  これだから 太っちゃうのかも。


IMG_5653.jpgIMG_5654.jpgIMG_5658.jpgIMG_5659.jpgIMG_5661.jpgIMG_5668.jpgIMG_5672.jpgIMG_5674.jpgIMG_5675.JPGIMG_5676.JPGIMG_5677.jpgIMG_5678.jpgIMG_5679.jpgIMG_5680.jpgIMG_5682.jpgIMG_5685.jpgIMG_5686.JPGIMG_5687.jpgIMG_5688.jpgIMG_5689.jpgIMG_5691.jpgIMG_5692.jpgIMG_5695.jpgIMG_5696.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.6.9——川島 登美枝さんから「榛名富士」
直前で申し訳ないのですが、明日の榛名富士参加します。
計画書は印刷していきますので、地図だけいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.9——山咲 野の香さんから「榛名山参加希望 山咲野の香です」
明日の榛名山、参加希望です。半世紀ぶりの榛名、梅雨の晴れ間を期待してますが。
よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.9——三浦 陽子さんから「参加連絡」
おはようございます。明日10日(土)の榛名富士、無印でしたが参加させてください。
よろしくお願いします。
三浦陽子

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.6.8——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より」
伝言文
   伊藤幸司さま
   
   子持山の写真とコメントです。
   よろしくお願いします。
   
   稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.4——稲葉 和平さんから「6b。榛名富士、参加します」
伊藤幸司さま

6b. 榛名富士、参加します。(△→〇)。
よろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.4——小林 美子さんから「子持山の写真を送ります。小林 美子」
子持山では、お世話になりました。今回は風景ではなく、なぜか、人物ばかりの写真でした。
8枚、送ります。

6C の安達太良山を◯でお願いします。
DSC_0518.JPGDSC_0523.JPG

子持山の写真、No.2 小林美子
170604
DSC_0524.JPGDSC_0527.JPG

子持山の写真、No.3 小林美子
170604
DSC_0528.JPGDSC_0529.JPG

子持山の写真を送ります、 No.4 小林美子
170604
DSC_0530.JPGDSC_0531.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.6.3——佐藤 時子さんから
いつもお世話になりありがとうございます。
戸倉三山、三ッ峠を参加に
して下さい。
越前岳は、不参加にして下さい。 よろしくお願いします。 佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.1——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より

伝言文
伊藤幸司さま

佐渡の写真(2ファイル)とコメント(1ファイル)をお送りします。
枚数を絞るつもりでいたのですが絞るとアオネバ登山道のニリンソウと沢口登山道のシラ
ネアオイだけになってしまい、それも面白くないのでまたまた大量になってしまいました。それだけ今回の佐渡は見どころがあったということでもあります。
よろしくお願いします。
稲葉和平拝

<1日目: アオネバ峠>
 1080・・・新潟駅でコーチと合流。佐渡は今回で3回目、やっと好天に恵まれそう。
 1087・・・ジェットフォイルも晴れていると気持ちがいい。窓から見えている海沿いの山は弥彦山?、角田山?それとも米山?。
 1102・・・糸の会お出迎えのタクシー。個人ツアーのようでなんだか懐かしい気がした。
 1105・・・アオネバ登山口。また来た!、という感じ。
 1113・・・最初に来たときは滑りそうな橋があったことを思い出した。
 1118・・・クルマバツクバネソウ(アカネ科)。クルマムグラに似ているが漏斗部分が長い。乾くとよい香りがするらしい。植物の同定には匂いがキーポイントになることが結構あるらしいが、あらかじめわかっていないとなかなか匂いをチェックする気にならない。
 1133・・・色鮮やかなオオイワカガミ(イワウメ科)、たぶん。葉の直径が8㎝以上がオオイワカガミ、日本海側に分布、とある。イワカガミは葉の大きさでオオイワカガミと、1唐。5cmで高山に咲くコイワカガミ、そしてその中間のイワカガミと3分類されるとのこと。
 1137・・・オドリコソウ。こんな大群落は初めてだ。
 1143・・・美しいシダ?。でも、茎が凹型をしていたからもしかしたらクサソテツ(コゴミ)。葉の裏にぶつぶつの胞子嚢がないことをチェックし忘れた。
 1149・・・なんだっけ?
 1175・・・オオミスミソウの葉。立派な葉がでているので花も期待できそうと思ったのだが。
 1231・・・シラネアオイ。ちょっと咲きすぎ。
 1267・・・ニリンソウの群落、ちょうど見頃!。
 1270・・・今までのニリンソウのイメージを超えて、大きい!。
 1272・・・勢いよく沢沿いに大きく広がる。圧巻。
 1273・・・ニリンソウ、シラネアオイにクサソテツ(ということにしておきましょう)の美しい緑色が素晴らしい。
 1278・・・これでもか!、というくらいに広がるニリンソウの群落。
 1280・・・今までカメラでニリンソウの群落を上手く撮れたことはなかったが、今回は何とか撮れたように思う。
 1284・・・伸び伸びとしている!。今年はニリンソウの当たり年だったのかもしれない。4/28に秩父の蓑山(美の山)でもこれまでにない規模でニリンソウの群落があったし、4/30に笠山の白石車庫に近いところのニリンソウの群落も杉林の奥深くまで広がっていた。ついでに言うと、その場所のニリンソウは4/12の段階では開花していなかったが、都合でショートカットで笠山峠から白石車庫に下りた友人によると、途中ニリンソウがたくさん咲いていたとのことだった。
 1289・・・ニリンソウは「可愛い」という形容詞が似合わないくらいに立派。
 1293・・・独り静かというイメージとは程遠い、元気のいいヒトリシズカの群落。
 1295・・・よく伸びている。花が3つのものもあるが、ニリンソウ。ニリンソウは葉が茎に直接ついているのに対し、サンリンソウは葉茎がある。イチリンソウも葉が違うので区別がつく。
 1297・・・きりがないけど、素晴らしい。
 1298・・・標高が上がればピンクの蕾もあるのではと期待していたが、どこまで行っても、満開!。
 1299・・・ 良く咲いていました。
 1308・・・オオイワカガミも満開!。
 1397・・・ドンデン山荘への林道も天気がいいと気持ちがいい。
 1418・・・青空だと海の景色も素晴らしい。
 1452・・・露天風呂から、金北山に沈む夕陽。

<2日目: 金北山>
 1466・・・ホテルの屋上から日の出。
 1472・・・海にはさまれた街が美しい。
 1483・・・金北山を被っていた雲も上がりそうだ。
 1490・・・沢口登山道は危険個所多く一般向きでない、と書かれている。要は整備されていないということか。
 1494・・・ウツギ(ユキノシタ科)。春先にはどこにでもあるけど・・・。
 1499・・・道が荒れているとの理由でタクシーは登山口より1時間ほど手前までしか行ってくれなかった。こんな立派な道なのに!。
 1502・・・総苞片が反り返っていないのでニホンタンポポであることは間違いなさそう。エゾタンポポ(総苞の先端が丸い)かカントウタンポポ(総苞の先端に棘がある)かはこの写真では分からない。
 1507・・・マムシグサ(サトイモ科)ものびのび、デカイ。
 1510・・・クサソテツ?の緑が美しい。
 1521・・・タニウツギ。咲きはじめは景色に彩りを与えてくれてうれしいが、満開になると少々うるさい。
 1523・・・ウワミズザクラ(上溝桜)。花序の中の小さな花をみるとサクラの形らしいけれど。
 1525・・・オニグルミ。タクシーの運転手に言われて外を見たらこの木がたくさんあった。島中どこにでもあるようだ。
 1528・・・大きな葉はオオイタドリ?。違うかも。
 1533・・・ニワトコ。秋には真っ赤になる。上高地の梓川のニワトコが印象的だった。
 1546・・・ホウチャクソウ。これほど堂々とした群落を見たのは初めて。
 1563・・・サワハコベ。
 1571・・・ヤナギ、たぶん。
 1577・・・タチツボスミレの色も鮮やか。
 1578・・・「兵庫」?。
 1597・・・人がほとんど通らないせいだろう。こんな低い位置にある洞に巣。こちらもあわてたせいかピンボケ、滅多にないチャンスだったのだからもっと落ち着いて撮るべきだった。
 1602・・・オオミスミソウの葉が目立ち始めたから花もそろそろ出番だろう。
 1603・・・きれいな色のオオミスミソウ。
 1606・・・モミジイチゴの花もたくさん。
 1607・・・登山道沿いには昨日に続きシラネアオイが広がっているが、新鮮度が気になる。
 1609・・・元気のいいヒトリシズカの群落。
 1613・・・アオキの雌花。真ん中に雌蕊があって雄蕊はない。アオキは雌雄異株なので秋に赤い実がなるのはこの雌株。雄株は雄蕊が4枚あって真ん中にあるべき雌蕊はない。
 1615・・・コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)。
 1627・・・撮ってくれと言わんばかりのチゴユリ。
 1628・・・たぶん、ツルシキミ(ミカン科)。
 1630・・・初々しいクロモジの花。
 1634・・・開きはじめの初々しいヒトリシズカ(センリョウ科)。
 1641・・・シラネアオイの群落。
 1647・・・昨日のアオネバ峠コースよりぐっとフレッシュだ。
 1664・・・オオミスミソウ。
 1672・・・日が当たっていても瑞々しい。
 1675・・・次々にシラネアオイの群落が現れる。
 1682・・・オオミスミソウはちょっと盛りを過ぎているが、それでも十分きれいだ。
 1686・・・もう少し赤系統の色があるといいのだけど。
 1697・・・ミヤマカタバミ。葉っぱはたくさんあったけど花は少なかった。
 1700・・・真っ白なスミレ。何スミレかはわかりそうで分からない。側弁に毛があればツボスミレだけど、この写真のスミレには毛が無い。スミレサイシンかも。
 1702・・・キクザキイチゲ。まともなのがようやく出てきた。
 1704・・・見てくれと言わんばかりだ。
 1714・・・クサソテツ?。美しい。
 1717・・・こんなところでフッキソウ。でもこれだけだったような。
 1725・・・エンレイソウ。こうしてみると「花」だと思う。
 1745・・・オオカメノキの花が意外と目立たなかったような気がする。
 1760・・・やっとカタクリらしいカタクリ。でもちょっと傷があるのが残念。
 1792・・・ちょうど見頃のオオイワカガミの群落。
 1816・・・見頃の時期は終わったと諦めていたカタクリもやっとこの辺りで生きのいいのが出てきた。
 1833・・・スミレサイシン。
 1851・・・蕾もまだあった。
 1853・・・カタクリらしいカタクリ!。
 1861・・・キクザキイチゲ。色はきれいだがまだ開く途中。
 1875・・・アラゲヒョウタンボク。
 1880・・・白いカタクリ。実際に見た感じはもっと透明感があったような気がする。
 1885・・・元気のいいショウジョウバカマ。
 1903・・・金北山の山頂への稜線。前回もここに上がる壁で苦戦したことを思い出した。
 1912・・・眼下にスタート地点のダム。
 1916・・・雲が切れると新緑と青い海が美しい。
 1925・・・NHKのクルーのガイドさんは沢口登山口のコースはガイドも登らないと言っていた。
 1928・・・全員到着を待つように青空が広がり始めた。
 1937・・・若い!。
 1952・・・今シーズンはタムシバにはあまりお目にかかる機会がなかった。
 1958・・・ここから先の防衛道路が結構長い。
 1977・・・気分のいい眺め。
 1983・・・エチゴキジムシロ(バラ科)。小葉が5枚。3枚は高山植物ミヤマキンバイ、5-9枚はキジムシロとのこと。
 1986・・・もう花は終わりと思っていたら元気のいいキクザキイチゲ。
 1993・・・アマナ(ユリ科)。小さな花だし急いでいるので焦点を合わせるのは難しいのでいい加減に撮った割にはきちっと写っていた。
 2005・・・新緑の微妙なグラデーションを小さなデジカメで表現するのは難しいと思う。
 2010・・・3度目でやっと想像していた佐渡の景色を見ることができた。
 2035・・・残念ながら正面からまともに撮れていたのはこの1枚だけ。手を伸ばしてシャッターを切った3枚は焦点が合っていなかった。
 2043・・・道路わきの藪の中を覗いたら元気のいいシラネアオイの群落が広がっていた。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.31——若井 康彦さんから「吾妻耶山」
伊藤さま、吾妻耶山のご連絡いただき、ありがとうございます。この機会に復帰目指してきましたが、腸腰筋の痛みと痺れが抜けず、今回は自重いたします。次の機会によろしくお願いします。若井
▲インデックス・ページへ


■2017.5.30——矢野 博子さんから「子持山写真」
伊藤コーチさま
子持山では お世話になりました。
当日の写真 送ります。
20: 11:58 11:30に行動開始して 30分程で 屏風岩の足下に到着。覆いかぶさってくるような岩で いつ上から崩れてくるかと 下にいても 何か落ち着かない場所だった。 これから この岩を目指すことになる。
23: 11:59 屏風岩の下に鎮座まします赤い鳥居に まずは 安全祈願をした。
24: 12:35 何とか へばりつきながら たどり着いた屏風岩からみた獅子岩。  終わってみれば 楽しい屏風岩だったが 途中では 果たしてこの岩 登ったのはいいが 戻れるだろうか?と来たことを後悔。 時すでに遅し、戻るしかないのだ。。しかし 意外にも帰りの方が 楽だった。今度は あの大変そうな獅子岩に挑戦だ。何が待ち受けているやら。
29: 12:38 てっぺんまでの道は きちんと整備されていて こちらの岩の方が 手掛かりがあり 不安が少なかった。獅子岩の先端まで行った元気な若い二人。 自信に満ちた笑みを浮かべている。私は 足が すくんでしまい行けなかった。
32: 14:15 獅子岩の山頂にそびえる石碑? 修験の山であることが伺える。
33: 14:16 岩のてっぺんから見た下界は こんなだった。 里は近いのだけど 随分登って来ている。
34: 14:24 無事に二つ目の岩を制し この鉄のはしごをゆっくりと降りた。ふーっと緊張がほどけた。
36:14:43 尾根道のツツジは 期待した程ではなかったが 一面 緑の世界では かなりポイント高かった。
49: 17:06 ツツジの色にも 赤っぽいものと この様なピンクのものがあった。 どちらも新緑に映えて きれいだ。
50: 17:55 子持神社に下山。もう 18時だ。 厳粛な雰囲気の中に 静けさが 漂う。 どうやら お陰様で無事に下山でき 感謝。


