伊藤幸司 & 糸の会(がんばらない山歩き&発見写真旅)

★ホームページ更新【2016.9.24】 homepage visitors 2015.3.10〜 無料カウンター
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com
伊藤幸司の仕事歴


<パート4──最近のいろいろ
<パート3──会員用ロッカールーム
<パート2──ご紹介します
<パート1──伊藤幸司の仕事から


糸の会HPパート4──最近のいろいろ

★2016年度上半期4〜9月の計画


★講座・自習登山のすすめ(単独行を考える)
★糸の会(ito-no-kai)・登山のすすめ
1.身体にいい歩き方 2.極上の水の味わい 3.月イチ登山の効用 4.休憩といい風 5.足元の小さな花 6.山小屋のメシはなぜうまいのか 7.いい天気と悪い天気 8.高尾山と富士山 
★伊藤幸司(ito-koji)・自習登山のすすめ
1.軽登山という考え方 2.単独登山の危険 3.時計でナビゲーション 4.「道を戻る」という鉄則 5.偵察 6.撤退に勇気はいらない 7.万全を信じない 8.登山道と地形図 9.リーダーの覚悟 10.ダブルストックと登山道 


★発見写真旅目次
★写真の話・山の話
●発見写真旅118──2016.8.23 変更・大山……………………作業中準備中です
●発見写真旅117──2016.8.16/17-19 笠ヶ岳……………………本展示になりました
●発見写真旅116──2016.8.13 大山……………………作業中準備中です
●発見写真旅115──2016.7.26 御前山……………………作業中準備中です
●発見写真旅114──2016.7.19-21 赤石岳(120パワー)
●発見写真旅113──2016.7.9 鳴虫山(38パワー)
●発見写真旅112──2016.6.28 川苔山(72パワー)
●発見写真旅111──2016.6.21-22 秋田・駒ヶ岳(100パワー)
……追加・2016.6.21-22
●発見写真旅110──2016.6.11 高山(33パワー)
●発見写真旅109──2016.5.24 扇山(63パワー)
●発見写真旅108──2016.5.17-18 甲武信ヶ岳(99パワー)
●発見写真旅107──2016.5.24 天城山(46パワー)
……追加・1995.5.28・1996.5.25・1997.5.17・1998.5.26・2000.3.9・2000.5.21・2001.5.22・2002.5.22・2003.6.11・2005.5.21・2005.5.24・2008.5.17・2009.5.19・2009.5.27・2010.5.8・2014.5.27
●発見写真旅106――2016.4.26 岩櫃山(25パワー)
●発見写真旅105――2016.4.19-20 弥彦山+角田山(67パワー)
……追加・2011.4.12-13・2007.5.8
●発見写真旅104――2016.4.9 笠山(51パワー)
……追加・2014.4.12・2010.4.17・2010.4.10・2008.4.15・2005.4.16・2004.4.14・2003.4.22・2001.4.17
●発見写真旅103――2016.3.22 行道山(34パワー)
●発見写真旅102――2016.3.16 奈良ハイキング2日目・山の辺の道
●発見写真旅101――2016.3.15 奈良ハイキング1日目・大和三山
●発見写真旅100――2016.3.12 高川山(45パワー)
●発見写真旅099――2016.2.23 黒檜山(36パワー)
●発見写真旅098――2016.2.16-17 京都ハイキング
●発見写真旅097――2016.2.13 守屋山(39パワー)
●発見写真旅096――2016.1.26 沼津アルプス(49パワー)
●発見写真旅095――2016.1.9 入笠山(43パワー)
●発見写真旅094――2015.12.22 杓子山(44パワー)
●発見写真旅093――2015.12.15-16 御在所山(4時間+53パワー)
●発見写真旅092――2015.11.24 霧訪山(30パワー)
●発見写真旅091――2015.11.24 京都弾丸ツアー
●発見写真旅090――2015.11.17-18 東海自然歩道・箕面&嵐山
●発見写真旅089――2015.11.14 筑波山(45パワー)
●発見写真旅088――2015.10.20-21 西沢渓谷(34パワー)
●発見写真旅087――2015.10.20-21 八甲田山〜奥入瀬渓流(72パワー)
●発見写真旅086――2015.10.10 飯盛山(25パワー)
●発見写真旅085――2015.9.27 江戸東京たてもの園
●発見写真旅084――2015.9.22 北高尾山稜(70パワー)
●発見写真旅083――2015.9.15 鳳凰三山(118パワー)
●発見写真旅082――2015.9.12 シダンゴ山(35パワー)
●発見写真旅081――2015.8.25 黒岳(35パワー)
●発見写真旅080――2015.8.20-21 蝶ヶ岳〜常念岳(112パワー)
●発見写真旅079――2015.8.18-19 霞沢岳(108パワー)
●発見写真旅078――2015.8.8 金時山(33パワー)
●発見写真旅077――2015.7.28 大蔵高丸(47パワー)
●発見写真旅076――2015.7.22 焼石岳(58パワー)
●発見写真旅075――2015.7.21 早池峰山(48パワー)
●発見写真旅074――2015.7.11 蕨山(50パワー)
●発見写真旅073――2015.6.23 茅ヶ岳(53パワー)
●発見写真旅072――2015.6.13 陣馬山
●発見写真旅071――2015.5.26 鼻曲山(57パワー)
●発見写真旅070――2015.5.19 京都ハイキング
★発見写真旅総目次


