メール欄
*次回からはトップページで暗証番号を入れずにロゴマークをクリックしてみてください

★メール保存分はこちら
★トップ・ページはこちら
★計画 & 参加予定はこちら


■2017.9.18——藤原 由香里さんから「三国山その6」
■2017.9.17——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント最終。山咲野の香です」
■2017.9.17——矢野 博子さんから「三国山写真 送信します」
■2017.9.17——小林 絢子さんから「9c 仙丈ケ岳+甲斐.駒ケ岳」
■2017.9.16——稲葉 和平さんから「9c/s=0919/20/21(火水木)仙丈ヶ岳+甲斐駒ヶ岳、参加します」
■2017.9.16——福田 晴子さんから「山歩き計画」
■2017.9.16——藤原 由香里さんから「三国山その3」
■2017.9.15——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
■2017.9.15——藤原 由香里さんから「三国山その1」
■2017.9.15——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
■2017.9.14——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
■2017.9.12——宮崎 徹さんから「RE: 写真の送付」
■2017.9.12——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
■2017.9.9——浜 房子さんから「10月11月山行予定」
■2017.9.9——山咲 野の香さんから「確認のお願い 山咲野の香です」
■2017.9.8——佐藤 時子さんから「羅漢寺山」
■2017.9.8——黒川 恵美さんから「明日9/9の登山」
■2017.9.6——山咲 野の香さんから「8月16日写真コメント 山咲野の香です」
■2017.9.6——稲田 郁子さんから「9b参加」
■2017.9.6——徳山 由美子さんから「予定変更のお知らせです」
■2017.9.5——黒川 恵美さんから「9/7の欠席連絡」
■2017.9.5——櫻田 英治さんから「7日(三国山)参加のお願い」
■2017.9.5——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント」
■2017.9.5——大森 富子さんから「山行の変更」
■2017.9.4——三浦 陽子さんから「山行の変更」
■2017.9.3——若松 景子さんから「7日、○へ。 若松」
■2017.9.3——黒川 清裕さんから「Re: 千丈・甲斐駒に関して」
■2017.9.2——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳のキャプションです。小林美子」
■2017.9.2——山本 良彦さんから「三国山参加します」
■2017.9.1——山咲 野の香さんから「黒部五郎写真15日」
■2017.9.1——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真 山咲野の香です」
■2017.9.1——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】で黒部五郎の写真とコメントを送りします」
■2017.9.1——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳のキャプションを送ります。小林美子」
■2017.8.31——小林 絢子さんから「9a 9月9日 神山」
■2017.8.30——川本 裕香さんから「予定変更」
■2017.8.30——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳の写真送ります」
■2017.8.30——小林 美子さんから「写真の件」
■2017.8.29——若松 景子さんから「Re: 甲斐駒ケ岳の件」
■2017.8.29——若松 景子さんから「Re: 甲斐駒ケ岳の件」
■2017.8.28——矢野 博子さんから「Fw: 菜畑山写真」
■2017.8.24——小林 美子さんから「白山の写真 小林美子」
■2017.8.24——【コーチ】から「白山の写真が本展示になりました」
■2017.8.21——稲葉 和平さんから「8d:菜畑山、参加できなくなりました」
■2017.8.21——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳 有難うございました」
■2017.8.21——【コーチ】から「iPhoneやiPadでこのホームページが見られない原因について」
■2017.8.20——宮崎 智子さんから「Re: ホームページに関して」
■2017.8.20——福田 晴子さんから「Re: 写真キャプションの件」
■2017.8.19——宮崎 智子さんから「Re: ホームページに関して」
■2017.8.15——「土屋千鶴子です」
■2017.8.15——小林 美子さんから
■2017.8.14——稲葉 和平さんから「明日は、はくたか551号」
■2017.8.14——藤原 由香里さんから「金峰山の写真3」〜「7」
■2017.8.14——福田 晴子さんから「追加写真のご送付」
■2017.8.13——曽根一郎さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳 参加」
■2017.8.13——佐藤 時子さんから「菜畑山」
■2017.8.13——福田 晴子さんから「2017年8月3日 金峰山 写真キャプション」
■2017.8.13——福田 晴子さんから「2017年8月3日金峰山の写真」
■2017.8.12——藤原 由香里さんから「金峰山の写真 2」
■2017.8.11——藤原 由香里さんから「金峰山の写真1」
■2017.8.11——小林 美子さんから「1年前のコメントです。小林美子」
■2017.8.10——曽根一郎さんから「山行予定の変更の件」
■2017.8.9——小林 美子さんから「雁ヶ腹摺山のキャプションです。小林美子」
■2017.8.8——黒川 清裕さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳山行の件」
■2017.8.8——山咲 野の香さんから「山咲野の香です 参加お願い」
■2017.8.8——宮崎 智子さんから「Re: 黒部五郎岳〜槍ヶ岳の件」
■2017.8.7——小林 美子さんから「雁ヶ腹摺山の写真を送ります」
■2017.8.6——宮崎 智子さんから「Re: 黒部五郎岳〜槍ヶ岳の件」
■2017.8.5——大森 富子さんから「RE: 8/12甲州高尾山を中止させていただきます」
■2017.8.5——福田 晴子さんから「金峰山ありがとうございました」
■2017.8.2——【コーチ】から「筑波山の写真」
■2017.8.1——中村 泰子さんから「8月9月の件」
■2017.8.1——酒井 みちこさんから「Re: 8/12甲州高尾山を中止させていただきます」
■2017.7.31——小林 美子さんから「白山のキャプション続きです」
■2017.7.30——櫻田 英治さんから「8、9月の予定変更依頼」
■2017.7.30——小林 美子さんから「白山のキャプションを送ります」
■2017.7.29——山本 良彦さんから「金峰山参加します」
■2017.7.29——小林 美子さんから「白山の写真送ります。小林美子」
■2017.7.28——【コーチ】から「黒部五郎岳〜槍ヶ岳ご参加のみなさんへ。ヘルメットの件」
■2017.7.28——【コーチ】から「黒部五郎岳〜槍ヶ岳ご参加のみなさんへ。往路」
■2017.7.27——福田 晴子さんから「Re: 金峰山の地図」
■2017.7.27——小林 美子さんから「雁ヶ腹摺山では、お世話になりました。小林美子」
■2017.7.27——黒川 恵美さんから「Re: 金峰山の地図」
■2017.7.26——浜 房子さんから「Re: 金峰山の地図」
■2017.7.26——若松 景子さんから「計画書、届きました。」
■2017.7.26——永田 幸子さんから「Re: 金峰山の地図」
■2017.7.26——三浦 陽子さんから「白山写真」
■2017.7.26——若松 景子さんから「8月3日参加します。若松」
■2017.7.22——【コーチ】から「写真締め切りに関して」
■2017.7.22——【コーチ】から「筑波山を本展示にしました」
■2017.7.21——福田 晴子さんから「Re: 8月3日の金峰山について」
■2017.7.21——矢野 博子さんから「三つ峠山写真」
■2017.7.21——藤原 由香里さんから「三つ峠山です」
■2017.7.21——【コーチ】から「生駒〜金剛山地の写真を本展示に」
■2017.7.21——山咲 野の香さんから「三つ峠山写真 山咲野の香です」
■2017.7.20——福田 晴子さんから「8月3日の金峰山について」
■2017.7.17——佐藤 時子さんから「白山」
■2017.7.17——林 智子さんから「参加変更届け」
■2017.7.14——小林 絢子さんから「1043 7c 白山」
■2017.7.13——小林 美子さんから「安達太良山のコメントです。小林美子」
■2017.7.12——山咲 野の香さんから「戸倉三山写真 山咲野の香です」
■2017.7.10——山本 良彦さんから「白山参加します」
■2017.7.9——矢野 博子さんから「Re: 安達太良山の写真」
■2017.7.9——黒川 恵美さんから「Re: 黒川恵美です。」
■2017.7.8——戸田 美佳さんから「白山参加」
■2017.7.6——浜 房子さんから「8月、9月予定」
■2017.7.6——小林 美子さんから「安達太良山の写真ですが・・小林美子」
■2017.7.5——山咲 野の香さんから「三つ峠山参加希望 山咲野の香です」
■2017.7.5——齊藤 紀久子さんから「三つ峠」
■2017.7.5——NHK山口放送局(橋本 薫さん)から「7/8放送中止について」
■2017.7.5——林 智子さんから「Re: 参加希望。」
■2017.7.4——三浦 陽子さんから「参加連絡」
■2017.7.4——三浦 陽子さんから「安達太良山写真」
■2017.7.4——小林 美子さんから「安達太良山の写真を送ります。小林美子」
■2017.7.4——矢野 博子さんから「安達太良山 写真 -1」
■2017.7.3——林 智子さんから「参加希望。」
■2017.7.1——黒川 清裕さんから「7月6日三ツ峠山、参加のお願い。」
■2017.6.29——稲葉 和平さんから「佐渡の写真のコメント」
■2017.6.28——川本 裕香さんから「チケット」
■2017.6.26——稲葉 和平さんから「6d 戸倉三山・・・参加します」
■2017.6.26——岡田 恭子さんから「RE: 佐渡の花」
■2017.6.25——山咲 野の香さんから「榛名山写真 山咲野の香です」
■2017.6.24——岡田 恭子さんから「佐渡の花」
■2017.6.22——黒川 清裕さんから「黒川、今後の 参加予定」
■2017.6.22——藤原 由香里さんから「白山について」
■2017.6.22——【コーチ】から「JRの3割引きとその周辺」
■2017.6.22——中村 泰子さんから「参加変更の件」
■2017.6.21——三浦 陽子さんから「欠席連絡」
■2017.6.19——宮崎 智子さんから「Re: 槍ヶ岳参加したいです」
■2017.6.16——稲葉 和平さんから「佐渡のコメント訂正」
■2017.6.16——永田 幸子さんから「安達太良山」
■2017.6.15——【コーチ】から「ちょっとしたお知らせ」
■2017.6.14——藤原 由香里さんから「吾妻耶山1」
■2017.6.14——黒川 清裕さんから「黒川です。」
■2017.6.14——稲田 郁子さんから「安達太良山参加」
■2017.6.12——小林 美子さんから「子持山のコメントを送ります。小林美子」
■2017.6.10——矢野 博子さんから「吾妻耶山の写真」
■2017.6.9——川島 登美枝さんから「榛名富士」
■2017.6.9——山咲 野の香さんから「榛名山参加希望 山咲野の香です」
■2017.6.9——三浦 陽子さんから「参加連絡」
■2017.6.8——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より」
■2017.6.4——稲葉 和平さんから「6b。榛名富士、参加します」
■2017.6.4——小林 美子さんから「子持山の写真を送ります。
■2017.6.3——佐藤 時子さんから
■2017.6.1——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
▲インデックス・ページへ


■2017.9.18——藤原 由香里さんから「三国山その6」
IMG_5416.JPG
芦ノ湖スカイライン横のレストランレイクビューも、寂れた感じですが…

IMG_5441.JPG
晴れていれば、賑わいのある観光地です。とろろそば、美味でした。

IMG_5417.JPG
眺めが良いから設置されているであろう双眼鏡も、寂れて見えますが…

IMG_5444.JPG
晴れていれば、こんな感じにイキイキとしています。

IMG_5442.JPG
真っ白だった展望は、こんな感じ。見えてしまえば、なるほど、芦ノ湖と箱根湯元が見えるのでした。
晴れ、曇り、雨、人それぞれ好みはありますので、悪しからず。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.9.17——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント最終。山咲野の香です」
11:27 ウサギギク、登山道脇で元気づけてくれます。
11:38 今回3回めの出会い!
ミヤママルハナバチかツリアブの仲間か。とにかく、モフモフ毛だらけで愛らしい。花花タテヤマアザミとは葉が違うみたい。
11:50 ウスユキソウ。濡れて涼しげ、清楚。
12:08 硫黄乗越の先。標識では槍まで4時間。いよいよ西鎌尾根。雪渓脇はお花畑だけどこのガス。何とか降らずに願いたい。
12:16 ミヤマダイコンソウ。
花の愛らしさとアンバランスな巨大な葉。葉の紅葉は真っ赤できれいだけど。
12:29 ガスの中、色とりどりのお花畑。オンタデ紅白、ハクサンボウフウ、ウサギギク、ハクサンフウロ、アキノキリンソウ…
13:00 あざやなタカネナデシコが現れました。周辺もシラネニンジン、トウヤクリンドウ、ウメバチソウ、ウサギギクとにぎやか。
13:30 左俣乗越を過ぎ、ガスも薄くなり、うっすら遠望の山肌が見える。
13:31 谷合には沢らしきものも。
13:49 雲の切れ間にほっとする。深い谷と稜線。
14:18 ガス深くなるも、ねばり強く登る。
14:22 コーチ、2人分のザックです。大丈夫かな?
14:37 ガスが薄くなると気分もあがります。
14:41 いよいよ槍が見え隠れ。
14:49 一服して、槍出現の瞬間をねらってます。
14:55 遠くは青空も見えています。野口五郎だけれどでしょうか。
14:56 千丈乗越から飛騨側の山々。
15:04 青空近く、小槍が見えます。
15:49a 小槍を尻目に一服。
15:49b うぁ、小屋が見えるじゃありませんか。あと一息。
16:04 この字を待っていた!
眺望もなかったけど、尾根で風雨にあわずよかった。
16:20 無事到着、寸前。槍も出迎えてくれました。
16:23 なんと槍の穂先は青空、そして人。前回見た至近距離からの槍はジイさんぽかったけど、今回は慈母の如くです。
16:25 小屋前から槍ヶ岳山頂。今回はこれで槍、見納めとなった。行動時間11時間半。無事でよかった。
18日
6:58 上高地に向かってひたすら下る。
7:31a 立派なシナノキンバイが現れた。
7:31b メンバーが入って、オンリーワンの写真に。
9:34a ミヤマシャジンか、とにかくきれい。
9:34b センジュガンピ。白が際立って可憐。
9:42 梓川、いつもの清流。一安心。
10:33 美形ヤブデマリ。

ようやく終わりです。
よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.17——矢野 博子さんから「三国山写真 送信します」
伊藤コーチさま

台風の動向が気になるところです。
三国山では お世話になりました。
スタートから下山まで 一日中 殆んど一定の天候で 雨にこそ遭いませんでしたが  湿度100%、視界 ゼロ 。下山して 芦ノ湖にでて 初めてここが箱根であることを認識しました。
話に聞くと 今年の夏は 天候に恵まれなかった仲間が 多いようです。

三国山の写真 送信します。
宜しくお願いします。
37: 11:04 小田原駅から バスに揺られて一時間余り。 終点の箱根町で下車して神社の脇を抜けて 石畳の旧道を歩く。中々風情のある道だった。坂には 色々と名前がついていて これは向坂。 
38: 11:04 昔の人が ここを往来していたかと思うと感慨深かったが 石畳は 濡れていて 滑りやすく 気が抜けなかった。軽いハイキング気分でスタートしたものの 思った以上に この旧道は手ごたえがあった。
54: 12:15 この綺麗な紅白の花は セリの仲間と思われますが シシウドなのか ボウフウなのか 分かりません。この 紅白の組み合わせ、とても綺麗です。自然界の成せるワザです。この辺りは 結構色々な種類の花が 道端を飾っていて 眺望がない分 足元の花に関心が行き、今回の全工程で このあたりが 一番ワクワクした所です。
59: 12:20 初秋の引き立て役は やはり このススキ。 青空こそ見えなかったものの しっとりしたこの雰囲気も また良しです。
62: 12:29 目立つ花は クルマユリ。 遠くに咲いていても すぐに 見つかります。一本でも その存在感は 大きいです。
63: 12:32 今回 マツムシソウに 沢山出会えました。青みがかったもの 紫が強いものと ビミョウに色合いが違っていて 夫々綺麗。高度と色合いが関係していると お花博士のKさんに教えて頂きました。 ハチくんは お仕事に夢中で かなりの長い時間 傍でパチパチと写真を撮ってもお構いなし。
65: 12:33 あとから現れた 美人さんのマツムシソウ。  完璧かも。
66: 13:25 この先は 絶景のパノラマビューの予定。 登っては見たものの 視界ゼロ。 スタート時の天候は 此処へ来ても 未だ変わらず。ここからのパノラマビューは 次回のお楽しみとなった。
69: 16:17 湖尻峠より先 計画書の通りに行くのは 無理となり(この時点で 既に 一時間遅れていた) 湖尻峠より湖岸に出ることになり 下山開始。そして眼前に現れた芦ノ湖。この湖岸に下るまでの道は  段差の大きな石畳の階段。気が抜けなかった。 海賊船が ゆっくりと湖面を滑っていた。
75: 16:26 湖岸に沿った道の脇に現れた ホトトギスでしょうか? 綺麗にひっそり咲いてました。
77: 16:31 これも 湖岸沿いの道に現れた白い花。 白さが どんよりした天気の中 冴えて居ました。
81: 17:07 湖岸のバス停から 小田原駅に戻ります。 仙石原のススキですが 揺れているバスからの撮影ですので ボケてます。 銀波 というには まだ 少し早い時期でしたが あの広い野原を歩いてみたい気分になったのは 私だけではありませんでした。

2017年度後期の参加予定は 下記の通りですので 宜しくお願いします。
10a ,10d , 11c , 12a ,12c,1a,2a,3a→ 〇
2c、3c→△
▲インデックス・ページへ


■2017.9.17——小林 絢子さんから「9c 仙丈ケ岳+甲斐.駒ケ岳」
9c 仙丈ケ岳  +  甲斐.駒ケ岳 参加します。よろしくお願いします。

16日から南アルプス林道は 多雨のため閉鎖になっていますが、安全確認にパスしなければ通行解除しないと言っていますが、19日なので、多分OKと思います。ずーと以前千葉朝日カルチャーの時も同じことがあったのを 思い出しています。 新宿に指定時間、場所に集合します。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.16——稲葉 和平さんから「9c/s=0919/20/21(火水木)仙丈ヶ岳+甲斐駒ヶ岳、参加します」
伊藤幸司さま

9c/s=0919/20/21(火水木)仙丈ヶ岳+甲斐駒ヶ岳、参加します。(△→〇)。
よろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.9.16——福田 晴子さんから「山歩き計画」
伊藤幸司さま

お世話になっております。
後期の「糸の会」計画書をありがとうございます。
また参加させていただきたいのですが、
皆さんの足をひっぱらないよう自分の体力を考慮して、
行けそうな日を検討しております。
少し調べてまたご連絡いたします。
おすすめの軽いコースがありましたら、教えていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.16——藤原 由香里さんから「三国山その3」
FullSizeRender.jpg
外輪山周廻歩道に入って間も無く、すでに雲の中。

FullSizeRender.jpg
アザミ。もう盛りは過ぎて。

IMG_5397.JPG
ちょっと離されると、一人ぼっちになったが、何しろ一本道なので、逸れることはなかった。ここは、晴れていれば、日当たりの良い場所だからだろう、美人な花が次々と咲いていた。

FullSizeRender.jpg
花屋に並んでいるスカビオサ。野に咲いているとマツムシソウ。傷んでいるところがなく、形も綺麗。

FullSizeRender.jpg

*追伸……三国山その4
FullSizeRender.jpg
シシウドがとにかく綺麗。白くレース状に見えるものも、花が落ちて緑になったものも。

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg
紅白のシシウド。綺麗なのだ‼︎

FullSizeRender.jpg
美人さん。

FullSizeRender.jpg
キンコウカみたい。ピンクのグラデーションと黄色かが絶妙です。

*追伸……三国山その5

FullSizeRender.jpg
ホタルブクロ。裏地が点々模様でオシャレですね。

IMG_5410.JPG

FullSizeRender.jpg
まっすぐに、重力に逆らって伸びるのだ‼︎

FullSizeRender.jpg
ふわふわのストールをまとい、レッグウォーマーをはいている。マツムシソウに夢中です。

FullSizeRender.jpg
ね、美人さんでしょう。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.9.15——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
7:24a 黒部五郎岳とお別れのツーショット。
7:24b 水晶岳が存在感増した。
7:27 足元には直径10センチ以上の巨大きのこ。
7:28 日本海側、町も見えたと思う。
7:47 三俣蓮華岳にて、この天気のまま槍に登るぞの気合いをこめて。
7:48 槍と穂高。上々です。
8:17 三俣蓮華カールへ、双六岳を巻くコース。
8:19 行く手、槍と穂高の雲がほぼとれた瞬間。
8:23 この展望とお花畑の中を行きます。
8:24 この天気が続くことを祈りつつ。
8:27 めざす槍ははるか彼方なれど足どり軽く。
8:31 オオカサモチらしきものとヨツバシオガマ。
8:32 背景は双六岳の稜線。
8:51 ヤマトリカブト。お花畑の中を行きます。
8:53 クルマユリ、目立ちすぎてボケてしまった。
8:54 斜面のお花畑と青空。
9:11 日ざしに輝くアキノキリンソウ。
9:20 日陰でほっとする色に。ハクサンフウロ、虫も来てます。
9:22 巻道も後半、日差しの中を登る。
9:34a ふり返って三俣蓮華岳。
9:34b 双六岳の稜線。カールも終わり。
9:41 つぼみと満開がコラボ。
こぼれんばかりのハクサンフウロ。
9:43 カール最後のお花畑。色とりどりだが、高くて近寄れず残念。
10:03 眼下に双六岳小屋。行く手の樅沢岳には暗雲。さて、どこまで行けるか一抹の不安。
つづく
▲インデックス・ページへ


■2017.9.15——藤原 由香里さんから「三国山その1」
伊藤先生さま
先日も大変お世話になりました。ありがとうございました。周りから取り残されると、一人ぼっちになってしまう程の霧と言うか、雲の中での山行でした。展望がない場所で、想像することができなかった私は、後日同じ場所へ行って来ました。その時の写真も一緒に送ります。が、先生の主旨と異なるのでしたら、削除して頂きたいです。よろしくお願い致しますm(_ _)m

IMG_5389.JPG
旧箱根街道の入り口に立っていた。旅の無事の願いがかけられていたのかな?