写真につけているキャプションですが お褒め頂き 恐縮です。 くすぐったいです。
 実は 先日 友人に 文章 褒められ ちょっとびっくりしました。 どこかで 習ったのですか?とまで 聞かれました。
私は 小学生の時から 作文が 大嫌いで 読書感想文などの宿題が出ると いやで たまりませんでした。(読書感想文というのには 未だに疑問をもってますが)
 でも 数年前から 糸の会の写真提出の際には キャプションをつけて提出せよという指示が 半強制的にあり  以来 文章を書くのが 嫌いでなくなり 楽しくさえなってます。
そんな訳で もし私の書いている文が 少しでも まともであるなら 機会を与えてくださった 伊藤コーチのお蔭と言っても過言でありません。
写真も 然りです。 写真には 何の興味もなかった私ですが 発見写真旅に参加してから カメラを持つようになり 今は どこかで写真展などあると 覗いてみたりしています。
糸の会の計画の中で 発見写真旅の実施日だけが 有給取らずに参加できたので 参加するという 不純な動機のスタートです。
写真という自分の興味の対象が 増えました。  矢野博子

IMG_5620.JPGIMG_5623.jpgIMG_5624.jpgIMG_5629.jpgIMG_5632.JPGIMG_5633.jpgIMG_5634.JPGIMG_5636.jpgIMG_5649.jpgIMG_5650.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.5.26——戸田 美香さんから「参加希望」
こんにちは、6月安達太良山参加します、よろしくお願いいたします。戸田
▲インデックス・ページへ


■2017.5.26——林 智子さんから「参加希望」
伊藤コーチ殿。

  *6月20日・21日の安達太良山を参加で
   お願いいたします。

  あれこれ ご無沙汰している間に 5月も残り
  あと数日になってしまいました。
  冬から春になり 桜だわねーなどといってる間に
  もう夏。
  夏の山歩きに 着ていくシャツとズボンはどれだっけ?
  ただいま タンス整理中で・・・今日は ちょっと
  アウトレットに 山用品を探しに行かねばなりません。
  山では それどころではないことがたくさんあって
  私なんかは 身も心も 全身 アセアセ・・・という 
  軟弱者状態です。
  
  北のほうは いま頃 緑滴っている季節でしょうか。
  雲も出没してるんでしたっけ?
  楽しみです。

林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.5.24——三浦 陽子さんから「子持山写真」
子持山ではお世話になりました。少しですが写真送ります。
屏風岩、獅子岩の登り降り楽しかったです。
三浦

IMG_3518.JPG

IMG_3520.JPG
屏風岩の上で。獅子岩をバックに余裕の笑み。

IMG_3524.JPG
向こうに見えるのが子持山?

IMG_3528.JPG
獅子岩の上で上機嫌!

IMG_3530.JPG
記念写真の撮影のため獅子岩の最も高いところへ。気をつけてー。

IMG_3536.JPG
下山した子持神社は、新緑に囲まれ厳かな雰囲気 だった。

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.5.23——稲葉 和平さんから「子持山、参加します」
伊藤幸司さま

稲葉です。
明日(5/23)の子持山、参加させていただきます。
大宮で合流します。
よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.23——岡田 恭子さんから「山行追加」
伊藤コーチ様

白山
仙丈甲斐駒
→ △
で、よろしくお願いいたします。

追伸:佐渡の花ですが、コシノカンアオイ か ウスバサイシン か わかりません。わかったらお教えください。

------------------
岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2017.5.20——山本 良彦さんから「子持山参加ほか」
伊藤コーチさま
子持山に参加します。
また、6b榛名富士を×に。6a吾妻耶山を△に変更してください。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2017.5.18——矢野 博子さんから「計画変更など」
伊藤コーチさま
佐渡のカタクリは どうだったでしょう?
数年前に ここを訪れた時 花が見事で感動したこと 未だに覚えています。

下記の様に計画変更になりましたので 宜しくお願いします。
6C → 〇 6D→✖
7C→✖ 

 六万騎の写真 興味深く拝見しました。
私は コメントを付けて送信してますが 反映されてないようです。
三浦さんもコメント 送っていたと思います。

ミツバ岳の写真は とても幻想的で 魅力的なものが 何枚もありました。写真を撮らない人には 雨模様だったので あまり嬉しくなかったかもしれませんが 写真を撮る人には
良い一日だったのではと感じました。矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.5.17——宮崎 智子さんから「槍ヶ岳参加したいです 宮崎 智子」
ご無沙汰してしまい申し訳ございません。武甲山で初参加した宮崎です。今年度前期のスケジュールありがとうございました。土曜日開催が月一なんですね。チョット残念でした。今期の山行ですが、夏休みが取れそうなので、槍ヶ岳縦走に夫婦で参加したいと思っております。
今年は奥穂高か槍ヶ岳どちらかに行こうと計画していたのですが、経験者の同道無しで行くのが不安だと話していたところに丁度この計画書が❗️なんとか会社の夏休の調整もつけられそうな気配ですので、2人参加で申込いたします。山行迄に長めのの日帰り登山でトレーニング頑張ります。
その後の我が家のご報告です!
コーチが教えてくれた旦那の荷物を重くする作戦、大成功でした!チョット散財して50ℓのザックを買い、日帰りでもその中にコッヘル、食料、交換レンズ、予備の水などを詰めて持ってもらい、私はいつもの通りの日帰り装備で出掛けるようになったところ、ペースがあい、おじゃる丸とは言われなくなりました。装備重量は、凄く考慮しなくてはならないポイントなんだと実感しました。ありがとうございました。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.16——曽根一郎さんから「山行 取りやめの件」
伊藤 コーチ どの

いつもお世話になっております。掲題につきまして

6b 6/10(土) 榛名富士 を取りやめさせていただきます。

よろしくご了承ください。

                    曽根 一郎
▲インデックス・ページへ


■2017.5.15——福沢 和子さんから「福沢です」
伊藤様
明日の金北山山行の集合ですが、上野駅から
乗車いたしますので、よろしくお願いいたします。
福沢
▲インデックス・ページへ


■2017.5.12——小林 美子さんから「Re:飛龍山の写真」
有難うございます。
お手数をおかけしました。
後で、ゆっくり見ます。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.11——佐藤 時子さんから「Re:土曜日の三頭山の件」
早速に、ありがとうございます。了解しました。
佐渡は、天気も良さそぅで
楽しみにしています。よろしくお願いします。佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.5.11——岡田 恭子さんから「佐渡」
佐渡 申し込みます。
よろしくお願いいたします。

岡田
▲インデックス・ページへ


■2017.5.11——小林 美子さんから「飛龍山の写真の件 小林美子」
飛龍山の写真を送ってあります。
すみません、確認して下さい
▲インデックス・ページへ


■2017.5.11——三浦 陽子さんから「参加予定について」
5c佐渡 金北山の計画書ありがとうございました。計画書記載の参加メンバーに私の名前が◯印で入っていましたが、今回は不参加ですのでご確認ください。
5cは△印で申し込みをしました。
HPの参加予定は△印になっています。
よろしくお願いします。
三浦
🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.5.10——稲葉 和平さんから「Re: 桜山の写真アップしました」
伊藤幸司さま

「桜山」の、自分の写真についてのコメントです。
(3):この写真、角度が悪く、側弁に毛が無いと間違って判断した可能性が強そうです。(103)のスミレの写真の側弁の毛の感じからすると、(3)もスミレのようです。もう少ししっかり見て写真を撮るべきでした。(2)の写真はたぶん(3)と同じ個体をいい角度から撮ったものなので、拡大してみればはっきりと毛が確認できるのではないでしょうか。

稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.5.14——【コーチ】から「甲武信ヶ岳の写真と佐渡の件」
【コーチ】から *発見写真旅No.108の甲武信ヶ岳に過去の6本を追加をしました。御覧ください。
*明後日の「5c佐渡」ですが、伊藤は新潟駅でお待ちしています。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.7——矢野 博子さんから「浅間嶺写真 その2」
矢野博子 伊藤コーチさま

浅間嶺 その2 送ります。
36: 11:23 山が一斉に動き始めたようだった。新緑と言ってもビミョウに色が違い なんとも言えない味わいがあった。
38: 11:25 緑の山の所どころには 山桜の淡いピンクがあり それがまたお互いを際立たせていた。
43: 11:33 山道の途中には 峠の茶店があった。 ヤマモモだろうか 紅と白の花が玄関を飾っていた。 結構 繁盛していて 待ち時間一時間と言う店の人の話だったので ここは残念ながら パス。
44: 11:35 ニリンソウの群生が 時々見られた。今回は 花に詳しいOさんの後ろを歩いていたので ”これは 何々”と教えて頂き お陰で 随分と楽しめた。
51: 12:03 これは ヒトリシズカの仲間だろうか。
54: 12:10 新緑の洪水。光で透けて見える葉っぱ。うーん、きれい。
56: 12:33 浅間嶺の展望台からは ご覧の様な富士の嶺。少し前までは 雲に覆われていたそうだから とても良いタイミングでここに到達したことになる。やはり 見えると 嬉しい。
60: 13:14 展望台を過ぎて 暫く行くと 八重桜の向こうには 白い桜。もしかしたら 薄いピンクかもしれないが ソメイヨシノだろうか。 この山は 色々な桜が楽しめるという事で有名とか。
63: 13:38 下りにかかってしばらくすると 右手の視界がぱーっと開け 奥多摩の山々を一望することが出来た。
68: 13:58 エンレイソウの仲間でしょうか。
70: 14:38 5月の光が 輝いている。今回の写真の中で 一番気に入っている一枚。
74: 15:19 下りも終盤にかかると 里山に近づいてきて カラフルな木々が道を飾っていた。緑の風と新緑の山に囲まれた一日だった。

IMG_5536.jpgIMG_5538.jpgIMG_5543.JPGIMG_5544.jpgIMG_5551.jpgIMG_5554.jpgIMG_5556.jpgIMG_5560.jpgIMG_5563.jpgIMG_5568.jpgIMG_5570.JPGIMG_5574.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.5.7——矢野 博子さんから「浅間嶺写真 その1」
伊藤コーチさま

浅間嶺では お世話になりました。
何よりのご馳走は まさしく ”山 滴る”(俳句を嗜まれているOさんから教えていただきました。) ”5月の風”でした。
何とかこの風を感じる写真が 一枚でも撮れればとシャッターを切りました。
(今回は -3分の一で撮ってます。)

当日の写真 二回に分けて送信します。

23: 9:43  登山開始前に 近くにある払沢の滝を見学。木片(チップ?)を敷き詰めた道が 足に優しかった。思ったより水量が少なかった。
31: 11:05  ヤマブキ。よく見るヤマブキより一つ一つの花が大きい感じがしたが 違う種類なのだろうか。
32: 11:08 パッと開けた新緑の世界。 木々が目覚める季節、清々しい。
IMG_5523.JPGIMG_5531.jpgIMG_5532.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.5.7——【コーチ】から「高尾山の写真」
【コーチ】から
*発見写真旅No.132「高尾山」に過去の写真を「追加」で加えました。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.6——稲葉 和平さんから「高度計について」
稲葉 和平 伊藤幸司さま

iPhone向けの「GPS高度計アプリ」はたくさん出ていると思いますが、私自身は使ったことがありません。
●私が使っているのは「FieldAccess」というシンプルな登山用地図アプリで、地図は国土地理院の2万5千分の1の地図(無料)を画面に表示し、GPSによる自分の位置とあわせて標高も表示されます。
●ほかにもいろいろな登山用地図アプリがあります。「山と高原地図」もアプリがあります。もちろん有料です。
●GPSによる高度計の方が気圧による高度計より、一般的には正確性が高い思います。ただし、GPSも大気中の水分などによって電波の速度に影響を受けるので、100%正確というわけではありません。それでも、気圧による高度計は天候が変化するとき、つまり気圧が変化するときには高度測定に影響を受けるので、GPSの方が安定しているように思います。もちろん、大荒れの天候のときには電波も乱れることがあるので絶対ではありません。
●iPhoneの問題はバッテリー容量が大きくないことです。山での行動中は通信機能を止め、GPS中心に機能を絞っておくなど、バッテリーの節約に気を配る必要があります。予備バッテリーは不可欠です。また、バッテリーは低温に弱いので、冬場は特に注意が必要です。
●CASIOの腕時計PROTREKは気圧で高度計測をしています。(私のは初代?のものなので最新のモデルの精度はもっと高くなっているようです。)気圧による高度計の場合、正確な高度を得るためには歩きはじめの時点で標高の補正をしておくことが前提となります。また、天気が良くなれば(気圧が高くなれば)高度は低めに、逆に天気が悪くなる時(気圧が下がるとき)には高度が高めに表示されるということを頭に入れておかないと地図上の位置を誤ることになります。
●小型の高度、位置情報、などを捉えることのできるGPS専用機(6000円程度)もあります。軽くていいのですが、字が小さいので目のいい人でないと使い物にならないでしょう。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.5.6——稲葉 和平さんから「Re: iphone、ipadでの文字化けについて・・・メール欄は読めます」
伊藤幸司さま