★「伊藤幸司の山歩 san-po 図鑑」シリーズ見本
●050 講座B=最初に用意するもの
●049 講座A=「山歩」のすすめ
●048名山研究=子持山
●047名山研究=笠山


■伊藤幸司の軽登山講座────BIGLOBEの公式サイトstation50において2005〜2010年に113回連載(制作・小学館)
■日本経済新聞社・木曜夕刊コラム「今日からビギナー」軽登山────2008.6.5〜9.25……全17回(初稿原稿)




【去年の今月】2015年8月19日
 これは上高地の徳沢園。霞沢岳から下って、今日帰る人と、明日遊んで帰る人と、明日蝶ヶ岳へ登る人の3グループに分かれました。  テーブルを囲んで、いかにも高原の空気を満喫しているという4人は、明日遊んで帰る人たちです。4人の合計年齢は288歳。最高齢の人の傘寿を祝うという名目で明日のプランを練っている……というふうに見えました。


糸の会HPパート3──会員用ロッカールーム

ロッカールーム
★糸の会の皆さん(新旧)、Wストック講座、朝日カルチャーセンター千葉、AMKAS探検学校、その他周辺の皆さんに限定公開

朝日カルチャーセンター横浜・山行一覧(1983〜1955)
東急セミナーBE・山行一覧(1994〜1999)
糸の会・山行一覧(1995〜2015・進行中)
朝日カルチャーセンター千葉・山行一覧(1996〜2011)
八王子そごう友の会・山行一覧(1996〜2000)
東武カルチュアセンター・山行一覧(2000〜2005)


★登山講座の写真(未完)


★糸の会フォトアルバム……「2015.1.10石割山」以降発見写真旅へ移行しました




【去年の今月】2015年7月21日
 1日目早池峰山、2日目焼岳という花旅でした。もちろんどちらも期待どおりの花の山でしたので、ぜひ「発見写真旅」の大作をご覧いただきたいと思います。
 ハヤチネウスユキソウもありましたが、早池峰山の山頂直下にはこの花が一面に広がるお花畑がありました。特別な花ではありません。コバイケイソウです。ですが真上から見たらいつもとはちょっとちがう顔つきになりました。


糸の会HPパート2──ご紹介します

★きょうこさんのブログ――
たんぽぽの花の山登り&ロッククライミング
★岡田 恭子さんのホームページ――岡田恭子のハッピーマクロビオティック教室
★齋藤 俊朗さんのブログ――自然大好き 還暦からの山歩き
★三輪 主彦さんのホームページ――みわかずひこのホームページ
★地平線会議のホームページ――www.chiheisen.net(地平線会議のウェブサイト)
★早稲田大学写真部OB会のホームページ――稲門写真クラブ


★曽根一郎――百歳の夏へ・つれづれなるままに
★林 智子――あたまをつかったちいさいおばあさん
★箭内和子――山笑う・山眠る
★山咲 野乃香――花いかだ
★松浦たか子著「新体操の光と影」(英抄訳)
★投稿の多い皆さん── 国木田 之彦 小林 美子 藤本 喜弘 矢野 博子 山川 和子 