IMG_5390.JPG
まずは、かなり現代的な石畳み。さあ、滑りなさいと言わんばかり⁉︎

IMG_5391.JPG
丸くて、漬物石のような石畳み。これもよく滑る。藁の草履なら、滑らないのかな?

FullSizeRender.jpg
ここから外輪山に入ります。

FullSizeRender.jpg
外輪山周廻歩道入口。まずは登ります。

藤原由香里より

★追伸……三国山その2

IMG_5474.JPG
今回は展望は壊滅的だったが、花は豊富だった。しかも、美人なはなが多かった。

FullSizeRender.jpg
小さく、可愛い黄色い花

IMG_5480.JPG

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender.jpg
綺麗なオレンジのキノコ

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.9.15——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
6:35a 3年越しの登頂の思い叶った黒部五郎岳。振り返って感慨深い。何だか銭湯の富士か、ハリボテのような写りだけれど。
6:35b 左奥、雲上には白山。
6:37a 行く手にはかさ雲をのせた鷲羽山。
6:37b きれいな空!中央台地上には太郎平小屋が見えたか。
6:42 朝日に向かうウサギギク。マルハナバチも朝食中。
6:45 影法師の放列の先は?
遠く白山もはっきりしてきた。
6:54a 正面奥に水晶岳山頂が顔を出した。
6:54b 山座同定と山小屋同定?
7:04 正面台地、やや左手に雲ノ平山荘がはっきり見えた。テレビ番組で、一日雲ノ平を逍遥するのを見て以来、
憧れ再び。
7:17a 双六岳の向こう、穂高のギザギザが見える。
7:17b アップで確認。向こう側も晴れている!
7:22a 雲海の向こうは白山。
Nさんガンバレ!私としては老婆心全開。
7:22b 中央右、雲ノ平山荘な赤い屋根。
7:22c 左手奥、立山剱方面。
右手奥には黒く水晶岳。
7:22d どっしりとした薬師岳。

iPhoneから送信
▲インデックス・ページへ


■2017.9.14——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
16日
13:58 ふり返ってカールの壁とゴロゴロ道。足元にかまぼこ板のような道標。視界不良時には必須。
14:09 雷岩ではないらしい。
崩れかけた石舞台のような。
氷河のしわざだろうか。
15:13 霞んだ先にやっと黒部五郎小屋。
17日
5:06 黒部五郎小屋前から、朝日の気配と薬師岳にかさ雲。
5:07 到着直後、小屋の人には槍の予定を言下に全否定され、この時点でも恐ろしく心配されたようだ。午後の予報は芳しくないが、朝の天気は上々。槍ヶ岳へ向け、出発。
天候、メンバーの体調、チームシップ、三拍子揃っていけますようにと願う。
5:11 薬師岳山頂が明るんで。
5:14 黒部五郎岳、モルゲンロート。
5:38 昨日は確かにあの頂きに。今朝は朝露の緑のこちら側に。
5:40 黒部五郎岳、カールの奥行きがわかる。
5:43 カールのゴロゴロ岩まで見える。
6:03a 昨日の憂さ晴らしか、何度も撮っている。美しい黒部五郎岳をもう一度。
6:03b 転じて、雲上に昨年登った笠ヶ岳。あの時も稜線歩きは視界不良でしたね。
6:03c 更にアップで笠ヶ岳。
3年前の雲ノ平では、指をくわえて笠ヶ岳と黒部五郎岳を
眺めてました。
6:19 昨日とうって変わって、青空にチングルマとコイワカガミのお花畑。朝露に朝日、最高。
6:21 笠ヶ岳に見送られて。
6:22 逆光で心象風景のようになった。
6:23 昨日の分を取り返さんと…
6:29 中央遠く、立山方面。
雲のをかぶっているのは剱でしょうか。
つづく
▲インデックス・ページへ


■2017.9.12——宮崎 徹さんから「RE: 写真の送付」
伊藤様
写真のコメントをつけ忘れたので送付いたします。
よろしくお願いいたします。
宮崎

写真のコメント
ファイル名

20170815
565 富山駅から出発です。新旧路面電車が対照的でした。
584 見晴らしの良い筈の場所で雨になってしまいました

20170816
563 北の俣岳の少し手前で沸き立つ雲と花畑
571 まだ雪も残っています。
579 朝露のアクセサリーが素敵です
581 白山一華の群生
582 一面に咲く花が見事でした
588 残雪の傍では風も冷たく感じられます。
593 雷鳥 最初は一羽かと思ったら子供たちが4羽も隠れていました。
600 はい松の斜面を進みます
606 黒部五郎への登りはじめ 霧の中をすすみます。
617 山頂からの眺め。雲の合間から登ってきた尾根が見えました
626 カールにはまだ雪が残ります
627 雨の中、カールを下ります。

20170817
640 小屋からの黒部五郎岳 今日は晴れそうな予感
648 朝日があたりだしました
661 朝日を受け雲海から突き出した笠ヶ岳が神秘的です。
671 出発して一時間が過ぎ漸くご来光です
681 笠ヶ岳周辺の雲も晴れてきました。
683 今回初めて抜けるような青空となりました
685 花々も朝日に輝いているようです。
720 稜線には雪が残っています。朝日に向かってすすみます
721 雲の平 巨大なグリーンのようです
728 休憩中、絶景に皆見入っています。
729 薬師岳、奥には剣岳も見渡せます
739 昨日雨の中歩いたルートがよく見えます。五郎のカールの下りはとても長く感じました。
752 三俣蓮華の山頂に着きました
760 山頂からはこれまで見れなかった展望が開けます
761 常念、槍、穂高、何度見ても飽きません。
780 双六岳にはまだ雪が残ります
781 双六岳には上らずカールを下ります。
792 雲一つない深い青空と残雪のコントラストが鮮やかです。
794 槍ヶ岳目指して花畑の中を進みます
804 兎菊等、多くの花が咲き乱れます。
809 カールの中を歩きます。天気も良く本当に気持ちの良い所でした
814 鷲羽岳、水晶岳もはっきり見えます
816 ここを下れば双六小屋です
826 樅沢岳の登りで天候悪化
836 雲の中槍ヶ岳を目指します
840 硫黄乗越え付近、なだらかなアップダウンが続きます
843 辺りはまだ雲の中
858 雲の切れ目からダイナミックな景色が現れます
864 少し雲が晴れてくるようになりました。
878 いよいよ西鎌尾根の本格的な登りです
879 鎖場の登り。一歩一歩確実に登ります。
880 うっすらと見えてきた稜線は登りが続きます
884 晴れ間からは北鎌尾根、遠方には雲をかぶった燕岳
885 西鎌尾根をひたすら登ります。
887 ここからは岩稜の登りです
888 千丈乗越えまで来ました。ここから最後の登りです
895 山頂近くで青空が見えだしました。
897 槍の穂先も見えます
901 急登を登ります
915 山頂近くの残雪
916 山頂近くで雲がなくなりました
917 もうすぐ槍ヶ岳山荘です。明日晴れれば頂上に登ります。

170818
950 翌朝はあいにくの雨。頂上に登らずに下山します。
963 上高地までの下り。幻想的な雲ですが湿気も凄い。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.12——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント続き」
8:00 しっとりしたお花畑にヨツバシオガマ。後方に伸びている黒は、ハクサンイチゲの種。
8:01 ミヤマリンドウ。開きかけの花びらが目をひいた。
8:03a 全開のミヤマリンドウ。白い斑点が見える。
8:03b 湧きあがる雲の下にななだらかな稜線。
8:03c 流れる白雲と雪渓にはさまれたのびやかな稜線。ひざしはなくても、体感的にはとても快適だった。
8:04 水滴のふちどり、アキノキリンソウ。拡大して見るとこの小さな虫、スゴイ!虹色の羽根に風景を写しこんだ鏡面のようなツヤツヤ胴体。
スバラシイです。
8:07 チングルマ綿毛、何度めか。ついついこの水滴に吸い寄せられてしまう。
8:09 中央のうっすらした流れ。黒部川源流のひとつだろうか。
10:30a 濡れそぼって、ひざまづくようなチシマギキョウ。対称的にすらりとのびあがるトウヤクリンドウ。ふたり舞台。
10:30b 背の高いトウヤクリンドウ、貴婦人みたい。アップでもう一度。
10:32a 葉のギザギザ具合からして、チシマギキョウ。珍しくふかふかの緑の中に。
10:32b 少しひいて、チシマギキョウ。一株だけ移植したかのよう。濡れて美しい。
10:34a ミヤマホツツジ。雄しべの先がくるりん、花は小ぶりでもいつも賑やかに感じる。
10:34b トラツリアブでしょうか、毛だらけでかわいい!
10:39 モミジカラマツ。終わりかけ、濡れてるせいか、ちょっと違った感じ。
10:41a ミヤマダイモンジソウ。赤の部分が大きく目立った。
10:41b モミジカラマツ。雨で花びらがくっついて別人風。
10:55 ヨツバシオガマ、鮮やかで元気な一団。
10:58 ミヤマリンドウ。草むらに星が落ちているよう。
11:09 残念ながら行く手はガスの中。
11:40 ジグザグの登山道をひたすら。
12:01 勾配も急になり、山頂はまだか?という感じ。
12:55 山頂下、右手にけし粒のような登山者が見える。
13:11 依然として行く手はガス。カールを下る。
13:19 ガスが切れるも、カールの先はまだまだ奥が深そう。
13:36a 振り返って、黒部五郎岳山頂が見えた!
13:36b どんどん下るが、最低部はまだ先。
13:49 こんなゴロゴロ岩道を下ってきました。
13:54a あ、かわいい紫色の花!
13:54b よくよく見れば、ムシトリスミレ。大きさ、色合い、たたずまい、こんなに可憐なムシトリスミレは初めて。でもムシトリスミレって驚くことにタヌキモ科!
つづく
▲インデックス・ページへ


■2017.9.9——浜 房子さんから「10月11月山行予定」
伊藤コーチ様
箱根の三国山ではお世話になりました。
10月、11月の予定ですが、
10a 蓼科山 〇
11b 伊豆が岳 〇
ロング、ロングトレッキングが大分心配ですが、
どうぞ宜しくお願いします。
浜 房子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.9——山咲 野の香さんから「確認のお願い 山咲野の香です」
メール欄に黒部五郎岳の写真コメントを載せて頂きましたが、5日夕方に8月15日分の続きを送信していますが、漏れているようなのですが。
確認よろしくお願いします。
写真も全て送信済みですが、受信されているでしょうか。
大量のものを細切れで、ご厄介かけていると思います。
よろしくお願い致します。
【コーチ】から
「追伸2」を加えました。ご指摘ありがとうございます。今後もチェックよろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.8——佐藤 時子さんから「羅漢寺山」
伊藤コーチ殿
いつもお世話になりましてありがとうございます。

明日の羅漢寺山に参加します。
三国山は、湿度100%で一日中 ガスったなかを歩くと言う珍しい経験でした。
それでも、稜線では秋の定番の 花々も出揃い
色づきも丁度よい すすきの風に十分秋を感じました。
やっぱり秋はいいです。

とりあえず
蓼科山 霧降高原 参加します。 宜しくお願いします。
佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.8——黒川 恵美さんから「明日9/9の登山」
黒川恵美 伊藤先生、

前日になっての登山参加の要望です。
直前なので、難しいかなぁと思ったのですが、明日の羅漢寺山に参加できるでしょうか。
それも
私、黒川恵美と娘の黒川眞帆、さらに初参加の娘の友人、生田浩太郎さんの3人です。
もし、参加可能であれば、生田さんの詳細を改めてお知らせしたいと思います。

私もなんとか体調を立て直せたので、木曜日のリベンジです。
ご検討をよろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.6——山咲 野の香さんから「8月16日写真コメント 山咲野の香です」
5:53 太郎平小屋前。青空を撮っています。出発前、期待をこめて。
5:56 太郎兵衛平。奥は雲ノ平、3年前には道がついたかのように印象的だったが、変わっていた。
6:17 この雲行きならではの吉兆物、ライチョウ。しかも赤いアイシャドウのオス!珍しい。
6:21 おなじみ、チングルマ綿毛。ありったけの雨露を乗せてます。
6:34a 霧の向こうの立ち木が幻想的。
6:34b ワタスゲ、こんな大きな株、珍しくないですか?
6:34c ワタスゲ、アップ。
花火みたい。
6:38 雨露に濡れた葉が美しい。
6:39 遠目でも目立つ黄色。
一本だけ、孤高のニッコウキスゲ。
7:09 小さな池塘にさかさイワイチョウ。近寄れず残念。
7:10a 模範のような張りかたに見えるクモの糸。雨粒もスゴイ。湿原では主はいつも不在。なぜ?
7:10b こちらは全く違う趣。
風で裏返ったのか、なにか違うもくろみがあるのか。
7:11 勢いのいいオンタデの大株。
7:17 雲の切れ間の明るさに
思わず祈るような気持ちで。
7:25 ゴゼンタチバナ。名前もエラそうだが、名に恥じぬ堂々の姿と立ち位置。
7:30 トウヤクリンドウが岩の間からたくさん。開く寸前まで膨らんでいるようだけど、開いてるの見たことなし。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.6——稲田 郁子さんから「9b参加」
伊藤コーチどの

土曜日の羅漢寺山に参加したいので、よろしくお願いします。

                  稲田郁子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.6——徳山 由美子さんから「予定変更のお知らせです」
お世話になっています
明日の箱根山は風邪のために
残念ながら不参加です
宜しくお願いします

    徳山由美子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.5——黒川 恵美さんから「9/7の欠席連絡」
伊藤先生、
明後日の神山、やむなく
欠席致します。
2学期が始まったとたん、体調を崩してしまいました。
せっかく再デビューしたのに、
残念です。
みなさまによろしく伝えて下さい。
黒川恵美
▲インデックス・ページへ


■2017.9.5——櫻田 英治さんから「7日(三国山)参加のお願い」
伊藤幸司さま

△となっている三国山を○に変更願います。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.5——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真コメント」
黒部五郎岳写真、総数はコワくて数えないまま送信しました。取捨選択ならず、シュシュ選択となりました。半月前の刹那刹那が、いとおしくて…
コメントもボチボチの送信ですが、よろしくお願い致します。
同時刻なものは、送信順にa、b、cとしています。

10:57 折立登山口、ミズナラの巨木。薬師太郎と命名されているらしい。異界への門番か、行く人来る人を見守るようです。
11:18 ツルリンドウ。実は発見の度に宝石が落ちているように思うけど、こんなにたくさんの花を見るのは初めて。
11:24 ツルリンドウ、横顔のプリーツが美しくて。
11:33 ゴゼンタチバナの実。
実を見る機会は少なかったです。
12:09 ツルアリドオシ。真っ白な花が目立った。毛が密生した4枚の花びらが美しい。
12:38a ヒノキの古木が現れました。2014年来の再会。格別の存在感です。
12:38b 正面右半分はウロのようだが、通りすがりの部分はもうこんなで、わけがわからず。なんか、木はエライな。

*追伸1
12;53 ミヤマママコナ。大好きな紫、一株だけで目をひかられた。
13:04 アキノキリンソウ。すっくとみずみずしい花。
14:05 アキノキリンソウとイワショウブ。イワショウブは名のイメージと違い、風にふわふわと揺れかわいい。ツボミは赤く咲くと白い。
14:10 天気はこんな感じ。傘も見えるが、暑からず寒からず…
14:17 ミヤマママコナ群落。
更に紫が鮮やかに。
14:32 キンコウカ。黄色い星形が繊細な花。一面の群落は初めて。
14:33 シロバナタテヤマリンドウ。草の中に埋もれ、美しさを隠すように咲いていて、印象的。
14:51a ミヤマリンドウ。花の内側の斑点は白。乾き気味の所に咲くという。
14:51b タテヤマリンドウ。
紫が薄い感じ。黒斑がはっきり。湿った場所が好きらしい。

*追伸2
15:02 ちらほらとニッコウキスゲ。こんな天気に遠目、でもビタミンカラーは目立ちます。
15:06a のびやかにリンドウ、足もとにはミヤマママコナとアカモノの実。秋のアレンジメントです。
15:06b 上から見たら、もう開く寸前の顔。
15:06c これはスバラシイ天然花器。一瞬の出会いの芸術。
15:46 めざす太郎平小屋が見えてきました。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.5——大森 富子さんから「山行の変更」
伊藤コーチ殿

 都合により9a の三国山○⇒×に変更

 おねがいいたします。

 大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.4——三浦 陽子さんから「山行の変更」
おはようございます。
今月の山行、下記の通り変更させていただきます。よろしくご了承ください。
9c/s◯→✖️
三浦
🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.9.3——若松 景子さんから「7日、○へ。 若松」
伊藤孝司様

お世話になります。
7日(木)三国山 △→○にお願いします。
小田原駅で合流します。
よろしくお願いします。

若松景子
▲インデックス・ページへ


■2017.9.3——黒川 清裕さんから「Re: 千丈・甲斐駒に関して」
伊藤コーチ

ご連絡賜り有難うございます。また大変膝のことでご心配をおかけし申し訳ございません。
先日7月18・19日の白山山行の折に岡田さんからお茶の水整形外科のお話を聞き、これもご縁と早速7月24日に診察に行き、既に治療を開始しております。
岡田さんのお話の通り膝関節症との診断ながら、ただ単に手術して痛みを取るのではなく、痛みそのものがどうして出るのか、膝から派生するものなのか、また膝以外の腰や足に原因はないのか、原因を突き止めてつつ基本理学療法を中心にした治療をしております。
現在週一回通院し現在に至っており、お陰様で今のところ順調に膝痛が治って来ている状況であり、本当に岡田さんのお話を有り難く思っております。
お医者からも今月からの山行再開の了解をもらい、9月9日の羅漢寺山、そして19/20/21日の仙丈ケ岳/甲斐駒ケ岳山行に参加する予定でございます。伊藤先生、どうぞ宜しくお願い致します。
以上、とりあえずご連絡まで。黒川清裕
▲インデックス・ページへ


■2017.9.2——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳のキャプションです。小林美子」
17日
6:03…今日は良い天気
小屋を出発する時、小屋の
方が、双六小屋を予約をしておきましょうか?とまで言ってくださり、私達を送ってくれました。
私も槍ヶ岳までは無理かなと思ってましたが
青空の下
気持ちよくあるきます。
途中、笠ヶ岳がきれいにみえました。

7:20…遠くに穂高岳が
見えた。

7:20…雲の平が見える
雲の平山荘の屋根も見えました。

7:27…笠ヶ岳です。

7:43…槍ヶ岳と穂高岳
三俣蓮華岳山頂では、皆、槍ヶ岳をバックにパチリ! 撮りました。

15:04… 実際に歩いているときより 写真でみると
凄い所を歩いているのだ

15:50…槍ヶ岳山荘が見えます。まっすぐ登ればすぐのようだが、ジグザグの道を約40分、1歩1歩 進みます。
疲れはもうピークに達してる。
頑張ろう〜〜

16:26…槍ヶ岳山荘に着いたぁ〜
すごい、11時間かかって無理かなと思った事をやりとげた。
感激!!