TOPページを開いてみましたが、相変わらず文字化けしています。

稲葉拝

【コーチ】から
稲葉 和平さま
*お手数ですが、糸の会ホームページのトップページが読めるようになっていませんか?
*確信はないのですが、ちょっといじってみました。
2017.5.6 伊藤 幸司
▲インデックス・ページへ


■2017.5.5——川本 裕香さんから「三頭山」
浅間嶺ではお世話になりました。新緑が美しい時期ですね。
5/13三頭山ですが、家の都合が出来てしまい、欠席でお願いします。

よろしくお願いします。

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.5.5——稲葉 和平さんから「iphone、ipadでの文字化けについて・・・メール欄は読めます」
伊藤幸司さま

iPhone、iPADの最新版OS、IOS10.3.1で糸の会のHPの文字化けの件、「メール欄」だけは正常に読めます。
理由は全く分かりません。(「*計画&参加予定」は文字化けします。)
iPhoneのOSをIOS10.3.1にしてしまった場合には、糸の会HPは文字化けしてしまいますが、お化け文字の中を「メール欄」までたどり着けば、読めます。あるいは、「PCからメール欄」のURLをiPhoneに送っておけば、簡単に「メール欄」にアクセスできます。

以上、お知らせしておきます。
稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.5.4——矢野 博子さんから「坂戸山 六万騎山 写真 その2」
97: 六万騎山 山頂付近のカタクリ。 一番いい時期は 終わっているかもと すれ違った人に言われたが 山頂は どうしてどうして まだまだ 真っ盛り。 少し傾きかけた陽射しが 美しさを際立てていた。今回は 冥途の土産には 多すぎるぐらいのカタクリだった。
06: イカリソウの群生。 かなり ピンボケだが 沢山咲いているイカリソウを画面に収めたかった。
09: 下山してから 一般道をあるいて 前方に現れた山。 どっしりしている。 
10: これも下山してからの景色。 手前の人里と山と こういう雰囲気 私は好きだ。
11: 道脇の水路には ミズバショウも現れた。 もう 花の時期は終わっていると思っていただけに 皆を 驚かせた。

IMG_5497.jpgIMG_5506.jpgIMG_5509.jpgIMG_5510.jpgIMG_5511.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.5.4——福沢 和子さんから「参加します」
伊藤様
佐渡(金北山)に参加します。
よろしくお願いいたします。
福沢
▲インデックス・ページへ


■2017.5.4——小林 美子さんから「足がつった、事件 について。小林美子」
国木田様
いろいろの、アドバイス
有難うございます。
72歳ともなると、山と
言わず日常にも、今まで無かった事がいろいろとおきています。
前は、こんな事なかったのにねぇ〜と思う事が多々あります。
今回の足がつるという事は
日常で、何度も経験していますが、つって動けなくなった事は初めてです。
やはり、薬を頂いて飲みました。
薬とか湿布に頼ってしまいます。
歳だとは、わかっていても
山を歩きたい気持ちが大きい・・
もう、そろそろ、無理のない山だけに、しようと思っているけれど、行きたい山が多くて……
行きたい山と行ける山は
違いますね!
頑張ってもいつかは、限界がある。
もう、目の前に……😞

治らない偏り
アドバイスする方からみると、一向に進歩しないから、偏りを意識する気がありませんと言われてしまいますが、直そうとする意識はしているのです。
努力はしているつもりです。
あの時は、リックを持ってもらったので、なんとか
リセットできる様にいつもより真剣にアドバイスを、
聞きながら、いろいろな歩きかたをしました。
痛みも存分に味わいながら
努力したつもりです。
それでも、コーチの思う様にはできてなかったとおもいます。でも、少しずつ
筋肉の怒りが、治まってきました。
峠からは、下りだから
良かったけど、登りだったら、又筋肉の怒りがでてきたのかな、と思います。

次回が心配です。
宜しくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.3——矢野 博子さんから「坂戸山 六万騎山 写真」
伊藤コーチさま
坂戸山 六万騎山の写真  二回に分けて 送ります。(こちらの手違いで 途中の写真が 抜けてしまいました)

12: 9:14  新幹線越後湯沢駅。 シーズン外れのせいか 人影はあまりなく 新幹線の駅にしては 寂しく感じられた。駅の向こうには 残雪の山とロープウエイが見える。
23: 10:17 六日町の駅から坂戸山に向かって行く途中に流れる大きなゆったりとした川。小さな子供たちが 明るい陽射しの中 楽しそうに橋を渡っていく。こんな環境の中で大きくなるなんて 羨ましい。
24: 10:17 日本の原風景みたいな  映画のシーンに出てきそうな景色。 思わず深呼吸をする。 わずか数時間の新幹線で この世界だ。うーん、来てよかった。
25: 10:17 若者たちが 現代版のいかだで下って行く。気持ちよさそう。 よく転倒しないなと感心する。
58: 12:07 坂戸山の山頂近くになると雪が残っていた。凍っているわけではないので 歩きにくいということはなかった。今年最後の雪の感触。楽しい。
59: 12:07 振り返れば 遠方の山は まだ たっぷりの雪。日本海側に来ているという感じが十分する。名峰の名前が分からず残念だが 山頂からの360度の眺めは 圧巻だった。
65: 12:15 今日の主役はカタクリだが それはそれでたっぷりお目にかかれたのだが 私が それより気になったのが このショウジョウバカマ。こんなに沢山出会ったのは初めてかもしれない。
67: 12:41 この山が ”花の百名山”に入っているかどうか 定かでないが このイワウチワも今までに見たことないぐらい 沢山出没した。 薄いピンクが愛らしい。
82: 13:23 坂戸山を下山始めて そろそろ終盤という頃 脇にあった三つの鳥居。下山路には 道端に石仏が いくつも据えられて 夫々顔つきが変わっていた。 多くは 穏やかな顔だった。
84: 14:02 イカリソウのアップ。 この花も いたるところに出没していて楽しませてくれた。
88: 14:23 この中央で咲いているのは 5万本に一本という白いカタクリかなと願いをこめて 撮影したが 多分 ハズレ。単に色が褪せたピンクのものらしい。
97: 14:42
06: 15:02
09: 15:20
10: 15:22
11: 15:29
14: 15:34 下山してから 一般道を通って お楽しみの場所へ。八海山酒造の物産店へ向かう途中の桜。 山頂でカタクリが全盛の頃 下界ではこの様なソメイヨシノが満開。カフェで味わったコーヒーの美味しかったこと!

IMG_5412.jpgIMG_5423.jpgIMG_5424.jpgIMG_5425.jpgIMG_5458.jpgIMG_5459.jpgIMG_5465.jpgIMG_5467.jpgIMG_5482.jpgIMG_5484.jpgIMG_5488.jpgIMG_5514.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.5.3——佐藤 時子さんから
明日、浅間嶺に 参加させて
いただきたく よろしくお願いします。佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.5.3——川本 裕香さんから「明日」
おはようございます。
明日の浅間嶺、参加お願いします。
お天気良さそうですね。

よろしくお願いします。

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.5.1——中村 泰子さんから「5a 浅間嶺」
伊藤様

こんばんは、いつもお世話になっております。
5月4日の浅間嶺に参加したいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.5.1——川島 登美子さんから「浅間嶺」
お世話になっています。
浅間嶺に参加したいので、よろしくお願いします。
なお5b三頭山△→✖️
5c佐渡参加でお願いします。

川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2017.5.1——齊藤 紀久子さんから「浅間嶺」
  こんにちは   齊藤紀久子です。

5月4日の浅間嶺 参加 で、おねがい致します。
資料は当日で結構です。
▲インデックス・ページへ


■2017.5.1——佐藤 時子さんから「参加」
いつもお世話になりまして ありがとうございます。
佐渡(金北山)に参加します。 よろしくお願いします。
佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.4.29——永田 幸子さんから「浅間嶺」
こんばんわ。
5aの浅間嶺に参加したいと思います。
よろしくお願いします。

       永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.4.29——小林 美子さんから「飛龍山の写真のコメントです。小林美子」
18日
13:40…丹波天平(たばでんでいろ)変わった読み方です。秋の紅葉は有名らしいが、今は緑はなく、冬の山。
これから先、サオラ峠までの
1時間弱、足がつって動けなくなりました。
リックを持って頂き、迷惑をかけましたが、なんとか峠までつきました。
15:33…ハシリドコロ。
毒があるので、動物も食べないので、花がきれいに
咲いていた。
間違って食べると、嘔吐や
痙攣等の中毒症状をおこすそうです。
15:42…サオラ峠から三条の湯の間に、鳥の巣箱が、あった、番号を確認したのは、No.150迄でした。
これはNo.62の巣箱
三条の湯あたりが、No.1
水道局の方が昨年取り付けたものとか・・
はたして、鳥さんの住まいと、なるでしょうか?
16:28…やっと、三条の湯がみえた。

16:32…三条の湯では、熊さんのお出迎え。
かわいい熊さん、写真でみると生きている様だ。

16:50…小屋の裏
下りていってはみませんでした。
19日
9:16…北天のタル
雲取山への分岐の所。
ここから、先に雪がありました。アイゼンをつけて
歩き出す。

9:19…戻りましょう。
キケン!!
12:01
12:02…ネコノメソウ
14:15…写真では、わかりにくいですが、崩れた様なところが、何ヵ所もあり
ました。一歩滑ったら、
こわい!
緊張します。
整備してくれるのでしょうか?
▲インデックス・ページへ


■2017.4.29——小林 美子さんから「飛龍山の写真を送ります。小林美子」
18日を6枚
19日を5枚、送ります。
DSC_0392.JPGDSC_0395.JPG

飛龍山の写真、No.2、小林美子
DSC_0396.JPGDSC_0401.JPG

飛龍山の写真、No.3、小林美子
DSC_0403.JPGDSC_0412.JPG

飛龍山の写真、No.4
DSC_0417.JPGDSC_0418.JPG

飛龍山の写真、No.5、小林美子
DSC_0422.JPGDSC_0424.JPG

飛龍山の写真、No.6、小林美子
DSC_0425.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.27——国木田 之彦さんから「足がつると大変です。」&【コーチ】から
国木田です。
足がつった話がでていましたので私の経験をふまえご注意いたします。

山行中に足がつったり膝が痛くなると、残りの行程をかんがえ
不安になります。
即効性があるのは、消炎鎮痛剤のボルタレン、あるいはロキソニン
のスプレーです。ガイドさんも有効だと言っています。
芍薬甘草湯は飲んだとたんに治ったといういう人もいますが、それほど
即効性があるとも思えません。
温めるとかマッサージも効く場合もあればそうでない時もあります。
私は山からおりて温泉に入ってもよくなりませんでした。
そもそもの原因は筋肉を過剰に使ったからです。筋トレをやったあと
夜中に足がつります。若いトレーナーも足がつるといっています。
山行まえに風邪薬、葛根湯などをのむと大量に汗をかきマグネシウム、カリウム
がうしなわれ、足がつる一因となります。
消炎鎮痛剤を飲むのもよくないと考えられます。患部だけでなく全身に効力
がおよびます。山行のように強い運動が長時間つづくと心臓や代謝機能に
悪影響があると思うのですが。フルマラソンを走る人の多くがロキソニンを
飲んでいるといわれます。苦しくないというのですが理解できません。
加齢はいろいろなトラブルの要因となります。事故がおこるまで
なかなか自己認識しづらいことです。無理をしないことです。