★「ワンポイントレポート」一覧
★1995〜2005年・文書いろいろ




【去年の今月】2015年6月23日
 これはJR中央本線韮崎駅。これまで何回乗り降りしたものか……。目の前に茅ヶ岳があります。ここからは直接見えにくいけれど反対側には南アルプスがあるので、黒戸尾根から甲斐・駒ヶ岳に登るのはちょっとハードだとしても、その中腹に白く輝く日向山へは何度も行っています。鳳凰三山の入山・下山に御座石鉱泉や青木鉱泉を利用するときにも、バスなりタクシーなりを韮崎から利用します。前山にあたる甘利山や櫛形山へも甲府からでなく、韮崎からのタクシーを利用することもありました。
 改札を出ると、駅前の広場に「球児の像」というのがあります。1975年に当時サッカーの強豪校だった県立韮崎高校がインターハイに優勝した記念碑だそうです。甲府育ちの中田英寿は中学3年の時にすでにU-15(15歳以下日本代表)に選ばれていたけれど、翌年の1992年に(名門の県立甲府第一高校ではなく)サッカーの韮崎高校に進学。韮崎の「球児」はサッカーなのだそうです。
 さてこの観音像ですが「平和観音」というのだそうで、1961年(唱和36)に「平和」と「登山者の安全」を祈願して建てられ「関東の三観音」のひとつとか。高崎観音、大船観音と並び立つとか。超望遠レンズのついたコンパクトカメラで、初めてこんなふうに撮れてしまったので、いろいろ調べてみたらそういうことになりました。
 この日は茅ヶ岳に登って金ヶ岳から下りました。ところが明野温泉太陽館が定休日、ゆーぷる・にらさきはこの週全部臨時休業とかで、仕方なく武田乃郷・白山温泉に行きました。10月5日に大村智さんがノーベル賞を受賞すると、たちまち有名になった温泉です。


糸の会HPパート1──伊藤幸司の仕事から

★伊藤幸司の仕事歴(2013.4.1現在)
★地平線会議12.24の話「宇宙にひとつだけの輝くゴミ」メニューの「Hokokukai」からno.380の「案内」と「レポート」へ
★10.9に伊藤が乾徳山でケガをしました。とりあえずそのご報告。
★朝日カルチャーセンター千葉登山講座(第4水曜日)――全176回(1996.4-2010.3)の記念写真
■伊藤幸司の軽登山講座────かつてBIGLOBE(NECビッグローブ)が公式に設置したstation50において2005年から2010年にかけて105回連載したものです
★連載「軽登山」(日本経済新聞・木曜夕刊・2008.6.5〜9.25)
★連載「月1回の山登り」(三洋化成ニュース・2002〜2004)
★連載「カタログ探検紀行」(毎日カメラ読本・1999〜2002)
  カメラバッグ 雲台 写真用額縁 カラーポジの整理システム 交換レンズ開発の考え方
  コシナはなぜフォクトレンダーなのか? プリンターはどのように「写真」を考えているのか
  写真フィルターの進化 CCDとの格闘現場 CCDとの格闘現場/続編
★巻頭カラー特集「秋の一日 山歩き」(アサヒグラフ・1998.10.30)
★連載「国立公園物語」――シリーズ日本の大自然(毎日新聞社・1993.2〜1995.9)
  1大雪山 2阿蘇くじゅう 3上信越高原 4十和田八幡平 5霧島屋久 6吉野熊野
  7阿寒 8白山 9釧路湿原 10瀬戸内海 11西表 12西海 13足摺宇和 14大山隠岐
  15伊勢志摩 16秩父多摩 17支笏洞爺 18中部山岳 19日光 20磐梯朝日
  21富士箱根伊豆 22雲仙天草 23山陰海岸 24南アルプス 25利尻礼文サロベツ
  26知床 27陸中海岸 28小笠原
★キヤノン通信(1988〜2001)
  ワープロ 複写機 カメラ取材写真・虎の巻 輸入事業 TV放送機器 双眼鏡
  リンゴの話 キヤノン・ロゴ 眼内レンズ 手ブレ補正技術 眼科医療機器 DOレンズ
★オートメカニック・パーツうんちく学(1988〜89)
  タイヤ ワックス バッテリー ヘッドランプ オイル スパークプラグ
  ヘッドガスケット 点火装置 コンピューター オイルフィルター
  ボルト&ナット ガソリン ペイント
★連載「インド周遊記」(アサヒグラフ・1979.6-8)
★ユーコン河をカヌーでくだる(アサヒグラフ・1974.11.22)