18日
7:04…かなりの水量
山の上から滝のように
流れていました。

7:31…この写真
自分で気にいってます。

7:44…かなり大きな
雪渓です。その横の登山道を下ります。

9:43…かなり下りてきました。川の音を聞きながら・・・
▲インデックス・ページへ


■2017.9.2——山本 良彦さんから「三国山参加します」
伊藤コーチさま
三国山(箱根)に参加します。よろしくお願いします。
なお、大室山は×にしてください。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2017.9.1——山咲 野の香さんから「黒部五郎写真15日」

IMG_3646.JPG IMG_3650.JPG IMG_3652.JPG
*追伸1
IMG_3654.JPG IMG_3657.JPG IMG_3658.JPG
*追伸2
IMG_3661.JPG IMG_3663.JPG IMG_3669.JPG
*追伸3
170901 2241 IMG_3674.JPG IMG_3676.JPG IMG_3677.JPG
*追伸4
IMG_3679.JPG IMG_3682.JPG IMG_3685.JPG
*追伸5
IMG_3688.JPG IMG_3690.JPG IMG_3692.JPG
*追伸6
IMG_3695.JPG IMG_3696.JPG IMG_3697.JPG
*追伸7
16日
IMG_3699.JPG IMG_3700.JPG IMG_3703.JPG

*追伸8
IMG_3708.JPG IMG_3710.JPG IMG_3712.JPG
*追伸9
IMG_3713.JPG IMG_3717.JPG IMG_3718.JPG
*追伸10
IMG_3721.JPG IMG_3722.JPG IMG_3724.JPG
*追伸11
IMG_3728.JPG IMG_3729.JPG IMG_3731.JPG
*追伸12
IMG_3732.JPG IMG_3735.JPG IMG_3736.JPG
*追伸13
IMG_3741.JPG IMG_3742.JPG IMG_3746.JPG
*追伸14
IMG_3748.JPG IMG_3749.JPG IMG_3751.JPG
*追伸15
IMG_3754.JPG IMG_3755.JPG IMG_3757.JPG
*追伸16
IMG_3758.JPG IMG_3759.JPG IMG_3760.JPG
*追伸17
IMG_3762.JPG IMG_3766.JPG IMG_3767.JPG
*追伸18
IMG_3772.JPG IMG_3780.JPG IMG_3783.JPG
*追伸19
IMG_3784.JPG IMG_3785.JPG IMG_3786.JPG
*追伸20
IMG_3788.JPG IMG_3789.JPG IMG_3790.JPG
*追伸21
IMG_3791.JPG IMG_3796.JPG IMG_3798.JPG
*追伸22
IMG_3799.JPG IMG_3801.JPG IMG_3802.JPG
*追伸23
IMG_3803.JPG IMG_3806.JPG IMG_3807.JPG
*追伸24
IMG_3809.JPG IMG_3810.JPG IMG_3812.JPG
*追伸25
IMG_3815.JPG IMG_3822.JPG IMG_3827.JPG
*追伸26
IMG_3835.JPG IMG_3836.JPG IMG_3844.JPG
*追伸27
IMG_3856.JPG IMG_3857.JPG IMG_3863.JPG
*追伸28
IMG_3865.JPG IMG_3866.JPG IMG_3867.JPG
*追伸29
IMG_3871.JPG IMG_3873.JPG
*追伸30
17日
IMG_3878.JPG IMG_3880.JPG IMG_3888.JPG
*追伸31
IMG_3892.JPG IMG_3898.JPG IMG_3905.JPG
*追伸32
IMG_3907.JPG IMG_3921.JPG IMG_3925.JPG
*追伸33
IMG_3926.JPG IMG_3944.JPG IMG_3951.JPG
*追伸34
IMG_3956.JPG IMG_3962.JPG IMG_3972.JPG
*追伸35
IMG_3980.JPG IMG_3981.JPG IMG_3984.JPG
*追伸36
IMG_3987.JPG IMG_3993.JPG IMG_3997.JPG
*追伸37
IMG_4001.JPG IMG_4003.JPG IMG_4004.JPG
*追伸38
IMG_4009.JPG IMG_4011.JPG IMG_4012.JPG
*追伸39
IMG_4013.JPG IMG_4017.JPG IMG_4018.JPG
*追伸40
IMG_4021.JPG IMG_4022.JPG IMG_4024.JPG
*追伸41
IMG_4025.JPG IMG_4034.JPG IMG_4035.JPG
*追伸42
IMG_4038.JPG IMG_4042.JPG IMG_4046.JPG
*追伸43
IMG_4048.JPG IMG_4049.JPG IMG_4053.JPG
*追伸44
IMG_4055.JPG IMG_4058.JPG IMG_4059.JPG
*追伸45
IMG_4062.JPG IMG_4064.JPG IMG_4068.JPG
*追伸46
IMG_4072.JPG IMG_4077.JPG IMG_4078.JPG
*追伸47
IMG_4080.JPG IMG_4081.JPG IMG_4084.JPG
*追伸48
IMG_4088.JPG IMG_4089.JPG IMG_4093.JPG
*追伸49
IMG_4097.JPG IMG_4103.JPG IMG_4104.JPG
*追伸50
IMG_4105.JPG IMG_4107.JPG IMG_4110.JPG
*追伸51
IMG_4146.JPG IMG_4148.JPG IMG_4151.JPG
*追伸52
IMG_4152.JPG IMG_4153.JPG IMG_4155.JPG
*追伸53
IMG_4161.JPG IMG_4164.JPG IMG_4170.JPG
*追伸54
IMG_4171.JPG IMG_4172.JPG IMG_4173.JPG
*終了
▲インデックス・ページへ


■2017.9.1——山咲 野の香さんから「黒部五郎岳写真 山咲野の香です」

その節はお世話になりました。時間行程の管理の妙を思い知った山行でした。ありがとうございました。 写真、まだ2日めまでしか見直せてませんが、とりあえず、例によってボチボチ送信致します。2〜3日かかりそうですが、よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.9.1——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】で黒部五郎の写真とコメントを送りします」

2017/9/1
伊藤幸司さま

黒部五郎の写真とコメントを送ります。
今回はお天気に恵まれず、写真も適当にシャッターを切っていただけなので、帰ってからもしばらくはとくに見る気もしないので何もせず、そのまま放置していました。やっと数日前、「写真旅」にも出す写真などはないだろうと思いつつ、とりあえずパソコンに移しては見たものの、やはりこれといった写真はナシ。でもまあ、折角だから、一応きれいに撮れているものだけ抜き出してみよう、と抜き出しました。そして、なんとかコメントも付けてみました。
抜き出した写真だけ見ると、まるで好天に恵まれた山旅だったように見えます。

■1日目
●9289・・・歩き始めてすぐにアカモノの実。今年はアカモノの花を見ていないような気がする。
● 9292・・・モウセンゴケ。登山道わきの場違いなところにあるような気がしたけれど。
● 9306・・・久々に見たキンコウカ。今回初めて大きな群落にお目にかかった。
● 9328・・・生きのいいネバリノギラン。触ってみたらべとべとが取れずに大変なことになってしまった。皆さん、触るときにはご注意を。
● 9380・・・イワイチョウの群落。この辺りは少し盛りを過ぎていたけれど、全体的にイワイチョウの最盛期だったように思う。太郎平から薬師沢にかけては見渡す限りイワイチョウという感じのところもあって、壮観だった。

■2日目
● 9427・・・お天気が悪く、ライチョウに出遭えるのではないかと思っていたら早速登場してくれた。しかし、私のデジカメは望遠能力が低く、これが限界。残念でした。
● 9443・・・雨に濡れたチングルマ。歩きながら採った割にはブレていなかった。
● 9448・・・イワショウブ(ユリ科)。湿地帯に咲く花だけど、印象的には結構岩っぽいところでもお目にかかるような気がする。
● 9544・・・お花畑。チングルマ、アオノツガザクラ、ハクサンイチゲなどが満開。お天気がよくないのが残念。
● 9549・・・アオノツガザクラのボリューム感がすごい。
● 9561・・・葉が小さいのでたぶんコイワカガミ。濃いピンクが印象的だった。
● 9563・・・ハクサンイチゲの群落。やっと出てきたか!、という感じ。
● 9566・・・背景が青空ならば、と思いつつ。
● 9570・・・雫がついて瑞々しく見えるけれど、年増の感あり。
● 9571・・・コイワカガミにアオノツガザクラ、なかなかいい感じでした。
● 9575・・・なんとなくお花畑の感じは出ているかしら。お花畑の写真は難しい。
● 9580・・・曇ってはいるけれど、黒部五郎への気分のいい道。
● 9584・・・コケモモの花は少なかったような気がする。
● 9617・・・コイワカガミ。今回は全体的にコイワカガミの色が新鮮な印象を受けたのは雨のあとのせいか。
● 9619・・・目の前に現れたアオノツガザクラのアップ。
● 9706・・・雨模様の中、黒部五郎のカールのお花畑を通ってを黒部五郎小屋を目指して。
● 9711・・・確かにゴロゴロ。
● 9732・・・遠くから見たカールとは大分様子が違って緑の多い優しい景色だ。
● 9729・・・毛が開いていない、中途半端なチングルマ。
■3日目
● 9748・・・「写真旅」の画面では何の写真か分からないかもしれない。でも、ちゃんと写っているのです。午前零時45分、小屋の玄関を出ると、快晴の夜空にカシオペアがクッキリと浮かんでいた。満天の星に圧倒され、星空のあまりの美しさに急いでカメラを取りに帰り、撮影モードを「高感度」に設定してシャッターを切った写真がこれ。コンパクトデジカメで、三脚も使わずに星座が撮れるなんて、デジカメの技術の進歩は凄い。
● 9806・・・3日目の朝は快晴。お花畑の色も鮮やかだ。
● 9812・・・ハクサンイチゲがみずみずしい。
● 9815・・・この小さなコイワカガミ、しわくちゃで形は美しいとはいいがたいが、青空を背景に濃いピンクが映える。
● 9823・・・コイワカガミ、チングルマと、オノツガザクラのお花畑、これだけ密集しているのはそれほどない。
● 9828・・・早出をしたご褒美。このお天気が一日続くことを祈りながら。
● 9832・・・吹き曝しにあいそうなこんな場所なのにチングルマの背が随分高い。
● 9836・・・昨日通り越してきた黒部五郎が美しい。お天気が良ければ稜線コースも悪くなさそうだ。
● 9849・・・雲の平越しに薬師。山頂に雲がかかっているのが残念。
● 9855・・・黒部源流越しに雲の平。溶岩台地の特異な地形がよく分かる。
● 9873・・・薬師岳、黒部源流、雲の平。薬師の頭の雲が残念だが、素晴らしい眺めだと思う。もう一度雲の平をのんびり歩いてみたい。
● 9882・・・薬師を背景にチングルマを狙ったけれど、うまくいかなかった。
● 9891・・・三俣蓮華からの槍ヶ岳。槍にはいつも雲がかかってしまう。
● 9936・・・コバイケイソウの群生地として有名らしいけれど、今年は花が咲かなかった気配だ。
● 9938・・・槍までの長い道のり、青空の下、お花畑にかこまれた快適な道をたのしみながら。
● 9939・・・トリカブト。どこにでもあると思ってほとんど写真を撮っていなかったが、やはりこの鮮やかな紫色の花が登山道にとび出していると無視はできない。
● 9968・・・元気のいいシナノキンバイも出てきた。大きくて派手な花なので目立つ。
● 9976・・・ヤマガラシ(アブラナ科)。いつも沢筋の狭い場所に咲いているという印象が強い。これほど大きなヤマガラシの群落は初めてだ。
● 9986・・・遠くにハクサンフウロの大きな群落。ハクサンフウロは時期的に少し遅いかと思っていたが、この辺りのは元気がいい。
● 0009・・・オニシモツケ。青空だったらこの白がもっと際立っていただろう。残念。
● 0023・・・ミヤマウスユキソウ。たいして目立たず、ぼやっとした地味な花と思っていたが、ハヤチネウスユキソウの風格のある姿を見て以来、このミヤマウスユキソウにも少しは目が向くようになった。
● 0026・・・天気が崩れはじめ、折角の三俣蓮華から槍への稜線歩きもがっかり状態になってきた。足元の花にシャッターを切っても憂さ晴らしにもならない。
● 0080・・・今回はこの三俣蓮華からの稜線歩きが目的で来たにも拘わらず、西鎌尾根付近はこのザマ。山ではよくあることだが何しに来たのか分からない。快晴を祈っていたのだが、残念無念。

以上。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.9.1——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳のキャプションを送ります。小林美子」
15日
14:54…イワイチョウ
花の縁のフリルが可愛い

14:56…ネバリノギラン
枯れているのかと思いました。花に粘り気があるそうです。
それで、ネバリノギランなんですね!

16日
6:17…今回もライチョウに会いました。一羽だけでしたが、会えて良かったです。

7:52…こんなお花畑を
歩く時は疲れを忘れられます。

9:33…赤木岳を過ぎ黒部五郎岳へとガスの中を
アップダウンを繰り返して進みます。

13:35…カールのコースを黒部五郎小屋へ・・
小屋までなが〜いコースでした。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.31——小林 絢子さんから「9a 9月9日 神山」
計画書がまだ届いていませんが 9a神山に参加希望です。よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.30——川本 裕香さんから「予定変更」
いつもお世話になります。

9/8羅漢寺山→9/26大室山に変更お願いします。

10月からプログラム楽しみにしています。

川本
▲インデックス・ページへ


■2017.8.30——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳の写真送ります」
15日
2枚です。
DSC_0982.JPG
DSC_0987.JPG

*追伸1
16日
4枚です。
DSC_0995.JPG
DSC_1009.JPG

*追伸2
DSC_1022.JPG
DSC_1034.JPG

*追伸3
17日
9枚です。
DSC_1044.JPG
DSC_1048.JPG

*追伸4
DSC_1051.JPG
DSC_1054.JPG

*追伸5
DSC_1058.JPG
DSC_1071.JPG

*追伸6
DSC_1085.JPG
DSC_1086.JPG

*追伸7
DSC_1088.JPG

*追伸8
18日
4枚です。
DSC_1092.JPG
DSC_1097.JPG

*追伸9
DSC_1098.JPG
DSC_1100.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.8.30——小林 美子さんから「写真の件」
笠ヶ岳のコメント
白山の写真
見る事ができました。
お手数かけて、すみませんでした。
有難うございました。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.29——若松 景子さんから「Re: 甲斐駒ケ岳の件」
伊藤孝司様

今、ざっと電車の時刻を調べました。

千葉発あずさで甲府着9:07
甲府10:05→広河原11:58
広河原12:30→北沢峠12:55
こんな時間でしょうか。

仙水小屋までの途中で追いつければと思います。
よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.29——若松 景子さんから「Re: 甲斐駒ケ岳の件」
伊藤孝司様

バタバタしていて、PCのメールの確認をせず
御返事が遅くなり、すみませんでした。

20日に合流して、ご一緒したいと思います。
11時半に北沢峠で合流できるように、時間の確認をします。
よろしくお願いします。

7日(木)の神山にできれば参加したいと思いますが、まだ確実ではありません。
△にしていただけますか?
▲インデックス・ページへ


■2017.8.28——矢野 博子さんから「Fw: 菜畑山写真」
伊藤コーチさま

菜畑山では お世話になりました。
微かに期待していたレンゲショウマでしたが 何とか数本が踏ん張っているという状況で 痛々しい感じがしました。
”レンゲショウマを見るなら御岳山よ”と教えられ 数日前に訪れた御岳山のレンゲショウマが 保護されているとはいえ  余りにも見事に咲き誇っていたので 余計そう感じたのかもしれません。
レンゲショウマは 何本群生していても 品が良くて うるさくなくて 人気の理由が分かります。2008年にもこの時期に訪れていることが 帰宅してから分かりましたが 其の時のレンゲショウマはどうだったのだろう、残念ながら 記憶にありませんが 既に 衰退始めていたのかもしれないと思ってます。

18:  9:44  都留市駅からタクシー乗車。曙橋経由で登れるところまで上がり 下車したのが この鉄塔のそば。 計画表によると 今日は71ポイント。8時間以上の行動時間で下山予定時間は18:30。この鉄塔の傍までタクシーが上がってくれてかなり時間が稼げた。(お陰で 帰路は不可能だと思っていた千葉行きのあずさに 余裕で乗りこめた) この所雨ばかりで 久しぶりに覗いた青空は 高かった。秋の気配が そこはかとなく感じられる。
19: 10:48 菜畑山までは 殆んど 直登であったが 一時間余りで到着。暑い! 山頂からの富士山が疲れを癒してくれた。
24: 11:25 レンゲショウマ発見!と言っても ひそやかで 見落としそうだった。 群生というには ほど遠く パラパラと点在という雰囲気。何か 痛々しい。
27: 13:53 風もなく 暑かったが 赤トンボは空に舞い 萩が花をつけ始めていた。 
30: 14:11 火山の噴火口みたいな変わった切り株。 よく見たら そこには新しい新芽が成長始めていた。
33: 16:37 登山道をふさいでいた白い木に 沢山のキノコの整列。ザワザワと声が 聞こえてきそう。 この日の主役は 色々な種類のキノコだったかもしれない。たっぷりと汗をかいた一日だった。
IMG_6218.JPGIMG_6219.jpgIMG_6224.jpgIMG_6227.jpgIMG_6230.jpgIMG_6233.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.8.24——小林 美子さんから「白山の写真 小林美子」
白山の写真アップの連絡
有難うございました。
残念ですが、何度か、みなおしたのですが
アップされていません。
私だけでしょうか?
それとも私の方に原因があるのかしら?
▲インデックス・ページへ