【コーチ】から
*国木田さん、ありがとうございます。ご無沙汰ですが、ホームページを見ていていただいて、ありがとうございます。
*ありがたいご指摘ですが、糸の会の私の考え方と基本的に違う部分があるので、ここに書かせていただきます。
*全体として一番問題なのは、「山行のように強い運動が長時間つづくと心臓や代謝機能に悪影響があると思うのですが。」という部分です。「山行中に足がつったり膝が痛くなると、残りの行程をかんがえ不安になります。」という部分です。
*私は足が「つる」ことに関して全然心配していません。これまでも何度かそういうことがありましたが、不幸にしてその当事者になった人には存分に痛さを味わっていただきたいと思っています。
*というのは、どなたかが「つる」という状態になったとき、その日の計画の基本を、とりあえずその「つる」という事件の収束に全面変更するからです。
*すると、参加した皆さんのなかには「お金と暇が無駄になる」と考えるひとも出ないはずはありません。でも逆に、いつか自分に起こるかもしれない「つる」ということの体験を共有する稀有のチャンスと考えれば、その何十%かは許してもらえると思うからです。もちろんひそかに解決できると考えていますから、自分以外の人の「ありがたい体験」だけがプラスになるという自信もあるのです。
*なぜか。予定を一度リセットして「つる」という事件を解決してから、できれば当初予定に戻るという選択肢があれば、治すだけでなく、もっと重要な「共通体験」のチャンスになるからです。
*飛龍山のあのとき、私は小林さんのザックを持ちました。外見ではお助けのシーンだと思いますが、全然そうではないのです。小林さんの体からザックをはずして、歩き方をリセットする絶好のチャンスだと考えたのです。
*頭は「つって」申し訳けないと考えていたはずですが、足の方はどうでしょう。とくに右足から「つった」というのを誇大に受け取って、「歩き方が悪い」と私は主張したのです。「あんたの専制君主的なアタマの命令から足を解放する」というのが正義の味方としての私の出番だからです。
*そういうことをアタマに受け取ってもらうために、ザックをこちらが持つという負い目をあたえたというのが真意です。(どなたか、思い当たるフシはありませんか?)
*以前から、小林さんの歩き方に小さいけれど治らない偏りがあることが気になっていました。ストックの使い方にはみなさんが気づく問題点がありました。そういう偏りを意識する気が小林さんにはありません。
*「つる」ことは、じつは初めて山に来た人に最初の登りで辛い思いをさせたあと歩き方を指導するのと同じことです。聞く耳をもった頭にでないと、後ろからいくらアドバイスしても聞いてもらえません。
*しばらくは負い目を感じてなんでもいうことを聞いてくれる状態ですから、無茶を含めて歩き方のいろいろな変化を強要しました。その一つ一つに意味があるという確信はないのですが、足さばきにも「いろいろある」ということをわかってもらえばいいのです。
*負荷をかけずに「きちんと歩く」という行動をして血流を正していけば、「つる」という異常事態の最初の問題はかんたんに処理できると考えています。
*たとえば私は風邪薬などほとんど飲んだことはありませんが、勤め人であれば事前の風邪薬は重要でしょう。私の古い仲間が会社勤めからフリーになったとき二日酔いも全然気にならなくなったといっていましたが、山で「つる」という症状をそこで最大事件と捉えれば、回復可能なものにすぎません。予定を一度リセットするリーダー権限さえあれば、問題ない問題なのです。
*もちろん私は痛み止めという考え方に大反対ですからバンテリンなど論外です。芍薬甘草湯もまったく信じていませんが、薬に毒されている人が多いので、当初はみなさんの動きに強く反対しないことにしています。観察がおもしろいから。
*自分の体に自分で責任を持つ(失敗の責任も含めて)という意思がないばあいには、頭にそのマイナスが強く作用するからです。私はあくまで筋肉の側に立った正義の味方として実験的矯正に望みたいのです。
*私の方法や判断が100%正しいとは考えていませんが、その1度に関しては、リーダーシップをとることができると考えています。「つる」ということに関しては、その日の予定を一度リセットして、できればうまく処置して完全復帰したいと考えるだけで解決できる小さな事件だと考えています。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.27——【コーチ】から「山で食べるスイーツなどについて」
【コーチ】から
*今回、カタクリの坂戸山、一本杉の休憩時に、Kのり子さんにお菓子のふるまいは今後しないようにとお話しました。それを耳にした方もあるようなので、ここできちんとお話します。
*じつはかつて、糸の会創設期からのメンバーでずっと中心メンバーだった人に「ふるまい禁止」を申し渡して、それを機にその人が糸の会を去ったということがあります。
*山の上でみなさんに一口食べてほしいという気持ちでお持ちくださることは悪いことではないのですが、それが続くとひとつの「文化」になります。守りたい文化とまでは言わないにしても、ないとさみしいしきたりになります。
*昔は私も宴会登山に近い試みをしたり、お茶や、夏には冷たい飲み物を用意したりしましたし、参加の皆さんから自分で焼いたケーキが出てきたりもしました。もともと下戸の私は酒盛りの気分をほとんど盛り上げないので申し訳ないと感じていますが、学生時代の合宿後でも、三々五々集まると(たまたまのことで、みんなで驚きあうという感じで)下戸ばかりが10人というような世界にいたので、その延長でやっています。
*Kのり子さんが糸の会に本格的に参加し始めたころからのお菓子のふるまいには、もちろんその意味を感じていましたし、彼女の周囲の皆さんに対する普段からの姿勢の現れだということもわかりました。ですからいままで温かい目で見てきたのですが、それが「文化」化しはじめて、ちょっと心配し始めていたのです。何人もの方が甘いものをくださるので、(そろそろ)ないと寂しい……という雰囲気になりはじめてきたと感じるのです。
*じつは、ふるまいスイーツよりだいじな提案があるのです。それも以前試みたことですが、「自分の分だけ、高級スイーツを」いろいろ試してみていただきたいのです。スイーツというとなんとなく日常の感覚で「ぜいたくなもの」というイメージになりますが、極め付き高級な「スイーツやオツマミ」という考え方です。
*さて、どういうことかというと、「ひとくちでおいしい」というものが世の中にはたくさんあります。保存の効くものばかりでなく、冷蔵が必要なものも、みなさんは真夏の山になんなく持って行くことが可能だと思いますし、流行りの抹茶だって適温の湯を山頂まで持ち上げることができるはずです。ふだんはなかなか踏み切れない「ちょっと贅沢」なスイーッなどを一人分だけ奮発して、山の上で食べてみていただきたいのです。山のためになら「1個」買いもできるでしょう。山の上でなら、下界とは味が違うということはみなさんご存知のとおりですから、「体に染みる」スイーツを探してみるゲームになります。
*いろいろ試してみて、自分の体がほんとうに喜んでくれたものについては(たぶん)自分の中だけにとどめておくのはもったいないので、ぜひレポートしていただきたいのです。
*────それだって、いずれは「見栄文化」になるかもしれませんが、とりあえず高級なおつまみなどにも目を向けてみていただきたいと思います。ときに薬より効果の高い「染み渡る食べ物」が見つかるのではないかと期待します。
*今後、山の上で、みなさんの楽しみを盗み見しながら、極めつけの「美味しいもの」を教えていただける日を楽しみにしています。
2017.4.27 伊藤 幸司
▲インデックス・ページへ


■2017.4.26——三浦 陽子さんから「坂戸山、六万騎山」
六万騎山ではお世話になりました。
暑いくらいの好天気、足元はカタクリに囲まれ素晴らしい山歩きでした。
写真数点添付します。
よろしくお願いします。

IMG_3439.JPG
IMG_3451.JPG
IMG_3461.JPG
IMG_3465.JPG
IMG_3470.JPG
IMG_3481.JPG
ヒオドシチョウ?らしいです。蝶に詳しい方、教えてください。
IMG_3498.JPG

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
IMG_1889.JPG
IMG_1894.JPG
IMG_1895.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
IMG_1879.JPG
IMG_1883.JPG
IMG_1888.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
IMG_1844.JPG
IMG_1846.JPG
IMG_1858.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.23——山咲 野の香さんから「坪山(→ミツバ岳)写真 山咲野の香です」
コメントに関するコーチのご意見が頭の中をぐるぐるしていましたが、ひとまず心の隅にとめおき、坪山(→ミツバ岳)の写真送ります。よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.23——小林 美子さんから「飛龍山では、大変お世話になりました。小林美子」
足が動かなくなる程、つるという、初体験をしてしまいました。
8Kのリックを持って頂き、後ろから、ご指導頂きながら歩き、筋肉の怒りが治まるよう願いましたが、痛みがあっちだ、こっちだ、と移動してなかなか治まりません。
サオラ峠に着いた頃は少し落ち着き、後は、下りだったので、痛みがおさまり三条の湯に着きました。
明日は大丈夫かと不安でした。
2日目は、前日の痛みがどこにいったかしら? と思う程、快調でした。
コーチを初め皆様には、迷惑と心配をおかけしました。すみませんでした。
お陰様で無事下山できました。有難うございました。
山の中は、まだまだ冬でした。花が少しあり、癒されましたが、危険な、箇所がいっぱいありました。2回引き返す事になりましたが無事に下山でき、
のめこい湯で、ゆっくり疲れをとる事ができました。
久し振りに筋肉痛に、なってます。
又、これからも宜しくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.23——宮本 幸江さんから「RE: カメラについて」
伊藤コーチ殿

カメラの原稿、興味深く読みました。
ありがとうございます。
PowerShoto SX720hs、ネットでいろいろ検索してみました。
24mm〜960mmはスゴイですね。
タイムラグも少なく、木の枝にとまっている鳥も写せそうです。
ショップで見てきます。
買うとしたら730hsが発売される5月下旬ですね。

宮本幸江
▲インデックス・ページへ


■2017.4.21——【コーチ】から「おすすめのカメラ」
【コーチ】から
*カメラについてもみなさんから何度か聞かれました。量販店で現行機種のカタログなど集めてみました。

*1……「小さいカメラ」というみなさんの第一希望に関しては私が「発見写真旅」の初期段階で何機種もテスト的に使ってみた「1万円カメラ」がやっぱり重要です。中古カメラ店では3,000円前後で買えますから、ぜひお試しください。値段相応に作られていますが、写真はきちんと撮ってくれます。なぜか? おすすめするのはキヤノンかニコンですが、それはこれまでのトップメーカーとしてのブランド感覚があるので、操作系など、次の段階に進んだときにも大きな違和感を感じにくいという「無難」な選択だからです。
*でも(あえて私見をいえば)作っているのは台湾や、日本のOEMメーカーです。ファッション業界と同じでしょうが、OEMメーカーは相手先の注文を聞きながら、自分の技術で性能の向上とコスト削減を進めています。そのときに、昔なら「安かろう・悪かろう」でしたが、いまではそんな手は使いません。キヤノンの広報の仕事をしていたときに「安くしたかったら精度を上げる」という考え方を知りました。基本精度が高いと、最終的な組み立て段階での「調整」という必要がなくなります。そのコストが一番おおきなネックになるからです。自動化を進めていくとき、製造ラインの精度を上げてコスト削減をするのが合理的という意味になります。「毎日カメラ読本」でコムラーというレンズメーカーが28〜200mmという驚くべき高倍率ズームをアマチュア向けに出したときに取材しましたが、レンズをコンピューターシミュレーションで作っていけるようになったので、理想のレンズを設計してから、コンパクトにしたり、軽量化したり、安価にしたり、ぎりぎりまで商品化をすすめていったと聞きました。そういう作り方のひとつと見れば「1万円カメラ」は基本性能では驚くほどいいのです。発見写真旅の私の写真を見てください。
*その当時、山では私は本格的一眼レフカメラ(当初はフィルム使用、後にデジタル)にサブとして1万円カメラを使っていたのですが、1cmまで近寄れる接写は花などをルーペで見るより楽しく、一眼レフカメラなら大仕掛けになるところを簡単に撮れるという意味で決定的でした。
*ただし1万円カメラでは望遠撮影ではちょっと水準に届かないという印象を超えることはありませんでしたし、シャッタータイムラグ、つまりシャッターを押してから撮影されるまで、ほとんどはピントを合わせる時間だと思いますが、それがおそろしく長く、不規則で、登山道を歩いている皆さんを撮るときにも、人の位置がどういうふうになるところでシャッターが切れるのかやってみないとわからないというのが実情でした。加えて、モニターが安物なので、仕上がりがどのようになるのか、明暗とか色合いを判断するというのにはちょっと無理と感じました。でも何度か使ってカメラに対する信頼関係ができてしまえばカメラ任せのオート撮影で撮れる写真は基本的にOKとなりました。

*2……すこし大きく、すこし高価なカメラにシフトしてみました。発見写真旅の「30浅草仲見世通り」からキヤノンの「Gシリーズ」という5万円クラスのカメラを使ってみました。じつは発見写真旅を東武カルチュアスクールで講座として続けるために無料公開の写真講座を開いたのですが、中古カメラの解説のために参加者の方と池袋駅のソフマップに行くとキヤノンの「G7」という中古カメラが7,000円で出ていたのです。で、それを買ってしばらく使うことになりました。
*ちなみにそのシリーズは高級化路線をたどることになって、2015年に登山用としても推薦される「G3-X」が登場。光学25倍のズームレンズに高度なブレ防止機能を搭載して当時10万円ラインで各社競合していた高級デジタルカメラに加わりました。小型カメラから持ち上がった感じのGシリーズが一眼レフの機能を下げてきたと考える高級化で「ミラーレス一眼レフ」というレンズ交換式カメラの下に位置するものとなりました。1万円カメラと比べるとかなり大きくなりましたが、それでもフィルム時代のコンパクトカメラと同等だという存在です。
*で、私の古いGシリーズではやっぱり歩く人の足の動きや手の位置を狙い通りに撮ることには不満が残りました。山で歩きながらたくさんのシーンを撮るようになると、スナップショットのイライラが限界に達して、一眼レフカメラに1万円のサブカメラをつけるという以前の組み合わせに戻りました。プロ使用にも耐えるレベルの一眼レフカメラは西部劇のガンマンのように、ストレスなく「早撃ち」ができるのです。撮影直後にモニター画面を一瞥するだけで「撮れたかどうか」がわかります。とにかく撮るのが気持ちいいのです(いい写真が撮れるかどうかはカメラマンの側の問題ですが)。

*3……気持ちとしては一眼レフカメラで十分なのですが、昔はザックの底に「100-300mm F5.6」というコンパクトな望遠レンズを常に入れていました。年に何回か、富士山や北アルプスの望遠写真を撮っていたのですが、歩きながらもっと簡単に望遠撮影ができるかどうか「50倍ズーム」という5万円クラスのカメラにちょっと興味がわきました。一眼レフカメラのイメージで作ったことで、モニターのほかに電子ファインダーもついています。快晴の山ではモニター画面がものすごく見づらいのでつばの大きな帽子など考えてみましたがよくありません。カメラに顔をつけるファインダーなら、望遠撮影時のブレ防止にも効果的です。そう考えていたら富士フイルムの50倍カメラの中古が半値の25,000円で出てきました。それを使っていろいろ苦労しながら、ようやく信じ合える仲になったところです。
*はっきりいえるのは望遠レンズの性能はすばらしい。キヤノンにも以前から「50倍ズーム」のカメラはありましたが、レンズがニョロニョロと出てくる形式は昔なら素人騙しのカメラでした。だから触ってもいなかったのですが、フジの50倍ズームを使ってみると素晴らしい。手持ちで超望遠撮影ができるのです。ブレ防止機能がものすごく効いているのです。ストックを使って歩きながらそれを簡易一脚のように使えば超望遠撮影が簡単にできるというレベルです。シャッターレスポンスはどうか? モニター画面を見ながら撮影していると、電池の減りが心配になるのですが、電子ファインダーに切り替えてスイッチをONにしておくと、一眼レフカメラに準じた速射感覚は得られます。ただし次のシャッターチャンスまでは少々待たされますが。