アムカス探検学校
★写真・1972アムカス探検学校アフリカ──(1)カメルーン1972.7.29-8.28
★写真・1972アムカス探検学校アフリカ──(2)ザイール〜ケニア1972.8.29-9.27
★写真・1972アムカス探検学校アフリカ──リーダーノート+α
★1972アムカス探検学校アフリカ──参加されたみなさんからの声
★1972アムカス探検学校アフリカ────近山雅人さんからのスナップ写真をご覧下さい
★写真・1975アムカス探検学校・東アフリカ──1975.7.18-8.29(岩波現代文庫『宮本常一、アフリカとアジアを歩く』に対応)
★あむかす:旅のメモシリーズ No.510──AMKAS…アムカス…あむかす 1969から1974.4
★あむかす・旅のメモシリーズ 全リスト──付・製作・販売についてのまとめ(内部資料)


★伊藤 知恵――新しいプランターの会
★伊藤 公一『自分なりの半年コース――「都立」のための受験勉強法』(自費出版・1995.7.30)
★伊藤公一編集の本




【去年の今月】2015年5月20日
 昨年度は3度京都を歩きました。このときは1日目大文字山。大原に泊まって2日目は鞍馬山に登りました。これは初日の朝、賀茂大橋の「飛び石」で亀さんに迎えられたところ。テレビドラマによくでてくる場所です。


糸の会HPパート0──このホームページについて

★伊藤幸司の登山コーチングシステム――「軽登山」という考え方を追求し、山歩きのホームドクターをめざしています。「月イチ登山」をベースと考えていますので、年度会員というシステムをとっています。(テスト参加も可能です)
★1995年以来、700回余の山歩きを実施しています。まったく同じシステムでやっている朝日カルチャーセンター千葉などを加えると1,200回余になります。
★じつは当初から、私はフリーランスライターとして入門編の山のガイドブックをつくりたく、取材企画を兼ねた登山講座という都合のいい考え方をしてきました。完全なワンマンシステムでやってきたのも、参加人数が少なくても可能な限り実施するというのも、取材という考え方をしているからです。
★このホームページはテキスト重視のレイアウトですので、画面幅を調節して、読みやすい文字数でお読み下さい。
★また写真はすべて、登山道から(一歩もはずれずに)撮ったものです。
★写真はコピーできると思います。商業的な使用以外であればご利用いただいてけっこうです。ただし原則としてクレジットを入れて下さい。
★メールはこちらへ ito-no-kai@nifty.com
伊藤幸司(糸の会)187-0011東京都小平市鈴木町1・352・9・105

伊藤幸司の近著
『東京発 ドラマチック ハイキング』(スタジオ タック クリエイティブ・2010.8)本体価格1,200円+税
★ここをクリックすると拡大します

『山の道、山の風――軽登山を楽しむ』(晩聲社・2009.4)本体価格1,850円+税────電子ブック450円
★ここをクリックすると拡大します

『山の道、山の花』(晩聲社・2007.8)本体価格1,600円+税────電子ブック450円
★ここをクリックすると拡大します




【去年の今月】2015年4月28日
 西武秩父線・正丸駅から伊豆ヶ岳に登り、長い稜線を吾野駅まで歩きました。時期としてはヤマザクラの花がひらひらと登山道に散ってきて、周囲の緑が輝く新緑。ミツバツツジが主役の座を狙っていました。
 これはその終盤、ある有名な寺院の裏庭に純白の、巨大な手がふたつ並んでいました。なにかのパーツといえば、もちろん大仏かなにかなのでしょうが、ここの(ちょっとユーモラスにして巨大の部類といえる)仁王像の仲間になるのでしょうか。


Copyright 2004-2016 Koji Ito & ito-no-kai All rights reserved.