■2017.8.24——【コーチ】から「白山の写真が本展示になりました」
【コーチ】から
*発見写真旅No.157「白山」が本展示になりました。
*ぜひ御覧ください。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.21——稲葉 和平さんから「8d:菜畑山、参加できなくなりました」
伊藤幸司さま

申し訳ありませんが、8d:菜畑山、参加できなくなりました。〇⇒×。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.8.21——小林 美子さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳 有難うございました」
黒部五郎小屋の方は、無理だと言っていましたが、槍ヶ岳迄行ってしまいました皆、すごく、頑張りました
ガンバレるものだと、自分でも驚いています。
つらかった分
槍ヶ岳山荘に着いた時の
喜びは、前回の槍ヶ岳とは違ってました。
疲れきっていたので穂先迄
は行かず、翌朝という事に
したけど、雨で行かれませんでした。
でも、皆、ここまで来れた事に大満足でした。
ほんとうに有難うございました。
上高地ではコーヒーにお付き合いしなくてすみませんでした。
お陰で様で8:30には、家に
着きました。
予定より早く帰れてよかったです。

それから
笠ヶ岳のコメントの事ですが写真の下のコメントの所には出ていません。
再表示のやり方もわかりませんし今のままでいいです
お手数かけました。

明日の菜畑山
槍ヶ岳から帰って三日間
様子をみていたのですが
足の指の一本が皮が剥けて
まだ、少し痛むので行かない方がよいと思います。
残念ですが
欠席させて下さい。
宜しくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.21——【コーチ】から「iPhoneやiPadでこのホームページが見られない原因について」
【コーチ】から
*以前から稲葉さんが悪戦苦闘してくださっていますが、最新のiPhoneやiPadではこのホームページが全部文字化けして(たぶん)完全に見えなくなってしまいました。
*稲葉さんはパソコンとiPhoneをうまく使い分けてくださってきたのですが、宮崎さんご夫妻が参加されるとパソコン機能をほとんどiPadに移してしまっているらしく、ホームページをほとんど閲覧できないとか。
*そういう時代になってしまったのだと私も本気になって、ホームページサービスを提供しているニフティに問い合わせてみました。あまり良くわからなかったのですが、このままでは新しい「iOS」には永久に利用されないと思いました。
*その理由は、私が書いているHTML文書が古いままだから……のようです。2004年ごろだったかと思いますが、『3日でできるホームページ』とかいう本を買って、始めてみたのです。とてもよくできた本でしたがウィンドウズパソコン用だったので、文例を使いながらなんとなく始めてみたのです。HTML文書はウェブ上でページをつくるための文書形式で、その時期にはちょうどHTML 4.0が普及しつつあったのだと思います。そして2014年以降「HTML5」への移行という大改革が進行しているということのようです。
*そこで、これまでは適当に共用されてきた言語環境に対しても多言語を可能にするためにきちんと指定するというような厳格さが求められるようになってきた……というのが基本のようです。アップルの「iOS」が容赦なく先端的であるために落ちこぼれが悪戦苦闘し始めたというのが的確な言い方になるようです。
*核心部分だけちょっといじってみたところ、稲葉さんと宮崎さんから「見えない」という連絡をいただきました。
*ちょっと時間がかかるかと思いますが、これから「HTML5」という文書に完全書き換えをしなければならないという状況を理解しました。(とりあえず「iOS」でもなんとか見られるというレベルの悪戦苦闘をまずやってみていとは思いますが)
*みなさんにどこかで突然ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解ください。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.20——宮崎 智子さんから「Re: ホームページに関して」
文字化けホームページを見る方法が分かりました!翻訳サイトのwebrioの中にwebページ翻訳というタブがあるのでそこをひらき、糸の会のURLをコピペして、英語→日本語の翻訳にかけるとホームページが見れるようになります。ただページ毎に翻訳をかけるので、サクサク見るというわけには行かず時間が少々かかりますが、見ることが出来るようになりました。全てが翻訳出来るわけではなさそうですが、概ね問題無いかと思われます。取り急ぎ情報共有いたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.20——福田 晴子さんから「Re: 写真キャプションの件」
伊藤幸司さま

おはようございます。お返事遅くなり申し訳ありません。
宅ふぁいる、念のため再送いたします。
https://free.filesend.to/filedn_infoindex?rp=106fdce61f507de619c7dfd001d658bo

お手数をおかけいたします。
アップを楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.19——宮崎 智子さんから「Re: ホームページに関して」
昨日はお疲れ様でした、そして大変お世話になりました。
今、ホームページ確認致しましたが、残念な事に、文字化けしたままでした。
その件とは、離れてしまいますが、写真をUPしようとしたのですが、入れる場所がわかりませんでした。どのようにUPするのでしょうか?
▲インデックス・ページへ


■2017.8.15——土屋 千鶴子さんから「土屋千鶴子です」
伊藤コーチ様
残暑お見舞い申し上げます。 
金峰山ではお世話になり有難うございました、8d(8/22日)無印 → 〇でお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.15——小林 美子さんから
三浦・小林
かがやきに乗りました
戸田さんとは、東京駅で
おあいしたとか・・
3名、かがやきに乗ってます
▲インデックス・ページへ


■2017.8.14——稲葉 和平さんから「明日は、はくたか551号」
伊藤幸司さま

明日は、はくたか551号、大宮から乗車します。10号車です。
よろしくお願いします。

稲葉拝
▲インデックス・ページへ


■2017.8.14——藤原 由香里さんから「金峰山の写真3」〜「7」

11=FullSizeRender.jpg
なにやら、おしゃべりが聞こえてきそうな。

12=IMG_4948.JPG
ツヤツヤ、ピカピカのきのこです。

13=IMG_4957.JPG
倒木から、立派な木が生えて、この山の力強さだね。

14=IMG_4959.JPG
倒木の根っこだってまだまだ現役だ。倒れても、生き続けるのだね。

15=image1.JPG頑張れと言われなくても生えている。

藤原由香里より

*追伸「金峰山の写真4」

16=IMG_4966.JPG
雨上がり、水を抱えたサルオガセ。

17=FullSizeRender.jpg
そこかしこ、活動続ける、ちっちゃい者クラブ。

18=IMG_4978.JPG
真っ白な、展望360度。

19=FullSizeRender.jpg
花然り、葉っぱ然り、正統な、花の装いゴゼンタチバナ。といつも思うのは、私だけかなぁ。

20=FullSizeRender.jpg
正統なキノコ。

*追伸「金峰山の写真5」

21=FullSizeRender.jpg
山頂付近のシャクナゲは8月でしたが、ピカピカです。

22=IMG_5009.JPG
ハイマツの山頂付近の広がりを行く。

23=IMG_5014.JPG
この岩をくぐり抜けると、串団子のような山頂の標識に到着です。

24=IMG_5015.JPG
串団子のような山頂の標識です。

*追伸「金峰山の写真6」

25=IMG_4884.JPG
この五丈岩さえ見えなかった。『おいおい、ワシを見ないで帰るのかい?』と帰ろうとする私たちに、ひょっこりと姿を現した。みんなに見てもらってよかったね。

26=IMG_4886.JPG
ピカピカのシャクナゲです。

27=IMG_4888.JPG
きみどりのバイケイソウ。

28=image1.JPG
ピンクッション?イエイエ、苔と雨の玉。

29=image2.JPG
帰りも、下り登りを何度も繰り返し繰り返し。

*追伸「金峰山の写真7」

30=FullSizeRender.jpg
パンみたいなキノコ

31=FullSizeRender.jpg
ツヤツヤキノコ

32=FullSizeRender.jpg
連続キノコ

33=FullSizeRender.jpg
仲良しキノコ

34=IMG_4916.JPG
いつも、空と木々を見上げた写真を撮る。いつも、きれいだなぁと思う。

これで、終わりです。今回は、大きいサイズで送りました。よろしくお願いします。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.8.14——福田 晴子さんから「追加写真のご送付」
伊藤幸司さま

おはようございます。
昨日お送りした写真に追加させていただけますでしょうか。
他のメモリに保存してあって、入れ忘れてしまいすみません。
キャプションも、追加したものをあらためて添付いたします。

もし写真が届いていないようでしたらお知らせくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子

(追加)
MEMO0031.jpg
IMG_20170803_182217965
下山後、帰路の駅で。疲れているはずなのに、皆さん清々しく、いい笑顔です!

以上です。よろしくお願いいたします。
福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.13——曽根一郎さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳 参加」
伊藤コーチ どの

黒部五郎岳〜槍ヶ岳 山行に参加いたします。

はくたか551号で参ります。

                そね いちろう
▲インデックス・ページへ


■2017.8.13——佐藤 時子さんから「菜畑山」
伊藤コーチ殿
いつもお世話になり、ありがとうございます。
金峰山は、不安で 危なげな
参加でしたが 足の状態がよくわかり、自信にもなりました。
直後は、腫れ 痛みの悪化はなく、順調に治っていると
思います。
普段の生活にもどり、朝歩きも続けていますが、
あと、僅かのところに 全快と 言えないものを感じます。
やはり、ここでは 大事をとって、 我慢 するべき時かと。
菜畑山、大室山は休むことにします。
9月の神山は、参加します。
秋、 10月から 月2回の
軽登山歩きをめざし、計画書を楽しみにしています。
宜しくお願いします。
佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.13——福田 晴子さんから「2017年8月3日 金峰山 写真キャプション」
伊藤幸司さま

先ほど写真をメールでお送りしましたが、届きましたでしょうか?
続いて、松と杉の区別もつかないド素人まるだしのキャプションを添付にてお送りいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子


P1000511.jpg
ツートンカラーが粋な梢。名はアオモリトドマツ、樹氷でよく知られるメジャーな木だという。これがトドマツか。杉かと思った。調べたらマツ科モミ属であった。杉の要素まったくなし。

P1000511.jpg
濡れていよいよ萌える夏の若葉。薄暗い森に発光するようだ。この日、道中はこの色で満たされていた。

P1000521.jpg
雨上がりの森へ。

P1000523.jpg
木にしがみついているのは、マリモ…?(違) 宇宙生物的である。

P1000527.jpg
足元の新芽の中に、小人が腰かけていそうなベンチ。約10センチメートルの空間。

P1000527.jpg
幼いころ絵本で見たのはこんな世界ではなかったか。いわむらかずお「14ひき」のシリーズのような。ねずみの目で見る、柔らかな下草の森。

P1000530.jpg
最初の休憩における伊藤先生の講義。幅広の口のボトルに水を凍らせて持っていき、普通のペットボトルに入れた水を凍らせた方に注ぎながら飲む、という知恵である。

P1000532.jpg
続いて、持ち物リストにあった「スペシャルおやつ」について。参加者全員にとって謎の指示だったようだが、その意図は「山で食べるとちょっといいかも、という特別感のあるおやつ」。ふだんはあまり手が出ないものや、少し高級なお菓子などを山で味わってみようという趣旨だ。新調なさったというサーモスの保冷バッグから伊藤先生が取り出したのは、プリンと野菜ジュースである。

P1000537.jpg
講義中、失礼にもパシャパシャ写真を撮っていたところ、Y氏だけなぜかばっちりカメラ目線であった。

P1000539.jpg
◯さんは「スペシャルおやつ」を考えた結果、千葉県産の立派な初もの落花生を茹でてきて皆に配ってくださった。

P1000541.jpg
切り立った岩場と整列する樹木。この境は人工的なものか自然発生的なものか? なぜある箇所には突如かたまって岩場が現れるのか?

P1000543.jpg
「スペシャルおやつ」をいただく。茹でたて落花生の柔らかな歯ざわりとほんのりした塩気が甘くも感じられて、美味。ご馳走さまでした。

P1000553.jpg
さあ再び出発。皆さんのザックは思いのほか大きい。海外長期旅で持つようなサイズだ。これほどの荷をかついでこんな岩場を登るとは、何と強靭な。

P1000554.jpg
あ、シイタケ! ではないだろうが、キノコらしい形のキノコである。そういえばタクシーの運転手さんが私たちを待っているあいだ何をして時間をつぶしているかと聞けば「キノコ採り」だとか。たくさん採れたかな。

P1000556.jpg
目を疑った岩の急斜面。写真だと角度感が伝わらず残念だが、この日初めての恐怖だ。「ここ降りるなんてあり得ない」と心中で叫んだ。ところがほかの皆さんは平気な顔で降りていく。どういうことだ。

P1000559.jpg
ようやく拓けたポイントに出た。私の想像ではこうした道を歌でも歌いながらランラン歩くはずであった。「今回はアップダウンもなく楽ですから軽すぎるくらいかもしれません」という先生の事前評を鵜呑みにしてはいけなかったのだ。

P1000562.jpg
星のような花のような草の面に、ところどころハート型の芽。小憎らしいほど愛らしい造形美よ。名前を教えていただきましたが、忘れました。メモ常備の必要。

P1000564.jpg
ある一帯の木々がこのように群れて立ち枯れになることがあるという。自然な世代交代か、ウイルスなどの仕業かは不明だそうだ。

P1000570.jpg
鮮やかなびろうどの苔と天に直立する木々が森の大気を演出する。ところどころに、アモリトドマツの若木。幼木から老樹までの各世代を見られるのは健全な山の姿だという。

P1000574.jpg
霧の向こうからユニコーンでも顔を出しそうな気配だ。「このマイナスイオンのミストをいっぱい浴びると翌日お肌がつるつるになるんですよ」との好情報。

P1000577.jpg
今回気がついたが、私は苔が好きらしい。苔ラブ。苔萌え。

P1000583.jpg
ああ、奥まで群生するこの細長い葉の名も忘れてしまった。なんでも書き留めておかねば。目立たない緑の花をつけることは覚えている。

P1000585.jpg
地に這う草をマクロで見ればヤシの木が立ち並んでいるようで、小さな生きものたちにはちょっとしたリゾートか。

P1000587.jpg
シャクナゲという花を初めて見た。名前を聞いたことしかなかったが、何やら美しげな響きだと思っていた。なかなか存在感のある優雅さだ。帰って調べると、漢字では石楠花(石南花)と書く。石の間に生えて南向きの土地で育つことに由来し、もともとは中国で別の花を指す語だったとか。ツツジ科で、言われてみればツツジに似ている。

P1000591.jpg
「先生、もうそろそろ頂上ですか?」「うん、あと一息だよ」「わあ、あと一息ですね!?」「……うん、登山用語でね」先生ニヤリ。

P1000594.jpg
森林限界で岩と低木ばかりになった。本州のこの辺りでは大体2500メートルくらいが森林限界になるという。山肌を覆っているのはカラマツだそうだ。トドマツ、カラマツと「おそ松くん」のオリジナルを次々認識できた。

P1000595.jpg
こんな岩場だとどっちへ行っていいか迷いそうですねと言ったら先生、「迷いませんよ。道が見えるでしょう」。え?道?? 「ほら、そこにストックを突けばいいんですよ」

P1000596.jpg
よく見ると、青黒く苔むした岩(写真)と、つるりと薄茶けた岩がある。苔のない薄茶の部分は、人が踏みしめた跡だ。そこを辿れば道になる。しかしすべりそうだなあと思っていると「今日はすべらない岩だから良かったですね」と先生。そうなのか。

P1000598.jpg
ストックを突く場所として示されたのは、岩のすき間の溝だ。「皆が突いた跡があるでしょう」。たしかに少し色が変わってへこんだ所がある。いざとなれば岩盤に突き刺して使う。ストックは刃物だという。

P1000607.jpg
この岩のアーチをくぐれば頂上だ。

P1000609.jpg
ここからは本州のすべての山々を四方に見晴るかす絶景が広がっているそうだが、この霧。

P1000613.jpg
頂上で食べるとなんでもおいしいね。いただいたパイナップルも甘くてジューシィで喉に沁みたなあ。

P1000615.jpg
数分前まで何も見えなかったのに、濃霧の中から魔王の砦みたいな岩山がおもむろに現れた。満を持して絶妙な登場。重低音のBGMが似合いそうだ。

P1000616.jpg
特に広場だとか突端だとかの頂上らしい舞台はなくただ前後同様に岩の道が続いているだけだったが、ここが頂上らしい。水泳のターンのように、タッチしたらくるりと引き返す。帰りも同じ道だが足を運ぶだけで必死の私は景色もろくに覚えていないので、また新鮮に歩けたのは初心者得であった。


以上です。よろしくお願いいたします。
福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.13——福田 晴子さんから「2017年8月3日金峰山の写真」
伊藤幸司さま

お世話になっております。
金峰山の写真を添付にてお送りいたします。中サイズ34点で4.5MBになりますが、届きますでしょうか?
キャプションは追ってお送りします。
ご不明な点等ございましたらお知らせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子

P1000511.jpeg P1000519.jpeg P1000521.jpeg P1000523.jpeg P1000527.jpeg P1000528.jpeg P1000530.jpeg P1000532.jpeg P1000537.jpeg P1000539.jpeg P1000541.jpeg P1000543.jpeg P1000553.jpeg P1000554.jpeg P1000556.jpeg P1000559.jpeg P1000562.jpeg P1000564.jpeg P1000570.jpeg P1000574.jpeg P1000577.jpeg P1000583.jpeg P1000585.jpeg P1000587.jpeg P1000591.jpeg P1000594.jpeg P1000595.jpeg P1000596.jpeg P1000598.jpeg P1000607.jpeg P1000609.jpeg P1000613.jpeg P1000615.jpeg P1000616.jpeg
▲インデックス・ページへ


■2017.8.12——徳山 由美子さんから「9月の山について」
徳山 由美子 9月の山について 170812 伊藤様 金峰山ではお世話になりました 思いのほか大きな山で疲れましたが 魅力的な山でした 9月は9a ○    9b ×  で宜しくお願いします     徳山由美子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.12——藤原 由香里さんから「金峰山の写真 2」
06=IMG_4930.JPG
まるで、シラビソがドレスの裾を広げて、『綺麗でしょう?』と嬉しがっているようだったり、指先にネイルをしているようだったりします。

07=image1.JPG
スギゴケの中にツヤツヤのキノコがひょっこり育っている。

08=IMG_4933.JPG
青空のカケラです。

09=IMG_4934.JPG
まぁるく山苔がくっついて、ヨチヨチ歩き出しそう。

10=FullSizeRender.jpg
苔の影に隠れて、悪そうなヤツがいます。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.8.11——藤原 由香里さんから「金峰山の写真1」
伊藤先生さま
雨、雨、雨…。8月になっても続きます。いかがお過ごしでしょうか。
山の日の今日、御岳山に行きました。三つ峠山で蕾だったレンゲショウマを見る目的で。2分咲き程度のレンゲショウマに心を奪われている間に、霧雨だった雨は音を立て始め、それなりの雨に変わっていきました。雨の山も良いと思っていたのですが、7月23日、29.30日、8月3日、11日、私が山に行く日に、こう続くとめげてきます。

先日の金峰山の写真を送ります。よろしくお願いいたします。

IMG_5016.JPG
塩山駅からタクシーに乗り、大弛峠へ。タクシーの運転手さんが観光タクシーさながらに解説をして下さる。恵林寺、放光寺を通り過ぎ、袋の被ったブドウ畑も通り過ぎる。確か、松里のブドウが美味しいと言っていたような。
徐々に標高が上がるにつれあくびが連発、眠いィ。と思っていると、アレ?雨が降ってきた。タクシーの中でカッパを上下着て、外に出る。アラ?雨、止んだねぇ。それならばと上のカッパをさっさと脱ぎ、足取りも軽く山行を開始した。

IMG_4923.JPG
さっきまでの雨で、倒木から生えた苔や緑がプックリ、ツヤツヤしている。私の後ろを歩いていたYさんが許して下さるがまま、こんな写真ばかりしつこく撮ってしまった。

image1.JPG
最初は、登りが続く。雲の中にいると思うと登りも楽しく感じるのです。

FullSizeRender.jpg
まだまだ現役の木にこんなに立派なゼニゴケが生えている。

image2.JPG
岩場の登りが続く。水晶が採れたそうだから、探せば見つかるカナ?