*4……私たちの本命はどのあたりにあるのかというと、やはり1万円カメラから直線的に高級化して現行機種で3万円前後のカメラがひとつの安定ラインではないかと思います。いまはスマホが小型カメラより圧倒的にいい、という別進化を遂げているので、カメラはすべて望遠性能を上げています。矢野さんや斎藤さんが私の推薦で買ったのはキヤノンの(PowerShot)SX710HSですが、その後継機がSX720HSで広角側は24mm相当、40倍ズームとなっています。2016年3月の発売で当初約5万円弱が現在では約3万円になっています。今年の5月には最新機種のSX730HSが登場するので半値にはなると期待できます。1万円カメラと比べると大きさがひと回り違いますが、関心のある人はぜひ、使っている人に聞いてみてください。なお競合製品は各社横並びにそろえているのが普通なので、量販店で同クラスのものをニコン、パナソニック、ソニー、オリンパス、カシオ、フジといったあたりで見比べてみて、好きなものを選んでみれば大きな間違いはないかと思います。

*5……でも、やはりポケットカメラはスマホ内蔵カメラに負ける運命にあります。糸の会では三浦さん、小林さん、大量撮影の山咲さんがスマホ派です。あの小さくてシンプルなレンズと、そこにセットされたイメージセンサーとで、驚くほど簡単に、素晴らしく「きれい」な写真を撮ってくれてしまいます。じつは人間の目の水晶体と網膜のシステムとほとんど同じ構造で、どんどん肉眼の能力に近づいているのです。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.21——【コーチ】から「おすすめの高度計」
【コーチ】から
*先日、高度計について聞かれました。どのような高度計がオススメ機種としてあるか、最近の状況を調べてみました。

*1……スマホ(らくらくホンを除く)をお持ちの方は、高度計アプリを入れてみてください。無料で、電波の届かないところでも高度計として働くアプリが「3種類はある」とのことです。稲葉さんが詳しいのではないかと思います。

*2……私はスント(SUUNTO)の2万円前後のものをすすめます。第一の理由は上昇下降速度が随時表示されていること。傾斜のある登山道でのスピードメーターです。毎分5mと出れば、1時間に300m上がるスピードです。ちょっと速いペースだと糸の会でも毎分7mということもあります。時速420mという意味です。私が使用しているハンディタイプのものは1時間単位で300mとか420mと表示されます。下りでは毎分9mぐらいは出るでしょうし、10m以上という高速の下りも時々体験します。自分のスピード(すなわち脚力)管理としては最適の機能です。
*それから、第二の理由として電池を自分で替えられます。私のものは大型で医療用機器によく使われているという「CR2450」ですが、ヨドバシカメラとかビックカメラの電池売り場にはあって(もちろんアマゾンにも)、通常300円台、100円台の電池もあります(どれでも1年以上持ちますが)。あるいは付属品として裏蓋と防水用のOリングと電池がセットになっているものも購入可能です。水につけるのでなければ、防水機能を維持するOリングを替えなくても、支障はないと思います。スントはもともと海のスポーツ・ウォッチからだからだと思いますが、必要な電気はユーザーがどんどん追加供給できるようにしてあるわけです。
*スントの腕時計型高度計は通常価格では4万円以上ですが、ネットで見ると、たとえば「スント・コア・SS014279010」というのが2万円前後(もともとの輸入価格は4万8000円ぐらいとか)で出ています。それが実用的な価格ではないかと思います。

*3……カシオはプロトレックという領域の腕時計ですが「トリプルセンサー」というのが方位+高度/気圧+温度に対応して、いわゆる登山用高度計となっています。以前は電池式で、しかも時計全体の防水機能を守るため、電池交換がメーカー修理(委託修理)となっていて、私などはそこで壊されました(最初のシチズンの高度計つき高級時計もカシオの女性用高度計も、さらに今使っているのと同じスントのハンディタイプも、みな電池交換を店に頼んでおかしくなりました。まったく信用できません)。おまけに電池容量が小さいため、省エネ設計で計測性能はスントとは比べ物になりませんでした。現行機種はすべて「ソーラーウォッチ」なので電池交換は不要となり、何段階もの小型化・高性能化によって、スントと同等となっています。しかし問題はカシオの時計全般にいえることですが、文字が小さい。そのあたりが年寄り向きではありません。これもたとえばちょっと古い「PRG-270-1KF」だとネット上で1万5000円で買えるようです。

*スントもカシオも、エレベーターやエスカレーターで使うとその精度がわかりますが、山では天気の方の気圧変化が表示高度の狂いとして加わってくるので、それほど正確な計測機とはいえません。スントの上昇/下降表示はあくまでも現在の数秒ごと(私のは約8秒)の計測結果なので気圧変化に影響されず「1mの精度」で表示してくれるのでこれが登山用としての本質的な機能です。私の、登山道における「時速300m」理論では標準的な登山道ではエネルギーの3/4が上昇のために使われるというのをみなさんご存知だと思いますが、スントの時計を扱っている販売店でもその「上昇/下降スピード」の価値を説明してくれるところはあまりないのではないかと思います。機会があったらぜひ店員さんに尋ねてみてください。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山5」
5  14時50分  山頂近くでもここだけ桜が咲いていた。
DSCF6015.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山4」
4  14時32分 スミレはタチツボばかりかと思ったら、結構距が長い…。
DSCF6011.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山3」
3  1400  センボンヤリです。ようやくスマホに替えたので、歩きながら確認できました。“いい時代になったもんだ”
▲インデックス・ページへ


■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山2」
2  川の中州の気持ちのよい場所だが、色がない

先程こちらのアドレスが違いましたが、稲田です
DSCF5999.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.20——稲田 郁子さんから「桜山1」
伊藤コーチ殿

今回は1枚もよい写真が撮れませんでしたが、一応送ります。
データの時刻は、海外から帰った後、時刻をあわせてないので狂っています。

1 12時35分  桜山の桜は麓の川沿いでも2部咲きにもなっていないようだ。
DSCF5998.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.4.18——矢野 博子さんから「桜山 写真」
伊藤コーチさま
桜山では お世話になりました。
 秋の方が その本領を発揮するようでしたが 里山の花を 楽しむことが出来ました。春は やはり 花が 豊富です。
桜山の写真送ります。
画面全体が 白っぽくなってしまうのを 少しでも抑えるために マイナスに設定予定が 帰宅してカメラの設定をみたら AUTOのままになっていることを発見し がっかりしました。

58:11:15 数年前の11月後半に糸の会でこの桜山を訪れた。其の日は お天気は 良くなかったが 紅葉がきれいで そして 突然現れた冬の桜に目を見張り感動したのを 憶えている。この時期に桜?! さて 今回の 4月の桜山はどんなだろうと期待がかかる。これは 出発点の野外活動センター咲いていたスミレ。危うく 踏みつけそうになった。 今回は 結構 スミレが あちこちに咲いていた。
61:11:58 冬桜の名残だろうか。ソメイヨシノよりは 地味な花だ。この日 里の方で ソメイヨシノが 満開だったので 山頂付近では 少し早すぎるかもと 不安が募った。
65:12:09 途中 色々な花が 私たちの目を楽しませてくれたが これは  ツツジの一種でしょう。 春の花が他の時期より一段ときれいなのは 冬があるからでしょうね。
68:12:26 これも花の名前は分かりませんが 木の上にさく モクレンの様なコブシの様な花。花の付き方が 何か独特で印象的だった。
69:12:26 ”赤い鳥居に桜”で 絵になると思ったが 残念ながら バックには ポンコツの車。ちょっとガッカリ。
78:1237 林立するのは 土筆の集団。 もうすっかり春。土筆に出合うと何か こころ豊かになるのは 何故?
81:12:55 河原に降りて ランチタイム。その土手を飾っていたのは 軽やかなピンクの花。里の春は 華やか。
82:12:56 河原の水は 透明できれいだった。 川石もよく見ると 中々味わい深く色んな表情の石が 落ちていた。 ここは 石の産地として 有名だったそうだが 庭石を置くような家を建てる人が少なくなって 商売は以前のような訳には行かなくなったとは タクシー運転手のお言葉。
85:13:05 家の周りを かためていたきれいな石。上手に積み上げている。
90:13:09 これは 自生したものではないかもしれないが 農家の庭先で発見したムスカリの花。やはり 春を告げる花だ。
97:14:22 馬酔木の花は 近くで見ると可愛らしい。多くの花は 接近してみると 実にきれいで 複雑な形をしていて 引き込まれる。それも特に 小さい花が きれい。
01:14:27 椿の花は これぐらいの咲き加減が 私は 好き。散る時は 桜のように花びらでなく 花全体が ボタッと落ちてしまうので そこが余り好きでないけど そこまで言われてもね、 椿に責任があるわけでなく。
02:14:32 山頂から眺めた眼下の街並み。 少し ぼやっとしているが 気持ちの良い展望だった。桜山は 秋の方が 春より賑やかなのかもしれない。
08:7:08(4月7日)  昼休憩時にみつけた河原の石。 どれもこれもきれいで 幾つも持って帰りたかったけど なにせ 重いので 小さいのを 3個 ポケットに忍び込ませてきました。

IMG_5358.jpgIMG_5361.jpgIMG_5365.jpgIMG_5368.jpgIMG_5369.jpgIMG_5378.jpgIMG_5381.jpgIMG_5382.jpgIMG_5385.jpgIMG_5390.jpgIMG_5397.jpgIMG_5401.jpgIMG_5402.jpgIMG_5408.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.4.15——山咲 野の香さんから「不参加のお願い 山咲野の香です」
申し訳ありませんが、所用により参加できなくなりました。よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.15——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より」
伊藤幸司 様が受信された内容です。

・送信元に心当たりのない場合、ファイル受取はご自身で判断ください。

送信者 :稲葉 和平様(harry.inaba@gmail.com)
お預かり期間:2017年 04月 18日 18時 10分 迄

伝言文
   伊藤幸司さま
   
   筑波山、桜山の写真とコメントを送りします
   。
   コメントを付けるとなると何を選んでいるか
   分からなくなる感じもありますが、よろしく
   お願いします。
   
   稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.4.15——稲葉 和平さんから「Re: 金剛山写真アップしました」
伊藤幸司さま

ありがとうございました。
筑波山と桜山、もう少しお待ちください。今日か明日中にはお送りするつもりでいます。
ところで、
●iphoneの最新OSで、また糸の会のHPが文字化けするようになりました。
●対処法も、前回はDolphineで対応できましたが、今回は文字化けします。Firefox、Chrome、Yahoo、も試してみましたがやはり文字化けします。
また何かわかったらお知らせします。

稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.4.12——【コーチ】から「高川山の古い写真アップしました」
【コーチ】から
*「仮展示」がたくさん溜まっているのに! とお叱りをいただきそうですが、ここ数日は高川山の古い写真をいじっていました。発見写真旅の「100高川山」をごらんください。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.11——山咲 野の香さんから「御礼と参加希望 山咲野の香です」
ミツバ岳ではお世話になり、ありがとうごさいました。
終日雨は、私としては珍しかったです。泥道には閉口しましたが、満開のミツマタの群落は見事でした。
来週の飛竜と、来月の三頭山、参加予定の追加をお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.11——若井 康彦さんから「飛竜山」
伊藤さま、いつもお世話になっております。来週の飛竜山に向けてトレーニングしておりましたが、先般、左ハムストリングを痛め、回復が思わしくありません。ご迷惑かけることになりそうですので今回は自重したいと思います。次の機会にはよろしくお願いします。ドタキャン申し訳ありません。若井

ps. 5月16日は外せない用事が入ってしまい、残念ですが参加できません。他の予定日に参加したいと思います。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 1.5」
FullSizeRender.jpg
水飲み休憩です。

FullSizeRender.jpg
どちらに行くのか相談中⁉︎

IMG_3894.JPG
中州でお昼なんて、物語みたいです*\(^o^)/*

IMG_3896.JPG
中州には、山の中にあった石が丸みを帯びて堆積していました。縞模様、青緑、細かく光ったり、綺麗な石でした。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 1」
伊藤先生さま
先日はお世話になり、ありがとうございました。最後は挨拶もせず、大変失礼いたしましたm(_ _)m
上野で走り、秋葉原で駆け上がり、錦糸町で小走りをして、千葉組は予定通りの電車に乗って帰れました。
桜山の写真を送ります。よろしくお願いします。


FullSizeRender.jpg
予定より1時間早く、野外活動センターを出発ぅ!

FullSizeRender.jpg
どっちに行くのかワイワイしてます。

FullSizeRender.jpg
まずは、どんどん下りました。

IMG_3875.JPG
いつでも、山の中に満開の桜がひょっこり現れると、一瞬でも心が震えます(^^)

IMG_3879.JPG
こちらは梅。上昇志向満載‼︎
▲インデックス・ページへ


■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真」
桜山の写真が容量オーバーで送信されていませんでした。1と1.5に分けて送信しますm(_ _)m

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.4.9——小林 美子さんから「22日、金剛山のコメントです。小林美子」
5:30…ごま焚
この太鼓をたたいてお経
太鼓の音
が体に響いた
いい体験をしました。
それにしても、すごい
太鼓の音と、お坊さんの声 宗教的な事はわからないがいい時間を過ごす事ができて、感激!!

5:31…太鼓の上の天井にあった、灯り
形がそれぞれ違うが、何か意味があるのかしら?

6:19…浴油堂の入口
ここで、ごま焚きをしました。

6:26…ご祈祷を行う
本堂に向かう途中

7:05…本堂の内部です。

7:17…五重の塔も見えました。
この山、一帯が玉蔵院
かなりの広さです。
ほんの一部を歩いただけだった。

9:20…東大門
仁王門からは、四角い門の空間が額縁で切り取ったように、二上山が見えると
後で知る。
気が付きませんでした。

9:26…今日の出発点
当麻寺
予定の反対のコースで行く事になりました。
今日は気持ちいい天気
よかった。
金剛山には行きたかったけど、二上山はより以上に意味がありそう

9:57…グースは日本語でガチョウ
ダックは日本語でアヒルの事
グースと言っていたので
これは、ガチョウか?

11:16…大津皇子のお墓
文武両道に秀で自由闊達で気さくな人柄であ ったと伝えられ、多くの人々に愛されたが、草壁皇子と皇位継承を争う事になり、天武天皇の死後、謀反のうたがいで 自害したそうだ

15:12…かなりの急斜の
階段です。
写真では、よくわからないけど、かなりのものでした。ダイヤモンドトレールは
階段が多い。
以上
22日のコメントです。
21日のコメントは3月
31日に送っています。
確認して下さい。

【コーチ】から
*すみません。「21日のコメント」はたしかに3.31に受け取っています。データ処理はしましたが、こちらに載せるのを忘れました。以下のとおりです。

小林 美子
21日、金剛山のコメントです。小林美子
170331

15:18…歩き出す頃には雨があがると、期待したがかなり強い雨。
やっと、3時頃には雨は
あがった。
まだ、大阪の上空には、
黒く重い雲があった。

19:28…食後、夜景を見に行く。外に出たら雨が
又降っていた。
タクシーにおまかせで、出かける。
きれいな、大阪の夜景を見る事ができた。

19:30…鐘の鳴る丘展望台、ここから見ると、怖い感じだった。
ちょっと風が強かったが
あの先迄上った。夜景が
全然違った
素晴らしい〜〜!

19:53…この階段を下るとすぐ左側が明朝、ごま焚きをするところの浴油堂です。
夜は灯籠に灯りがついてとてもいい感じ・・
少し、ブラ〜としましょう

19:56…日本一大地蔵尊
子供をお守り下さる仏様でお願いがあると、すぐに
訪れるぞ…と左足を下ろして座っているのだそうです。
19:58…聖徳太子が、毘沙門天様を拝まれて、御利益を頂いたのが、寅の年・
寅の月・寅の日なので、寅がいっぱい
2月には、張り子の寅の
祈祷が、行われるそうです
▲インデックス・ページへ


■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 3」
IMG_3923.JPG
山頂直下。いつの間にか登ってきました。

FullSizeRender.jpg
山頂にて。桜は、開花宣言程度。

FullSizeRender.jpg
下りです。甲武信ヶ岳と八ヶ岳。

FullSizeRender.jpg
少し咲いている木がありました。綺麗です。

FullSizeRender.jpg
お土産⁉︎
今回は、桜は少しでしたが、春を感じ、河原でお昼を食べて、早春のピクニック的な山でした。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.4.9——藤原 由香里さんから「桜山の写真 2」
FullSizeRender.jpg
春を感じる花が咲いていました。

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg春だなぁ

FullSizeRender.jpg

IMG_3902.JPG

FullSizeRender.jpg

IMG_3904.JPG

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg
どっちにしますか?パート3

FullSizeRender.jpg
どっちにしますか?パート4

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.4.7——曽根一郎さんから「山行変更のこと」
伊藤コーチ どの

5a 浅間嶺を 6a 吾妻耶山に変更お願いします。

                 そね いちろう
▲インデックス・ページへ


■2017.4.7——岡田 恭子さんから「明日」
ミツバ岳
参加させて頂きます
岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2017.4.7——浜 房子さんから「予定変更」
伊藤コーチ様

昨日の桜山では大変お世話になりました。
白山に都合により行けなくなりましたので、
4月から7月の予定を変更させていただきます。
6b(榛名富士)、7c(白山) 〇→×
4d(六万騎山)、6a(吾妻耶山)、7a(三つ峠山)〇
5c(佐渡)予定通り 〇

7月後半以降に関して、追ってまたご連絡致します。
どうぞ宜しくお願い致します。


▲インデックス・ページへ


■2017.4.7——大森 富子さんから「ミツバ岳参加」
伊藤コーチ殿

 明日のミツバ岳都合がつきましたので参加します。

 参加費払込みました。

 新松田駅迄先に行く予定です。

 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.4.5——山咲 野の香さんから「参加希望、その他感想、お願い 山咲野の香です」
土曜日、ミツバ岳参加希望です。よろしくお願い致します。
先日は幕山、丸山の仮展示のお知らせありがとうございました。幕山のコメントに関して、女性陣はいつもと同じ調子だったと思うのですが、I氏が変化されましたね。枠が外れていつもの気のおけないおしゃべりの感じで…コーチのいきいきして、今後が楽しみという印象につながったかなあと思いました。
お忙しい中恐縮ですが、ついでの折に、大霧山と大岳山の私のコメントを写真に添付お願いします。
コーチの新しい写真展示についてですが、人物が入ると感情移入しやすいせいか、ゆく道、吹く風がより鮮明に感じられます。
また、有象無象の写真(その責任の大半は私にありそうですが)がないせいで、鑑賞にたえる写真がリズムよく並び、最後のコメントも味わいがあり、全体がスペック高っと思いました。今月どこ行こうと迷った山好きには、好印象間違いなしです。
▲インデックス・ページへ


■2017.4.4——矢野 博子さんから「桜山集合」
伊藤コーチさま
4月の声と共に花の季節が 訪れました。
桜山の集合ですが 藤原さんと私は 東京駅から 指定列車に乗ります。宜しくお願いします。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.4.3——中村 泰子さんから「ミツバ岳の件」
伊藤様

いつもお世話になっております。
4bのミツバ岳に参加いたしますので、
よろしくお願いいたします。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.31——稲葉 和平さんから「HPについて」
伊藤幸司さま

(1)従来のHP: 会員用ページのメールINDEXからの戻り先をTOPページ(会員用のTOPページ、あるいは全体のTOPページ、できれば選択できるように併記)にしてください。現在はループになっていて出られません。
(2)新しいHP: ★山の道・山の風……軽登山を楽しむ の「詳しくは・・・」に示されているURL を ハイパーリンクにすることはできませんか?。Ctrlキーを押せば済むことですが、面倒です。

とくに(1)については以前から気になっていたのでよろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.3.29——【コーチ】から「新しい写真展示」のお知らせ
*ホームページのトップ頁を見ていただくと、次のような見出しが加えられました。
★山の道・山の風……軽登山を楽しむ
*これまであった「去年の今月」シリーズをやめて、外に新しいホームページを開きました。ちょっと変わった山の写真だと思います。同じ写真をフェイスブックにも出していきます。
*ご覧いただけばわかるように、後ろ姿の登山風景が主役です。そういう写真に興味を持たれた人には、ぜひこちらの「発見写真旅」へとジャンプ・インしてきていただきたいと考えています。
*まずはみなさんのご感想、ください。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.29——小林 美子さんから「22日の金剛山です。小林美子」
DSC_0313.JPG
DSC_0314.JPG
DSC_0318.JPG

*第2信
DSC_0321.JPG
DSC_0324.JPG

*第3信
DSC_0328.JPG
DSC_0329.JPG

*第4信
DSC_0332.JPG
DSC_0343.JPG

*第5信
22日の写真は、11枚です。宜しくお願いします。
DSC_0345.JPG
DSC_0350.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.29——小林 美子さんから「金剛山〜葛城山の写真を送ります。小林美子」
信貴山玉蔵院の宿坊
初めての体験でした。有難うございます。
朝の護摩焚きは感動しました。いい思い出になりました。
DSC_0266.JPG
DSC_0287.JPG
DSC_0289.JPG

*第2信
21日は6枚です。
DSC_0301.JPG
DSC_0309.JPG
DSC_0310.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.28——矢野 博子さんから「金剛山 葛城山 プロローグ」
伊藤コーチさま
金剛山では お世話になりました。
普通の山歩きでは 体験できない事が出来て 楽しい2日間でした。
夜景もそうですし お寺の護摩炊きなど貴重な経験です。
次年度に 大和路の完結編を催行していただけたらと思います。
金剛山への道の写真 送ります。

幕山の写真 拝見しました。
確かに 私の写真は 明るすぎる感じがします。
 カメラ屋さんに行って 相談してきます。
65: 13:22 生駒山山頂の遊園地のレストランからの一枚。 午後には 雨は上がるという天気予報に期待をかけたが ご覧のような冷たい雨。山頂の店は 皆シャッターが下ろされていたが 唯一発見したレストランで 昼食、そしてそこから雨具を着込んで出発。
67: 15:15 暫く歩いていくと (と言ってもかなり 難しい道で マップが あまり充てにならなかったが) 急に視界が広がり 大阪湾〜大阪市が 見渡せた。 しかし 暗雲が 立ち込めている。 
68: 1515 大阪市内をアップで。 ビル群が はっきり見える。 この中に あべのハルカスは あるんだろうか?
70: 18:00 今日の宿は 玉蔵院 という 信貴山の宿坊。朱塗りのお盆に乗せられた精進料理。 これであとコーヒーが あれば言うことなし と思ったのは 私だけかしら。
82: 19:26 夕食後 生駒スカイラインを 利用して タクシーで 夜景見学。雨が また降っていたが 幸いにも 展望台に着いたときは  雨は 上がっていた。神戸の夜景とか 函館の夜景が 有名だけど どうしてどうして ここも中々の圧巻でした。
84: 19:28 こちらは 若干寂しいけど 奈良盆地の方。 大阪側と奈良側が ここからは見渡せ 両県に跨っているスカイラインということが 良くわかった。
88: 19:57 ここの宿坊は 中々 立派な大きなお寺さんの中にあるので驚いた。 まずは このいくつもの 光のともされた灯篭が 目を引いた。
94: 19:59 聖徳太子会ご一行様の隣に書かれた糸の会御一行様 ここならではの看板でしょう。聖徳太子にあやかりたいものです(今は 福沢諭吉さんですけど)
95: 19:59 本尊は毘沙門天様。赤い旗が 両サイドを埋めていた。 商売繁盛 開運のご利益。 
99: 20:03 この張子の虎が ここの象徴です。カワイイ顔してました。寅の年 寅の日 寅の刻に毘沙門天様が現れ 勝利をもたらしたとお坊さんの説明でした。
02: 6:14 朝の6時から 護摩を焚くというので 参加させて頂きました。 力のこもったライブショー。 声量ある僧侶に圧倒され 初めて見る護摩焚きの炎は まさしく 速水御舟の”炎舞”そのものだった。炎は 人を虜にする。
07: 6:25 朱塗りの塔の脇にたたずむ優しい顔をした像。朝日が 優しい。
12: 6:31 昨日の雨は すっかり上がり 清々しい朝を迎えた。初めて朝のお勤めに参加し 何かスッキリした気分になった。
20: 9:08 前夜のミーティングで 二日目の計画について話し合った。 大きく分けて二案があったが 二上山からスタートし 葛城山〜 金剛山へと向かって行くことになった。そのスタートの山の二上山が タクシーの窓から臨めた。右に見える高い方が雄岳 左の低い方が雌岳 きれいな山容だ。去年 大和路を歩いた時にずーっと遠方に見えていた山並みと思うと 感慨深い。
22: 9:17 二上山の麓にある當麻寺。中将姫伝説で有名な古刹ということは ここで初めて知りました。
27: 9:21 當麻寺境内にある日本最古の梵鐘。白鳳時代と書かれている。
33: 9:54 當麻寺から二上山登山口を目指して歩いていくと 途中にあった池には 二羽のグースが 気持ち良さそうに泳いでいた。。年齢20歳とか。餌やりの飼育員に集まって来ていた。
35: 11:14皇位継承争いに敗れ死を賜った悲劇の皇子大津皇子の墓が 雄岳山頂に祀られていた。  藤原京が 見下ろされる場所だ。
38: 11:57 雌岳山頂からの奈良盆地の眺め。 こんな絶景の場所で 昼食を摂った。いよいよこれからが歩きの本番だ。
42: 14:51 今回は ダイヤモンドトレイルに沿って 南下していった。 完結しなかったが 次年度に続きを期待してます。恥ずかしながら このトシになって初めて ダイヤモンドの和訳が ”金剛石”であることを知りました。
IMG_5265.jpgIMG_5267.jpgIMG_5268.jpgIMG_5270.jpgIMG_5282.jpgIMG_5284.jpgIMG_5288.jpgIMG_5294.JPGIMG_5295.jpgIMG_5299.jpgIMG_5302.jpgIMG_5307.jpgIMG_5312.jpgIMG_5320.jpgIMG_5322.jpgIMG_5327.JPGIMG_5333.jpgIMG_5335.jpgIMG_5336.jpgIMG_5338.jpgIMG_5342.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.3.27——小松 恒彦さんから
伊藤コーチ様
風邪をひいてしまい体調不良のため、明日の筑波山は不参加でお願いします。
  小松恒彦
▲インデックス・ページへ


■2017.3.27——土屋 千鶴子さんから
伊藤コーチ様
明日の3d筑波山、南流山から乗車します。よろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.26——永田 幸子さんから「筑波山」
おはようございます。
奈良ではお世話になりました。
素晴らしい夜景と翌朝の感動的なお炊き上げ。
忘れられない思い出になりました。

筑波山、用事ができましたので欠席させていただきます。
よろしくお願いします。

      永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.25——齊藤 紀久子さんから「筑波山」
 伊藤コーチ殿

先日の二上山〜葛城山では、大変ご迷惑をおかけしまして申し訳
ございませんでした。おかげ様ですっかり?快復しました。

みなさま、お世話になりまして有難うございました。

ところで最近、☆印を振り込んだ折に「3/28筑波山参加」と書き込んだ
つもりですが・・・・・・?