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.8.11——小林 美子さんから「1年前のコメントです。小林美子」
発見写真旅 (117)の笠ヶ岳【4】のコメントです。

先日、乗鞍畳平へ行って来ました(観光で)
帰り、平湯温泉でバスの待ち時間2時間ありましたのでこの古民家を訪ねました。
この糸の会の時は、まさしく、ユーレイ少女がいました。(ユーレイに見えただけですが) Hさんとふたりで怖がったものです。
今回は昼間だったので、
ユーレイ少女も出ませんでしたがユーレイのいたテーブルで、バスの時間迄、
ゆっくりしました。
大きな階段があり、2階には、昔の農具等が、展示してありました。
農家育ちなので、昔、こんなのがあったねとタイムスリップした様なひとときでした。

1年前の写真を見て
思い出す事も楽しいです
▲インデックス・ページへ


■2017.8.10——曽根一郎さんから「山行予定の変更の件」
伊藤コーチ どの

いつもお世話になっております。以下のとおり

山行予定を変更させていただきます。

8 C/S 黒部五郎岳〜槍ヶ岳    ○→△

8 d 菜 畑 山           ○→×

9 C/S 仙丈ヶ岳〜甲斐駒ヶ岳   ○→×

よろしくお願いいたします。

                 そね いちろう
▲インデックス・ページへ


■2017.8.9——小林 美子さんから「雁ヶ腹摺山のキャプションです。小林美子」
13:26…2年前には、全然咲いてなかった
シモツケソウ
湯の沢峠のお花畑を賑やかにしていました。

14:19…お花畑の周りはアミに囲まれ、花を守っていた甲斐があったのでしょうか、復帰の気配がして嬉しく、又来てみたいと思います。

14:40…10分交代
待っている所にこんな
キノコがありました。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.8——黒川 清裕さんから「黒部五郎岳〜槍ヶ岳山行の件」
恐縮ながら左膝痛が思わしくなく、出席予定していました
黒部五郎岳〜槍ヶ岳山行を欠席させて頂きます。黒川清裕
▲インデックス・ページへ


■2017.8.8——山咲 野の香さんから「山咲野の香です 参加お願い」
黒部五郎岳、△を◯に。
よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.8——宮崎 智子さんから「Re: 黒部五郎岳〜槍ヶ岳の件」
日程表受け取りました。ありがとうございました。では、当日富山駅の改札に参りますのでよろしくお願いいたします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.7——小林 美子さんから「雁ヶ腹摺山の写真を送ります」
DSC_0821.JPG
DSC_0825.JPG
★2伸
DSC_0832.JPG
DSC_0839.JPG
★3伸
DSC_0848.JPG
★3伸
雁ヶ腹摺山の写真、6枚です。小林美子
DSC_0850.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.8.6——宮崎 智子さんから「Re: 黒部五郎岳〜槍ヶ岳の件」
連絡ありがとうございます。黒部槍ヶ岳は旦那も参加でお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.5——大森 富子さんから「RE: 8/12甲州高尾山を中止させていただきます」
伊藤コーチ殿
甲州高尾山の中止のご連絡ありがとうございました。
了解いたしました。
大森富子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.5——福田 晴子さんから「金峰山ありがとうございました」
伊藤幸司さま

お世話になっております。
先日は金峰山に参加させていただき、どうもありがとうございました。
想像していたようには全然ラクじゃありませんでしたが(笑)、とても楽しかったです。
ストックもお貸しいただきありがとうございました。
帰りの道はもう両膝や節々がかなり痛くなっていたので、ストックがあって助かりました。
日頃の運動不足と体の歪みが如実に現れたようです。まさに痛感しました…。
予定時間を大幅に過ぎ、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
ある程度予想はしていたものの、やはり皆さんのレベルの高さに驚愕です。
しかし初めての私にも親切にいろいろと教えていただき、良い経験となりました。
優しい方ばかり集まっていらっしゃるのも、伊藤先生のお人柄のためでしょうか。

今回の金峰山は、私にとってはもう精一杯でしたが、
もし今後ごく簡単な山のコースがあるようでしたら、また参加してみたいです。
朝はほとんど寝ぼけていたので、まずは早起きのリズム作りからですが…。

あらためまして篤くお礼申し上げます。
写真は追ってお送りいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.2——【コーチ】から「筑波山の写真」
【コーチ】から
*発見写真旅No.143の筑波山に21本の追加を並べました。ご覧いただければうれしいです。
▲インデックス・ページへ


■2017.8.1——中村 泰子さんから「8月9月の件」
伊藤様

こんばんは、経過報告ですが、骨折は、順調に回復しております。
医師からは、普通に歩いていいといわれましたが、残念ながら、はれがひかず、
まだ、どの靴も履けません。
会山行復帰には、まだ時間がかかりそうです。

8月C,9月B、9月C △になっていましたが、✖でお願いいたします。

10月復帰を目指してリハビリしたいと思います。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.8.1——酒井 みちこさんから「Re: 8/12甲州高尾山を中止させていただきます」
伊藤コーチ 様

甲州高尾山の中止の連絡ありがとうございました。
9/7 神山(箱根)に参加しますので、
宜しくお願いします。

酒井 みちこ
▲インデックス・ページへ


■2017.7.31——小林 美子さんから「白山のキャプション続きです」
5:28……太陽があがってしまった後は、お池めぐりです。登山道には、アオノツガザクラとイワカガミが
1面に咲いていてきれいでした。
6:13……あの雪渓を渡って室堂にかえります。
朝のいい散歩。
お腹がすきました。
朝食が待ってます。

7:33……神職の方が、くつろいでいます。
私達は食事も終わり、予定より少し早く出発です。
8:19……桜が咲いていました。ここ一本だけでしたが、何桜でしょうか?
8:31……下の方に、殿ヶ池避難小屋がみえました。昨日と違って晴れて、見晴らしがいいです。
10:12……ハクサンシャクナゲが一輪きれいに残っていました。
10:28……ササユリ
これは、色が濃い花でした。濃い色、薄い色、さまざまな色があった気がします。ササユリは初めてみました。
12:26……タクシー乗り場に着いたらこんな光景が・・
何の為か、わかりません
大きな岩に太いクサリで
ガッシリ!!
風に飛ばされないようにか
まさかドロボーよけではあるまいし・・
異様な感じがしました。
何の為??
▲インデックス・ページへ


■2017.7.30——櫻田 英治さんから「8、9月の予定変更依頼」
伊藤幸司さま

変更内容:8b=0812(土)甲州・高尾山を○→×。9b=0909(土)羅漢寺山を△→×。

8d=0822(火)菜畑山と9d=0926(火)大室山の二つを△へ追記。以上4山の変更お願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.30——小林 美子さんから「白山のキャプションを送ります」
18日
11:46……別当出合から
鳥居をくぐり、吊り橋を渡り、出発です。
12:56……1時間ほど歩いたところで右手に不動滝が見えます。
15:07……キヌガサソウ
大きな花が見事でした。目立ちますね!
17:49……室堂センターに着きました。
白山山頂がみえます。
変わりやすい天気で、かなり強い雨の中を登ってきました。

19日
4:09……今日は、1日良い天気の予報
ご来光を見る為、神職の打ち鳴らす太鼓の前に室堂を出発しました。
暗いけど、月あかりで、足元が見えるので、ライトをつけないで登りました。

4:37……見えるのが剣ヶ峯(ゴツゴツの山)
剣ヶ峯には、登る事はできないそうです。
4:39……神職の方が、回りの山などを、説明しながら、太陽の出るのをまちます。

4:51……太陽が見えてきました。

4:54……神職の方の掛け声で、皆でばんざーい🙌です。登る時は苦しかったけどやはり山頂に立つと忘れられます。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.29——山本 良彦さんから「金峰山参加します」
伊藤コーチさま
金峰山に参加しますのでよろしくお願いします。
なお、甲州高尾山は×に変更します。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2017.7.29——小林 美子さんから「白山の写真送ります。小林美子」
DSC_0792.JPG
DSC_0801.JPG
★第2伸
DSC_0807.JPG
DSC_0812.JPG
★第3伸
白山の写真
全部で23枚です。宜しくお願いします。
DSC_0816.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.28——【コーチ】から「黒部五郎岳〜槍ヶ岳ご参加のみなさんへ。ヘルメットの件」
*北アルプスの縦走登山におけるヘルメットの着用について調べてみました。 *ヘルメットの着用が強く勧められているのは滑落事故などが多い岩稜地帯で、今回のルートはそれに含まれていません。(レンタルヘルメットは槍ヶ岳山荘にあります) *落下距離のある滑落などでは頭部を保護することで死亡率が低くなるという現実があります。それには登山用の安全基準を満たしたヘルメットが必要で、十分な安全性が確保された上で、さらに携帯に便利な折りたたみ式も発売されています。北アルプスなどで使用するヘルメットにはそれらが求められるのが一般的かと思います。 *しかし「糸の会」では冬季に軽アイゼン以上の山域には踏み込まないのを原則としているように、登山用ヘルメットの着用が求められる山域には踏み込みません。 *しかし、通常の山歩きに利用したいヘルメットが浮上してきました。自分で使ってみないと確信がもてませんが、ひょっとしてご存じの方もあるかもしれないので、ご紹介していきます。 ★ひとつ目はミドリ安全の「帽子用インナーキャップ INC100B(バンド付き)」でネット上で500円以下で買えるようです。 *それはプラスチック製で帽子の中に入れて軽い衝撃に耐えるというもの。「軽作業用」と想定されているようで、バンド(耳あごひも)ではずれないようにすると転倒時の保護にもなります。防災用頭巾などより優れていると感じますし、安価ですから1個買ってみることをおすすめします。(自転車用にはきちんとした安全基準がありますから代用にはなりませんが、自転車用帽子にこれを入れて強度を増しておくという考えはしていいかと思います) *上にかぶる帽子はなんでもよく、いまお使いのものよりサイズアップしなければならないと思いますが、ベルトを使わなければ通常の帽子とかわりなく使えるようにも思われます。さらに蒸れにくくなるという効果も帽子によっては期待できるようです。(ちなみに登山用ヘルメットには肌を守るインナーキャップというのがありますが、これは逆の考え方で、内側に耐衝撃性のあるインナーキャップをはめるのです) ★もうひとつは作業用ヘルメットの折りたたみ型です。いろいろありますからアタリかどうかわかりませんが、大日本インクの「DIC防災用ヘルメット IZANO」(イザノメットとも? ヨドバシ価格で3,500円)を選んでみました。 *DICというメーカーへの信頼感が大きいというだけで根拠はありませんが、これは一般の作業用ヘルメットの国家検定として飛来落下物用/墜落時保護用としての安全基準をクリアしているので、工事現場などを飛び回る人たちが携帯しやすいマイ・ヘルメットを想定していると考えていいようです。 *重さは450g、頭のサイズ(60cm前後)で厚さ8.2cmに折りたためます。専用袋に入れると書類バッグにも入れられるというつくりです。 *その安全性能がどれほどかはわかりにくいのですが、工事現場で足を滑らせてころんだときに建築資材など頭をぶつけた場合を想定しているようです。つまり山歩きでは滑落ではなく、転倒時に、頭を保護してくれるという場面と、岩場で上方の人に石を落とされたようなときの頭部保護に一定の効果があると考えられます。我が家では防災用ヘルメットが邪魔になっているので、こういうものに置き替えようかと考えています。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.28——【コーチ】から「黒部五郎岳〜槍ヶ岳ご参加のみなさんへ。往路」
往路の基本は「はくたか551号」の自由席ですが、その指定席、あるいは全席指定の「かがやき501号」で富山駅までおいでください。(伊藤が富山駅まで先行しているかはまだわかりません)
◆往路
0628東京(北陸新幹線・はくたか551号・金沢行き)────0911富山
(0628東京20番線→0634上野→0654大宮→0911富山)
*自由席は後方1−5号車ですが、できれば2号車に集結しましょう
*あるいは全席指定のかがやき501号で
0616東京(北陸新幹線・かがやき501号・金沢行き)────0826富山
(0616東京21番線→0622上野→0642大宮→0826富山)
▲インデックス・ページへ


■2017.7.27——福田 晴子さんから「Re: 金峰山の地図」
伊藤幸司さま

お世話になっております。
地図のご送付ありがとうございます。計画書も頂戴いたしました!

最寄り駅は、都営大江戸線 新御徒町駅 です。
生年月日は、昭和54(1979)年(省略)です。
保険は入っておりませんが、必要でしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.27——小林 美子さんから「雁ヶ腹摺山では、お世話になりました。小林美子」
雁ヶ腹摺山は、又、スズメバチに行くてを阻まれてやむなく引き返したり
米背負峠から下山したのは、とても助かりました。
湯ノ沢峠のお花畑も2年前の時からくらべると、お花が沢山咲いていて、復活の兆しがみられました。
期待したいところです。

それから
白山の写真送ります。
18日 4枚です。
DSC_0653.JPG
DSC_0654.JPG
★第2伸
DSC_0660.JPG
DSC_0664.JPG
★第3伸
19日白山の写真送ります。小林美子
DSC_0672.JPG
DSC_0676.JPG
DSC_0683.JPG
★第4伸
DSC_0693.JPG
DSC_0706.JPG
DSC_0707.JPG
★第5伸
DSC_0723.JPG
DSC_0738.JPG
★第6伸
DSC_0741.JPG
DSC_0750.JPG
★第7伸
DSC_0757.JPG
DSC_0766.JPG
★第8伸
DSC_0781.JPG
DSC_0783.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.27——黒川 恵美さんから「Re: 金峰山の地図」
伊藤先生、
金峰山の計画書の配送の手配をして頂き、ありがとうございます。
地図のことは了解しました。

8/3の金峰山のことで、
先生にご相談があります。

末の娘の眞帆が、今回私と一緒に金峰山に参加したいと申しています。
よろしいでしょうか。
以前に、上の娘が糸の会に飛び入りで参加させて頂いたのですが、今回は下の娘で初参加です。
簡単なプロフィールを記しますので、ご検討をよろしくお願いします。
黒川眞帆 (くろかわ まほ)
*略
*略
*会社員
*登山歴ほぼ0、初心者
ハイキング程度です。

黒川恵美
▲インデックス・ページへ


■2017.7.26——浜 房子さんから「Re: 金峰山の地図」
伊藤コーチ様
いつもお世話になっております。
金峰山の山行計画は本日届きました。
有難うございます。
集合場所と時間はチェックしましたが、地図のないことは
気が付きませんでした。
8月3日、新宿から合流します。
どうぞ宜しくお願いします。
浜 房子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.26——若松 景子さんから「計画書、届きました。」
伊藤孝司様

本日、計画書届きました。
ありがとうございます。

よろしくお願いたします。

若松景子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.26——永田 幸子さんから「Re: 金峰山の地図」
金峰山計画書今日届きました。地図ありがとうございます。当日よろしくお願いします。 永田
▲インデックス・ページへ


■2017.7.26——三浦 陽子さんから「白山写真」
白山ではお世話になりました。山頂には修験道の(見習い?)行者の人も多くいて、雰囲気ある御来光でした。お池巡りでのアオノツガザクラとイワカガミの色相も印象的でした。数点送付します。よろしくお願いします。
三浦

IMG_3648.JPG
IMG_3654.JPG
ガイド付きお池巡り。普段は通ってはいけないと言われているところへも案内してくれた。
IMG_3661.JPG
IMG_3673.JPG
IMG_3676.JPG
IMG_3675.JPG
ハクサンダイゲキ。ここにしかないそうです。
IMG_3679.JPG
IMG_3682.JPG
🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.7.26——若松 景子さんから「8月3日参加します。若松」
おはようございます。
前回は失礼いたしました。
8月3日(木)金峰山参加いたします。
△→○にしてください。
久しぶりの山歩きなので、ドキドキですが。
ポイントの残があるか、記憶も記録もございません。
不足ならば早急に送りますので、お知らせください。
保険は日本費用補償少額短期保険株式会社 証券番号0907Y073123
有効期限平成30年7月27日
楽しみにしております。
よろしくお願い申し上げます。
若松景子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.22——【コーチ】から「写真締め切りに関して」
【コーチ】から
*三ッ峠山の写真が続々と届きました。
*一応「2週間後」を締め切りとしていますが、もちろん事実上はこちらがベタ遅れです。
*そこでこちらの進行手順をお知らせしておきたいと思います。
1)送られてきた写真は、それぞれの山の、それぞれの人のファイルに入れておきます。
2)キャプションはキャプションとして全員のものを一括管理します。
3)できれば受け取ったときに(現実には写真締切日の後)送られてきた写真のサイズを調整したり、ファイルネームを統一したかたちにします。
4)写真の画像を修正したり、トリミングしたりすることはありません。もし問題があっても基本的には使用カメラと撮影モードの調整から手直しするのが原則ですが、すでに選ばれた写真ばかりなのであまり問題は生じていません(小林 美子さんのスマホの写真に出る虹に関しては結局スマホ交換になりました。矢野さんの写真全体を1/3絞りアンダーにしました……など)。
5)すべての写真のファイルネームに「撮影時刻」を入れ込みます。(データとして読めない写真がけっこうあって問題ではありますが)
6)全員の写真をひとつにして、撮影順に通し番号を打っていきます。
7)写真を通し番号順の写真スペースに並ぶようにし、撮影者別のインデックススペースにも並ぶようにします。そしてタテ写真のサイズ調節と、インデックス写真をクリックすると本写真が開くかどうかチェックします。
*じつは多くの作業はエディターという編集ソフト(いわばワープロ画面)でしていますから作業中にはほとんど写真を見ることはありません。
8)その後は細々とした文字絡みの作業ですが、ほとんど終盤です。
*こういう流れのうち、「6」の作業で写真に通し番号を打ってしまうと写真の入れ替えや順番の書き換えなどは原則としてできなくなります。つまりそこが作業の復帰危険ポイントとなります。
*ですから「写真締め切り日」からすぐに作業にかかったとしても、まだ受け付ける余裕はあるのです。締め切りギリギリでどうしようかと悩まれる場合にはそのことをお知らせください。受付可能ですから。No.154の戸倉三山では写真の応募はないものと決め込んで下ごしらえをしてしまったので、山咲さんの写真を申し訳ないけれど「追加」として加えさせていただくことにして作業しています。
*仮展示なしにダイレクトに本展示にできるような進行に戻せるかどうかまだ見通しはたっていません。申し訳ありません。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.22——【コーチ】から「筑波山を本展示にしました」
【コーチ】から
*発見写真旅No.143の筑波山を本展示にしました。過去の20本ほどの筑波山を追加で入れたい気分ですが、仮展示の処理も急がなければいけないし、準備中もいろいろありますし……。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——福田 晴子さんから「Re: 8月3日の金峰山について」
伊藤幸司さま