もう 「齊藤さん」はお断り! でしょうか。

近頃年のせいか僻みっぽくなった、 さいとうきくこ
▲インデックス・ページへ


■2017.3.24——川本 裕香さんから「参加申し込み」
4月からの申し込みよろしくお願いします。

5b 5/13(土)
7b 7/8(土)
9b 9/9(土)

なかなか日程が合いませんが、他で行けそうな日に申し込みメールします。

どうぞよろしくお願いします。
川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.3.22——林 智子さんから「欠席届」
伊藤コーチどの

 28日の筑波山を欠席したいので
 よろしくお願いいたします。
 急用ができました。
林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.20——矢野 博子さんから「明日の往路」
伊藤コーチさま
今更 という感じがしなくもないのですが 明日の金剛山 新幹線 自由席で 東京から乗ります。矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.18——小松 恒彦さんから
伊藤コーチ様
3d筑波山に参加しますのでよろしくお願いします。
流山おおたかの森から乗車します。
 小松恒彦
▲インデックス・ページへ


■2017.3.18——中村 泰子さんから「金剛山の件」
伊藤様

インフルエンザにかかってしまいました。
とても残念ですが、金剛山、不参加でお願いいたします。

中村 泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.17——浜 房子さんから「Re: 上半期の件」
伊藤コーチ様

参加者メンバーへのアップ有難うございます。
急ぎのご連絡以外、糸の会へのご連絡はこのniftyメールに
させて頂きます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


▲インデックス・ページへ


■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション、続き 山咲野の香」
11:08. まん中で、吠えてるんです。飼い主らしきおばあちゃんにいさめられて、すぐにおとなしく。
11:11. あら、狛犬風。
11:12. よく見れば屋根にまたがって、シャチホコ風。人間観察の定位置に違いない。
11:13. 武甲山に見守なれながら、針金に鎖で畑を右往左往できます。名前はポチに決まってますよね。
11:16. 右端の青屋根の無人販売ケースで、切り干し大根やら干し柿を購入。干し柿は後でEさん差し入れの高級市田柿と比べられてしまう憂き目に…
11:45. 想定外の残雪。
12:30. 落ち葉道をタラタラと登ります。
12:37. 梢の間から両神山のギザギザだけが浮かんで見えました。
13:08. 山頂展望台から。曇りがちで望み薄だったけど、思いの外ぐるりと展望できました。右手に武甲山。
13:08. 武甲山と右手奥、両神山のギザギザ。
13:22. 糸の会恒例パフォーマンス、アレンジ版。頭の血の巡りがよくなると、万事肯定感が増しますね!図に乗って空中散歩。
13:29. 展望台横広場。寝っころがり斜面現場。この常識的風景を一変させるには、イチオシのスタイルです。
13:49. 県民の森広場から堂平山が見えました。手前の林間でオオマシコ狙いのバードウォッチャー達がいました。なぜかおじさんばかり。ネットで調べると鮮やかな紅色。枯れた梢に現れたら、大興奮間違いなしでしょう。
14:14. 金昌寺まで、時折深い落ち葉をラッセルしながら、ゆるく長い下りを堪能しました。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.16——山咲 野の香さんから「丸山写真キャプション 山咲野の香」
よろしくお願い致します。
10:46. 果樹園の間を登って行きます。道標のカワセミ、たくさんいるのですが、リアルでもなくポップでもなく、失礼ながらキモイ系。ちょっと手を加えればすごくかわいくなると思うおせっかい…
10:48. 何を撮ったかと言えば
中央に腰をかがめたヒロインです。この果樹園はいつ通ってもひと気がないという印象…四半世紀前に母とイチゴ狩りに来た時、出会ったおばあさんにヒゲがはえていたのが忘れられません。
11:02. 果樹園をぬけて、せいせいと武甲山。石灰岩の産出量は莫大で今も現役。武甲山は高度成長期、都心部のビルに化けたり、こんにゃくの凝固剤にもなったという。自宅が鉄筋コンクリなので、もしかして武甲山でできている?ばかりか、こんにゃくとして武甲山を食べていたかも!と思うと、ありがたいやら申し訳ないやらの心境です。
武甲山の歴史をネットで見ていたら、「武甲山の開発をめぐる地域住民の対応」というテーマの卒論がありました。反対運動が起きなかった事例として、高尾山開発等と比較されているようです。後日きちんと読んでみたいと思いますました。
11:07. 早春の使者は、一見控えめ素朴をよそおう反面、陽光のもと白昼堂々とスターの輝きを放っているのです。
オオイヌノフグリ。
つづく
a href="#top">▲インデックス・ページへ



■2017.3.15——若井 康彦さんから「2017上半期山行予定について」
伊藤様、お世話になります。
2017上半期山行予定、以下、参加(予定)でお願いします。

4c=0418/19(火水)飛龍山(ひりゅうさん2,077m)
5c=0516/17(火水)佐渡(金北山)(さど1,172m)
6a=0601(木)吾妻耶山(あづまやさん1,341m)
7c=0718/19(火水)白山(はくさん2,702m)
7d=0725(火)雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま1,870m)
8c/s=0815/16/17/18(火水木金)黒部五郎岳〜槍ヶ岳(くろべごろうだけ2,840m)
9d=0926(火)大室山(おおむろやま1,588m)

今年度もよろしく。
                 若井康彦
▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——浜 房子さんから「2017年上期 申込み」
伊藤コーチ様

浜です。
12日にdocomoのメールにこのメールを送りましたが、
どうも届いてないようなので、再度niftyのメールに
送らせて頂きます。

先日の本社ヶ丸では大変お世話になりました。
あんなに滑りやすくて怖い急な下りを体験したのは
初めてでした。あまり有名な山でないので、登山道の整備が
きちんとできてないからでしょうか。

今日、2017年上期分として2万円送金いたしました。
4a 桜山、5c佐渡、6b榛名富士、7c白山 〇 でお願いします。

8月以降に関しては、また改めて申込みます。
どうぞ宜しくお願い致します。


▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——藤原 由香里さんから「参加予定」
糸の会の参加予定を送ります。4a 6a 7a 8a 9a です。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——【コーチ】から「☆印のプレゼントに関して」
【コーチから】
*糸の会では現在、お試し参加の方がいる場合、どなたかの☆印を使っていただくことができるようになっています。そしてまた、昨年度の3月あたりから年度末の☆印を会員間で融通し合うことも、そういう申し出をいただけばOKということにしてきました。
*基本的に、☆印が残っても私にトクというふうには思いません。残りの☆印を気にして参加をセーブする方がいるよりは、☆印を融通しあって積極的に参加していただいたほうがいいと考えます。また以前から、年度末に3個以上残っている場合には予定通りに山に行けなかったなんらかの事情があったと考え、現金として次年度に繰り越すようにしてきました。
*それでも、そういう☆印のやりくりのため、早くから「残りの星数」を気にされている方がまだいらっしゃると感じています。
*ただ、☆印のやりとりにはお金の扱いと同様の慎重さが必要なところから、積極的に呼びかけることはしてきませんでした。
*そこで今回、こういうふうにルールを決めたいと思います。☆印クーポンは会員間、あるいは会員から外部参加者に対して自由に「プレゼント」できます。その場合「誰々に何個プレゼント」というメールをください(そのメールは原則的に非公開としますので独立したかたちでお願いします)。こちらではそのメールの指示に従うというかたちにさせていただきます。☆印クーポンを無駄に残してはもったいないという場合、できるだけ有効に使っていただきたいと思います。(年度末で残った☆印クーポンが無効になるという大原則は変わりません)
▲インデックス・ページへ


■2017.3.15——山咲 野の香さんから「丸山写真 山咲野の香です」
踵骨折から半年、幕山と丸山の連日参加により、おかげさまでほぼ完治を確認できました。写真、よろしくお願い致します。

*以下連続的に受信
(2)
IMG_1590.JPG
IMG_1593.JPG
IMG_1596.JPG

(3)
IMG_1597.JPG
IMG_1599.JPG
IMG_1602.JPG

(4)
IMG_1604.JPG
IMG_1607.JPG
IMG_1609.JPG

(5)
IMG_1610.JPG
IMG_1613.JPG
IMG_1616.JPG

(6)
IMG_1610.JPG
IMG_1613.JPG
IMG_1616.JPG

(7)
IMG_1618.JPG
IMG_1619.JPG
IMG_1621.JPG

(8)
丸山写真 最後です
IMG_1624.JPG
IMG_1625.JPG
IMG_1629.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.14——小林 美子さんから「幕山の写真を送ります。小林美子」
13:18……幕山山頂
真鶴岬がかすんで見えます
高くない山だけど、上からみる海はいいですね。
DSC_0260.JPG

*以下連続的に受信
(2)
14:08……幕山公園に着きました。上の方から見た梅林です。ほんのり梅の香りが、漂ってました。
DSC_0262.JPG

(3)
14:20……しだれ梅
ここだけ、違った雰囲気です。花の色も少し青っぽい感じがしました。
DSC_0264.JPG

(4)
14:23……やはり紅梅は華やかでした。
今が見頃と駅の案内にもでていたが、観光客も大勢います。
お店も出ていて
花よりだんごでした。

4枚おくりました。
予定変更です。
3D 筑波山◯→×にお願いします。
DSC_0265.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.14——山咲 野の香さんから「幕山写真 山咲野の香です」
幕山写真、ぼちぼち送信、よろしくお願い致します。


*以下連続的に受信
(2)
IMG_1509.JPG
IMG_1515.JPG
IMG_1516.JPG

(3)
IMG_1517.JPG
IMG_1519.JPG
IMG_1521.JPG

(4)
IMG_1529.JPG
IMG_1536.JPG
IMG_1546.JPG

(5)
IMG_1550.JPG
IMG_1568.JPG
IMG_1573.JPG

(6)
IMG_1574.JPG
IMG_1579.JPG

(7)
幕山写真キャプション 山咲野の香です
10:41. 先発ウォーミングアップ付きの組だった私は、村社 五郎神社はトイレだけ。階段上の樹齢850年?のご神木を見そびれました。これは鳥居外のクスノキの巨木。十分な迫力です。頼朝の戦勝祈願も見たでしょうか。道すがら神社裏手にもたくさんの巨木がありました。
12:10 真鶴半島三部作、その1。真鶴半島の名付け親はどよくらい上から見たのでしょう。クチバシは見えないけど、なるほど鶴の頭の感じはあります。
12:58. この立て札がなければ完全スルーと思われました。この手の伝説もスルーが多いのですが、なぜか看過できず。自害水では悲惨だけど自鑑水のエピソードならマルです。
12:58. どう見ても水たまりと思ったら、やはり湧き水ではなく雨水がたまっただけで、晴天が続くと干上がってしまうそうです。
13:17. 真鶴半島三部作、その2。一番大きく見えたでしょうか。真鶴半島、美しい名です。ただこの角度ではヘビの頭っぽいかな。
13:52. 真鶴半島三部作、その3。山頂から真鶴半島撮影会。最後に行ったのは10年以上前。海岸線と原生林と中川一政美術館。町中を知りません。次回はちょっと町歩きもしてみたい。
14:08. 梅林最高地点に下りてきました。とたんに梅の香が迫ってきました。
14:12. かたい蕾に見送られて。
14:15. 梅林の間から岩登りの人影が。一番手前はコーチ。うまく撮れましたか?
14:17. ここに来て青空も。やはり緑の斜面がバックだと映えます。
つづく

(8)
幕山写真キャプション続き
14:28. 紅白入り交じり三部作、その1。白と濃淡の紅の素直な枝ぶりと林立が美しい。
14:36. 幕山全貌。梅4000本。今年はどこもが早いと聞いていたが、やはりピークは過ぎていたようです。
中央の立派な岩、クライミング禁止になったとか。
14:37. 入り交じり三部作、その2。同じ木に紅白の枝が入り交じり。輪違いという咲き分けの品種とか。どちらを植えるか迷ったら、これですね。
14:39. その3。ひとつだけ一輪のなかで咲き分けていました。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.13——大森 富子さんから「参加の件」
伊藤コーチ殿
 3c△→○
 「ひかり463号」に乗車します。
 3d→○
 よろしくお願い致します。
 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.12——山咲 野の香さんから「大岳山写真キャプション 山咲野の香です」
大岳山写真、追加ありがとうございます。キャプションもよろしくお願い致します。
71. ようやく登山口。ひときわ目をひく巨木。伏し目がちに歩く彼女が抜き出てきた木の精みたいに見えませんか。
72. 大滝、滝壺。完全結氷ではなく、程よい水流もありました。久々に見る凍れる滝、期待に違わず美しい。
73. 大滝上部、氷の縁取りはアールデコ。拡大して写したからといって、より伝わるかといえば、そうでもない好例。がっかり。
74. 撮影者が入ることで、臨場感アップ。滝の音まで蘇るようです。
75. 振り向くと、空の青を写したか、木立の向こうの山がより濃くより深い青に染まっていました。
76. 梢の紗の向こうには富士が見えています。予想外のタイミングとアレンジで発見した富士。ハイテンションになりました。
77. 山頂から、深い里と山なみの向こうに富士山。この仰角がぐっときました。この写真ではわかりませんが、逆光の富士の色もなかなかよかったのです。
78. 富士と共に丹沢方面の山なみも美しく見えました。悪路を登ってきたかいがありました。なぜか山頂でのハイライトはすっかり「ユキズリビト」だったのですが。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.12——矢野 博子さんから「Re: 三峰山の写真」
伊藤コーチさま
三峰山の写真 拝見しました。
迫力あるつららの写真に圧倒されました。
所で 3月3日送信したメールに新年度の参加予定を載せましたが HPに反映されてないようです。ご確認お願い致します。矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.10——藤原 由香里さんから「本社ケ丸」
伊藤先生さま