お世話になっております。
「会員用ロッカールーム」、文字をクリックしても出てこないなあと思っていましたが、アイコンをクリックするのですね!
見られました!
ありがとうございます。

メール掲示の件、承知しました。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——矢野 博子さんから「三つ峠山写真」
伊藤コーチさま 梅雨明け宣言もされ いよいよ暑さ本番です。 お世話になっております。 遅くなりましたが 三つ峠山の写真 送信します。 宜しくお願いします。 矢野博子 80:  9:34  河口湖駅前の気温と時間。 気温は 流石に都会よりは 若干低いので 助かる。ここからバスで 三つ峠登山口に向かう。 84: 10:46 暫く歩いていくと 地面を覆っていたのは 散ってきた小さな白い花々。白い小さな手袋みたい。上を見上げても どの木から落ちてきているのか 分からなかったが 地面を覆い きれいだった。 91: 11:39 冬には何回か登っている三つ峠山だが この季節は 初めてなので 花に期待がかかった。傍らに咲いていた白い花は 清楚だった。 93: 11:40 花の名前は分からないが 何か香りの立つ花だった。 00: 11:52 オダマキの花が 斜めになって 可憐に咲いていた。これは 赤だが 白いものもいくつか道端に咲いていた。 03: 11:55 このうっとおしい季節にこの青紫のアヤメは きりっとして涼し気だった。この色が とてもアクセントを与え 辺りに映えていた。 06: 12:09 マルバシモツケでしょうか? この花は 山頂付近でも割と多く見ることが出来た。  10: 12:12 山頂付近からの眺め。 暗雲立ち込めているが この日 雨に降られることはなかった。 残念ながら この日 反対側に見えるはずの富士山も姿を隠し 眺められなかった。 19: 12:58 この日の主役は このサンショウバラだったかもしれない。 サンショウの葉っぱに似た葉をつけたバラ。 花の少ない時期に貴重なピンクの可憐な花だった。 26: 14:18 次世代を担うヒコバエ達。 この小さな命を愛おしく思い 立ち止まり 前を歩いていくSさん 心の優しい人です。 27: 14:21 またしても現れたサンショウバラ。 光を浴びて輝いていた。 30: 14:28 何人いても静かな フタリシズカ。良い名前を付けられたものです。 38: 16:30 カチカチ山のロープウエイからの河口湖。カチカチ山頂付近では 殆んど日本語は 聞かれず ここは どこ?という雰囲気。 アジア系の観光客に占領されていた。 41: 16:37 ロープウエイ降りた所に植えられていたアジサイ。この沢山の見事なアジサイより 山道で 見つけた一本の小さな花に心動かされるのは 多分 私だけではないでしょう。 IMG_5780.jpgIMG_5784.jpgIMG_5791.jpgIMG_5793.jpgIMG_5800.JPGIMG_5803.jpgIMG_5806.jpgIMG_5810.jpgIMG_5819.jpgIMG_5826.jpgIMG_5827.jpgIMG_5830.jpgIMG_5838.jpgIMG_5841.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——藤原 由香里さんから「三つ峠山です」
伊藤先生さま
遅くなりましたが、三つ峠山の写真よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

IMG_4484.JPG
今日の富士山。雲を産生してます。

IMG_4485.JPG
林道は電気工事中。

IMG_4486.JPG
林道で、いきなりこんな綺麗な花が迎えてくれた。オダマキ。いろいろな花に出会える予感‼︎

IMG_4487.JPG
まだまだ新緑の季節ですね。

IMG_4488.JPG
何の花でしょう?たくさん落ちてました。

IMG_4490.JPG
フワフワ。何の花でしょうか。シモツケに似てます。

IMG_4491.JPG
何の花でしょうか?

FullSizeRender.jpg
ひとりしずかですか?細かい花びらです。

FullSizeRender.jpg
何の花でしょう?いちごになりそうです。

藤原由香里より

■2伸

IMG_4494.JPG
スッキリと爽やかな容姿。群生も多数みられた。草たちばな。

FullSizeRender.jpg
サラサドウダン。アップにしてもかわいい色彩。

IMG_4496.JPG
アスチルベのような、何の花でしょうか?

IMG_4497.JPG
今回、初めてオダマキと言う花をみました。うつむき加減がおとなしく、可憐なイメージなのに、『おだまり』と一文字違いなんて。

IMG_4498.JPG
これも、オダマキ。

IMG_4500.JPG
アヤメが、平地で見るよりもたくましく、元気な花に見えた。

IMG_4502.JPG
雲の中に山頂が。

IMG_4508.JPG
山頂から。

IMG_4507.JPG
絵葉書にして、雲にメッセージを書きたいような写真が撮れました‼︎

■3伸

FullSizeRender.jpg
大きな葉っぱとしっかりとした立派な花。

IMG_4514.JPG
サンショウバラ。一重でスッキリとして、可愛らしさの中にも華やかさを感じる。

FullSizeRender.jpg
雲の中の山頂を横から見る。

IMG_4517.JPG
天然ミストを浴びながら歩くって良いですね〜。

FullSizeRender.jpg
ヤマハハコ、ハハコグサ。

IMG_4522.JPG
四人賑やかと言いたくなります。

FullSizeRender.jpg
ふと見上げると咲いていた。透け感が、綺麗。

FullSizeRender.jpg
ピンクのグラデーションの色合いが、可愛い。スッキリと立っている様子に好感を持った。シモツケはシモツケソウと違うのですね。

FullSizeRender.jpg
あ〜、君でしたか。

IMG_4528.JPG
最後になっても、富士山は、相変わらず雲を産生していました。今回の三つ峠山は、雲の中や、雲を利用した写真が撮れ、初めての花もたくさん見ました。

伊藤先生、期限を守れなくてすみません。
どうぞよろしくお願いします。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——【コーチ】から「生駒〜金剛山地の写真を本展示に」
【コーチ】から
*発見写真旅No.142の「生駒〜金剛山地」を本展示にしました。御覧ください。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.21——山咲 野の香さんから「三つ峠山写真 山咲野の香です」
花の三つ峠でした。写真46枚送ります。よろしくお願い致します。

★三つ峠写真-1
IMG_3169.JPG
IMG_3173.JPG
IMG_3177.JPG
★三つ峠写真-2
IMG_3179.JPG
IMG_3181.JPG
IMG_3182.JPG
★三つ峠写真-3
IMG_3187.JPG
IMG_3190.JPG
IMG_3193.JPG
★三つ峠写真-4
IMG_3194.JPG
IMG_3197.JPG
IMG_3199.JPG
★三つ峠写真-5
IMG_3203.JPG
IMG_3206.JPG
IMG_3207.JPG
★三つ峠写真-6
IMG_3210.JPG
IMG_3213.JPG
IMG_3216.JPG
★三つ峠写真-7
IMG_3219.JPG
IMG_3220.JPG
IMG_3221.JPG
★三つ峠写真-8
IMG_3222.JPG
IMG_3223.JPG
IMG_3226.JPG
★三つ峠写真-9
IMG_3228.JPG
IMG_3229.JPG
IMG_3230.JPG
★三つ峠写真-10
IMG_3231.JPG
IMG_3233.JPG
IMG_3234.JPG
★三つ峠写真-11
IMG_3237.JPG
IMG_3238.JPG
IMG_3239.JPG
★三つ峠写真-12
IMG_3240.JPG
IMG_3241.JPG
IMG_3243.JPG
★三つ峠写真-13
IMG_3245.JPG
IMG_3247.JPG
IMG_3248.JPG
★三つ峠写真-14
IMG_3254.JPG
IMG_3262.JPG
IMG_3263.JPG
★三つ峠写真-15
IMG_3266.JPG
IMG_3267.JPG
IMG_3269.JPG
★三つ峠写真-16
IMG_3270.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.20——福田 晴子さんから「8月3日の金峰山について」
伊藤幸司さま

早速のお返事ありがとうございます。
靴や持ち物の件、承知いたしました。
おにぎりは手作りではなく、「コンビニの」なのですね。買っていきます。
飲み物はけっこう飲む方ですが、3本あれば充分でしょうか?

ふだんまったくの運動不足なので、「軽すぎる」と言えないかもしれません…。
貧血気味というか低血糖というのか、バテやすい気がするので、皆さんの足を引っ張らないように気をつけます。

ホームページでは、昨年の夏の様子は拝見したのですが、
今回の参加者の方々の交流ページ(?)はどこか分からないのですが、私も見られますでしょうか?

金峰山、楽しみにしています!
どうぞよろしくお願いいたします。

福田晴子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.17——佐藤 時子さんから「白山」
すみません、明日行けなくなりました。
右足で段差を踏み外して、
4、5時間経ちますが、足首から甲にかけて痛みが、でて 踏みしめなくなりました。捻挫か骨折かわかりません。 切符は買わずに帰りました。
恐れていた事でしたが 、
ちょっと、ショックで残念です。 あきらめました。
佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.17——林 智子さんから「参加変更届け」
林智子 伊藤コーチ殿

 おはようございます。

 雁ヶ腹摺山を不参加で
 お願いいたします。
 
林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.14——小林 絢子さんから「1043 7c 白山」
小林絢子 白山参加します。よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.13——小林 美子さんから「安達太良山のコメントです。小林美子」
14:52…大変な場面に
遭遇してしまいました。
ヘビに、とっては不運。カエルは命が助かったなら幸運だったけど、あのカエルどうなったかしら?
私達は普通では、見る事が出来ない場面を見て幸運だったのでしょう

14:53…両足と、お尻を呑み込まれているが、カエルは、手をかきながら、逃げようとしている。その
力で、ヘビは引っ張られている状態
ヘビの失敗としては、
なぜ、足から呑み込んだのか?
あわてたのかな?

14:54…2分位のショータイムでしたが、この後
ヘビはカエルを離します。解放されたカエルは、足を引きずりながら逃げます。ヘビは、邪魔をした私達が相当、憎かったのでしょう私達をにらみ、とびかかってくるかの様に、威嚇して藪の中に、入っていきました。(この時は、非常に怖かった)

15:55…太郎ちゃん、
今日はお世話になりますね

21日
4:01…朝やけは、雨の
前兆といい、あまりあてにはならないらしいが、
今日 はズバリ当たってしまいました。 

4:43…朝、お母さんツバメが、私達の部屋の窓のすぐ近くの巣へ子供に食べ物を運んでいました。

6:47…巣のなかでは、ツバメのヒナが、お母さんを
待ってます。

15:12…福島県立美術館
59年に建てたもので
広くてきれいで立派な建物です。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.12——山咲 野の香さんから「戸倉三山写真 山咲野の香です」
IMG_3116.JPG
IMG_3119.JPG
IMG_3123.JPG
追伸2
IMG_3125.JPG
IMG_3127.JPG
IMG_3129.JPG
追伸3
IMG_3131.JPG
IMG_3132.JPG
IMG_3134.JPG
追伸4
IMG_3138.JPG
IMG_3139.JPG
IMG_3140.JPG
追伸5
IMG_3142.JPG
IMG_3146.JPG
IMG_3147.JPG
追伸6
IMG_3149.JPG
IMG_3150.JPG
IMG_3151.JPG
追伸7
IMG_3153.JPG
IMG_3158.JPG
IMG_3159.JPG
追伸8
IMG_3166.JPG
IMG_3168.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.10——山本 良彦さんから「白山参加します」
伊藤コーチさま
白山に参加しますので、よろしくお願いします。
なお(まだ決めていませんが)当日指定の列車の1つ前の「かがやき501号」で行くかもしれません。
山本 良彦
▲インデックス・ページへ


■2017.7.9——矢野 博子さんから「Re: 安達太良山の写真」
伊藤コーチさま
空梅雨なんでしょうか 毎日 太陽が照り付けています。
お世話になっております。

5763 7:59 花は 思ったより少なかったが 歩き始めて 暫くして現れた イワカガミ。この後  強い風と雨のため カメラは 濡れないように 奥にしまったので 今回は二日目の写真は 極端に少なくなった。

お手数かけますが 宜しお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.9——黒川 恵美さんから「Re: 黒川恵美です。」
伊藤先生、

ご丁寧な返信を
ありがとうございます。
先生のアドバイスを伺って、
私も、体をはやく山に馴染ませて 山歩きを楽しめる体力を持ちたいと強く思いました。
やはり
aコースから
始めるのがいいでしょうか。
今年度は
第1木曜日のようですね。
8a=0803, 9a=0907
に参加してみたいと思いますが、
先生、いかがでしょうか。

黒川恵美
▲インデックス・ページへ


■2017.7.8——戸田 美佳さんから「白山参加」
こんにちは、白山参加します、よろしくお願いいたします、6月28日に3萬円を振り込みました、ご確認をください
▲インデックス・ページへ


■2017.7.6——浜 房子さんから「8月、9月予定」
伊藤コーチ様
昨日の三ツ峠山ではお世話になりました。
本日午後、星6つ分の2万円を振り込みました。
8a金峰山 9a神山 参加しますので、
宜しくお願い致します。

浜 房子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.6——小林 美子さんから「安達太良山の写真ですが・・小林美子」
携帯が調子悪くなってしまい、写真を送るのが途中で終ってしまい ました。締め切りが過ぎていますが送ります。
20日は7枚です。
DSC_0595.JPG DSC_0603.JPG 
■2伸
21日は5枚です。
DSC_0606.JPG DSC_0610.JPG DSC_0616.JPG 
■3伸
残り2枚です。DSC_0621.JPG DSC_0627.JPG 
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——山咲 野の香さんから「三つ峠山参加希望 山咲野の香です」
明日、三つ峠山参加希望です。雁ヶ腹摺山を×に変更で、よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——齊藤 紀久子さんから「三つ峠」
 伊藤コーチ殿

明日の「三つ峠山」参加します。 よろしくお願いいたします。

       齊藤紀久子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——NHK山口放送局(橋本 薫さん)から「7/8放送中止について」
伊藤幸司 さま

お世話になっております。
NHKでディレクターをしております橋本です。
伊藤さまには宮本常一の写真の使用のご許可を頂き
誠にありがとうございます。

先日お知らせいたしました「ことばの物語」
の全国放送ですが、
皇族の眞子さまの婚約記者会見が
放送と全く同じ時間帯に行われることとなり
東京からそちらの放送を優先するとの連絡がありました。

こちらからはどうすることも出来ず、
放送は中止せざるを得ませんでした。
大変申し訳ありませんが何卒ご了承ください。
今後とも何卒よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.7.5——林 智子さんから「Re: 参加希望。」
伊藤コーチどの!

 ご連絡ありがとうございました。

 先日 朝日カルチャーの 宗久さんの 講演会で
 ばったり お会いし <山に行きましょ〜>と
 あれこれと 盛り上がりました。
 明日は 残念ですが 次回に期待いたしましょう。

 若松さんは お仕事も私生活もフル回転のようで意欲的。
 大変 勇気をいただきました。

  よろしくお願いいたします。

林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——三浦 陽子さんから「参加連絡」
8日(土)の越前岳、無印ですが参加します。よろしくお願いします。
三浦

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——三浦 陽子さんから「安達太良山写真」
2枚しかないのですが送付します。よろしくお願いします。
三浦

IMG_3595.JPG
ヤマガカシがカエルを飲み込む場面に遭遇!
皆で大騒ぎして写真を撮っていたら怒って?口をかっと開いて今にも飛びかかってきそうな勢い! 怖かったー。

IMG_3598.JPG

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——小林 美子さんから「安達太良山の写真を送ります。小林美子」
DSC_0583.JPGDSC_0584.JPGDSC_0590.JPG
■2便
DSC_0591.JPGDSC_0594.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.4——矢野 博子さんから「安達太良山 写真 -1」
伊藤コーチさま
早くも 蒸し暑い毎日となり これから先が 思いやられます。
先日の安達太良山の写真 二回に分けて 送ります。
宜しくお願いします。

02: 6/20/14:37 新幹線で福島駅に昼前に到着し 駅近くのイタ飯屋で昼飯を済ませ(店のメニューを書いてある黒板に”がんばれ 福島!”と書いてるのを見て そうだ ここは  忘れてはいけない あの福島なんだと初めて気が付いた) 向かったのは 野地温泉。 宿に荷物を預け 近くの湿原を散策。 これは サラサドウダンでしょうか? 福島駅前の温度計は 34.8度を表示していたが ここは 1200m。  流石に 涼しく 風が気持ち良い。
04: 6/20/14:43 フキノトウの立派な花。 フキノトウでこんな立派な花を見たのは初めてかもしれない。
06:6/20/14:45 軽やかな身で なだらかな道をゆっくりと進む。 緑が きれいだ。この先起きる劇的な瞬間に遭遇するとは この時は 想像すらしなかった。
08: 6/20/14:46 この可憐なピンクの花。 名前は 忘れましたが結構堂々と咲いてました。ウツギの仲間でしょうか?
09: 6/20/14:50 地味だけど 何故か惹かれるギンリョウソウ。湿気の多い日陰にひっそりと咲いている。
10: 6/20/14:51 前の方を歩いていたKさんが ”来て 来て!”と ただならぬ叫び声。 ”何なの? 蛇?” 蛇だったら 今から行っても間に合う訳ないけど、と疑問に思いながら駆けつけたら この決定的な瞬間。まさしく蛇くんは 捕まえた大きなカエルを飲み込もうと 力を振り絞ってのお仕事中。
14: 6/20/14:52 まだ 彼は 離すまいと必死の努力。 何とか 諦めないかと ついカエルの味方をしてしまうが・・・
15: 6/20/14:52 どの位の時間が経ったのだろう、 諦めた蛇は威嚇して(ちょっと其の時怖かった)方向転換して去って行った。 やれやれ 何とか この場を しのげた蛙だが 後ろ足は ひどくやられているので この先生きていけるかはかなり疑問が 残った。蛇にとって あの蛙は 大きすぎたのだろうか? 時間をかければ 飲み込めたのだろうか。多分 最初で最後であろう決定的な瞬間に遭遇し 興奮が 暫く冷めなかった。
17: 6/20/14:59 緑濃い湿原を小一時間 散策。緩やかなアップダウンが続く。一見穏やかな林だが 先ほどのような 死闘が どこかで起きている。
23: 6/20/15:20 暫く歩いて下った所の湿原に現れたワタスゲの群落。 傾きかかった陽射しに並んだ白い帽子が きれいだった。
25: 6/20/15:20 これも同じくワタスゲの軍団。今回は この一面のワタスゲが 一番印象に残った。
28: 6/20/15:24 散策路には ブナの林も時折現れて 幹がきれいだった。
37: 6/20/15:49 旅館の送迎バスから降りると鼻をつく硫黄の匂いがしたが その原因は これでしょう。 何か所かこの煙が上がっていた。
38: 6/20/15:50 散策を終えて 今日泊まる野地温泉旅館近く。 明日 天気が悪くなるなんて とても信じられない青い空。明日 最初に目指す山が見えている。
39: 6/20/15:52 野地温泉ホテルの看板犬。呼びかけても 返事をしてくれなかった。お疲れなのか オバサンには興味ないのか・・
55: 6/21/5:20 二日目の早朝 部屋の窓から。 起きてすぐの時は 下の町は 見えていたのだが これを 撮った時には 既に 全然見えない。そして ツバメが 慌ただしく 低くく飛び回っている。”ツバメが 低く飛ぶと雨が降る”という言い伝えを思い出した。
61: 6/21/7:58 7時半から行動開始。予想通りの雨。 合羽を着て行動開始。 間もなく現れたゴゼンタチバナ? カメラを雨に濡らしたくないので 今回は 余り花の写真は 撮れなかった。
64: 6/21/8:09 雨に霞むホテル。 これから先 風雨は どんどんひどくなって行った。 暫く行くと 下ってくるグループとすれ違った。 この先の上の方は もっともっと風が強いですよとの情報。確かに段々厳しい風が吹いてきている。心なしか 体も冷えてきた。
65: 6/21/10:14 撤退を決めて もうそろそろ 終了というあたりに現れたブナ。撤退が決まり 安堵した。

IMG_5702.jpg IMG_5704.jpg IMG_5706.jpg IMG_5708.jpg IMG_5709.jpg IMG_5710.jpg IMG_5714.jpg IMG_5715.jpg IMG_5717.jpg IMG_5723.jpg IMG_5725.jpg IMG_5728.jpg IMG_5737.jpg IMG_5738.jpg IMG_5739.jpg IMG_5755.jpg IMG_5761.jpg IMG_5763.jpg IMG_5764.jpg IMG_5765.jpg 


安達太良山 写真 -2
69: 6/22/22:25 悪天候に阻まれ 下山を余儀なくされましたが 初めて訪れた福島で このまま帰路につくのも勿体無く思い 福島駅の観光案内で 紹介してもらった県立美術館のパンフレットです。。駅からローカル線で 3駅。小さな山の麓にたたずむ美術館で しばし 静寂に浸ることが出来ました。  ロダン、 モネ、 ルノアール等々 東京の西洋美術館の所蔵品を鑑賞し なんとも贅沢なひと時。
76: 6/22/22:32 ”まなざしの先の女性たち”という今回のテーマ。 糸の会の私たちの事でしょう。
IMG_5769.JPG IMG_5776.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.7.3——林 智子さんから「参加希望。」
伊藤コーチ殿。

 7a <三つ峠山> と 7d<雁ヶ腹摺山>に
 参加したいので よろしくお願いいたします。
 ホームページで 詳細はわかりますので
 レジュメは 当日で結構です・・<すみません>

林智子
▲インデックス・ページへ


■2017.7.1——黒川 清裕さんから「7月6日三ツ峠山、参加のお願い。」
伊藤コーチ殿 先日は戸倉三山お世話になり有難うございました。
アップダウンの連続でタフで辛い山行でした。
さて、7月6日三ツ峠山に急遽参加させて頂きます。
当日7時30分JR新宿駅より特急あずさに合流致し
ますので宜しくお願い致します。
黒川清裕
▲インデックス・ページへ


■2017.6.29——稲葉 和平さんから「佐渡の写真のコメント」
伊藤幸司さま

佐渡の写真のコメントを読みました。

花の種類について誤りの訂正を含め、気になる点をコメン
トします。誤りの上塗りになる可能性もありますが。

●(22)何の花か分かりませんが、ハナイカダでもヒョウタンボクの仲間でもないと思います。ハナイカダは葉の真ん中に花(雄あるいは雌)が付くし、ヒョウタンボクの仲間は葉に大きな鋸歯はないようなので。

●(83)たぶんハナイカダ。葉の真ん中についているのが雄花の蕾。

●(100)ナルコユリやアマドコロに似た花ですが、茎が枝分かれしているのでホウチャクソウだと思います。(99)も花の付き方からするとホウチャクソウのように見えますが、この写真からは枝分かれしているかどうかよく分かりません。

●(122)コシノカンアオイではなく、ウスバサイシンです。(119)と同じです。間違えた理由は、花の大きさの印象が、実際の2倍も大きく間違えていたためでした。この花を見たとき、場所が佐渡なので「コシノカンアオイ」が思い浮かんだのですが、一方で、コシノカンアオイにしては花の位置が高い、そして花が小さい、という感じもしました。それにもかかわらず、見た花の大きさにつ
いては3cmくらい? という印象があったので、帰ってから図鑑を見てもウスバサイシンの花は1.5cm、という記述に引きずられて、ウスバサイシンではない、と決めつけてしまいました。葉や花の中の色からはウスバサイシンです。そもそもが、コシノカンアオイは葉の色も暗く、濃い茶色の花が落ち葉のなかに埋もれるように咲いていることが多いので、今までの経験からすると、自分で見つけるのはほとんど不可能ではないかという気もしています。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.28——川本 裕香さんから「チケット」
いつもお世話になります。

チケットの件で連絡です。
7/8の愛鷹山に参加予定ですが、その時、宮崎智子さん分に私のチケットを1枚、使っていただくようお願いします。

よろしくお願いします。
お天気、良いといいですが

川本裕香
▲インデックス・ページへ


■2017.6.26——稲葉 和平さんから「6d 戸倉三山・・・参加します」
伊藤幸司さま

6d 戸倉三山、参加しますのでよろしくお願いします。(△→〇)

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.26——岡田 恭子さんから「RE: 佐渡の花」
伊藤コーチ様

ご丁寧にありがとうございます。


22→ヒョウタンボクの訂正がここに書かれています。が、これはミズ(山菜)
83→これがハナイカダ
ついでに
113→ササユリ→チゴユリ
――――――――――――――――――――
岡田恭子

【コーチ】から2017.6.24に対する返信「Re: 佐渡の花」
岡田 恭子さま

*ご指摘ありがとうございます。
*訂正コメントを以下のように書きました。


写真【119】
■自由投稿コメント:2017.6.26=伊藤 幸司
*5月23日、佐渡から帰ってすぐに岡田 恭子さんから「佐渡の花ですが、コシノカンアオイ か ウスバサイシン か わかりません。わかったらお教えください。」というメールをいただいていました。
*現地で「カンアオイ」という意見が大勢をしめていたからでしょうが、その流れで私はキャプションを書きました。すると6月24日に次のようなメールが届きました。
*「佐渡の花
コシノカンアオイ→ウスバサイシン
オオヒョウタンボク→ハナイカダ
かな、とも思いますが…
わかりません。」
その視点で調べてみるとキャプションの間違いのご指摘です。
*コシノカンアオイとウスバサイシンはごくごく近い仲間で、葉の厚みや、表情が見た目のちがいということのようです。改めていろいろな写真を見てみると「間違い」なくウスバサイシン……という感じです。修正させていただきます。

写真【22】
■自由投稿コメント:2017.6.26=伊藤 幸司
*6月24日に岡田 恭子さんから「オオヒョウタンボクではなくハナイカダではないでしょうか?」というメールがきました。まさにそうです。苦し紛れに書いたキャプションです。花を知っているというより、花名の出て来る文字情報に引き込まれてしまうという悪弊です。オオヒョウタンボクは葉の中央に赤い瓢箪のような身がついて、その前には白い花が咲いている姿はもちろん知っているのですが「ハナイカダ」のイメージがあいまいで、花名も出てきませんでした。すみません、訂正させていただきます。

2017.6.26 伊藤 幸司
▲インデックス・ページへ


■2017.6.25——山咲 野の香さんから「榛名山写真 山咲野の香です」
その節はお世話になりました。ゴージャスなイタリアンランチのおかげで重い胃袋登山が強印象なるも、降られず、眼下の箱庭的眺望が楽しめたのはよかったです。
榛名山写真、送ります。

*2便
IMG_2830.JPG
IMG_2835.JPG
IMG_2840.JPG

*3便
IMG_2843.JPG
IMG_2851.JPG
IMG_2853.JPG

*4便
IMG_2854.JPG
IMG_2858.JPG
IMG_2860.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.6.24——岡田 恭子さんから「佐渡の花」
佐渡の花

コシノカンアオイ→ウスバサイシン
オオヒョウタンボク→ハナイカダ

かな、とも思いますが…
わかりません。

---------------
岡田恭子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——黒川 清裕さんから「黒川、今後の 参加予定」
伊藤先生
いつもお世話になり有難うございます。
さて、今後の山行参加予定をご報告申し上げますので、計画書の発送を宜しくお願い致します。

◯ : 6d=0627 戸倉三山(済)
7c=0718/19 白山
8c/s=0815/16/17/18 黒部五郎岳〜槍ヶ岳
9c/s=0919/20/21 仙丈ケ岳+甲斐駒ケ岳

△ : 7d=0725 雁ヶ腹摺山
8d=0822 菜畑山
9b=0909 羅漢寺山

以上/黒川清裕
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——藤原 由香里さんから「白山について」
お世話になりますm(_ _)m
7c=0718/19白山 △でお願いします。

藤原由香里より
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——【コーチ】から「JRの3割引きとその周辺」
【コーチ】から
*6cの安達太良山は東北地方が一気に梅雨入りした日とぶつかり、予報通り雨と、風になりました。ここで詳しくは書きませんが、3時間弱の行動で出発点の野地温泉ホテルに舞い戻り、入浴し、福島駅に戻りました。

*そこで帰路の切符(二本松から、新幹線は郡山から)をみなさん変更したのですが、Kさんが「大人の休日倶楽部カード」を持たずに来たために、キャンセルと買い直しができずに、ずいぶん長いこと駅員と相談していました。
*私は遠くから見ていたので詳しいことはわかりませんが、駅員が奥に引っ込んでけっこう長い時間出てこなかったところからすると、超法規的措置を考えてくれていたのではないかと想像します。一般論として言えば、福島→二本松間の運賃(410円)と、福島→郡山の新幹線特急券(860円)を買ってみなさんと一緒に帰るか、福島→二本松の切符だけ買って用意してある帰路の切符につなげるか、だと思います。ちなみに他の皆さんは新幹線自由席が郡山→東京と福島→東京が同一値段だったので、運賃の増加分の3割引きで、多くの人は200円プラス程度で書き換えができました。

*さて、そういう帰路の変更の遠因は安達太良山まで行けなかったところにあるので申し訳ないのではありますが、ここではJRの「3割引き」について私の考え方を述べておきたいのです。
*じつは多くのみなさんが「3割引きで安い」と考えていられるようなのですが、私はいつも「JRは高い」と思いながら乗っています。昔「3割、4割、5割引き」と宣伝する店がありましたが、私は基本的に「割引」は安いと考えないことにしています。「安売り」ならいいのですが。
*以前は「3割引き」の恩典を得られない若い参加者の気持ちを汲んで、という側面が大きかったのですが、今はそういう人が少なくなったので、ルポライターとしての立場として「JRは高い」という私なりの判断基準を守りたいと考えています。

*山口県の周防大島に仕事で通っていたときには、最初こそ新幹線を使いましたが、2度めからは広島空港まで飛行機、そこからレンタカーという選択になりました。また長崎に何度か出かけた仕事ではANAと共同運行しているソラシドエアのシニア割引が安くて使い勝手もいいので、他に比べようがありませんでした。新幹線は一定以上の距離になると飛行機に負けるほどの値段だというのが常識的な価値判断だと思います。

*そしてバスです。ウィラー・エクスプレスが女性目線の高速夜行バスによって新しい時代を開きました。私が皆さんとは別に夜行バスで往復することが増えたのは、全国のバス会社の高速バスがどんどん変わり始めたからです。最近では新幹線料金と同じ、あるいはそれより高価な、ビジネスクラス、あるいはファーストクラスというべきバスも登場しています。
*一方で3,000円でかなり遠くまで行ける可能性のある格安バス(4列シートの2席を確保できるダブルシートというのもあります)もあって、選択肢は大きく広がっています。各社各様のユニークさも失っていないので「乗ってみないとわからない」というところもあって、面白いのです。

*選び方を間違えなければ、昔の夜行バスとはまったく違って、リクライニング・シートも本気で作られているものが増えてきました。糸の会にそういうバスを利用する参加者が増えるかどうかはわかりませんが、ルポライターとしての私は、そのような目線を崩すわけにはいきません。かつてアメリカのグレイハウンドが魅力的に見えました(ローカル鉄道の旅のような旅情を感じました)が、いまの日本の夜行バスは飛行機の客まで奪おうとしているようにも見えてきます。(鉄道も超高価な列車で新しい勝負をしているようですが)

*ということに加えて、私にはバスに乗りたいもうひとつの理由がありあります。私は昔は朝まで起きていて昼間で寝ている生活でしたが、いまは2〜3時に寝て朝起きて、昼寝をするという生活に変わっています。加えて「目がつかれた」といっては昼寝、「頭がつかれた」といっては昼寝という昼寝人生となりつつあります。それと交通機関で「座ったら眠くなる」という性癖が(車の運転中でも)あって、バスだとそれがすごくいいのです。休憩場所ではちゃんと目覚めながら、延々と寝ることができます。今回も往路新幹線の1時間半というのは退屈でした。また高崎からの帰路の新幹線、大月からの帰路の特急も、できれば鈍行で一眠りしたいので、新幹線や特急が、高いお金を払って眠れないという不満になっているのです。

*今回は福島を17時13分に出て22時30分に新宿に着くという最終便のバスを利用しましたが、JRの運賃とほぼ同額を払って5時間とは何たることぞ、と最初に感じました。電話で予約をとったまではよかったものの、その後チケット購入までの手順がうまくいかず、みなさんと「円盤餃子」など食べているときに中座し、食べ終わったらすぐに消えました(すみません!)が、運賃支払に手間取っていたのです。
*ともかくものすごい「割高感」で始発の福島駅東口を出発、高速に入って1=福島西インターチェンジ、2=二本松高速バス停、高速を下りて3=郡山駅前、4=須賀川営業所、高速に戻って5=西郷高速バス停が19時16分。つまり2時間かけて客を拾って、ようやく高速バスの状態になったのです。その時点から見れば3時間強、理解できる時間です。
*では次々に乗客が乗り込んできたかというと「否」、始発で4人かな? それから1人? それも不思議な事に社内でバラバラに。私が出発直前に予約して「3A」だったので空いているとは思っていたものの、ほんとうに寂しい車内でした。

*東京での感覚では、バスは客が多ければ増便するという自在さが強みだと感じるのですが、このバスは福島と郡山という県内の二強都市で客を集めながら、(たまたまだったかもしれませんが)ガラガラでした。JRバス東北の車体でしたが、座席はキチンと作られたものの、人間工学的な配慮のない古いタイプのリクライニングシートでした。高速バスながら2時間も使って乗客集めをしているという現実が反映されているように感じました。
*途中2か所で休憩したときにはトイレにも行き買い物もしましたが、あとはうつらうつらと気持ちいい時間を過ごして、帰宅後このレポートを書きました。

*佐渡のアオネバ渓谷で会った関西からの登山グループは、私たちと同じような年齢層でしたが、夜行バスで来たと言っていました。関西からだとJR6社共通の「ジパング倶楽部」しかないからかもしれませんが、シニアの登山グループでも夜行バスを使っているんだ! と新鮮な感じがしました。

お疲れ様でした。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.22——中村 泰子さんから「参加変更の件」
伊藤様

いつもお世話になっております。

実は、6月1日の吾妻耶山で下山してからのお風呂の脱衣場で
おっちょこちょいにも階段を踏み外しまして、左足小指を
骨折しました。

幸い経過は順調で明日にもギプスははずせそうですが、
山に行くのは当分無理そうです。

ですので、6d、7b、7dを△→✖でお願いたします。

中村泰子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.21——三浦 陽子さんから「欠席連絡」
雨と強風の安達太良山
お世話になりました。6d 戸倉三山、都合により参加できなくなりました。よろしくご了承ください。
三浦陽子

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.6.19——宮崎 智子さんから「Re: 槍ヶ岳参加したいです」
伊藤コーチ
お返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
夫が足を怪我してしばらくドクターストップが、かかっておりました。
ようやく解除されたので無事ヤマ解禁です。
山の会への参加ですが、7月の愛鷹山に二人で参加したいと思います。
その時に是非大きな山の歩き方や、効率的な装備についてお伺いしたいと思います。
つきましては、回数券を購入したく、6月末迄に1万円を振込いたします。
また、主人の名前は、宮崎 徹です。山の保険損保ジャパンの傷害総合保険です。
保険に関しても、次回お伺いしたいと思っております。よろしくお願いします。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.16——稲葉 和平さんから「佐渡のコメント訂正」
伊藤幸司さま 誤変換のご指摘ありがとうございました。
(12)一部変換ミスがありました: 「1唐。5cm」は、正しくは「1〜3.5�僉廚任后�

その他にもコメントの訂正、追加があります。
(10)クルマバツクバネソウではなく、クルマバソウ(車葉草、アカネ科)です。クルマバツクバネソウはユリ科で、まったく違います。
(20)サワハコベです。

過去2回の佐渡の写真についてはまともに撮れている写真はほとんどありませんが、確かめてみます。
よろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.16——永田 幸子さんから「安達太良山」
おはようございます。
6cの安達太良山参加したいと思いますので
よろしくお願いします。

       永田 幸子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.15——【コーチ】から「ちょっとしたお知らせ」
【コーチ】から
*お知らせするほどのことではないかもしれませんが、私が撮影した宮本常一先生の写真がNHKの番組に出るという連絡がありました。
*山口放送局のローカル番組で、宮本常一資料館(山口県周防大島)にある伊藤撮影の写真を使用したいという連絡は以前受けていましたが、それが7月8日(土)15時05分からの「ぐるっと日本」で全国放送されるとの知らせがありました。
*要するに写真が出るだけの事に関する著作権上の通知に過ぎないのでわざわざ見ていただくほどのことはないのですが、ディレクターの留守番電話での話っぷりではすこしはまとまったルポになっているかもしれないとも思われ、たまたま時間があり、思い出した方はテレビをつけてみていただけたら、ということです。その日は「7b愛鷹山」ですので。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.14——藤原 由香里さんから「吾妻耶山1」
伊藤先生さま
先日は、大変お世話になりました。私は太もも前方が筋肉痛になりましたσ(^_^;)
それから、保険はやまきふに入りました。
吾妻耶山の写真を送ります(*゚▽゚*)
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

FullSizeRender-0.jpg
大峰沼が静かに佇み新緑を映している。整然と美しいですねぇ。

FullSizeRender-1.jpg
皆さん、なんでこんなに下を向いているのでしょう?それは、ヒルがいないか探しているからではないでしょうか。多分…。

IMG_4338.JPG
この階段は急だったので、ヒルが怖かったけど手すりにつかまって降りました。アレレ、Nさんはストックを使ってますネ。

藤原由香里より

■吾妻耶山 2

FullSizeRender-5.jpg
今回覚えた花その1 雪笹

FullSizeRender-4.jpg
楽しそうですねぇ。この辺りは、左右で植生が異なっていました。右は常緑樹、左は落葉樹。不思議な結界にいるわけです。

FullSizeRender.jpg

FullSizeRender-2.jpg
わらび三兄弟。音符に似ているせいか、ダンスをしている様に見えます!