お世話になります。
本社ケ丸に行けないのに、行程表だけ欲しいと言う勝手な申し出を心よく受け入れてくださり、ありがとうござましたm(_ _)m

明日はやはり参加出来ないのですが、行程表を見て、地図を見て、にやにや、ウズウズしています。ここへは1人では行けなさそうです(^_^;)
ちなみに、昨日は千葉の山(御殿山-大日山)へ行ってきました。

来月の桜山、今からワクワクと楽しみにしています。よろしくお願いいたしますm(_ _)m


藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.3.9——小林 美子さんから「Re:上高地の写真」
有難うございました。
確認しました。間違いありません。
お手数かけました。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——土屋 千鶴子さんから
伊藤コーチ様
本日、3C計画書受け取りました有難うございます(いつもより相当早いので驚いてます)
以下の通り変更をお願いいたします。3C△→× 3d△→〇
「今年度会計」から12dの分が☆印クーポンから引かれていないようですのでご確認ください。
よろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——中村 泰子さんから「金剛山の件」
いつもお世話になっております。
金剛山の計画書、ありがとうございました。
参加いたしますので、よろしくお願い致します。

新横浜からひかりに乗りますので、なんとか生駒山上までに合流したい
とおもっております。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——川島 登美枝さんから「金剛山不参加」
お世話になっています。
はずせない用事の為、3Cの金剛山不参加にしてください。
川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
11:23……夏でも、めだたないので、通りすごしてしまいそうなウェストン碑
雪に、埋もれたウェストン碑をみつけました。
ちょっと探しました。DSC_0252.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
10:31……梓川の右岸は
この様に、誰も歩いていません。足跡のない雪道を歩くのはとても気持ちのいいものでした。DSC_0248.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
10:17……反対側は焼岳
焼岳も立派です。DSC_0247.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
小林 美子 10:15……誰も、いないかっぱ橋です。DSC_0242.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
10:04……昨日は見えなかったけど
かっぱ橋から
今日は、素晴らしい穂高の山並みが、白くクッキリと見えました。
来た甲斐があります。DSC_0238.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
9:35……動物と会ったのは、この猿一匹だけだったがこの猿、私達を、意識しながら無視している態度
ちょっと、憎らしい猿、DSC_0229.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
明神池の氷の上に咲いた
氷の花
小屋を出発して、もう一度明神池に寄ったら、池の表面にきれいな花が、咲いている様でした。 DSC_0222.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
6:31……ここでは、つららなんて珍しくもないでしょうが、私達には珍しい
小屋のけむりと明神岳が
朝日に照らされて美しいDSC_0216.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真」
モルゲンロート
朝日が明神岳の山頂の色を変えていました。
おもわず・・・きれい〜〜DSC_0212.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「22日、上高地」
6:27……明るくなってきました。
やさしい、お月様です。

DSC_0210.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
伝言文
   伊藤幸司さま
   
   幕山と丸山の写真とコメントを送ります。
   よろしくお願いします。
   
   稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「先に送った5枚のコメントです」
21日
9:22……観音
電車の窓から
韮崎平和観音。55才
16・6メートル
近くではかなり大きいでしょうね。

14:37……雪景色
写真を見たらただの雪景色
雪で埋もれた帝国ホテルです。よくみると屋根が、
確認できます。

15:02……つららの屋根
バスターミナル
冬季トイレの所から
ひっそりとした、バスターミナルでした。

17:33……ランプ
電気・水なし
ランプの灯りがきれいだった。

19:19……豆炭
豆炭のあんかを用意してくれた、各自これを抱えて部屋へ……
部屋には、豆炭こたつ、石油ストーブ、灯りはこたつの上にポツンと1つ(引き上げると灯りがともる)
あるだけだった。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
又 時間の表示がおかしく
なってしまいましたので
これから、1枚ずつコメントをつけて送っても良いでしょうか?送った前の5枚は後でコメントと正しい時間を送ります。それから
又、色が変になってしまいました。

21日
17:18……山のひだやに着いてお迎えサービスのコーヒーを飲んで、裏の明神池へ・・評判のコーヒーにしては?と思ったけど
朝の頼んだ800円のコーヒーは美味しかった。
でも、朝のコーヒーを飲まなかったら、昨日のコーヒーがあれが美味しい?の
まま、おわったかも・・DSC_0188.JPG

【コーチ】から
*写真ありがとうございます。文面の最後に並んでいるファイルネームのところ、実際には写真が出ています。
*ここまで5点受け取っていますが、「DSC_0160.JPG」と「DSC_0205.JPG」の2点は撮影時刻が表示されています。他の3点はそれが消えています。上記の2点はサイズから見てオリジナル画像だと思いますが、他の3点はサイズを小さくしています。そのときに撮影データが消されたのだと考えられます。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真です」
DSC_0204.JPGDSC_0205.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.8——小林 美子さんから「上高地の写真を送ります」
21日は寒くて、厚い手袋を、はずせなくて写真が、少なかったのですが、送ります。22日は、風もなく暖かく、かっぱ橋ではたくさんの写真をとりました。

DSC_0160.JPGDSC_0174.JPGDSC_0177.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.3.5——矢野 博子さんから「幕山写真」
伊藤コーチさま
3月の声と共に 春らしくなってきました。
幕山の写真 送ります。
宜しくお願いします。
92: 10:27 今日の出発地点の五郎神社まで バス停から 300mのはずだったけど ハプニング発生し 体力の余っているメンバーの半数は ここまで 30分 ゴール地点から準備運動を兼ねて下ってきた。たまには こんな事もあるでしょう。
96:10:50 民家の脇の急坂を登り 一息ついて 振り返ると 眼下には 湯河原の町と 遠くには 平な初島が 霞んで浮かんでいた。
00:12:49 背丈より高い笹が 両脇を固めていた。2〜3年前にここを 訪れたが こんなに笹が 生い茂っていなかった気がする。
03:13:49 幕山山頂より真鶴半島が 少し霞みがかっているが 良く見えた。 春の海だ。
06:14:07 暫く下って行くと 現れた梅林。 今までとは違った 別の世界が 眼下に広がっている。梅の香りがそこはかとなく漂ってくる。
08:14:08 斜面一杯に 白やらピンクの梅が咲き誇っている。しばし ベンチに腰を掛け  時を忘れた。
14:14:14 かなりボケた写真だが 梅林の脇にある岩では ロッククライミングをしている数人がいた。あの人たちは 梅を眺める余裕はないのでしょうけど。
22:14:24 白い花が 多い中で 赤い梅は 際立っていた。 青空に映える。
23:14:26 一本の木に色の違う花がついていて それはそれできれいだった。何枚も梅の花の写真をアップで撮ったが 中々 気に入った写真は 撮れなかった。
30:14:52 帰りのバス停に向かっていく途中の桜。桜は やはり 優美で豪華な花だ。

なお 3d 筑波山 〇→✖ に変更です。 矢野博子
IMG_5192 (3).jpgIMG_5196 (2).jpgIMG_5200 (2).jpgIMG_5203 (2).jpgIMG_5206 (2).jpgIMG_5208 (2).jpgIMG_5214 (3).jpgIMG_5222.JPGIMG_5223 (3).jpgIMG_5230 (3).jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.3.5——永田 幸子さんから「欠席の連絡」
こんばんわ。
3b本社ケ丸、用事が出来ましたので欠席させていただきます。
よろしくお願いします。

        永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.5——戸田 美佳さんから
こんにちは、戸田です、4月18、19日参加します。よろしくお願いいたします。振り込みは4月にはいてからの方がいいでしょうか?
▲インデックス・ページへ


■2017.3.3——矢野 博子さんから「次年度計画参加予定」
伊藤コーチさま
幕山では お世話になりました。
梅の香りに酔いました。

次年度の参加希望です。
4a、4d,5a,5d,6a,6d,7a,8d,9a,9d・・・・・・〇
7c、7d・・・・・△ 
宜しくお願いします。 矢野博子
▲インデックス・ページへ


■2017.3.3——櫻田 英治さんから「間違い修正のお願い」
4月の参加申込みは8日ミツバ岳は間違いで、6日桜山の参加に修正願います。
▲インデックス・ページへ


■2017.3.2——稲葉 和平さんから「Re: 三峰山写真についてお願い」
伊藤幸司さま

前回お送りした写真の私のPC上のデータ作成日付は2017/2/11です。
4491の画像の日付の情報を記すと、下記の通りです。
①原画像の作成日時: 2017/2/11 10:12:08
②デジタルデータの作成日時: 2017/2/11 10:12:08
③ファイル変更日時: 2017/2/22 18:19:38
④ファイル日付: 2017/2/11 10:12:08

ファイル変更日時は、画像を選択してから送信用フォルダーにEXPORTする際に画像サイズを1600×1200に縮小(変更)した日付です。
コーチのソフトでこれらの日付情報を取ることはできませんか?。今後のこともありますのでご確認ください。

駄目であるなら「時・分」の情報を別途お送りしますのでお知らせください。

稲葉拝


2017年3月2日 10:44 ito koji :
稲葉 和平さま

*昨日、一昨日とお疲れ様でした。

*メールしたのは三峰山の写真に関してです。
*いま作業を始めたのですが、じつは撮影時刻が改変されています。2月22日の夜から深夜にかけての作業時刻に書き換えられているようです。
*お手数ですが、写真を再送していただくか、撮影時刻だけでもお送りいただけたいと思います。

*お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。
*当方、まだバタバタしているので特別急いで頂く必要はありませんが。

2017.3.2 伊藤 幸司

(1)4691・・・三峰口駅前のお店の看板、見るたびに食欲をそそられるけど、なかなか入る機会がない
(2)4492・・・ほぼ真西からみた武甲山。北側の無残な姿とは違い、緑豊かな山のように見える
(3)4494・・・大輪は甲斐と武蔵を結ぶ秩父往還の途中の、三峰神社の表参道への宿場だったという歴史を感じさせる。昔は銅と生糸の産地として経済的にも重要な位置を占めた秩父大宮にも近い
(4)4495・・・お店と鳥居と電柱のそれぞれがあまりにも無神経な気がするが・・・
(5)4497・・・道端の石像にしては威厳のある顔つき
(6)4499・・・もう少し雪があると思っていたが、この分ならアイゼンは不要かもという予感はした
(7)4505・・・お店を建てたときには杉の樹との共生が売りだったのだろう
(8)4511・・・昭和16年の弐千円は日本銀行の「企業物価戦前基準指数」をベースに単純計算すると現在の80万円くらい?。ちょっと感覚的に合わない。計算が間違っているのかも・・・
(9)4516・・・それほど寒さは感じなかったが滝は凍っていた
(10)4519・・・歩き始めて30分くらい、この滝で一休み
(11)4521・・・三十槌の氷柱が今日のテーマだが、この氷柱でも十分に美しい
(12)4535・・・うっすらと被った雪が景観を引き立たせている
(13)4539・・・
(14)4547・・・昔から参詣の人々がこの滝で旅の疲れを癒したというのがよく分かる
(15)4560・・・明るい日差しの中は風さえなければまるで春のよう
(16)4589・・・三峰神社の立派な山門。雪の被った屋根が美しい
(17)4595・・・正面からみるお犬様。威厳がある
(18)4597・・・随分ときらびやかだ
(19)4599・・・頭の頂から鼻先にかけて直線的で角度があまりないことがニホンオオカミと犬との大きな違いらしい
(20)4632・・・首の太さがたくましい
(21)4634・・・左端が白岩山(1921m、埼玉県)、真ん中が雲取山(2017m、東京都)、右の凸凹が飛龍山(2069m、山梨県)
(22)4646・・・三十槌の氷柱。想像していたよりスケールが大きい。対岸の駐車場からだと真上から見ることができるようだ
(23)4648・・・随分大きいと思ったが半分は人工的に作ったものらしい。左側が自然の氷柱、右側は人工的に作った氷柱
(24)4652・・・なかなかの景観だ。ライトアップされるとまた違った趣になるに違いない
(25)4656・・・人工氷柱はダイナミックな感じもするが、自然の造形の美しさにはかなわないようだ
(26)4658・・・遠くから見ると水煙が上がっているように見える人工氷柱
(27)4659・・・きっと照明を計算に入れての造形なのだろう
(28)4662・・・繊細な鋭さが美しい
(29)4672・・・水面に映る氷柱は光線の具合で様相が変わるのだろう
(30)4674・・・アップで撮っては見たけれど、なんとなく中途半端
(31)4678・・・そっけないかもしれないけれど、個人的にはこちらの自然の氷柱の方が好きだ
(32)4679・・・人工氷柱のごてごて感も悪くはないが・・・
(33)4682・・・陽が高い時間だとまた違った世界になるのかもしれない
(34)4685・・・よく固めました!
(35)4688・・・これでもか!、という具合に凍らせたボリューム感がすごい
▲インデックス・ページへ


★トップページに戻ります