IMG_4358.JPG
ヒルを恐れてか、皆さんほとんど座りません。休憩時間も短めです。

■吾妻耶山 3

IMG_4363.JPG
吾妻耶山山頂への入り口。結界です。

IMG_4366.JPG
山頂からの谷川岳方面。山頂から、煙のような雲が湧き立つ。凄いなぁ!

IMG_4368.JPG
皆さん、ご飯を食べて元気!

IMG_4374.JPG残雪をスルー。

FullSizeRender-6.jpg
この木の根っこは、木にとってのストックのようです。

■吾妻耶山 4

FullSizeRender-7.jpg
ほっとけ岩(笑)を囲む新緑。いろいろな葉っぱの透け感が重なり、この季節独特の景色なんだろうなぁと思いました。

FullSizeRender-8.jpg
覚えた花、その2。稚児百合

IMG_4400.JPG
下山後、ピザを食べました。1枚目は、写真を撮る間もなくお腹の中へ。2枚目も来るなり、手が伸びてきて。お腹の空き具合が良く分かります。

IMG_4401.JPG
3枚目も

IMG_4402.JPG
4枚目も、美味しかったです\( ˆoˆ )/
▲インデックス・ページへ


■2017.6.14——黒川 清裕さんから「黒川です。」
伊藤先生、ご無沙汰致しております。
先月末札幌での勤務先を定年退職し、過日妻と共に四年ぶりに東京へ戻って参りました。つきましては、再度糸の会での月一登山を実践させて頂きたく、まずは6月27日戸倉三山登山、小生一名の参加をご了承お願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.14——稲田 郁子さんから「安達太良山参加」
伊藤コーチどの

安達太良山に参加したいので、よろしくおねがいします。
なかなか花の山にめぐり合えませんが、今回期待しています。

                 稲田郁子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.12——小林 美子さんから「子持山のコメントを送ります。小林美子」
12:00…屏風岩の下に着きました。誰かが、休憩と言う、えっ!ここで休憩なの、
崩れはしないでしょうが
ちょっと、怖い場所でした。
12:37…この場所で7年前、獅子岩をバックに写した記念写真がありました。全然、記憶にありませんでしたが
屏風岩に登ったのです。
今回のメンバーの中でも、四人が写ってました。
忘れていました。
やはり、ここに登ったのですね。
12:38…後ろに獅子岩が見え、皆がそろって
いる所を撮ったのですが、良いところが、
松の木でかくれてしまいました。
12:42…大岩越え
No.1
12:42…No.2
12:44…大岩越え
トリックアートではないけれど、足、長〜〜い!! よ〜く見ると、 足の影でした。
12:44… No.2
12:44…No.3
この大岩は、足を掛ける所がなくて、この様にしなくては、越えられませんでした。
無事に終わった後は
楽しかった!
▲インデックス・ページへ


■2017.6.10——矢野 博子さんから「吾妻耶山の写真」
伊藤コーチさま
お世話になっております。
吾妻耶山の写真送ります。
宜しくお願いします。

53: 9:45 大峰山登山口の入り口にあった看板。 お知らせには ”山ヒルが 生息しています。”という表示。 ギャー、 ヤバい。 昨日は 雨だったから 今日は ヒルにとっては 恰好の活動条件かもしれない。ヒルは それ程 悪さはしないけど 何しろ 気色悪い。 覚悟せねば。
54: 9:45 同じく 入口にあった 鳥の名前の看板。 歩いている途中 結構色々な 鳴き声が聞こえた。 鳴き声に詳しいFさんに いくつか 教えて貰ったが ヒルにやられまいと 足元を眼を凝らして見ていた私は 鳥の鳴き声にまで 耳を傾ける余裕がなかった。
58: 10:17 この時期 花は 少ないので 道の脇に咲くツツジは 私たちの眼を楽しませてくれた。
59: 10:18 緑一色の沼。 静寂そのものだ。 この沼を見て 初めて 随分前にここを訪れていることを 思い出した。
61: 10:36 湖面に風はなく 向かいの山の端が きれいに影を映していた。
68: 11:55 ユキザサの仲間だろうか。地味だが 可憐な花が咲いていた。
72: 12:23 緑に染まっている道。オゾン一杯だ。 今回の山歩きは 計画のコースタイムより 早めだった。 立ち止まってヒルの餌食になるよりはと 自然に足が速くなってしまったのかもしれない。
74: 12:50 吾妻耶山への分岐に咲いていた ミツバツツジ。  ピークに行って またここまで 戻ってくるので 目印となった。見事な枝っぷりだった。ピンク色が可憐だ。
75: 13:05 吾妻耶山山頂にある 石宮。 中々 どっしりしていて 風格があった。
76: 13:05 同じく山頂にあった 石宮。何年前のものだろう。
77: 13:07 山頂から望んだ谷川岳方面。 重い雲がかかっている。雪は 例年より多いのだろうか? こちら方面に 何回も来ているわけではないが 晴天だった記憶があまりない。
78: 13:07 同じく山頂から見た足元の集落。振り返ると よくこんなに上がって来たものです。
79: 13:39 北側斜面のせいか 雪渓が少し残っていた。
80: 14:03 木々の合間からみつけた シャクナゲ。時期は もう終わりなのでしょう。 咲いているのは僅かだった。花芽が 少ないですねとは コーチのお言葉。最近 花芽が沢山ついているシャクナゲに出合ってない気がする。
82: 14:14 山道に時々現れる道標は この様な自然の木を使っているものが多く 風情があった。 ここに書いてある 仏岩にも立ち寄ったが どこからみたら仏の姿に見えるのか分からなかった。
85: 14:24 ひょっこり現れたギンリョウソウ。 この写真のどこかに ヒルが 映っているのではと恐れたが 今の所見つからない。
86: 14:29 これは ブナだろうか。 今までと違った木が現れた。スーッとした立ち姿が きれいだった。
87: 14:30 これは 象の足?これは 太いブナなのか この皺が印象的で 思わず引き寄せられた。
88: 14:42 遠くに見つけた ホオの木の花。 クリーム色の大きな花が 一輪だけ 残っていた。
89: 15:01 これは チゴユリだろうか。殆んど 曇りの一日だったが 遅ればせながら差してきた陽射しに白い花が映える。
91: 15:04 やはり ここは 寒いのだなと思う。  春を告げるフキノトウが まだ 残っている。
92: 16:28 お風呂の後は すぐそばにあった ピザ屋さんに立ち寄った。 何種類ものピザは どれも合格点。とろーりとしたチーズが 絶品。
95: 16:41 ご主人様たちが ピザで お腹を満たすのを待っているザック達。 今日も 一日 お世話になりました。
96: 17:22 シメは  このとろーりのキャラメルソースと生クリームのかかったプリン。一日歩いた自分への ご褒美。 とは言え  これだから 太っちゃうのかも。


IMG_5653.jpgIMG_5654.jpgIMG_5658.jpgIMG_5659.jpgIMG_5661.jpgIMG_5668.jpgIMG_5672.jpgIMG_5674.jpgIMG_5675.JPGIMG_5676.JPGIMG_5677.jpgIMG_5678.jpgIMG_5679.jpgIMG_5680.jpgIMG_5682.jpgIMG_5685.jpgIMG_5686.JPGIMG_5687.jpgIMG_5688.jpgIMG_5689.jpgIMG_5691.jpgIMG_5692.jpgIMG_5695.jpgIMG_5696.jpg
▲インデックス・ページへ


■2017.6.9——川島 登美枝さんから「榛名富士」
直前で申し訳ないのですが、明日の榛名富士参加します。
計画書は印刷していきますので、地図だけいただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

川島登美枝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.9——山咲 野の香さんから「榛名山参加希望 山咲野の香です」
明日の榛名山、参加希望です。半世紀ぶりの榛名、梅雨の晴れ間を期待してますが。
よろしくお願い致します。
▲インデックス・ページへ


■2017.6.9——三浦 陽子さんから「参加連絡」
おはようございます。明日10日(土)の榛名富士、無印でしたが参加させてください。
よろしくお願いします。
三浦陽子

🌿y.miura🐇🐾⌘
▲インデックス・ページへ


■2017.6.8——稲葉 和平さんから「【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より」
伝言文
   伊藤幸司さま
   
   子持山の写真とコメントです。
   よろしくお願いします。
   
   稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.4——稲葉 和平さんから「6b。榛名富士、参加します」
伊藤幸司さま

6b. 榛名富士、参加します。(△→〇)。
よろしくお願いします。

稲葉和平拝
▲インデックス・ページへ


■2017.6.4——小林 美子さんから「子持山の写真を送ります。小林 美子」
子持山では、お世話になりました。今回は風景ではなく、なぜか、人物ばかりの写真でした。
8枚、送ります。

6C の安達太良山を◯でお願いします。
DSC_0518.JPGDSC_0523.JPG

子持山の写真、No.2 小林美子
170604
DSC_0524.JPGDSC_0527.JPG

子持山の写真、No.3 小林美子
170604
DSC_0528.JPGDSC_0529.JPG

子持山の写真を送ります、 No.4 小林美子
170604
DSC_0530.JPGDSC_0531.JPG
▲インデックス・ページへ


■2017.6.3——佐藤 時子さんから
いつもお世話になりありがとうございます。
戸倉三山、三ッ峠を参加に
して下さい。
越前岳は、不参加にして下さい。 よろしくお願いします。 佐藤時子
▲インデックス・ページへ


■2017.6.1——稲葉 和平さんから「宅ふぁいる便」
【宅ふぁいる便】ファイル預りのご連絡 稲葉 和平様より

伝言文
伊藤幸司さま

佐渡の写真(2ファイル)とコメント(1ファイル)をお送りします。
枚数を絞るつもりでいたのですが絞るとアオネバ登山道のニリンソウと沢口登山道のシラ
ネアオイだけになってしまい、それも面白くないのでまたまた大量になってしまいました。それだけ今回の佐渡は見どころがあったということでもあります。
よろしくお願いします。
稲葉和平拝

<1日目: アオネバ峠>
 1080・・・新潟駅でコーチと合流。佐渡は今回で3回目、やっと好天に恵まれそう。
 1087・・・ジェットフォイルも晴れていると気持ちがいい。窓から見えている海沿いの山は弥彦山?、角田山?それとも米山?。
 1102・・・糸の会お出迎えのタクシー。個人ツアーのようでなんだか懐かしい気がした。
 1105・・・アオネバ登山口。また来た!、という感じ。
 1113・・・最初に来たときは滑りそうな橋があったことを思い出した。
 1118・・・クルマバツクバネソウ(アカネ科)。クルマムグラに似ているが漏斗部分が長い。乾くとよい香りがするらしい。植物の同定には匂いがキーポイントになることが結構あるらしいが、あらかじめわかっていないとなかなか匂いをチェックする気にならない。
 1133・・・色鮮やかなオオイワカガミ(イワウメ科)、たぶん。葉の直径が8㎝以上がオオイワカガミ、日本海側に分布、とある。イワカガミは葉の大きさでオオイワカガミと、1唐。5cmで高山に咲くコイワカガミ、そしてその中間のイワカガミと3分類されるとのこと。
 1137・・・オドリコソウ。こんな大群落は初めてだ。
 1143・・・美しいシダ?。でも、茎が凹型をしていたからもしかしたらクサソテツ(コゴミ)。葉の裏にぶつぶつの胞子嚢がないことをチェックし忘れた。
 1149・・・なんだっけ?
 1175・・・オオミスミソウの葉。立派な葉がでているので花も期待できそうと思ったのだが。
 1231・・・シラネアオイ。ちょっと咲きすぎ。
 1267・・・ニリンソウの群落、ちょうど見頃!。
 1270・・・今までのニリンソウのイメージを超えて、大きい!。
 1272・・・勢いよく沢沿いに大きく広がる。圧巻。
 1273・・・ニリンソウ、シラネアオイにクサソテツ(ということにしておきましょう)の美しい緑色が素晴らしい。
 1278・・・これでもか!、というくらいに広がるニリンソウの群落。
 1280・・・今までカメラでニリンソウの群落を上手く撮れたことはなかったが、今回は何とか撮れたように思う。
 1284・・・伸び伸びとしている!。今年はニリンソウの当たり年だったのかもしれない。4/28に秩父の蓑山(美の山)でもこれまでにない規模でニリンソウの群落があったし、4/30に笠山の白石車庫に近いところのニリンソウの群落も杉林の奥深くまで広がっていた。ついでに言うと、その場所のニリンソウは4/12の段階では開花していなかったが、都合でショートカットで笠山峠から白石車庫に下りた友人によると、途中ニリンソウがたくさん咲いていたとのことだった。
 1289・・・ニリンソウは「可愛い」という形容詞が似合わないくらいに立派。
 1293・・・独り静かというイメージとは程遠い、元気のいいヒトリシズカの群落。
 1295・・・よく伸びている。花が3つのものもあるが、ニリンソウ。ニリンソウは葉が茎に直接ついているのに対し、サンリンソウは葉茎がある。イチリンソウも葉が違うので区別がつく。
 1297・・・きりがないけど、素晴らしい。
 1298・・・標高が上がればピンクの蕾もあるのではと期待していたが、どこまで行っても、満開!。
 1299・・・ 良く咲いていました。
 1308・・・オオイワカガミも満開!。
 1397・・・ドンデン山荘への林道も天気がいいと気持ちがいい。
 1418・・・青空だと海の景色も素晴らしい。
 1452・・・露天風呂から、金北山に沈む夕陽。

<2日目: 金北山>
 1466・・・ホテルの屋上から日の出。
 1472・・・海にはさまれた街が美しい。
 1483・・・金北山を被っていた雲も上がりそうだ。
 1490・・・沢口登山道は危険個所多く一般向きでない、と書かれている。要は整備されていないということか。
 1494・・・ウツギ(ユキノシタ科)。春先にはどこにでもあるけど・・・。
 1499・・・道が荒れているとの理由でタクシーは登山口より1時間ほど手前までしか行ってくれなかった。こんな立派な道なのに!。
 1502・・・総苞片が反り返っていないのでニホンタンポポであることは間違いなさそう。エゾタンポポ(総苞の先端が丸い)かカントウタンポポ(総苞の先端に棘がある)かはこの写真では分からない。
 1507・・・マムシグサ(サトイモ科)ものびのび、デカイ。
 1510・・・クサソテツ?の緑が美しい。
 1521・・・タニウツギ。咲きはじめは景色に彩りを与えてくれてうれしいが、満開になると少々うるさい。
 1523・・・ウワミズザクラ(上溝桜)。花序の中の小さな花をみるとサクラの形らしいけれど。
 1525・・・オニグルミ。タクシーの運転手に言われて外を見たらこの木がたくさんあった。島中どこにでもあるようだ。
 1528・・・大きな葉はオオイタドリ?。違うかも。
 1533・・・ニワトコ。秋には真っ赤になる。上高地の梓川のニワトコが印象的だった。
 1546・・・ホウチャクソウ。これほど堂々とした群落を見たのは初めて。
 1563・・・サワハコベ。
 1571・・・ヤナギ、たぶん。
 1577・・・タチツボスミレの色も鮮やか。
 1578・・・「兵庫」?。
 1597・・・人がほとんど通らないせいだろう。こんな低い位置にある洞に巣。こちらもあわてたせいかピンボケ、滅多にないチャンスだったのだからもっと落ち着いて撮るべきだった。
 1602・・・オオミスミソウの葉が目立ち始めたから花もそろそろ出番だろう。
 1603・・・きれいな色のオオミスミソウ。
 1606・・・モミジイチゴの花もたくさん。
 1607・・・登山道沿いには昨日に続きシラネアオイが広がっているが、新鮮度が気になる。
 1609・・・元気のいいヒトリシズカの群落。
 1613・・・アオキの雌花。真ん中に雌蕊があって雄蕊はない。アオキは雌雄異株なので秋に赤い実がなるのはこの雌株。雄株は雄蕊が4枚あって真ん中にあるべき雌蕊はない。
 1615・・・コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)。
 1627・・・撮ってくれと言わんばかりのチゴユリ。
 1628・・・たぶん、ツルシキミ(ミカン科)。
 1630・・・初々しいクロモジの花。
 1634・・・開きはじめの初々しいヒトリシズカ(センリョウ科)。
 1641・・・シラネアオイの群落。
 1647・・・昨日のアオネバ峠コースよりぐっとフレッシュだ。
 1664・・・オオミスミソウ。
 1672・・・日が当たっていても瑞々しい。
 1675・・・次々にシラネアオイの群落が現れる。
 1682・・・オオミスミソウはちょっと盛りを過ぎているが、それでも十分きれいだ。
 1686・・・もう少し赤系統の色があるといいのだけど。
 1697・・・ミヤマカタバミ。葉っぱはたくさんあったけど花は少なかった。
 1700・・・真っ白なスミレ。何スミレかはわかりそうで分からない。側弁に毛があればツボスミレだけど、この写真のスミレには毛が無い。スミレサイシンかも。
 1702・・・キクザキイチゲ。まともなのがようやく出てきた。
 1704・・・見てくれと言わんばかりだ。
 1714・・・クサソテツ?。美しい。
 1717・・・こんなところでフッキソウ。でもこれだけだったような。
 1725・・・エンレイソウ。こうしてみると「花」だと思う。
 1745・・・オオカメノキの花が意外と目立たなかったような気がする。
 1760・・・やっとカタクリらしいカタクリ。でもちょっと傷があるのが残念。
 1792・・・ちょうど見頃のオオイワカガミの群落。
 1816・・・見頃の時期は終わったと諦めていたカタクリもやっとこの辺りで生きのいいのが出てきた。
 1833・・・スミレサイシン。
 1851・・・蕾もまだあった。
 1853・・・カタクリらしいカタクリ!。
 1861・・・キクザキイチゲ。色はきれいだがまだ開く途中。
 1875・・・アラゲヒョウタンボク。
 1880・・・白いカタクリ。実際に見た感じはもっと透明感があったような気がする。
 1885・・・元気のいいショウジョウバカマ。
 1903・・・金北山の山頂への稜線。前回もここに上がる壁で苦戦したことを思い出した。
 1912・・・眼下にスタート地点のダム。
 1916・・・雲が切れると新緑と青い海が美しい。
 1925・・・NHKのクルーのガイドさんは沢口登山口のコースはガイドも登らないと言っていた。
 1928・・・全員到着を待つように青空が広がり始めた。
 1937・・・若い!。
 1952・・・今シーズンはタムシバにはあまりお目にかかる機会がなかった。
 1958・・・ここから先の防衛道路が結構長い。
 1977・・・気分のいい眺め。
 1983・・・エチゴキジムシロ(バラ科)。小葉が5枚。3枚は高山植物ミヤマキンバイ、5-9枚はキジムシロとのこと。
 1986・・・もう花は終わりと思っていたら元気のいいキクザキイチゲ。
 1993・・・アマナ(ユリ科)。小さな花だし急いでいるので焦点を合わせるのは難しいのでいい加減に撮った割にはきちっと写っていた。
 2005・・・新緑の微妙なグラデーションを小さなデジカメで表現するのは難しいと思う。
 2010・・・3度目でやっと想像していた佐渡の景色を見ることができた。
 2035・・・残念ながら正面からまともに撮れていたのはこの1枚だけ。手を伸ばしてシャッターを切った3枚は焦点が合っていなかった。
 2043・・・道路わきの藪の中を覗いたら元気のいいシラネアオイの群落が広がっていた。
▲インデックス・ページへ


★トップページに戻ります